アクティブ メモリ ダンプ

アクティブ メモリ ダンプ完全メモリ ダンプに似ていますが、ホスト コンピューターの問題のトラブルシューティングに関連しない可能性が高いページを除外します。 このフィルター処理により、通常は完全なメモリ ダンプよりも大幅に小さくなります。

このダンプ ファイルには、ユーザー モード アプリケーションに割り当てられたメモリが含まれています。 また、Windows カーネルとハードウェア抽象化レイヤー (HAL) に割り当てられたメモリと、カーネル モード ドライバーやその他のカーネル モード プログラムに割り当てられたメモリも含まれます。 ダンプには、デバッグに役立つカーネルまたはユーザー空間にマップされたアクティブページと、選択したページファイルベースの遷移、スタンバイ、および変更されたページ (VirtualAlloc またはページ ファイルでバックアップされたセクションで割り当てられたメモリなど) が含まれます。 アクティブ ダンプには、空きリストとゼロリスト上のページ、ファイル キャッシュ、ゲスト VM ページ、デバッグ中に役立たない可能性が高いその他のさまざまな種類のメモリは含まれません。

アクティブ メモリ ダンプは、Windows が仮想マシン (VM) をホストしている場合に特に便利です。 完全なメモリ ダンプを取得すると、各 VM の内容が含まれます。 複数の VM が実行されている場合、ホスト システムで大量のメモリが使用されている可能性があります。 多くの場合、関心のあるコード アクティビティは、子 VM ではなく親ホスト OS にあります。 アクティブ メモリ ダンプは、すべての子 VM に関連付けられているメモリを除外します。

アクティブ メモリ ダンプ ファイルは、既定で %SystemRoot%\Memory.dmp に書き込まれます。

アクティブ メモリ ダンプは、Windows 10以降で使用できます。

メモ アクティブ メモリ ダンプのデバッグ時にページ エラー メッセージが表示されないようにするには、 .ignore_missing_pages コマンドを使用します。

関連項目

さまざまなカーネルモード ダンプ ファイル