wbadmin restore catalog

指定したストレージの場所からローカル コンピューターのバックアップ カタログを回復します。

このコマンドを使用して、特定のバックアップに含まれているバックアップ カタログを回復するには、Backup Operators グループまたは Administrators グループのメンバーであるか、または適切なアクセス許可が委任されている必要があります。 さらに、[コマンド プロンプト] を右クリックして [管理者として実行] を選択することにより、管理者特権でのコマンド プロンプトから wbadmin を実行する必要があります。

Note

バックアップを格納する場所 (ディスク、DVD、リモート共有フォルダー) が破損しているか、または失われていて、バックアップ カタログの復元に使用できない場合は、wbadmin delete catalog コマンドを実行して、破損しているカタログを削除します。 この場合は、バックアップ カタログが削除された後に新しいバックアップを作成することをお勧めします。

構文

wbadmin restore catalog -backupTarget:{<BackupDestinationVolume> | <NetworkShareHostingBackup>} [-machine:<BackupMachineName>] [-quiet]

パラメーター

パラメーター 説明
-backuptarget バックアップが作成された時点でのシステムのバックアップ カタログの場所を指定します。
-コンピューター バックアップ カタログを回復するコンピューターの名前を指定します。 同じ場所に複数のコンピューターのバックアップが格納されている場合に使用します。 -backupTarget が指定されているときに使用する必要があります。
-quiet ユーザーにプロンプトを表示せずにコマンドを実行します。

ディスク D: に格納されているバックアップからカタログを復元するには、次のように入力します。

wbadmin restore catalog -backupTarget:D

server01 の共有フォルダー \\<servername>\<share> に格納されているバックアップからカタログを復元するには、次のように入力します。

wbadmin restore catalog -backupTarget:\\servername\share -machine:server01

その他のリファレンス