Share via


デバイス最適化の概要

適用対象:
✅ Windows 11 IoT Enterprise
✅ Windows 10 IoT Enterprise
✅ Windows 10 IoT Enterprise LTSC 2021

Windows IoT Enterprise には、デバイス メーカーが高度にキュレーションされた、固定機能の特殊デバイスを作成する際に役立つ機能が複数用意されています。 場合によっては、これにはストレージとメモリの消費の最適化が含まれることがあります。 この記事では、Windows IoT Enterprise で使用可能な最適化機能の概要について説明します。

最適化されたデバイスの構築

Windows IoT Enterprise の最適化では、オペレーティング システムのストレージとメモリの要件を減らすことで特殊デバイスの展開を調整する複数のアプローチが提供されます。 Windows IoT Enterprise では、Windows の他のエディションで使用可能な多くの最適化方法を使用できますが、Windows IoT Enterprise には、固定機能の特殊デバイス用に設計された追加の最適化方法が用意されています。

Windows IoT Enterprise で使用可能な最適化機能

この表に一覧表示されている機能の説明は、Windows IoT Enterprise に固有のものです。

特徴量 説明
リムーバブル パッケージ Windows IoT Enterprise LTSC では、オンデマンド機能とレガシのオプション コンポーネントに加えて、さらに多くの機能パッケージを削除できます。
サービスの有効化/無効化 Windows オペレーティング システムには、自動または手動で起動するように構成されているか、既定で無効に設定されている多くのシステム サービスが含まれています。 一部のサービスは、特定の固定機能デバイスには不要な場合があり、それらを無効にすることで、メモリを解放できます。
コンパクト OS コンパクト OS は、オペレーティング システム全体のファイルを圧縮し、その圧縮されたファイルから実行することで、ディスク領域を節約できます。 詳しくは、Compact コマンド ライン ユーティリティに関する記事をご覧ください。
注: パフォーマンスへの影響を補うためにソリッドステート ドライブで使用することをお勧めします。
ソフト リアルタイム プログラムを実行するとき、通常のオペレーティング システムでは決定論的な結果が得られますが、タスクを完了するには非決定論的な時間が必要です。 リアルタイム オペレーティング システムでは、プログラムの実行結果とそれらの結果を取得するためにかかった時間の両方が、(少なくとも部分的に) 決定的になります。

Windows で使用可能なその他の最適化機能

この表に一覧表示されている機能は、Windows Professional や Windows Enterprise などの他のエディションに加えて、Windows IoT Enterprise でも使用できます。

特徴量 説明
オンデマンド機能 オンデマンド機能 (FOD) は、言語パック、ネットワーク ドライバー、ネットワーク ツール、ワイヤレス ディスプレイなど、いつでも追加できる Windows 機能です。 「利用可能なオンデマンド機能」も参照してください。
言語 多くの表示言語と言語機能も、オンデマンド機能として提供されます。 一部の言語コンポーネントをイメージに含めないように選択すると、ディスク領域を節約できます。
レガシのオプション機能 オンデマンド機能が導入される前は、オプション機能は [コントロール パネル] - [Windows の機能の有効化または無効化] を使用して提供されていましたが、多くの機能が現在もこの方法で管理されています。
ドライバーを追加および削除する 不要なドライバーを削除します。
アプリケーション Windows のインストール後にデバイスにインストールされる各アプリケーションは、バイナリ、ユーザー データ、ログ、更新プログラム用にストレージを消費します。 不要なアプリケーションを削除すると、他の目的のためにストレージを解放できます。
予約済み記憶域 Windows は、一時ファイル、キャッシュ、その他のファイルで使用するために、デバイス上の記憶領域の一部を予約します。 デバイスの空き容量が少なくなると、Windows は予約済み記憶域をクリアして、Windows 更新プログラムなどの他のプロセスに使用できるようにします。 予約済み記憶域は Windows IoT Enterprise では disabled by default と構成されますが、他のエディションの Windows では enabled by default です。 この設定は、サービス更新プログラムの提供を最適化するためにいつでも変更できます。
休止状態 休止状態はモバイル コンピューター用に設計されており、一部の PC では使用できない可能性があります。 休止状態では、休止状態ファイルを使用して、高速スタートアップ エクスペリエンスを提供します。 詳細については、休止状態を有効または無効にする方法についての記事を参照してください。
ページ ファイル Windows では、ハード ドライブのセクションをページ ファイル (より具体的には pagefile.sys) と呼ばれる仮想メモリとして指定します。 ページ ファイルは、頻繁に使用されるプログラムやデータのパフォーマンスを向上させるために、コンピューターのランダム アクセス メモリ (RAM) を補完します。 詳細については、適切なページ ファイルのサイズを決定する方法に関するページ、および「ページ ファイルのサイズを変更するにはどうすればよいですか?」を参照してください。
注: ページ ファイルを無効にする前に、「ピーク時のシステム コミット チャージ」を確認してください。
単一インスタンス DISM が非システム ファイルを圧縮プロビジョニング パッケージにキャプチャした後、DISM はドライブ上のポインターを新しい圧縮プロビジョニング パッケージに追加し、元のファイルを削除します。 その結果、ファイルはシステムに引き続き認識されますが、ドライブ上の占有領域が少なくなります。 詳細については、「DISM /Apply-CustomDataImage」を参照してください。
注: パフォーマンスへの影響を補うためにソリッドステート ドライブで使用することをお勧めします。
コンポーネント ストア Windows コンポーネント ストアは、Windows のカスタマイズと更新に必要な機能をサポートする目的で使用されます。 一部のコンポーネントの前のバージョンは、必要な場合にロールバックできるように、しばらくの間システムに保持されます。 詳細については、「WinSxS フォルダーのクリーンアップ」を参照してください。