Windows Server 2012 のレプリカ ドメイン コントローラーを既存のドメインにインストールする (レベル 200)

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

このトピックでは、サーバー マネージャーまたは Windows PowerShell を使用して、既存のフォレスト ドメインを Windows Server 2012 にアップグレードするための手順について説明します。 また Windows Server 2012 を実行するドメイン コントローラーを既存のドメインに追加する方法を説明します。

アップグレードとレプリカのワークフロー

以下の図に、既に AD DS 役割をインストール済みで、既存のドメイン内に新しいドメイン コントローラーを作成するためにサーバー マネージャーを使用して Active Directory ドメイン サービス構成ウィザードを開始した場合の、Active Directory ドメイン サービスの構成プロセスを示します。

Diagram that illustrates the Active Directory Domain Services configuration process when you previously installed the AD DS role.

アップグレードとレプリカの Windows PowerShell

ADDSDeployment コマンドレット 引数 (太字の引数は必須です。斜体 の引数は、Windows PowerShell または AD DS 構成ウィザードを使用して指定できます。)
Install-AddsDomainController -SkipPreChecks

-DomainName

-SafeModeAdministratorPassword

-SiteName

-ADPrepCredential

-ApplicationPartitionsToReplicate

-AllowDomainControllerReinstall

-Confirm

-CreateDNSDelegation

-Credential

-CriticalReplicationOnly

-DatabasePath

-DNSDelegationCredential

-Force

-InstallationMediaPath

-InstallDNS

-LogPath

-MoveInfrastructureOperationMasterRoleIfNecessary

-NoDnsOnNetwork

-NoGlobalCatalog

-Norebootoncompletion

-ReplicationSourceDC

-SkipAutoConfigureDNS

-SiteName

-SystemKey

-SYSVOLPath

-UseExistingAccount

-Whatif

注意

-credential 引数は、フォレストをアップグレードする場合は、Enterprise Admins および Schema Admins グループのメンバーとしてログインしていない場合のみ必須です。新しい DC を既存のドメインに追加する場合は、Domain Admins グループのメンバーとしてログインしていない場合のみ必須です。

デプロイ

デプロイ構成

Screenshot that shows the Deployment Configuration page.

サーバー マネージャーは各ドメイン コントローラーの昇格を [配置構成] ページで開始します。 このページおよび以降のページの他のオプションおよび必須フィールドは、選択した展開操作によって異なります。

既存のフォレストをアップグレードする、または既存のドメインに書き込み可能なドメイン コントローラーを追加するには、[既存のドメインにドメイン コントローラーを追加する] をクリックし、[選択] をクリックして [このドメインのドメイン情報を指定する] に進みます。 必要な場合、サーバー マネージャーでは有効な資格情報の入力を求められます。

フォレストをアップグレードするには、Windows Server 2012 の Enterprise Admins および Schema Admins グループのメンバーシップを含む資格情報が必要です。 現在の資格情報に適切なアクセス許可またはグループ メンバーシップがない場合、Active Directory ドメイン サービス構成ウィザードでは後で入力を求められます。

ドメイン コントローラーの追加先が既存の Windows Server 2012 ドメインである場合と、ドメイン コントローラーが以前のバージョンの Windows Server を実行しているドメインである場合では、操作の違いは自動 Adprep プロセスのみです。

展開構成の ADDSDeployment コマンドレットと引数は以下のとおりです

Install-AddsDomainController
-domainname <string>
-credential <pscredential>

Screenshot that shows where you supply the credentials for deployment operation.

Screenshot that shows where to select a domain in the forest where the new domain controller will reside.

各ページで特定のテストが実行されます。その内いくつかは、個別の前提条件チェックとして後でまた実行されます。 たとえば、選択したドメインが最低限の機能レベルを満たしていない場合、前提条件のチェック段階まで、昇格のすべてのプロセスをさかのぼる必要はありません。

Screenshot that highlights the message that states if the selected domain does not meet the minimal functional levels.

ドメイン コントローラー オプション

Screenshot that shows the Domain Controller Options page.

[ドメイン コントローラー オプション] ページでは、新しいドメイン コントローラーのドメイン コントローラー機能を指定します。 構成可能なドメイン コントローラー機能は、[DNS サーバー][グローバル カタログ][読み取り専用ドメイン コントローラー] です。 Microsoft では、分散環境で高可用性を実現するため、すべてのドメイン コントローラーで、DNS と GC サービスを提供することをお勧めします。 GC は常に既定で選択されます。DNS サーバーは、現在のドメインが、Start of Authority クエリに基づいて既にその DC 上にある DNS をホストする場合に、既定で選択されます。 [ドメイン コントローラー オプション] ページでは、フォレストの構成から適切な Active Directory 論理サイト名を選択することもできます。 既定では、最も適切なサブネットのサイトが選択されます。 サイトが 1 つしかない場合は、それが自動的に選択されます。

注意

サーバーが Active Directory サブネットに属せず、複数の Active Directory サイトが存在する場合は、何も選択されず、リストからサイトを選択するまでは [次へ] ボタンが使用できません。

[ディレクトリ サービスの復元モード パスワード] には、サーバーに適用されるパスワード ポリシーに従ったパスワードを指定する必要があります。 常に強力で複雑なパスワードを、または可能であればパスフレーズを選択します。

[ドメイン コントローラー オプション] の ADDSDeployment 引数は以下のとおりです

-InstallDNS <{$false | $true}>
-NoGlobalCatalog <{$false | $true}>
-sitename <string>
-SafeModeAdministratorPassword <secure string>

重要

-sitename に引数として指定するサイト名は既に存在している必要があります。 install-AddsDomainController コマンドレットはサイトを作成しません。 新しいサイトを作成するには new-adreplicationsite コマンドレットを使用します。

SafeModeAdministratorPassword 引数の操作は特別で、以下のような特徴があります。

  • この引数を指定しない場合は、マスクされたパスワードの入力と確認入力を求められます。 これは、コマンドレットを対話的に実行する場合に推奨される使用方法です。

    たとえば、treyresearch.net ドメイン内に追加のドメイン コントローラーを作成し、マスクされたパスワードの入力と確認入力を求められるようにするには、以下のように実行します

    Install-ADDSDomainController "DomainName treyresearch.net "credential (get-credential)
    
  • この引数を値と共に指定する場合は、セキュリティで保護された文字列を指定する必要があります。 これは、コマンドレットを対話的に実行する場合に推奨される使用方法ではありません。

たとえば、Read-Host コマンドレットを使用してユーザーにセキュリティで保護された文字列の入力を求めることにより、手動でパスワードの入力を求めることができます。

-safemodeadministratorpassword (read-host -prompt "Password:" -assecurestring)

警告

この方法ではパスワードの確認入力が行われないため、細心の注意が必要です。パスワードは表示されません。

セキュリティで保護された文字列は、変換されるクリア テキストの変数として指定することもできますが、これはお勧めしません。

-safemodeadministratorpassword (convertto-securestring "Password1" -asplaintext -force)

最後に、暗号化したパスワードをファイルに保存して後で使用することができます。こうするとクリア テキストのパスワードを表示せずに済みます。 次に例を示します。

$file = "c:\pw.txt"
$pw = read-host -prompt "Password:" -assecurestring
$pw | ConvertFrom-SecureString | Set-Content $file

-safemodeadministratorpassword (Get-Content $File | ConvertTo-SecureString)

警告

クリア テキストや暗号化されたテキストのパスワードを指定したり格納したりすることはお勧めしません。 このコマンドをスクリプトで実行する人や入力をそばで見ている人に、そのドメイン コントローラーの DSRM パスワードを知られてしまいます。 そのファイルにアクセスできる人はだれでも、暗号化されたパスワードを元に戻すことができます。 そのパスワードがわかれば、DSRM で起動された DC にログオンし、最終的にドメイン コントローラーそのものを偽装して、自分の権限を Active Directory フォレストで最も高いレベルに昇格させることができます。 テキスト ファイル データを暗号化するための System.Security.Cryptography の一連の使用手順を読むことが推奨されますが、ここでは取り上げません。 ベスト プラクティスは、パスワードの保存を絶対に避けることです。

ADDSDeployment コマンドレットには、DNS クライアント設定、フォワーダー、およびルート ヒントの自動構成をスキップする追加オプションがあります。 サーバー マネージャーを使用しているときは、この構成オプションをスキップできません。 この引数が重要なのは、ドメイン コントローラーを構成する前に DNS サーバーの役割をインストールした場合だけです。

-SkipAutoConfigureDNS

[ドメイン コントローラー オプション] ページで、既存のドメイン コントローラーが Windows Server 2003 を実行している場合は読み取り専用のドメイン コントローラーを作成できないことが通知されます。 これは予期される反応です。この警告は無視して問題ありません。

Screenshot that highlights a warning that says that you can't create read only domain controllers if your existing domain controllers run Windows Server 2003.

DNS オプションと DNS 委任資格情報

Screenshot that shows where you can specify the DNS delegation option.

[ドメイン コントローラー オプション] ページで [DNS サーバー] オプションを選択し、DNS 委任が許可されるゾーンをポイントしている場合は、[DNS オプション] ページで、DNS 委任を構成することができます。 DNS Admins グループのメンバーである別のユーザーの資格情報を指定しなければならないことがあります。

[DNS オプション] の ADDSDeployment コマンドレット引数は以下のとおりです。

-creatednsdelegation
-dnsdelegationcredential <pscredential>

Screenshot that shows the Windows Security dialog box for supplying credentials for the deployment operation.

DNS 委任を作成する必要があるかどうかの詳細については、「ゾーンの委任とは」を参照してください。

追加オプション

Screenshot that shows where you can find the configuration option to name a domain controller as the replication source.

[追加オプション] ページには、レプリケーション ソースとして特定のドメイン コントローラーを指定するか、またはどのドメイン コントローラーでもレプリケーション ソースとして使用できるかを指定する構成オプションがあります。

また、メディアからのインストール (IFM) オプションを使用して、バックアップされているメディアからドメイン コントローラーをインストールすることもできます。 [メディアからのインストール] チェック ボックスをオンにすると参照オプションが表示されます。指定したパスが有効なメディアであることを示すため [検証] をクリックする必要があります。 IFM オプションで使用するメディアは、Windows Server バックアップまたは Ntdsutil.exe を使用して、既存の別の Windows Server 2012 コンピューターからのみ作成します。Windows Server 2008 R2 以前のオペレーティング システムを使用して Windows Server 2012 のドメイン コントローラー用のメディアを作成することはできません。 IFM の変更内容について詳しくは、管理の簡素化に関する付録をご覧ください。 SYSKEY で保護されているメディアを使用する場合、サーバー マネージャーは確認の間にイメージのパスワードの入力を求めます。

Screenshot that shows a terminal window during the installation of a domain controller.

[追加オプション] の ADDSDeployment コマンドレット引数は以下のとおりです。

-replicationsourcedc <string>
-installationmediapath <string>
-syskey <secure string>

パス

Screenshot that shows where you can override the default folder locations of the AD DS database, the database transaction logs, and the SYSVOL share.

[パス] ページでは、AD DS データベース、データベース トランザクション ログ、および SYSVOL 共有の既定のフォルダーの場所をオーバーライドできます。 既定の場所は常に %systemroot% のサブディレクトリです。

Active Directory Paths ADDSDeployment コマンドレット引数は以下のとおりです

-databasepath <string>
-logpath <string>
-sysvolpath <string>

準備オプション

Screenshot that shows the Preparation Options page that alerts you that the AD DS configuration includes extending the Schema (forestprep) and updating the domain (domainprep).

[準備オプション] ページでは、AD DS 構成に、スキーマの拡張 (forestprep) とドメインの更新 (domainprep) が含まれることが通知されます。 このページは、フォレストとドメインが、以前の Windows Server 2012 ドメイン コントローラー インストールまたは手動で実行された Adprep.exe で準備されていない場合のみ表示されます。 たとえば、既存の Windows Server 2012 フォレストのルート ドメインに新しいドメイン コントローラーを追加した場合は、Active Directory ドメイン サービス構成ウィザードにこのページが表示されません。

[次へ] をクリックしても、スキーマの拡張やドメインの更新は実行されません。 これらのイベントは、インストール フェーズでのみ発生します。 このページの目的は、インストール中の後の段階で発生するイベントについて通知することだけです。

このページでは、現在のユーザーの資格情報が Schema Admin と Enterprise Admins グループのメンバーであるかどうかも確認します。これは、ドメイン準備のためにスキーマを拡張するにはこれらのグループのメンバーシップが必要であるためです。 現在の資格情報に十分なアクセス権がないと表示された場合は、[変更] をクリックして適切なユーザー資格情報を指定してください。

Screenshot that shows the Preparation Options page and highlights the Change button.

[追加オプション] の ADDSDeployment コマンドレットの引数は以下のとおりです。

-adprepcredential <pscredential>

重要

以前のバージョンの Windows Server と同様、Windows Server 2012 を実行するドメイン コントローラーの自動ドメイン準備では GPPREP は実行されません。 Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 用に準備されていないすべてのドメインに対して、adprep.exe /gpprep を手動で実行してください。 特定のドメインに対して 1 度だけ (アップグレードのたびにではなく) GPPrep を実行する必要があります。 Adprep.exe は /gpprep を自動的に実行しません。これは、その操作により SYSVOL フォルダー内のすべてのファイルとフォルダーがすべてのドメイン コントローラー上で再レプリケートされる可能性があるためです。

自動 RODCPrep は、ドメイン内で最初の非段階的 RODC を昇格したときに実行されます。 最初の書き込み可能な Windows Server 2012 ドメイン コントローラーを昇格したときには実行されません。 読み取り専用ドメイン コントローラーを展開する予定がある場合は、手動で adprep.exe /rodcprep を実行することもできます。

オプションの確認とスクリプトの表示

Screenshot that shows the Review Options page which enables you to validate your settings and ensure that they meet your requirements before you start the installation.

[オプションの確認] ページでは、インストールを開始する前に、設定を検証し、設定が要件を満たしていることを確認できます。 これがサーバー マネージャーを使用するインストールを停止する最後の機会ではありません。 このページでは、構成を続行する前に設定を検討して確認することだけができます。

サーバー マネージャーの [オプションの確認] ページにあるオプションの [スクリプトの表示] ボタンを使用すると、現在の ADDSDeployment モジュール構成を単一の Windows PowerShell スクリプトとして含む Unicode テキスト ファイルを作成することもできます。 これにより、サーバー マネージャーのグラフィカル インターフェイスを Windows PowerShell 展開スタジオとして使用できます。 Active Directory ドメイン サービス構成ウィザードを使用してオプションを構成し、構成をエクスポートした後、ウィザードをキャンセルします。 これによって有効で正しい構文のサンプルが作成されるので、それをさらに変更したり、直接使用したりできます。

次に例を示します。

#
# Windows PowerShell Script for AD DS Deployment
#
Import-Module ADDSDeployment
Install-ADDSDomainController `
-CreateDNSDelegation `
-Credential (Get-Credential) `
-CriticalReplicationOnly:$false `
-DatabasePath "C:\Windows\NTDS" `
-DomainName "root.fabrikam.com" `
-InstallDNS:$true `
-LogPath "C:\Windows\NTDS" `
-SiteName "Default-First-Site-Name" `
-SYSVOLPath "C:\Windows\SYSVOL"
-Force:$true

注意

サーバー マネージャーでは通常、昇格時にすべての引数とその値を入力し、既定値に依存しません (既定値は将来のバージョンの Windows 間またはサービス パック間で変わる可能性があるため)。 唯一の例外は、-safemodeadministratorpassword 引数です。 確認メッセージを強制するには、コマンドレットを対話的に実行する際に値を省略してください。

オプションの Whatif 引数を Install-ADDSDomainController コマンドレットで使用すると、構成情報を確認することができます。 これにより、コマンドレットの引数の明示的および暗黙的な値を見ることができます。

Screenshot of a terminal window that shows using the optional Whatif argument with the Install-ADDSDomainController cmdlet.

前提条件のチェック

Screenshot that shows the Prerequisites Check page which is a new feature in AD DS domain configuration.

[前提条件のチェック] は、AD DS ドメイン構成の新しい機能です。 この新しいフェーズでは、ドメインとフォレストが新しい Windows Server 2012 ドメイン コントローラーをサポートできるかどうかを検証します。

新しいドメイン コントローラーをインストールするときに、サーバー マネージャー Active Directory ドメイン サービス構成ウィザードがシリアル化された一連のモジュラー テストを呼び出します。 これらのテストでは、警告と共に、候補となる修正オプションが提示されます。 テストは必要なだけ何度でも実行できます。 前提条件のテストにすべて合格するまで、ドメイン コントローラー プロセスを続行することはできません。

[前提条件のチェック] では、以前のオペレーティング システムに影響を与えるセキュリティの変更といった関連情報も明らかになります。

特定の前提条件チェックについて詳しくは、前提条件のチェックに関する説明をご覧ください。

サーバー マネージャーを使用する場合は [前提条件のチェック] を省略することはできませんが、AD DS 展開コマンドレットと以下の引数を使用すると省略できます。

-skipprechecks

警告

ただし Microsoft では前提条件のチェックを省略することはお勧めしません。ドメイン コントローラーの昇格が部分的に行われたり、AD DS フォレストに障害が発生したりする恐れがあります。

ドメイン コントローラーの昇格プロセスを開始するには、[インストール] をクリックします。 ここが、インストールをキャンセルする最後のチャンスとなります。 昇格プロセスが開始されると、キャンセルすることはできません。 昇格の結果に関係なく、昇格プロセスの最後でコンピューターが自動的に再起動します。プロセス中に発生した問題とその解決に関するガイダンスが [前提条件のチェック] ページに表示されます。

インストール

Screenshot that shows the Installation page.

[インストール] ページが表示されると、ドメイン コントローラーの構成が開始され、停止やキャンセルは実行できません。 操作の詳しい内容がこのページに表示され、以下のログに書き込まれます。

  • %systemroot%\debug\dcpromo.log

  • %systemroot%\debug\dcpromoui.log

  • %systemroot%\debug\adprep\logs

  • %systemroot%\debug\netsetup.log (サーバーがワークグループ内にある場合)

ADDSDeployment モジュールを使って新しい Active Directory フォレストをインストールするには、次のコマンドレットを使用します。

Install-addsdomaincontroller

必須およびオプションの引数について詳しくは、アップグレードとレプリカの Windows PowerShell をご覧ください。

Install-AddsDomainController コマンドレットのフェーズは 2 つだけです (前提条件のチェックとインストール)。 以下の 2 つの図は、-domainname および -credential の最低限の必須引数を使用したインストール フェーズを示しています。 Adprep 操作は、最初の Windows Server 2012 ドメイン コントローラーを既存の Windows Server 2003 フォレストに追加するプロセスの一部として自動的に実行されます。

Screenshot of a terminal window that shows the installation phase with the minimum required arguments of -domainname and -credential.

Install-ADDSDomainController は、サーバー マネージャーと同様、昇格プロセスによって自動的にサーバーが再起動されることを知らせます。 再起動プロンプトを自動的に受け入れるには、ADDSDeployment Windows PowerShell コマンドレットで -force または -confirm:$false 引数を使用します。 昇格の終了時にサーバーが自動的に再起動されないようにするには、-norebootoncompletion 引数を使用します。

警告

再起動のオーバーライドは推奨されません。 ドメイン コントローラーを正常に機能させるには、再起動する必要があります。

Screenshot of a terminal window that shows the domain controller reboot process.

Screenshot of a terminal window that shows the successful completion of the domain controller reboot process.

Windows PowerShell を使用してドメイン コントローラーをリモートで構成するには、install-adddomaincontroller コマンドレットを invoke-command コマンドレット "内に" ラップします。 これには中かっこが必要です。

invoke-command {install-addsdomaincontroller "domainname <domain> -credential (get-credential)} -computername <dc name>

例:

Install a replica

注意

インストールと Adprep プロセスの動作の詳細については、ドメイン コントローラーの展開のトラブルシューティングをご覧ください。

結果

Screenshot of the Results page that includes the the success or failure message for the promotion and any important administrative information.

[結果] ページには、昇格の成功または失敗と、重要な管理情報が表示されます。 正常に昇格された場合、ドメイン コントローラーは、10 秒後に自動的に再起動します。

以前のバージョンの Windows Server と同様、Windows Server 2012 を実行するドメイン コントローラーの自動ドメイン準備では GPPREP は実行されません。 Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 用に準備されていないすべてのドメインに対して、adprep.exe /gpprep を手動で実行してください。 特定のドメインに対して 1 度だけ (アップグレードのたびにではなく) GPPrep を実行する必要があります。 Adprep.exe は /gpprep を自動的に実行しません。これは、その操作により SYSVOL フォルダー内のすべてのファイルとフォルダーがすべてのドメイン コントローラー上で再レプリケートされる可能性があるためです。