Share via


Microsoft パブリック シンボル サーバー

サーバーの状態: 既知の問題なし ✅
Microsoft パブリック シンボル サーバーは完全に動作しています。

既知の問題がある場合は windbgfb@microsoft.com に報告してください。


Microsoft シンボル サーバーを使用すると、Windows デバッガー シンボルが公開されます。

Windows デバッガのシンボル パス で説明されているように、さまざまな方法でシンボル パス内のパブリック シンボル サーバーを直接参照できます。 たとえば、_NT_SYMBOL_PATH環境の値を設定するには、次のコマンドを使用します。

set _NT_SYMBOL_PATH=srv*DownstreamStore*https://msdl.microsoft.com/download/symbols

DownstreamStore は、シンボルをキャッシュするために使用されるローカル コンピューターまたはネットワーク上のディレクトリを指定する必要があります。 このダウンストリーム ストアには、デバッガーがアクセスしたシンボルが保持されます。 Microsoft のシンボル ストアで再メインアクセスされていないほとんどのシンボル。 このストレージ プロセスにより、ダウンストリーム ストアが比較的小さく保たれ、シンボル サーバーが迅速に動作し、各ファイルを1回だけダウンロードできます。

この長いシンボル パスを入力しないようにするには .symfix (シンボル ストア パスの設定) コマンドを使用します。 次のコマンドは、既存のシンボル パスにパブリック シンボル ストアを追加します。

.symfix+ C:\MySymbols

ローカル シンボル キャッシュの場所を省略した場合は、デバッガーのインストール ディレクトリの sym サブディレクトリが使用されます。

.sympath (シンボル ストア パスの設定) コマンドを使用して、完全なシンボル パスを表示します。 次の例は、symfixを使用してローカル シンボル キャッシュを作成し、Microsoft httpシンボル サーバーを使用する方法を示しています。

0: kd> .symfix c:\MyCache
0: kd> .sympath
Symbol search path is: srv*
Expanded Symbol search path is: cache*c:\MyCache;SRV*https://msdl.microsoft.com/download/symbols

シンボルの操作の詳細については シンボル サーバーの使用 および Windows デバッガのシンボル パスを参照してください。

シンボルファイルの圧縮

Microsoft シンボル サーバーは、シンボル ファイルの圧縮バージョンを提供します。 ファイル名の拡張子の末尾には、圧縮されていることを示すアンダースコアが付きます。 たとえば ntdll.dll の PDB は ntdll.pd として利用できます。 SymProxyは、圧縮ファイルをダウンロードするときに、圧縮解除されたファイルをローカル ファイル システムに格納します。 レジストリ キーは DontUncompress 、SymProxyでこの動作を無効にするように設定できます。

Microsoft ライセンス条項 - Microsoft シンボル サーバー

Microsoft では、特定のシンボル、バイナリ コード、およびその他の実行可能ファイルを Microsoft シンボル サーバー経由で使用できるようにします。 これらのリソースは、Microsoft ソフトウェアを使用したユーザーのソフトウェアのデバッグとテストで使用されます。 不正使用を目的としたものではありません。 Microsoft のライセンス条項 ( Microsoft シンボル サーバー) を参照してください。

関連項目

Windows デバッガーのシンボル パス

シンボルとシンボル ファイル

.symfix (シンボルストアパスの設定)