bootcfg raw

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

文字列として指定されたオペレーティング システムの読み込みオプションを、Boot.ini ファイルの [operating systems] セクションのオペレーティング システム エントリに追加します。 このコマンドは、既存のオペレーティング システム エントリ オプションを上書きします。

構文

bootcfg /raw [/s <computer> [/u <domain>\<user> /p <password>]] <osloadoptionsstring> [/id <osentrylinenum>] [/a]

パラメーター

パラメーター 説明
/s <computer> リモート コンピューターの名前または IP アドレスを指定します (円記号を使用しないでください)。 既定値はローカル コンピューターです。
/u <domain>\<user> <user> または <domain>\<user> で指定されたユーザーのアカウント アクセス許可でコマンドを実行します。 既定値は、コマンドを発行するコンピューター上の現在ログオンしているユーザーのアクセス許可です。
/p <password> 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u パラメーター。
<osloadoptionsstring> オペレーティング システム エントリに追加するオペレーティング システムの読み込みオプションを指定します。 これらの読み込みオプションは、オペレーティング システム エントリに関連付けられている既存の読み込みオプションを置き換えるオプションです。 <osloadoptions> パラメーターに対する検証はありません。
/id <osentrylinenum> オペレーティング システムの読み込みオプションを追加する Boot.ini ファイルの [operating systems] セクションでオペレーティング システムのエントリ行番号を指定します。 [operating systems] セクション ヘッダーの後の最初の行は 1 です。
/a 既存のオペレーティング システム オプションに追加するオペレーティング システム オプションを指定します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

このテキストには、/debug/fastdetect/nodebug/baudrate/crashdebug/sos などの有効な OS 読み込みオプションが含まれている必要があります。

最初のオペレーティング システム エントリの末尾に /debug /fastdetect を追加し、以前のオペレーティング システム エントリ オプションを置き換えるには、次のように入力します。

bootcfg /raw /debug /fastdetect /id 1

bootcfg /raw コマンドを使用するには、次のように入力します。

bootcfg /raw /debug /sos /id 2
bootcfg /raw /s srvmain /u maindom\hiropln /p p@ssW23 /crashdebug  /id 2

その他のリファレンス