export コマンド (winget)

winget ツールの export コマンドを使用すると、アプリの JSON ファイルが指定したファイルにエクスポートされます。 export コマンドでは、形式として JSON が使用されます。 winget によって使用される JSON スキーマについては、こちらをご覧ください。

exportimport コマンドを組み合わせて使用すると、PC にアプリケーションをバッチ インストールできます。

export コマンドは、多くの場合、他の開発者と共有できるファイル、またはビルド環境を復元するときに使用するファイルを作成するために使用されます。

使用法

winget export [-o] <output> [<options>]

Image of the export command usage

引数

次の引数を使用できます。

引数 説明
-o、--output 作成される JSON ファイルへのパス

オプション

オプションを使用すると、export のエクスペリエンスをニーズに合わせてカスタマイズできます。

オプション 説明
-s、--source [省略可能] ファイルのエクスポート元のソースを指定します。 特定のソースのファイルのみが必要な場合は、このオプションを使用します。
--include-versions [省略可能] 現在インストールされているアプリのバージョンを含めます。 特定のバージョンが必要な場合は、このオプションを使用します。 既定では、指定しない限り、最新のものが import で使用されます。
--accept-source-agreements ソースの使用許諾契約に同意し、プロンプトを回避するために使用されます。
--verbose-logs ログ記録設定をオーバーライドし、詳細ログを作成します。

JSON スキーマ

export コマンドでは JSON ファイルが利用されています。 この JSON ファイルのスキーマについては、こちらをご覧ください。

この JSON ファイルには、次の階層が含まれています。

入力 説明
Sources アプリケーション マニフェストの元になっているソース。
パッケージ インストールするパッケージのコレクション。
PackageIdentifier パッケージを指定するために使用されている Windows パッケージ マネージャーのパッケージ識別子。
Version [省略可能] インストールするパッケージの特定のバージョン。

ファイルのエクスポート

Windows パッケージ マネージャーによって JSON ファイルがエクスポートされるときは、PC にインストールされているすべてのアプリケーションのエクスポートが試みられます。 winget export コマンドでアプリケーションを使用可能なソースのアプリケーションと一致させることができない場合、export コマンドにより警告が表示されます。

Note

アプリケーションの一致は、構成されているソースのマニフェストのメタデータと、パッケージ インストーラーに基づく Windows での [プログラムの追加と削除] のメタデータに依存します。

Image of export command warnings

エクスポートが完了したら、任意のエディターで結果の JSON ファイルを編集できます。 後でインポートしたくないアプリは削除できます。