delete partition

フォーカスのあるパーティションを削除します。 この操作を成功させるためには、最初にパーティションを選択する必要があります。 select partition コマンドを使用してパーティションを選択し、それにフォーカスを移動します。

警告

ダイナミック ディスク上のパーティションを削除すると、そのディスク上のダイナミック ボリュームがすべて削除されます。すべてのデータが破棄され、ディスクは破損状態のままになります。

システム パーティション、ブート パーティション、またはアクティブなページング ファイルやクラッシュ ダンプ情報を含んでいるパーティションは削除できません。

構文

delete partition [noerr] [override]

パラメーター

パラメーター 説明
noerr スクリプト専用です。 エラーが発生しても、エラーが発生しなかったかのように DiskPart はコマンドの処理を続けます。 このパラメーターは、エラー発生すると、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。
override パーティションの種類にかかわらず、DiskPart ですべてのパーティションを削除できるようにします。 通常、DiskPart では、既知のデータ パーティションの削除のみが許可されます。

解説

  • ダイナミック ボリュームを削除するには、代わりに delete volume コマンドを常に使用してください。

  • パーティションはダイナミック ディスクから削除できますが、作成すべきではありません。 たとえば、ダイナミック GPT ディスクで認識されない GUID パーティション テーブル (GPT) のパーティションを削除することはできます。 このようなパーティションを削除しても、生じた空き領域が利用可能になるわけではありません。 そうではなく、このコマンドの目的は、DiskPart の clean コマンドが使えないような緊急の場合に、破損したオフライン ダイナミック ディスク上の領域を再生できるようにすることです。

フォーカスのあるパーティションを削除するには、次のように入力します。

delete partition

その他のリファレンス