ColorColor Picker ユーティリティ

任意の画面から色を選択し、設定可能な形式でクリップボードにコピーすることができる、Windows 用のシステム全体の色選択ユーティリティ。

ColorColor Picker screenshot.

作業の開始

有効にする ColorColor Picker

[PowerToys] 設定の [Color Picker] タブで、[ColorColor Picker] を有効にします。

ColorColor Picker のアクティブ化中

ColorColor Picker をアクティブ化する場合の動作 (既定値: Win+Shift+C) を選択するには、次のアクティブ化の動作を変更します。

ColorColor Picker behaviors.

  • [エディターを開く] により、色履歴から色を選択したり、選択した色を微調整したり、新しい色を選んだりできるエディターが開きます。
  • [色を選択してエディターを開く] により、ColorColor Picker がアクティブになり、エディターが開き、色を選択した後、選択した色がクリップボードにコピーされます
  • 色を選択するだけで ColorColor Picker がアクティブになり、選択した色がクリップボードにコピーされます。

色の選択

ColorColor Picker をアクティブ化したら、画面上の色を選択してその色を選択します。 カーソルの下の領域をより詳細に表示するには、マウス ホイールを上にスクロールして拡大します。

ColorColor Picker では、選択した色が、ColorColor Picker の設定で選択した既定の カラー形式 (既定値: HEX) でクリップボードにコピーされます。

Selecting a Color.

ヒント

要素の非ホバー状態の色を選択するには:

  1. マウス ポインターを、対象の要素の上ではなくその近くに移動します
  2. マウス ホイールを上にスクロールして拡大します。 画像がフリーズします。
  3. 拡大された領域内で、対象の要素の色を選択できます

ColorColor Picker エディターを使用する

ColorColor Picker エディターには、選択された最大 20 色の履歴が保存され、クリップボードにコピーできます。 エディターで表示するカラー形式を PowerToys 設定のColor 形式で選択できます。

ColorColor Picker エディターの上部にある色付きバーでは、次を実行できます。

  • 選択した色の微調整
  • 類似した色を選ぶ

選択した色を微調整するには、カラー バーで中央の色を選択します。 微調整コントロールを使用すると、色の HSVRGBHEX の値を変更できます。 選択 すると、色の履歴に新しい色が追加されます。

同様の色を選択するには、カラー バーの左端と右端にあるセグメントのいずれかを選択します。 ColorColor Picker エディターは、バーの左側に 2 つの明るい色合いを提案し、バーの右側に 2 つの暗い色合いを提案します。 これらの類似した色のいずれかを選択すると、その色が色履歴に追加されます。

ColorColor Picker Editor window.

色の履歴から任意の色を削除するには、色を右クリックし、[削除] を選択します。

色履歴をエクスポートするには、色を長押し (または右クリック) し、[エクスポート] を選択します。 エクスポートした値は、色または形式によりグループ化できます。

設定

ColorColor Picker は次のような設定ができます。

設定 説明
アクティブ化のショートカット ColorColor Picker をアクティブ化するショートカット。
アクティブ化の動作 ColorColor Picker のアクティブ化の際の動作を変更します。 この設定の詳細については、「ColorColor Picker のアクティブ化」を参照してください。
既定のカラー形式 ColorColor Picker がクリップボードにコピーするカラー形式。
色の名前を表示する この設定をオンにすると、色の高レベル表現が表示されます。 例: 薄い緑、緑、濃い緑。
Color 形式 このセクションでは、さまざまなカラー形式を有効にして追加したり、ColorColor Picker エディターでカラー形式の順序を変更したりできます。 カラー形式の管理Color 形式の詳細を参照してください。

ColorColor Picker Settings screenshot.

カラー形式の管理

Color 形式のカラー形式の追加、編集、削除、無効化、および順序の変更を行うことができます。

ColorColor Picker エディターに表示されるカラー形式の順序を変更するには、カラー形式の横にある [••] を選択し、[上へ移動] または [下へ移動] を選択します。

カラー形式を無効にするには、そのカラー形式の横にあるトグルをオフにします。 ColorColor Picker では、エディターに無効なカラー形式が表示されません。

カラー形式を削除するには、色書式の横にある [••] を選択し、[削除] を選択します。

新しいカラー形式を追加するには、[カスタムカラー形式の追加] を選択します。 色の形式の [名前][形式] を選択できます。 [保存] を選択して、色の形式を追加します。 カラー形式の構文については、[カスタムカラー形式の追加] ダイアログで説明されています。

カラー形式を編集するには、一覧から選択します。 [ユーザー設定のカラー形式を編集] ダイアログで、カラー形式の [名前][形式] を編集できます。 [更新] を選択して変更を保存します。 カラー形式の構文については、[カスタムカラー形式の編集] ダイアログで説明されています。

次のパラメーターを使用してカラー形式を定義します。

パラメーター 意味
%Re
%Gr 緑色
%Bl blue
%Al alpha
%Cy cyan
%Ma マゼンタ
%Ye 黄色
%Bk ブラック キー
%Hu hue
%Si 彩度 (HSI)
%Sl 彩度 (HSL)
%Sb 彩度 (HSB)
%Br brightness
%In intensity
%Hn 色相 (ナチュラル)
%Ll 輝度 (ナチュラル)
%Lc 輝度 (CIE)
%Va
%Wh 白色度
%Bn ブラック
%Ca 色度 A
%Cb 色度 B
%Xv X 値
%Yv Y 値
%Zv Z の値
%Dv "10 進値"
%Na 色名

赤、緑、青、アルファの値を次の形式に書式設定します。

フォーマッタ 意味
b バイト値 (規定)
16 進数小文字 1 桁
H 16 進数大文字 1 桁
x 16 進数小文字 2 桁
x 16 進数大文字 2 桁
f 先行ゼロのある float
F 先行ゼロのない float

たとえば、%ReX は16 進数の大文字の 2 桁の形式の赤い値を意味します。

Color 形式には、任意の単語または文字を含めることができます。 たとえば、カラー形式の作成時に表示されるデフォルトのカラー形式は _'new Color (R = %Re, G = %Gr, B = %Bl)'_ です。

制限事項

  • ColorColor Picker は、スタート メニューやアクション センターの上に表示することはできませんが、色を選択することはできます。
  • 現在フォーカスされているアプリケーションが管理者昇格 (管理者として実行) で起動されている場合、Color PickerPowerToys も管理者昇格で開始されていない会議り、アクティベーション ショートカットは機能しません。
  • Wide Color Gamut (WCG) およびハイ ダイナミック レンジ (HDR) のカラー形式は現在サポートされていません。