FsRtlLookupLastLargeMcbEntryAndIndex 関数 (ntifs.h)

FsRtlLookupLastLargeMcbEntryAndIndex ルーチンは、特定のマップ制御ブロック (MCB) に格納されている最後のマッピング エントリを取得します。

構文

BOOLEAN FsRtlLookupLastLargeMcbEntryAndIndex(
  [in]  PLARGE_MCB OpaqueMcb,
  [out] PLONGLONG  LargeVbn,
  [out] PLONGLONG  LargeLbn,
  [out] PULONG     Index
);

パラメーター

[in] OpaqueMcb

検索する初期化された MCB 構造体へのポインター。

[out] LargeVbn

マップされた最後の仮想ブロック番号 (VBN) を受け取る変数へのポインター。

[out] LargeLbn

LargeVbn が指す VBN にマップされる論理ブロック番号 (LBN) を受け取る変数へのポインター。そのような LBN が存在しない場合は -1。

[out] Index

MCB の最後の実行のインデックスを受け取る変数へのポインター。

戻り値

FSRtlLookupLastLargeMcbEntryAndIndex は、MCB にマッピング エントリが含まれない場合は FALSE を 返し、それ以外の場合は TRUE を 返します。

Remarks

FsRtlLookupLastLargeMcbEntryAndIndex は、MCB の最後の実行の最後のマッピングを検索します。

  • MCB にマッピングが含まれない場合、 FsRtlLookupLastLargeMcbEntryAndIndex FALSE を返します。
  • 最後のマッピングが穴の場合、 FsRtlLookupLastLargeMcbEntryAndIndex TRUE を返しますが、検索操作では LBN の値が -1 になります。
  • 最後のマッピングが穴でない場合、ルックアップ操作は LBN に正の値を生成し、 FsRtlLookupLastLargeMcbEntryAndIndex TRUE を返します。
メモ LBN の上位 32 ビットは無視されます。 下位 32 ビットのみが使用されます。
 

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header ntifs.h (Ntifs.h を含む)
Library NtosKrnl.lib
[DLL] NtosKrnl.exe
IRQL <= APC_LEVEL

関連項目

FsRtlAddLargeMcbEntry

FsRtlGetNextLargeMcbEntry

FsRtlInitializeLargeMcb

FsRtlLookupLargeMcbEntry

FsRtlLookupLastLargeMcbEntry

FsRtlNumberOfRunsInLargeMcb

FsRtlRemoveLargeMcbEntry

FsRtlSplitLargeMcb

FsRtlTruncateLargeMcb

FsRtlUninitializeLargeMcb