MRTK Figma ツールキット

MRTK Figma ツールキットには、MRTK for Unity または MRTK for Unreal で検索できる、2D バージョンの HoloLens 2 スタイルの UI コントロールが用意されています。 これは、UI レイアウトとストーリーボードを作成するためのデザイン プロセスで使用できます。

注意

MRTK3 以降では、開発者に新しい Mixed Reality 設計言語を導入しています。 詳細については、 MRTK3 のドキュメントを参照してください

Figma ツールキットの使用方法

コピーを作成するには、[下書きに複製] メニューを使用します。

Menu duplicate 1

[ファイルに戻る] をクリックして、複製されたコピーを表示します。 このコピーは、独自に作成するために使用できます。

Menu duplicate 2

Menu duplicate 3

ダウンロードしてローカルで作業するには、[ファイル] > [ローカル コピーの保存] メニューを使用します。 右上隅にある [インポート] ボタンを使用して、ダウンロードしたファイル (.fig) を Figma にインポートします。

Import menu

左側の [ページ] メニューを使用して、ファイルに含まれるさまざまなページを開くことができます。

Page menu

コンポーネントと状態の使用方法については、[概要] ページを開きます。

[UI ギャラリーとコンポーネント] ページには、デザインに使用可能なすべてのコンポーネントが表示されます。

Figma Toolkit Example - Menu UI 1

Figma Toolkit Example - Menu UI 2

Figma Toolkit Example - Menu UI 4

[資産] タブを使用すると、これらのコンポーネントを参照して、ページにドラッグすることができます。

Assets tab

Figma ツールキットは、メニュー UI をスケッチするのに役立ちます。

Figma Toolkit Example - Menu UI 5

資産はストーリーボードに使用できます。

Figma Toolkit Example - Storyboarding

関連項目