アプリ ID の詳細の表示

アプリ ID ページでは、Microsoft Store によってアプリに割り当てられた一意の ID に関連する詳細情報を表示できます。 このページで、アプリの Store 登録情報へのリンクを取得することもできます。

アプリ ID の情報を探すには、アプリのいずれかに移動し、左側のナビゲーション メニューで [アプリ管理] を展開します。 [アプリ ID] を選ぶと、アプリ ID の詳細が表示されます。

アプリのパッケージ マニフェストに追加する値

パッケージ マニフェストに次の値を含める必要があります。 パッケージのビルドに Microsoft Visual Studio を使っていて、開発者アカウントに関連付けられている同じ Microsoft アカウントでサインインしている場合は、これらの値は自動的に追加されています。 パッケージを手動でビルドしている場合は、以下の項目を追加する必要があります。

  • Package/Identity/Name
  • Package/Identity/Publisher
  • Package/Properties/PublisherDisplayName

詳しくは、パッケージ マニフェスト スキーマのリファレンスの「Identity」をご覧ください。

また、アプリ ID を宣言するこれらの値により、パッケージが属している "パッケージ ファミリ" が確定されます。 個々のパッケージには、アーキテクチャやバージョンなど、その他の詳細が含まれています。

パッケージファミリのその他の値

次の値は、アプリのパッケージ ファミリを参照するが、マニフェストには含まれていないその他の値です。

  • パッケージ ファミリ名 (PFN): この値は特定の Windows API で使われます。
  • パッケージ SID: アプリに WNS の通知を渡すには、この値が必要になります。 詳しくは、「Windows プッシュ通知サービスの概要」をご覧ください。

アプリのページへの直接リンクを共有することで、ユーザーはストアでアプリを見つけやすくなります。 このリンクは、https://www.microsoft.com/store/apps/<your app's Store ID> の形式で示されます。 ユーザーがこのリンクをクリックすると、アプリの Web ベースの登録情報ページが開きます。 Windows デバイスでは、ストア アプリも起動して、アプリの登録情報を表示します。

アプリのストア ID も、このセクションに表示されます。 このストア ID を使って、ストア バッジを生成したり、その他の方法でアプリを識別したりすることができます。

ストア プロトコルのリンクを使うと、アプリ内からリンクする場合などに、ブラウザーを開かずにストア内のアプリに直接リンクできます。 詳しくは、「アプリへのリンク」をご覧ください。