Share via


Windows Server アップグレード オプションと変換オプション

Windows Server のインストールを新しいバージョン、異なるエディションにアップグレードまたは変換したり、ライセンス オプション (評価版、製品版、ボリューム ライセンスなど) を切り替えたりできます。 この記事は、皆さんの計画を支援するオプションとしてどのようなものがあるかについて説明するのに役立ちます。

Windows Server のインストールをアップグレードまたは変換するプロセスは、インストールしたバージョンとエディション、ライセンスの形式、選択するパスに応じて大きく異なる場合があります。 Windows Server の展開にかかわる可能性のある操作は、クリーン インストール、インプレース アップグレード、クラスター オペレーティング システム (OS) のローリング アップグレード、移行、ライセンス変換など、さまざまな用語を使用して区別します。 これらの用語の詳細については、「Windows Server のインストール、アップグレード、または移行」を参照してください。

ライセンス バージョンの Windows Server をアップグレードする

以下の一般的なガイドラインは、既にライセンスが付与されている (評価版ではない) Windows Server のインプレース アップグレードのパスに関するものです。

  • 32 ビット アーキテクチャから 64 ビット アーキテクチャへのアップグレードはサポートされていません。 Windows Server 2008 R2 以降の Windows Server のすべてのリリースは 64 ビットのみです。
  • ある言語から別の言語へのアップグレードはサポートされていません。
  • サーバーが Active Directory ドメイン コントローラーの場合は、製品版に変換することはできません。 重要な情報については、ドメイン コントローラーから Windows Server へのアップグレードに関する記事を参照してください。
  • Windows Server のプレリリース バージョン (プレビュー) からのアップグレードはサポートされていません。 Windows Server のクリーン インストールを実行してください。
  • Server Core インストールからデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバー インストールへの切り替え (およびその逆方向の切り替え) を行うアップグレードはサポートされていません。
  • 以前の Windows Server のインストールから Windows Server の評価版へのアップグレードはサポートされていません。 評価版はクリーン インストールでインストールする必要があります。
  • 以前のバージョンから新しいバージョンにアップグレードする場合、既定では、オペレーティング システムのエディションは既存のままです。 たとえば、既定では、Standard (以前のバージョン) から Standard (新しいバージョン)、Datacenter (以前のバージョン) から Datacenter (新しいバージョン)、または Datacenter: Azure Edition (以前のバージョン) から Datacenter: Azure Edition (新しいバージョン) にアップグレードされます。
  • または、アップグレード時に他の特定のエディションに変更できます。 アップグレード時に Standard から Datacenter または Datacenter: Azure Edition に変更できます。また、Datacenter から Datacenter: Azure Edition に変更することもできます。 アップグレード時に、Datacenter から Standard、または Datacenter: Azure Edition から Standard あるいは Datacenter に変更することはできません。

Note

サーバーで NIC チーミングを使用している場合、アップグレードの前に NIC チーミングを無効にし、アップグレードが完了してから再度有効にします。 詳細については、「NIC チーミングの概要」を参照してください。

評価版から製品版に変換する

Windows Server の評価版およびエディションを製品版およびエディションに変換できます。 たとえば、Standard (デスクトップ エクスペリエンス) エディションの評価版をインストールしている場合、Standard (デスクトップ エクスペリエンス) エディションまたは Datacenter (デスクトップ エクスペリエンス) エディションの製品版に変換できます。

ただし、Windows Server のどの評価版およびエディションも、すべての製品版またはエディションに変換できるわけではありません。 たとえば、評価版の Datacenter エディションをインストールしている場合、製品版の Datacenter エディションにのみ変換でき、製品版 Standard エディションに変換することはできません。

バージョン 2016 以降の Windows Server では、デスクトップ エクスペリエンスの評価版をインストールしている場合、Core の製品版に変更することはできません。 Standard Core の評価版をインストールしている場合、製品版の Datacenter Core にのみ変換でき、製品版の Standard Core に変換することはできません。

次の手順の指示に従って DISM /online /Get-TargetEditions コマンドを実行して、アップグレードできる製品版を確認することが重要です。 必要な製品版がターゲットのバージョンとして一覧表示されていない場合は、必要な製品版を新たにインストールする必要があります。

Note

サーバーで評価版が実行されていることを確認するには、管理者特権でのコマンド プロンプトで次のいずれかのコマンドを実行します。

  • DISM /online /Get-CurrentEdition を実行し、現在のエディション名が Eval に含まれていることを確認する。
  • slmgr.vbs /dlv を実行し、出力に EVAL が含まれていることを確認する。

まだ Windows をアクティブ化していない場合は、デスクトップの右下隅に、評価期間の残り時間が表示されます。

Windows Server Standard または Datacenter

サーバーで Windows Server の Standard または Datacenter エディションが実行されている場合、利用可能な製品版に変換できます。 管理者特権でのコマンド プロンプトまたは PowerShell セッションで次のコマンドを実行します。

  1. 次のコマンドを実行して現在のエディション名を確認します。 出力は、エディション名の省略形です。 たとえば、Windows Server Datacenter (デスクトップ エクスペリエンス) の評価版の場合、ServerDatacenterEval になります。

    DISM /online /Get-CurrentEdition
    
  2. 次のコマンドを実行して、現在のインストールをどのエディションに変換できるかを確認します。 出力にある、アップグレード先のエディション名をメモします。

    DISM /online /Get-TargetEditions
    
  3. 次のコマンドを実行して、Windows Server の Microsoft ソフトウェアライセンス条項を保存します。これにより、内容を確認できるようになります。 <target edition> プレースホルダーを、前の手順でメモしたエディション名に置き換えます。

    DISM /online /Set-Edition:<target edition> /GetEula:C:\license.rtf
    
  4. 次のコマンドで、その新しいエディション名と、対応する製品版のプロダクト キーを入力します。 アップグレード プロセスでは、先ほど保存した Windows Server の Microsoft ソフトウェアライセンス条項に同意する必要があります。

    DISM /online /Set-Edition:<target edition> /ProductKey:<product key> /AcceptEula
    

    次に例を示します。

    DISM /online /Set-Edition:ServerDatacenter /ProductKey:ABCDE-12345-ABCDE-12345-ABCDE /AcceptEula
    

ヒント

Dism.exe について詳しくは、「DISM コマンド ライン オプション」をご覧ください。

重要

Active Directory ドメイン コントローラーを評価版から製品版に変換することはできません。 この場合は、まず製品版を実行するサーバーに追加のドメイン コントローラーをインストールし、保持されている FSMO ロールを変換して、評価版で実行されているドメイン コントローラーから Active Directory Domain Services (AD DS) を削除します。 詳細については、ドメイン コントローラーから Windows Server へのアップグレードに関する記事を参照してください。

Windows Server Essentials

サーバーで Windows Server Essentials が実行されている場合は、管理者特権でのコマンド プロンプトで、次のコマンドで製品版、ボリューム ライセンス、または OEM のキーを入力すると、完全な製品版に変換できます。

slmgr.vbs /ipk <license key>

Windows Server Standard エディションから Datacenter エディションに変換する

Windows Server をインストールした後は、いつでも Windows Server Standard Edition を Datacenter Edition に変換できます。 インストール メディアから setup.exe を実行して、インストールをアップグレードまたは修復できます (インプレース修復と呼ばれることもあります)。 setup.exe を実行して、任意のエディションの Windows Server でインプレース アップグレードまたはインプレース修復を行うと、結果は開始時と同じエディションになります。

Windows Server Standard Edition は、次のように Datacenter Edition に変換できます。

  1. 次のコマンドを実行して、現在のエディション名が Windows Server Standard であることを確認します。 出力はエディション名の省略形です。たとえば、Windows Server Standard (デスクトップ エクスペリエンス) エディションの場合は、ServerStandardになります。

    DISM /online /Get-CurrentEdition
    
  2. 次のコマンドを実行して、Windows Server Datacenter が変換先として有効なオプションであることを確認します。

    DISM /online /Get-TargetEditions
    
  3. 次のコマンドで、ServerDatacenter と製品版のプロダクト キーを入力します。

    DISM /online /Set-Edition:ServerDatacenter /ProductKey:<product key> /AcceptEula
    

製品版、ボリューム ライセンス、OEM ライセンス間で変換する

Windows Server をインストールした後は、いつでも製品ライセンス、ボリューム ライセンス、OEM ライセンスの間で自由に変換できます。 エディション (Standard または Datacenter) は、この変換中も変わりません。 評価版から始めた場合、まず、製品版に変換し、その後、管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行して、バージョン間での変換を行います。 ボリューム ライセンス、製品版、または OEM のプロダクト キーを指定します。

slmgr.vbs /ipk <product key>

関連項目

Windows Server のアップグレードの詳細については、次の記事を参照してください。