Share via


更新プログラムの対応期限の強制

多くの組織に機能または品質の更新プログラムを展開することは、デバイス エコシステムを管理するための方程式の一部にすぎません。 更新プログラムのコンプライアンスを適用する機能は、次に重要な部分です。 Windows Update for Business では、デバイスを新しいバージョンに移行する期限を管理するコントロールが提供されます。

現在のバージョンでは、2019 年 6 月に導入された新しいポリシーを使用して、バージョン 1709 以降をWindows 10することをお勧めします。自動更新と再起動の期限を指定します。 MDM では、このポリシーは別の設定として使用できます。

Windows 11 バージョン 22H2 以降を実行しているクライアントのポリシー設定の概要

ポリシー 説明
自動更新と再起動の期限を指定する このポリシーを使用すると、品質と機能の更新プログラムがデバイスに自動的にインストールされるまでの日数と、必要な再起動が自動的に行われる猶予期間を指定できます。 このポリシーには、猶予期間が終了するまで自動再起動をオプトアウトするオプションが含まれています。

Windows 11 バージョン 22H2 以降を実行しているクライアントに推奨される構成

ポリシー 場所 品質更新プログラムの期限 (日数) 品質更新プログラムの猶予期間 (日数) 機能更新プログラムの期限 (日数) 機能更新プログラムの猶予期間 (日数)
自動更新と再起動の期限を指定する GPO: コンピューター構成>管理用テンプレート > Windows コンポーネント > Windows Update > 自動更新と再起動の期限を指定する 7 2 2 7

[ 自動更新と再起動の期限を指定する ] が設定されている場合:

品質更新プログラムと機能更新プログラムの両方の期限の計算は、クライアントの更新プログラム スキャンが最初に更新プログラムを検出した時刻に基づいています。 以前は、期限は品質更新プログラムの更新プログラムのリリース日と、機能更新プログラムの再起動保留中の日付に基づいていました。 期限計算の変更は、再起動の予測可能性を向上させるために行われました。

品質更新プログラムと機能更新プログラムの両方の猶予期間は、インストールが完了した後に保留中の再起動の時点からカウントダウンを開始します。 インストールが完了し、デバイスの再起動が保留中になるとすぐに、ユーザーは猶予期間に再起動をスケジュールすることができ、ユーザーが再起動をスケジュールしない場合でも、Windows はアクティブ時間外に自動的に再起動できます。 有効な期限に達すると、デバイスはアクティブ時間中に再起動を試みます。 (有効な期限は、再起動の保留中の日付の後に、指定された期限または再起動保留中の日付と猶予期間のいずれかです)。猶予期間は、休暇から戻ってくる可能性があるユーザーや、デバイスから離れたその他の延長時間に役立ち、強制的な再起動が戻った直後に発生しないようにします。

  • これらのポリシーを使用する場合、通知のユーザー設定は、バージョン 22H2 以降のWindows 11を実行しているクライアントでも使用されます。
  • 自動更新と再起動の期限を指定すると、提供されるとすぐに更新プログラムがダウンロードされてインストールされます。
  • [自動更新と再起動の期限を指定する] が使用されている場合、[自動Updatesの構成] に由来するダウンロード、インストール、および再起動の設定は無視されます。

バージョン 21H2 以前のWindows 11を実行しているクライアントのポリシー設定の概要

ポリシー 説明
(Windows 10 バージョン 1709 以降) 自動更新と再起動の期限を指定する このポリシーには、期限に達するまで自動再起動をオプトアウトするオプションを含む期限と構成可能な猶予期間が含まれます。 これは、バージョン 1709 以降のWindows 10に推奨されるポリシーです。

Windows 11バージョン 21H2 以前を実行しているクライアントに推奨される構成

ポリシー 場所 品質更新プログラムの期限 (日数) 機能更新プログラムの期限 (日数) 猶予期間 (日数)
(Windows 10 バージョン 1709 以降) 自動更新と再起動の期限を指定する GPO: コンピューター構成>管理用テンプレート > Windows コンポーネント > Windows Update > 自動更新と再起動の期限を指定する 2 7 2

[自動更新と再起動の期限を指定する] が設定されている場合 (Windows 10、バージョン 1709 以降)。

機能更新プログラムの場合、期限と猶予期間は、インストールが完了した後の保留中の再起動の時点からのカウントダウンを開始します。 インストールが完了し、デバイスの再起動が保留中になるとすぐに、デバイスはアクティブ時間外の更新を試みます。 有効な期限に達すると、デバイスはアクティブ時間中に再起動を試みます。 (有効な期限は、再起動の保留中の日付の後に、指定された期限または再起動保留中の日付と猶予期間のいずれかです)。

品質更新プログラムの場合、期限のカウントダウンは、更新プログラムが 提供 された時点 (ダウンロードまたはインストールされていない) から開始されます。 猶予期間のカウントダウンは、保留中の再起動の時刻から開始されます。 デバイスは、他のダウンロードおよびインストール ポリシーに基づいて、一度に更新プログラムをダウンロードしてインストールしようとします (既定では、バックグラウンドで自動的にダウンロードおよびインストールされます)。 保留中の再起動時間に達すると、デバイスはユーザーに通知し、アクティブ時間外の更新を試みます。 有効な期限に達すると、デバイスはアクティブ時間中に再起動を試みます。

  • 機能更新プログラムの猶予期間を含む新しいポリシーを日数で使用する場合、この設定はバージョン 21H2 以前Windows 11実行しているクライアントによって無視されます。 品質更新プログラムの猶予期間は、これらのクライアントの品質更新プログラムと機能更新プログラムの両方に使用されます。
  • [自動更新と再起動の期限を指定する] が使用されている場合、[自動Updatesの構成] に由来するダウンロード、インストール、および再起動の設定は無視されます。