次の方法で共有


ディスプレイ ドライバー (Windows 2000 モデル)

Microsoft NT ベースのオペレーティング システム ディスプレイ ドライバー ライターは、次の 2 つの主要なソフトウェア インターフェイスに関係しています。

  • グラフィックス DDI インターフェイス- ディスプレイ ドライバーが実装する関数のセット。 GDI はグラフィックス DDI インターフェイスを呼び出して、グラフィックス コマンドを処理できます。

  • GDI インターフェイス - ドライバーの実装を簡略化するためにディスプレイ ドライバーによって呼び出されるシステム提供のヘルパー ルーチン。

このセクションでは、NT ベースのオペレーティング システムのディスプレイ ドライバーに関連する主要な概念と、いくつかの実装情報について説明します。 ドライバーの初期化と終了、グラフィックス出力など、プリンター ドライバーとディスプレイ ドライバーの両方に共通するグラフィックス ドライバーの設計の詳細については、 グラフィックス ドライバーの GDI サポートグラフィックス DDI の使用 を参照してください。

ディスプレイ ドライバー ライターは、次の DDI を実装することもできます。

  • DirectDraw DDI -- ベンダーが DirectDraw のハードウェア アクセラレーションを提供できるようにするグラフィックス インターフェイス。 詳細については、 DirectDraw を参照してください。

  • Direct3D DDI -- ベンダーが Direct3D のハードウェア アクセラレーションを提供できるようにする 3D グラフィックス インターフェイス。 詳細については、 Direct3D DDI を参照してください。