wbadmin enable backup

毎日のバックアップ スケジュールを作成して有効にするか、既存のバックアップ スケジュールを変更します。 パラメーターを指定しないと、現在スケジュールされているバックアップ設定が表示されます。

このコマンドを使用して毎日のバックアップ スケジュールを構成または変更するには、Backup Operators グループまたは Administrators グループのメンバーである必要があります。 さらに、[コマンド プロンプト] を右クリックして [管理者として実行] を選択することにより、管理者特権でのコマンド プロンプトから wbadmin を実行する必要があります。

ディスクのディスク識別子の値を表示するには、wbadmin get disks コマンドを実行します。

構文

wbadmin enable backup [-addtarget:<BackupTarget>] [-removetarget:<BackupTarget>] [-schedule:<TimeToRunBackup>] [-include:<VolumesToInclude>] [-nonRecurseInclude:<ItemsToInclude>] [-exclude:<ItemsToExclude>] [-nonRecurseExclude:<ItemsToExclude>][-systemState] [-hyperv:<HyperVComponentsToExclude>] [-allCritical] [-systemState] [-vssFull | -vssCopy] [-user:<UserName>] [-password:<Password>] [-allowDeleteOldBackups]  [-quiet]

パラメーター

パラメーター 説明
-addtarget バックアップの保存場所を指定します。 ディスク、ボリューム、またはリモート共有フォルダー (\\<servername>\<sharename>) への汎用名前付け規則 (UNC) パスとして、場所を指定する必要があります。 既定では、バックアップは \\<servername>\<sharename> WindowsImageBackup <ComputerBackedUp> に保存されます。 ディスクを指定すると、ディスクは使用前にフォーマットされ、ディスク上の既存のデータは完全に消去されます。 共有フォルダーを指定した場合、場所を追加することはできません。 保存場所として指定できる共有フォルダーは、一度に 1 つのみです。

重要: バックアップをリモート共有フォルダーに保存した場合、同じフォルダーを使用して同じコンピューターを再度バックアップすると、そのバックアップは上書きされます。 また、バックアップ操作が失敗したとき、古いバックアップは上書きされ、新しいバックアップが使用できなくなるため、結果としてバックアップが存在しなくなる場合があります。 このような問題を回避するために、リモート共有フォルダーにサブフォルダーを作成してバックアップを整理することができます。 これを行う場合、サブフォルダーには親フォルダーの 2 倍の領域が必要になります。

1 つのコマンドで指定できる場所は 1 つのみです。 コマンドを再度実行することで、ボリュームとディスクの複数のバックアップ保存場所を追加できます。

-removetarget 既存のバックアップ スケジュールから削除する保存場所を指定します。 ディスク識別子として場所を指定する必要があります。
-schedule バックアップを作成する時刻を、HH:MM とコンマ区切りの形式で指定します。
-include バックアップに含める項目のコンマ区切りのリストを指定します。 複数のファイル、フォルダー、またはボリュームを含めることができます。 ボリュームのドライブ文字、ボリュームのマウント ポイント、または GUID ベースのボリューム名を使用して、ボリュームのパスを指定できます。 GUID ベースのボリューム名を使用する場合は、末尾を円記号 (\) にする必要があります。 ファイルへのパスを指定するときに、ファイル名でワイルドカード文字 (*) を使用できます。
-nonRecurseInclude バックアップに含める項目の、非再帰的なコンマ区切りのリストを指定します。 複数のファイル、フォルダー、またはボリュームを含めることができます。 ボリュームのドライブ文字、ボリュームのマウント ポイント、または GUID ベースのボリューム名を使用して、ボリュームのパスを指定できます。 GUID ベースのボリューム名を使用する場合は、末尾を円記号 (\) にする必要があります。 ファイルへのパスを指定するときに、ファイル名でワイルドカード文字 (*) を使用できます。 -backupTarget パラメーターを使用する場合にのみ、使用する必要があります。
-exclude バックアップから除外する項目のコンマ区切りのリストを指定します。 ファイル、フォルダー、またはボリュームを除外できます。 ボリュームのドライブ文字、ボリュームのマウント ポイント、または GUID ベースのボリューム名を使用して、ボリュームのパスを指定できます。 GUID ベースのボリューム名を使用する場合は、末尾を円記号 (\) にする必要があります。 ファイルへのパスを指定するときに、ファイル名でワイルドカード文字 (*) を使用できます。
-nonRecurseExclude バックアップから除外する項目の、非再帰的なコンマ区切りのリストを指定します。 ファイル、フォルダー、またはボリュームを除外できます。 ボリュームのドライブ文字、ボリュームのマウント ポイント、または GUID ベースのボリューム名を使用して、ボリュームのパスを指定できます。 GUID ベースのボリューム名を使用する場合は、末尾を円記号 (\) にする必要があります。 ファイルへのパスを指定するときに、ファイル名でワイルドカード文字 (*) を使用できます。
-hyperv バックアップに含めるコンポーネントのコンマ区切りのリストを指定します。 識別子には、コンポーネント名またはコンポーネントの GUID を指定できます (中かっこはあってもなくてもかまいません)。
-systemState -include パラメーターで指定した他の項目に加えて、システム状態を含むバックアップを作成します。 システム状態には、ブート ファイル (Boot.ini、NDTLDR、NTDetect.com)、COM 設定を含む Windows レジストリ、SYSVOL (グループ ポリシーとログオン スクリプト)、ドメイン コントローラー上の Active Directory と NTDS.DIT、および証明書サービスがインストールされている場合は証明書ストアが含まれます。 サーバーに Web サーバーの役割がインストールされている場合は、IIS メタディレクトリが含まれます。 サーバーがクラスターの一部である場合は、クラスター サービスの情報も含まれます。
-allCritical すべての重要なボリューム (オペレーティング システムの状態を含むボリューム) をバックアップに含めることを指定します。 このパラメーターは、完全なシステム回復またはシステム状態の回復用のバックアップを作成する場合に便利です。 -backupTarget が指定されているときにのみ、使用する必要があります。そうしないと、コマンドは失敗します。 -include オプションと共に使用できます。

ヒント: 重要なボリューム バックアップのターゲット ボリュームはローカル ドライブにできますが、バックアップに含まれるボリュームにすることはできません。

-vssFull ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) を使用して完全バックアップを実行します。 すべてのファイルがバックアップされ、各ファイルの履歴が更新されてバックアップされたことが反映され、以前のバックアップのログが切り捨てられる場合があります。 このパラメーターを使用しないと、wbadmin start backup コマンドでコピー バックアップは作成されますが、バックアップされたファイルの履歴は更新されません。

注意: Windows Server Backup 以外の製品を使用して、現在のバックアップに含まれるボリューム上にあるアプリをバックアップする場合は、このパラメーターを使用しないでください。 それを行うと、バックアップするデータの量を判断するために利用している履歴がなくなり、必要のない完全バックアップが実行されることがあるため、他のバックアップ製品で作成されている増分バックアップ、差分バックアップ、または他の種類のバックアップが破損する可能性があります。

-vssCopy VSS を使用してコピー バックアップを実行します。 すべてのファイルがバックアップされますが、バックアップされているファイルの履歴は更新されないため、変更や削除されたファイルに関するすべての情報と、アプリケーション ログ ファイルは保持されます。 この種類のバックアップを使用しても、このコピー バックアップとは別に行われる可能性のある増分および差分バックアップのシーケンスには影響はありません。 これが既定値です。

警告: バックアップ コピーを増分や差分バックアップまたは復元に使用することはできません。

-user バックアップの保存先に対する書き込みアクセス許可を持つユーザーを指定します (リモート共有フォルダーの場合)。 ユーザーは、バックアップ対象のコンピューターの Administrators または Backup Operators グループのメンバーである必要があります。
-パスワード パラメーター -user で指定するユーザー名のパスワードを指定します。
-allowDeleteOldBackups コンピューターがアップグレードされる前に作成されたバックアップを上書きします。
-quiet ユーザーにプロンプトを表示せずにコマンドを実行します。

ハード ディスク ドライブ E:、D:\mountpoint、\\?\Volume{cc566d14-44a0-11d9-9d93-806e6f6e6963}\ の毎日のバックアップを午前 9:00 と午後 6:00 にスケジュールし、DiskID という名前のディスクにファイルを保存するには、次のように入力します。

wbadmin enable backup -addtarget:DiskID -schedule:09:00,18:00 -include:E:,D:\mountpoint,\\?\Volume{cc566d14-44a0-11d9-9d93-806e6f6e6963}\

D:\documents フォルダーを毎日午前 12:00 と午後 7:00 にネットワークの場所 \\backupshare\backup1 にバックアップするようにスケジュールし、ネットワーク共有へのアクセスの認証のために、ドメイン CONTOSOEAST のメンバーであり Backup Operator である Aaren Ekelund (aekel) (パスワードは $3hM9^5lp) のネットワーク資格情報を使用するには、次のように入力します。

wbadmin enable backup –addtarget:\\backupshare\backup1 –include: D:\documents –user:CONTOSOEAST\aekel –password:$3hM9^5lp –schedule:00:00,19:00

ボリューム T: と D:\documents フォルダーを毎日午前 1:00 にドライブ H: にバックアップするようにスケジュールし、フォルダー d:\documents\~tmp を除外し、ボリューム シャドウ コピー サービス を使用して完全バックアップを実行するには、次のように入力します。

wbadmin enable backup –addtarget:H: –include T:,D:\documents –exclude D:\documents\~tmp –vssfull –schedule:01:00

その他のリファレンス