RtlOemStringToCountedUnicodeString 関数 (ntifs.h)

RtlOemStringToCountedUnicodeString ルーチンは、現在のシステム OEM コード ページを使用して、指定したソース文字列を Unicode 文字列に変換します。

構文

NTSYSAPI NTSTATUS RtlOemStringToCountedUnicodeString(
       PUNICODE_STRING DestinationString,
  [in] PCOEM_STRING    SourceString,
  [in] BOOLEAN         AllocateDestinationString
);

パラメーター

DestinationString

変換された Unicode 文字列を受け取る呼び出し元によって割り当てられたバッファーへのポインター。 AllocateDestinationStringFALSE の場合、呼び出し元は、Unicode データを保持するために DestinationString の Buffer メンバーのバッファーも割り当てる必要があります。 AllocateDestinationStringTRUE の場合、RtlOemStringToCountedUnicodeString は文字列を保持するのに十分な大きさのバッファーを割り当て、バッファーにポインターを渡し、DestinationString の長さと最大長のメンバーを適宜更新します。

[in] SourceString

Unicode に変換する OEM 文字列へのポインター。

[in] AllocateDestinationString

RtlOemStringToCountedUnicodeStringDestinationString のバッファー領域を割り当てる必要がある場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE に設定します。 このパラメーターが TRUE の場合、呼び出し元は RtlFreeUnicodeString を呼び出すことによってバッファーが不要になったときにバッファーを解放する必要があります。

戻り値

操作が成功した場合、 RtlOemStringToCountedUnicodeString はSTATUS_SUCCESSを返します。 それ以外の場合は、ストレージが割り当てられず、変換は行われませんでした。

注釈

RtlOemStringToCountedUnicodeString は、NULL ターミネータを含まない変換された文字列を返します。 ブート時に現在のシステム コード ページとしてインストールされた OEM コード ページを使用して、指定されたソース文字列を変換します。

RtlOemStringToCountedUnicodeString では、ソース文字列は変更されません。

その他の文字列処理ルーチンについては、「 ランタイム ライブラリ (RTL) ルーチン」を参照してください。

要件

   
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header ntifs.h (Ntifs.h を含む)
Library NtosKrnl.lib
[DLL] NtosKrnl.exe
IRQL < DISPATCH_LEVEL

こちらもご覧ください

OEM_STRING

RtlFreeUnicodeString

RtlOemStringToCountedUnicodeSize

RtlOemStringToCountedUnicodeString

RtlOemToUnicodeN

UNICODE_STRING