次の方法で共有


Windows 10 Version 1809 の基本レベルの Windows 診断イベントおよびフィールド

適用対象

  • Windows 10 Version 1809

"基本" レベルでは、基本デバイス情報、品質関連情報、アプリの互換性、Microsoft Store など、デバイスとその構成について理解するうえで重要な限られた情報セットが収集されます。 レベルが "基本" に設定されている場合、セキュリティ レベルの情報も含まれます。

"基本" レベルは、特定のデバイスのハードウェアまたはソフトウェアの構成で発生する可能性がある問題を識別するのに役立ちます。 たとえば、メモリが特定の容量のデバイスや特定のバージョンのドライバーを実行しているデバイスで、より頻繁にクラッシュが発生しているかどうかを確認するのに役立ちます。 これは、Microsoft がオペレーティング システムやアプリの問題を解決するために役立てられます。

この記事では、イベント領域ごとにグループ化された診断イベントと、各イベント内のフィールドについて説明します。 フィールドごとの簡単な説明もあります。 収集される各イベントには、デバイス データをまとめた共通データが含まれています。

Windows の機能データと診断データの詳細については、以下の記事を参照してください。

アカウント トレース ログ プロバイダー イベント

Microsoft.Windows.Mitigation.AccountTraceLoggingProvider.General

このイベントは、正常な実行を示すアプリケーションのプロパティに関する情報を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • AppMode 現在特権で実行されているアプリのモードを示します。
  • ExitCode アプリの終了コードを示します。
  • Help アプリがヘルプ モードで起動する必要があるかどうかを示します。
  • ParseError 実行中に解析エラーがあったかどうかを示します。
  • RightsAcquired 正常な実行のために適切な特権が取得されたかどうかを示します。
  • RightsWereEnabled 正常な実行のために適切な特権が有効になっているかどうかを示します。
  • TestMode アプリがテスト モードで実行されているかどうかを示します。

Microsoft.Windows.Mitigation.AccountTraceLoggingProvider.GetCount

このイベントは、管理者グループのユーザー アカウントのプロパティに関する情報を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • Internal カウント グループに関連付けられている内部プロパティを示します。
  • LastError ユーザー アカウントの数を取得できなかった原因のエラー コード (該当する場合)。
  • Result HResult エラー。

AppLocker イベント

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.ActivityStoppedAutomatically

明示的に閉じられていない開始/停止操作の自動的に閉じられたアクティビティ。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.AddParams

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の Add 関数に渡されたパラメーターを示します。

次のフィールドを使用できます。

  • 追加するノードの子 URI。
  • uri %SYSTEM32%/AppLocker を基準としたノードの URI。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.AddStart

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の追加操作の開始を示します。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.AddStop

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の追加操作の終了を示します。

次のフィールドを使用できます。

  • hr AppLockerCSP で Add 関数によって返された HRESULT。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.CAppLockerCSP::Rollback

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) のロールバック操作の結果を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • oldId CSP トランザクションの以前の ID。
  • txId CSP トランザクションの現在の ID。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.ClearParams

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) のクリア操作に渡されるパラメーターを提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • uri %SYSTEM32%\AppLocker フォルダーを基準とした URI。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.ClearStart

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) のクリア操作の開始を示します。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.ClearStop

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) のクリア操作の終了を示します。

次のフィールドを使用できます。

  • hr "Clear" 関数の終了時に報告される HRESULT。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.ConfigManagerNotificationStart

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の構成マネージャーの通知操作が開始されたことを示します。

次のフィールドを使用できます。

  • NotifyState ConfigManager によって AppLockerCSP に送信される状態。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.ConfigManagerNotificationStop

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の構成マネージャーの通知操作が終了したことを示します。

次のフィールドを使用できます。

  • hr AppLockerCSP で ConfigManagerNotification 関数によって返された HRESULT。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.CreateNodeInstanceParams

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) のノードのインスタンス作成操作に渡されたパラメーターを提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • NodeId CreateNodeInstance に渡された NodeId。
  • nodeOps CreateNodeInstance に渡された NodeOperations パラメーター。
  • uri CreateNodeInstance に渡された、%SYSTEM32%\AppLocker を基準とした URI。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.CreateNodeInstanceStart

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) のノードのインスタンス作成操作の開始を示します。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.CreateNodeInstanceStop

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) のノードのインスタンス作成操作の終了を示します。

次のフィールドを使用できます。

  • hr AppLockerCSP で CreateNodeInstance 関数によって返された HRESULT。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.DeleteChildParams

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の子の削除操作に渡されたパラメーターを提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • 削除するノードの子 URI。
  • uri %SYSTEM32%\AppLocker を基準とした URI。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.DeleteChildStart

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の子の削除操作の開始を示します。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.DeleteChildStop

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の子の削除操作の終了を示します。

次のフィールドを使用できます。

  • hr AppLockerCSP で DeleteChild 関数によって返された HRESULT。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.EnumPolicies

このイベントは、プラグイン GUID が null の場合、つまり構成サービス プロバイダー (CSP) によって以前のポリシーが存在していないと認識されている場合に、ログに記録された、%SYSTEM32%\AppLocker を基準とした Uniform Resource Identifier (URI) を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • uri %SYSTEM32%\AppLocker を基準とした URI。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.GetChildNodeNamesParams

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の子ノードの名前の取得操作に渡されるパラメーターを提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • uri MDM ノードの %SYSTEM32%/AppLocker を基準とした URI。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.GetChildNodeNamesStart

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の子ノードの名前の取得操作の開始を示します。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.GetChildNodeNamesStop

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の子ノードの名前の取得操作の終了を示します。

次のフィールドを使用できます。

  • child[0] 関数が成功した場合は、最初の子の名前。それ以外の場合は "NA"。
  • count 関数が成功した場合は、関数によって返された子ノードの名前の数。それ以外の場合は 0。
  • hr AppLockerCSP の GetChildNodeNames 関数によって返された HRESULT。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.GetLatestId

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の最新のタイム スタンプ付きの一意の識別子を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • dirId GetLatestId によって検出された最新のディレクトリ識別子。
  • id id > 0 の場合は GetLatestId によって返される id。それ以外の場合は dirId パラメーター。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.HResultException

このイベントは、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の任意の関数によって生成された結果コード (HRESULT) を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • file 例外が発生した OS コード ベース内のファイル。
  • function 例外が発生した OS コード ベース内の関数。
  • hr 報告された HRESULT。
  • line 例外が発生した OS コード ベース内のファイルの行。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.SetValueParams

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の SetValue 操作に渡されたパラメーターを提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • dataLength 設定する値の長さ。
  • uri 値を含める必要がある、%SYSTEM32%\AppLocker を基準としたノードの URI。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.SetValueStart

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) の SetValue 操作の開始を示します。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.SetValueStop

AppLockerCSP ノードの "SetValue" 操作の終了。

次のフィールドを使用できます。

  • hr AppLockerCSP で SetValue 関数によって返された HRESULT。

Microsoft.Windows.Security.AppLockerCSP.TryRemediateMissingPolicies

このイベントは、Windows のセキュリティを維持するために、AppLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) のポリシーを修正するための情報を提供します。 これには、修正が必要な %SYSTEM32%\AppLocker を基準とした Uniform Resource Identifier (URI) が含まれています。

次のフィールドを使用できます。

  • uri %SYSTEM32%/AppLocker を基準としたノードの URI。

Appraiser イベント

Microsoft.Windows.Appraiser.General.ChecksumTotalPictureCount

このイベントは、オブジェクトの種類と、それぞれいくつのオブジェクトがクライアント デバイスに存在しているかを示します。 これにより、サーバーに存在する記録がクライアントに存在する記録と一致することをすばやく確認できます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DatasourceApplicationFile_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DatasourceApplicationFile_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceApplicationFile_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_19H1 このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DatasourceDevicePnp_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DatasourceDevicePnp_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDevicePnp_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DatasourceDriverPackage_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceDriverPackage_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoBlock_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPassive_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DataSourceMatchingInfoPostUpgrade_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DatasourceSystemBios_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DatasourceSystemBios_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DecisionApplicationFile_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionApplicationFile_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DecisionDevicePnp_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDevicePnp_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DecisionDriverPackage_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionDriverPackage_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoBlock_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPassive_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMatchingInfoPostUpgrade_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DecisionMediaCenter_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionMediaCenter_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • DecisionSystemBios_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionSystemBios_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionTest_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionTest_21H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • DecisionTest_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventoryApplicationFile このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventoryDeviceContainer このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventoryDevicePnp このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventoryDriverBinary このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventoryDriverPackage このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventoryLanguagePack このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventoryMediaCenter このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventorySystemBios このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventorySystemMachine このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventorySystemProcessor このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventoryTest このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • InventoryUplevelDriverPackage このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • PCFP このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemMemory このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemProcessorCompareExchange このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemProcessorLahfSahf このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemProcessorNx このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemProcessorPrefetchW このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemProcessorSse2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemTouch このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemWim このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemWindowsActivationStatus このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • SystemWlan このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_19ASetup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_19H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_19H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_20H1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_20H1Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_21H1Setup このデバイスに存在するこの特定の種類のオブジェクトの数。
  • Wmdrm_RS1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_RS2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_RS3 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_RS3Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_RS4 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_RS4Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_RS5 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_RS5Setup このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_TH1 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。
  • Wmdrm_TH2 このデバイスに存在するこの種類のオブジェクトの合計数。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceApplicationFileAdd

このイベントは、システムにインストールされている特定のアプリケーション ファイルに関する基本的なメタデータを表します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • AvDisplayName ウイルス対策アプリの場合、これは表示名です。
  • CompatModelIndex このファイルの互換性予測。
  • HasCitData ファイルが CIT データに存在するかどうかを示します。
  • HasUpgradeExe ウイルス対策アプリに、upgrade.exe ファイルがあるかどうかを示します。
  • IsAv ファイルがウイルス対策報告 EXE であるかどうか。
  • ResolveAttempted 診断データを送信する場合、これは常に空になります。
  • SdbEntries このファイルに適用される SDB エントリを示すフィールドの配列。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceApplicationFileRemove

このイベントは、DatasourceApplicationFile オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceApplicationFileStartSync

このイベントは、DatasourceApplicationFileAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceDevicePnpAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、プラグ アンド プレイ デバイスの互換性データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • ActiveNetworkConnection デバイスが、アクティブなネットワーク デバイスであるかどうかを示します。
  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • CosDeviceRating 対象のオペレーティング システムにドライバーがあるかどうかを示す列挙体。
  • CosDeviceSolution 対象のオペレーティング システムでドライバーを使用可能にする方法を示す列挙体。
  • CosDeviceSolutionUrl Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceDevicePnpAdd . 空の文字列
  • CosPopulatedFromId ドライバー範囲データに基づく ID と一致する、予測されたアップレベル ドライバー。
  • IsBootCritical デバイスの起動が重要かどうかを示します。
  • UplevelInboxDriver このデバイスのドライバー アップレベルがあるかどうかを示します。
  • WuDriverCoverage このデバイスのドライバー アップレベルが、Windows Update に記録されているかどうかを示します。
  • WuDriverUpdateId 該当するアップレベル ドライバーの Windows Update ID。
  • WuPopulatedFromId Windows Update からのドライバー範囲に基づく ID と一致する予想アップレベル ドライバー。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceDevicePnpRemove

このイベントは、DatasourceDevicePnp オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceDevicePnpStartSync

このイベントは、DatasourceDevicePnpAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceDriverPackageAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ドライバー パッケージに関する互換性データベース データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceDriverPackageRemove

このイベントは、DatasourceDriverPackage オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceDriverPackageStartSync

このイベントは、DatasourceDriverPackageAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DataSourceMatchingInfoBlockAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、特定のアプリケーションまたはデバイスに直接関連しないシステムでの互換性ブロック エントリに関するブロック データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • ResolveAttempted 診断データを送信する場合、これは常に空になります。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DataSourceMatchingInfoBlockRemove

このイベントは、DataSourceMatchingInfoBlock オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DataSourceMatchingInfoBlockStartSync

このイベントは、DataSourceMatchingInfoBlockStAdd イベントの完全なセットの送信が完了したことを示します。 このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ファイルに関する互換性の決定を行うために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DataSourceMatchingInfoPassiveAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、アプリケーションまたはデバイスのいずれによってもキーが設定されないシステムでの非ブロック互換性エントリに関する互換性データベース情報を送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DataSourceMatchingInfoPassiveRemove

このイベントは、DataSourceMatchingInfoPassive オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DataSourceMatchingInfoPassiveStartSync

このイベントは、DataSourceMatchingInfoPassiveAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ファイルに関する互換性の決定を行うために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DataSourceMatchingInfoPostUpgradeAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、アプリケーションまたはデバイスのいずれによってもキーが設定されないシステムでの、アップグレード後に再インストールが必要となるエントリに関する互換性データベース情報を送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DataSourceMatchingInfoPostUpgradeRemove

このイベントは、DataSourceMatchingInfoPostUpgrade オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DataSourceMatchingInfoPostUpgradeStartSync

このイベントは、DataSourceMatchingInfoPostUpgradeAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceSystemBiosAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、BIOS に関する互換性データベース情報を送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceSystemBiosRemove

このイベントは、DatasourceSystemBios オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DatasourceSystemBiosStartSync

このイベントは、DatasourceSystemBiosAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionApplicationFileAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ファイルに関する互換性決定データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • BlockAlreadyInbox ファイル上のアップレベル ランタイム ブロックが既に現在の OS に存在しています。
  • BlockingApplication 対象のファイルが原因でアップグレードと干渉するアプリケーションの問題があるかどうかを示します。
  • DisplayGenericMessage このファイルについて汎用メッセージが表示されるかどうか。
  • DisplayGenericMessageGated このファイルについて汎用メッセージが表示されるかどうかを示します。
  • HardBlock このファイルは SDB でブロックされます。
  • HasUxBlockOverride SDB 内のタブにより上書きされるブロックがファイルにあるかどうか。
  • MigApplication 現在のアップグレード モードに適用される、ファイルに関連付けられた SDB からの MigXML がファイルにあるかどうか。
  • MigRemoval アップグレード時にアプリを削除する SDB からの MigXML がファイルにあるかどうか。
  • NeedsDismissAction 無視可能なアクションがファイルにより引き起こされるかどうか。
  • NeedsInstallPostUpgradeData アップグレード後、アプリの置き換えをインストールするアップグレード後通知がファイルに送信されます。
  • NeedsNotifyPostUpgradeData アップグレード後に表示する通知がファイルにあるかどうか。
  • NeedsReinstallPostUpgradeData アップグレード後、アプリを再インストールするアップグレード後通知がファイルに送信されます。
  • NeedsUninstallAction アップグレードを完了するには、ファイルをアンインストールする必要があります。
  • SdbBlockUpgrade ファイルには、SDB でのアップグレードのブロックというタグが付けられます。
  • SdbBlockUpgradeCanReinstall ファイルに、SDB でのアップグレードのブロックというタグが付けられます。 アップグレード後に再インストールできます。
  • SdbBlockUpgradeUntilUpdate ファイルに、SDB でのアップグレードのブロックというタグが付けられます。 アプリが更新される場合、アップグレードを続行できます。
  • SdbReinstallUpgrade ファイルに、SDB でアップグレード後に再インストールする必要があるというタグが付けられます。 アップグレードはブロックされません。
  • SdbReinstallUpgradeWarn ファイルに、SDB での警告と共に、アップグレード後に再インストールする必要があるというタグが付けられます。 アップグレードはブロックされません。
  • SoftBlock ファイルは SDB でソフトブロックされ、警告が生成されます。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionApplicationFileRemove

このイベントは、DecisionApplicationFile オブジェクトがなくなったことを示しています。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionApplicationFileStartSync

このイベントは、DecisionApplicationFileAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ファイルに関する互換性の決定を行うために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionDevicePnpAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、プラグ アンド プレイ (PNP) デバイスに関する互換性決定データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • AssociatedDriverIsBlocked この PNP デバイスに関連付けられているドライバーがブロックされているかどうか。
  • AssociatedDriverWillNotMigrate このプラグ アンド プレイ デバイスに関連付けられているドライバーが移行されるかどうか。
  • BlockAssociatedDriver この PNP デバイスに関連付けられているドライバーをブロックする必要があるかどうか。
  • BlockingDevice この PNP デバイスがアップグレードをブロックしているかどうか。
  • BlockUpgradeIfDriverBlocked PNP デバイスが起動に必要で、OS に付属するドライバーがないかどうか。
  • BlockUpgradeIfDriverBlockedAndOnlyActiveNetwork この PNP デバイスが唯一のアクティブなネットワーク デバイスであるかどうか。
  • DisplayGenericMessage この PNP デバイスのセットアップ時に汎用メッセージが表示されるかどうか。
  • DisplayGenericMessageGated この PNP デバイスのセットアップ時に汎用メッセージが表示されるかどうかを示します。
  • DriverAvailableInbox この PNP デバイスのドライバーがオペレーティング システムに付属しているかどうか。
  • DriverAvailableOnline この PNP デバイスのドライバーが Windows Update にあるかどうか。
  • DriverAvailableUplevel この PNP デバイスのドライバーが Windows Update にあるかどうか、またはオペレーティング システムに付属しているかどうか。
  • DriverBlockOverridden 上書きされたドライバー ブロックがデバイスにあるかどうか。
  • NeedsDismissAction このデバイスのデットアップ時にユーザーが警告を無視する必要があるかどうか。
  • NotRegressed ターゲット OS の問題コードと同等のソース OS の問題コードがデバイスにあるかどうか。
  • SdbDeviceBlockUpgrade アップグレードをブロックする PNP デバイスに SDB ブロックがあるかどうか。
  • SdbDriverBlockOverridden アップグレードをブロックしているが、ブロックが上書きされた SDB ブロックが PNP デバイスにあるかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionDevicePnpRemove

このイベントは、objectInstanceId で表される DecisionDevicePnp オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、PNP デバイスに関する互換性の決定を行うために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionDevicePnpStartSync

このイベントは、DecisionDevicePnpAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、PNP デバイスに関する互換性の決定を行うために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionDriverPackageAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ドライバー パッケージの互換性に関する決定データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • DisplayGenericMessageGated このドライバー パッケージについて汎用のオファー ブロック メッセージが表示されるかどうかを示します。
  • DriverBlockOverridden 移行をブロックしているが、ブロックが上書きされている SDB ブロックがドライバー パッケージにあるかどうか。
  • DriverIsDeviceBlocked ドライバー パッケージがデバイス ブロックのためにブロックされたかどうか。
  • DriverIsDriverBlocked ドライバー パッケージがドライバー ブロックのためにブロックされているかどうか。
  • DriverIsTroubleshooterBlocked トラブルシューティング ツールのブロックのためのドライバー パッケージがブロックされているかどうかを示します。
  • DriverShouldNotMigrate アップグレード時にドライバー パッケージを移行する必要があるかどうか。
  • SdbDriverBlockOverridden 移行をブロックしているが、ブロックが上書きされている SDB ブロックがドライバー パッケージにあるかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionDriverPackageRemove

このイベントは、objectInstanceId で表される DecisionDriverPackage オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ドライバー パッケージ関する互換性の決定を行うために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionDriverPackageStartSync

DecisionDriverPackageStartSync イベントは、DecisionDriverPackageAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ドライバー パッケージ関する互換性の決定を行うために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMatchingInfoBlockAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、アプリケーションまたはデバイスのいずれによってもキーが設定されないシステムでのブロック エントリに関する互換性決定データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • BlockingApplication 一致する情報ブロックが原因でアップグレードと干渉するアプリケーションの問題があるかどうか。
  • DisplayGenericMessage このブロックの汎用メッセージが表示されるかどうか。
  • NeedsDismissAction 無視可能なアクションがファイルにより引き起こされるかどうか。
  • NeedsUninstallAction 一致する情報ブロックが原因でセットアップ時にユーザーがアクションを実行する必要があるかどうか。
  • SdbBlockUpgrade 一致する情報ブロックにより、アップグレードがブロックされているかどうか。
  • SdbBlockUpgradeCanReinstall 一致する情報ブロックがアップグレードをブロックしており、"再インストール可能" のタグがあるかどうか。
  • SdbBlockUpgradeUntilUpdate 一致する情報ブロックがアップグレードをブロックしており、"更新まで" のタグがあるかどうか。
  • SdbReinstallUpgradeWarn ファイルに、SDB での警告と共に、アップグレード後に再インストールする必要があるというタグが付けられます。 アップグレードはブロックされません。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMatchingInfoBlockRemove

このイベントは、DecisionMatchingInfoBlock オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMatchingInfoBlockStartSync

このイベントは、DecisionMatchingInfoBlockAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMatchingInfoPassiveAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、アプリケーションまたはデバイスのいずれによってもキーが設定されないシステムでの非ブロック エントリに関する互換性決定データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • BlockingApplication 一致する情報ブロックが原因でアップグレードと干渉するアプリケーションの問題があるかどうか。
  • DisplayGenericMessageGated 一致する情報ブロックが原因で汎用のオファー ブロック メッセージが表示されるかどうかを示します。
  • MigApplication 現在のアップグレード モードの mig を持つ、一致する情報ブロックがあるかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMatchingInfoPassiveRemove

このイベントは、DecisionMatchingInfoPassive オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMatchingInfoPassiveStartSync

このイベントは、DecisionMatchingInfoPassiveAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMatchingInfoPostUpgradeAdd

このイベントは、アップグレード後に再インストールを要求するエントリに関する互換性決定データを送信します。 Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • NeedsInstallPostUpgradeData アプリの置き換えのインストール通知がアップグレード後にファイルに送信されるかどうか。
  • NeedsNotifyPostUpgradeData アップグレード後にこのファイルの通知を表示する必要があるかどうか。
  • NeedsReinstallPostUpgradeData アプリの再インストール通知がアップグレード後にファイルに送信されるかどうか。
  • SdbReinstallUpgrade ファイルには、互換性データベースでアップグレード後に再インストールする必要があるというタグが付けられます (ただし、アップグレードをブロックしません)。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMatchingInfoPostUpgradeRemove

このイベントは、DecisionMatchingInfoPostUpgrade オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMatchingInfoPostUpgradeStartSync

このイベントは、DecisionMatchingInfoPostUpgradeAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMediaCenterAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、Windows Media Center の存在に関する決定データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • BlockingApplication Windows Media Center が原因でアップグレードと干渉するアプリケーションの問題があるかどうか。
  • MediaCenterActivelyUsed Windows Media Center がそのエディションでサポートされている場合、少なくとも一度は実行されたことがあり、MediaCenterIndicators が true であるかどうか。
  • MediaCenterIndicators Windows Media Center がアクティブに使用されていること暗黙に示すインジケーターがあるかどうか。
  • MediaCenterInUse Windows Media Center がアクティブに使用されているかどうか。
  • MediaCenterPaidOrActivelyUsed Windows Media Center がアクティブに使用されているかどうか、またはサポートされているエディションで実行されているかどうか。
  • NeedsDismissAction 無視できる Windows Media Center によるアクションがあるかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMediaCenterRemove

このイベントは、DecisionMediaCenter オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionMediaCenterStartSync

このイベントは、DecisionMediaCenterAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSModeStateAdd

このイベントは、S モードの状態に関する true/false の互換性決定データを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking アップグレードの適格性に関する Appraiser の決定。
  • LockdownMode S モードのロックダウン モード。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSModeStateStartSync

DecisionSModeStateStartSync イベントは、DecisionSModeStateAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントは、S モードの状態に関する互換性の決定を行うために使用されます。 Microsoft ではこの情報を使用して、更新プログラムを受信するコンピューターの S モードの状態に関する問題を理解し、対処します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemBiosAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、BIOS に関する互換性決定データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking BIOS ブロックが原因でデバイスのアップグレードがブロックされているかどうか。
  • DisplayGenericMessageGated BIOS について汎用のオファー ブロック メッセージが表示されるかどうかを示します。
  • HasBiosBlock デバイスで BIOS がブロックされているかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemBiosRemove

このイベントは、DecisionSystemBios オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemBiosStartSync

このイベントは、DecisionSystemBiosAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemDiskSizeAdd

このイベントは、このオブジェクトの種類が追加されたことを示します。 このデータは、デバイスのディスク サイズを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking OS のアップグレード中にハードウェア要件を評価する際の Appraiser の決定。
  • TotalSize ディスクの合計サイズ (MB 単位)。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemDiskSizeStartSync

物理ディスク サイズ データの同期イベントを開始します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemMemoryAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システム メモリーに関する互換性決定データを送信します。 Microsoft ではこの情報を使用して、更新プログラムを受信するコンピューターのシステム メモリーに関する問題を理解し、対処します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • Blocking ブロック情報。
  • BlockingSystemGeneralScenario RAM に基づくアップグレードの適格性に関する決定。
  • MemoryRequirementViolated メモリ情報。
  • MemoryRequirementViolated システム要件情報。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemMemoryStartSync

DecisionSystemMemoryStartSync イベントは、DecisionSystemMemoryAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemProcessorCpuCoresAdd

このデータ属性は、CPU がサポートするコア数を示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking アップグレードの適格性に関する評価の決定。
  • CpuCores CPU コアの数。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemProcessorCpuCoresStartSync

このイベントは、Appraiser の CPU コアのテレメトリ コレクションの開始を示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemProcessorCpuModelAdd

このイベントは、CPU に関する true/false の互換性決定データを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Armv81Support Arm v8.1 Atomics のサポート。
  • Blocking アップグレードの適格性に関する Appraiser の決定。
  • CpuFamily Cpu ファミリ。
  • CpuModel Cpu モデル。
  • CpuStepping Cpu のステップ。
  • CpuVendor Cpu ベンダー。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemProcessorCpuModelStartSync

DecisionSystemProcessorCpuModelStartSync イベントは、DecisionSystemProcessorCpuModelAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントは、CPU に関する互換性の決定を行うために使用されます。 Microsoft ではこの情報を使用して、更新プログラムを受信するコンピューターの CPU に関する問題を理解し、対処します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemProcessorCpuSpeedAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、CPU に関する互換性決定データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking OS の適格性に関する Appraiser の決定。
  • Mhz CPU 速度 (MHz 単位)。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionSystemProcessorCpuSpeedStartSync

このイベントは、MHz 単位の CPU 速度のデータを収集します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionTpmVersionAdd

このイベントは、デバイス内のトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) に関するデータを収集します。 TPM テクノロジは、ハードウェア ベースのセキュリティ関連機能を提供するために設計されています。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking デバイスの TPM サポートに基づく、アップグレード可能性に関する Appraiser の決定。
  • TpmVersionInfo デバイス内の信頼するプラットフォーム モジュール (TPM) テクノロジのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionTpmVersionStartSync

DecisionTpmVersionStartSync イベントは、DecisionTpmVersionAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントは、TPM に関する互換性の決定を行うために使用されます。 Microsoft ではこの情報を使用して、更新プログラムを受信するコンピューターの TPM に関する問題を理解し、対処します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionUefiSecureBootAdd

このイベントは、UEFI セキュア ブートのサポートと状態に関するデータの情報を収集します。 UEFI は、ファームウェアによって起動されるコードが信頼できることを確認するための検証メカニズムです。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking UEFI のサポートを確認する際の、アップグレード可能性に関する Appraiser の決定。
  • SecureBootCapable UEFI がサポートされているかどうか。
  • SecureBootEnabled UEFI が有効であるかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.DecisionUefiSecureBootStartSync

UEFI セキュア ブートの同期イベント データを開始します。 UEFI は、ファームウェアによって起動されるコードが信頼できることを確認するための検証メカニズムです。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.GatedRegChange

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、一連のクイック ブロック命令を実行した結果に関するデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • NewData スキャンが完了した後のレジストリ値のデータ。
  • OldData スキャンの実行前にレジストリ値にあった以前のデータ。
  • PCFP ハードウェア識別子のハッシュにより計算されるシステムの ID。
  • RegKey 結果が送信されているレジストリ キー名。
  • RegValue 結果が送信されているレジストリ値。
  • Time イベントのクライアント時刻。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryApplicationFileAdd

このイベントは、システム上のファイルに関する基本的なメタデータを表します。 ファイルはアプリの一部でなければならず、互換性データベース内にブロックを持っているか、ウイルス対策プログラムの一部でなければなりません。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • AvDisplayName アプリがウイルス対策アプリの場合は、これは、表示名です。
  • AvProductState ウイルス対策プログラムが有効になって、シグネチャが最新かどうかを示します。
  • BinaryType バイナリの種類。 例: UNINITIALIZED、ZERO_BYTE、DATA_ONLY、DOS_MODULE、NE16_MODULE、PE32_UNKNOWN、PE32_I386、PE32_ARM、PE64_UNKNOWN、PE64_AMD64、PE64_ARM64、PE64_IA64、PE32_CLR_32、PE32_CLR_IL、PE32_CLR_IL_PREFER32、PE64_CLR_64。
  • BinFileVersion バージョンを 4 オクテットに収めるために、クライアントで試行される FileVersion のクリーンアップ。
  • BinProductVersion バージョンを 4 オクテットに収めるため、クライアントで試行される ProductVersion のクリーンアップ。
  • BoeProgramId [プログラムの追加と削除] にエントリがない場合、これはファイル メタデータから生成された ProgramID です。
  • CompanyName このファイルを開発したベンダーの社名。
  • FileId ファイルを一意に識別するハッシュ。
  • FileVersion [プロパティ] - > [詳細] にあるファイル メタデータのファイル バージョン フィールド。
  • HasUpgradeExe ウイルス対策アプリに、upgrade.exe ファイルがあるかどうかを示します。
  • IsAv ファイルがウイルス対策報告 EXE であるかどうかを示します。
  • LinkDate このファイルがリンクされた日時。
  • LowerCaseLongPath デバイスでインベントリされたファイルへの完全なパス。
  • Name インベントリされたファイルの名前。
  • ProductName [プロパティ] - > [詳細] にあるファイル メタデータの製品名フィールド。
  • ProductVersion [プロパティ] - > [詳細] にあるファイル メタデータの製品バージョン フィールド。
  • ProgramId 識別のために使用されるアプリケーションの名前、バージョン、発行元、言語のハッシュ。
  • Size ファイルのサイズ (16 進バイト)。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryApplicationFileRemove

このイベントは、InventoryApplicationFile オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryApplicationFileStartSync

このイベントは、InventoryApplicationFileAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryLanguagePackAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システムにインストールされている言語パックの数に関するデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • HasLanguagePack このデバイスに 2 つ以上の言語パックがあるかどうかを示します。
  • LanguagePackCount インストールされる言語パックの数。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryLanguagePackRemove

このイベントは、InventoryLanguagePack オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryLanguagePackStartSync

このイベントは、InventoryLanguagePackAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryMediaCenterAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システムで Windows Media Center が使用されているかどうかを理解するために使用される決定ポイントに関する true/false データを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • EverLaunched Windows Media Center が起動されたことがあるかどうか。
  • HasConfiguredTv ユーザーが Windows Media Center を通じて TV チューナーを構成しているかどうか。
  • HasExtendedUserAccounts Windows Media Center Extender ユーザー アカウントが構成されているかどうか。
  • HasWatchedFolders Windows Media Center で視聴用のフォルダーが構成されているかどうか。
  • IsDefaultLauncher Windows Media Center が音楽ファイルやビデオ ファイルを開いたときの既定のアプリかどうか。
  • IsPaid 有料の Windows Media Center であることを示す Windows Media Center エディションをユーザーが実行しているかどうか。
  • IsSupported 実行中の OS で Windows Media Center がサポートされているかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryMediaCenterRemove

このイベントは、InventoryMediaCenter オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryMediaCenterStartSync

このイベントは、InventoryMediaCenterAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventorySystemBiosAdd

このイベントは、互換性ブロックがあるかどうかを判断するために BIOS に関する基本的なメタデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • biosDate BIOS のリリース日 (UTC 形式)。
  • biosDate BIOS のリリース日 (UTC 形式)。
  • BiosName Win32_BIOS の名前フィールド。
  • BiosName Win32_BIOS の名前フィールド。
  • manufacturer Win32_ComputerSystem の製造元フィールド。
  • manufacturer Win32_ComputerSystem の製造元フィールド。
  • Model Win32_ComputerSystem のモデル フィールド。
  • Model Win32_ComputerSystem のモデル フィールド。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventorySystemBiosRemove

このイベントは、InventorySystemBios オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventorySystemBiosStartSync

このイベントは、InventorySystemBiosAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser バイナリ (実行可能ファイル) のバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryUplevelDriverPackageAdd

このイベントはセットアップ中のみ実行されます。 アップグレード前にダウンロードされたアップレベル ドライバー パッケージの一覧を表示します。 アップグレード前に十分なアップレベル ドライバーがない場合、セットアップ中のエラーを追跡可能かどうかを理解することが重要です。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • BootCritical ドライバー パッケージが起動に必要とマークされているかどうか。
  • Build ドライバー パッケージのビルド値。
  • CatalogFile ドライバー パッケージ内のカタログ ファイルの名前。
  • Class ドライバー パッケージのデバイス クラス。
  • ClassGuid ドライバー パッケージのデバイス クラスの一意の ID。
  • Date ドライバー パッケージからの日付。
  • Inbox ドライバーのドライバー パッケージが Windows に付属しているかどうか。
  • OriginalName 名前を変更する前の INF ファイルの元の名前。 通常は $WINDOWS.~BT\Drivers\DU の下のパスです。
  • Provider ドライバー パッケージのプロバイダー。
  • PublishedName 名前を変更した後の INF ファイルの名前。
  • Revision ドライバー パッケージのリビジョン。
  • SignatureStatus ドライバー パッケージが署名済みかどうかを示します。 不明な = 0、未署名 = 1、署名済み = 2 です。
  • VersionMajor ドライバー パッケージのメジャー バージョン。
  • VersionMinor ドライバー パッケージのマイナー バージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryUplevelDriverPackageRemove

このイベントは、InventoryUplevelDriverPackage オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.InventoryUplevelDriverPackageStartSync

このイベントは、InventoryUplevelDriverPackageAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.RunContext

このイベントは、Appraiser 実行の開始時に送信されます。 RunContext は、次のデータ ペイロードで予期される内容を示します。 このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、Appraiser イベントと共に使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserBranch Appraiser の現在実行されているバージョンが構築されたソース ブランチ。
  • AppraiserProcess Appraiser を実行したプロセスの名前。
  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • CensusId 一意のハードウェア識別子。
  • Context Appraiser が実行されているモードを示します。 例: セットアップまたは利用統計情報。
  • PCFP ハードウェア識別子のハッシュにより計算されるシステムの ID。
  • Subcontext Appraiser がスキャンしている非互換性のカテゴリを示します。 有効値は、N/A、Resolve、またはセミコロンで区切られたリスト (有効値は App、Dev、Sys、Gat、Rescan) です。
  • Time イベントのクライアント時刻。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemMemoryAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システム上にあるメモリ容量とそれが要件を満たしているかどうかに関するデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking メモリの制限が原因でデバイスのアップグレードがブロックされているかどうか。
  • MemoryRequirementViolated メモリ要件に違反していたかどうか。
  • pageFile システムまたは現在のプロセスの現在のコミット メモリ制限のうち、どちらか小さいほう (バイト)。
  • ram デバイス上のメモリ容量。
  • ramKB メモリ容量 (KB)。
  • virtual 呼び出し元プロセスの仮想アドレス領域のユーザー モード部分のサイズ (バイト)。
  • virtualKB 仮想メモリ容量 (KB)。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemMemoryRemove

このイベントは、SystemMemory オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemMemoryStartSync

このイベントは、SystemMemoryAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorCompareExchangeAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システムで CompareExchange128 CPU 要件がサポートされているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking プロセッサが原因でアップグレードがブロックされているかどうか。
  • CompareExchange128Support CPU が CompareExchange128 をサポートしているかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorCompareExchangeRemove

このイベントは、SystemProcessorCompareExchange オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorCompareExchangeStartSync

このイベントは、SystemProcessorCompareExchangeAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorLahfSahfAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システムが LAHF & SAHF CPU 要件をサポートしているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking プロセッサが原因でアップグレードがブロックされているかどうか。
  • LahfSahfSupport CPU が LAHF/SAHF をサポートしているかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorLahfSahfRemove

このイベントは、SystemProcessorLahfSahf オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorLahfSahfStartSync

このイベントは、SystemProcessorLahfSahfAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorNxAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システムで NX CPU 要件がサポートされているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking プロセッサが原因でアップグレードがブロックされているかどうか。
  • NXDriverResult NX サポートの無作為チェックを行うために使用されるドライバーの結果。
  • NXProcessorSupport プロセッサが NX をサポートしているかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorNxRemove

このイベントは、SystemProcessorNx オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorNxStartSync

このイベントは、SystemProcessorNxAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorPopCntAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システムが新しいバージョンの Windows の PopCnt CPU 要件をサポートしているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion Appraiser のバージョン
  • Blocking プロセッサに PopCnt 命令がないため、アップグレードはブロックされますか?
  • PopCntPassed マシンが PopCnt 命令の最新の OS ハードウェア要件を満たしているかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorPopCntStartSync

SystemProcessorPopCntStartSync イベントは、SystemProcessorPopCntAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントは、システムが新しいバージョンの Windows の PopCnt CPU 要件をサポートしているかどうかを理解するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion Appraiser のバージョン

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorPrefetchWAdd

このイベントは、システムが Windows を最新の状態に保つために、PrefetchW CPU 要件をサポートしているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking プロセッサが原因でアップグレードがブロックされているかどうか。
  • PrefetchWSupport プロセッサが PrefetchW をサポートしているかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorPrefetchWRemove

このイベントは、SystemProcessorPrefetchW オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorPrefetchWStartSync

このイベントは、SystemProcessorPrefetchWAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorSse2Add

このイベントは、システムが Windows を最新の状態に保つために、SSE2 CPU 要件をサポートしているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking プロセッサが原因でアップグレードがブロックされているかどうか。
  • SSE2ProcessorSupport プロセッサが SSE2 をサポートしているかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorSse2Remove

このイベントは、SystemProcessorSse2 オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemProcessorSse2StartSync

このイベントは、SystemProcessorSse2Add イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemTouchAdd

このイベントは、システムが Windows を最新の状態に保つために、タッチをサポートしているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • IntegratedTouchDigitizerPresent 統合タッチ デジタイザーがあるかどうか。
  • MaximumTouches デバイス ハードウェアによりサポートされるタッチ ポイントの最大数。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemTouchRemove

このイベントは、SystemTouch オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemTouchStartSync

このイベントは、SystemTouchAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemWimAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、オペレーティング システムが圧縮 Windows Imaging Format (WIM) ファイルから実行されているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • IsWimBoot 現在のオペレーティング システムが圧縮 WIM ファイルから実行されているかどうか。
  • RegistryWimBootValue デバイスが WIM から実行されているかどうかを示すために使用されるレジストリの未処理の値。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemWimRemove

このイベントは、SystemWim オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemWimStartSync

このイベントは、SystemWimAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemWindowsActivationStatusAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、現在のオペレーティング システムがライセンス認証されているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • WindowsIsLicensedApiValue オペレーティング システムがライセンス認証されているかどうかを示すために使用される API からの結果。
  • WindowsNotActivatedDecision 現在のオペレーティング システムがライセンス認証されているかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemWindowsActivationStatusRemove

このイベントは、SystemWindowsActivationStatus オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemWindowsActivationStatusStartSync

このイベントは、SystemWindowsActivationStatusAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemWlanAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システムに WLAN があるかどうか、ある場合はアップグレードをブロックする可能性があるエミュレートされたドライバーを使用しているかどうかを示すデータを送信します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • Blocking エミュレートされた WLAN ドライバーのためにアップグレードがブロックされているかどうか。
  • HasWlanBlock エミュレートされた WLAN ドライバーにアップグレード ブロックがあるかどうか。
  • WlanEmulatedDriver エミュレートされた WLAN ドライバーがデバイスにあるかどうか。
  • WlanExists デバイスが WLAN をサポートしているかどうか。
  • WlanModulePresent WLAN モジュールが存在するかどうか。
  • WlanNativeDriver エミュレートされていない WLAN ドライバーがデバイスにあるかどうか。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemWlanRemove

このイベントは、SystemWlan オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.SystemWlanStartSync

このイベントは、SystemWlanAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.TelemetryRunHealth

このイベントは、診断データの実行のパラメーターと結果を示します。 これにより、実行中に送信された残りのデータを適切な文脈に基づいて理解したうえで、Windows を最新の状態に保つために使用できます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserBranch 実行中の Appraiser のバージョンが構築されたソース ブランチ。
  • AppraiserDataVersion Appraiser の診断データの実行により使用されているデータ ファイルのバージョン。
  • AppraiserProcess Appraiser を実行したプロセスの名前。
  • AppraiserVersion Appraiser DLL のファイル バージョン (メジャー、マイナー、ビルド)。ドットなしで連結されます。
  • AuxFinal 廃止。常に false に設定されます。
  • AuxInitial 廃止。"Windows 10 を入手" アプリで読み取られるデータ ファイルを、Appraiser が書き込んでいるかどうかを示します。
  • DeadlineDate 期限の日付を表すタイムスタンプ。Appraiser はこの時刻までフル スキャンの実行を待機します。
  • EnterpriseRun 診断データの実行がエンタープライズ実行である (Appraiser が追加のエンタープライズ パラメーターを使ってコマンド ラインから実行されたことを意味します) かどうかを示します。
  • FullSync Appraiser が完全同期を実行している (コンピューターの状態を表すイベントの完全なセットが送信されることを意味します) かどうかを示します。 それ以外の場合、以前の実行からの変更のみ送信されます。
  • InboxDataVersion 新しいバージョンを取得する前のデータ ファイルの元のバージョン。
  • IndicatorsWritten すべての関連する UEX インジケーターの書き込みや更新が正常に行われたかどうかを示します。
  • InventoryFullSync インベントリが完全同期を実行している (コンピューターのインベントリを表すイベントの完全なセットが送信されることを意味します) かどうかを示します。
  • PCFP ハードウェア識別子のハッシュにより計算されるシステムの ID。
  • PerfBackoff ユーザーが存在する場合に実行を停止するロジックを使用して実行が呼び出されたかどうかを示します。 実行の経過時間が通常より長い理由を理解するのに役立ちます。
  • PerfBackoffInsurance Appraiser がパフォーマンス バックオフありで実行されたが連続して複数回完了できなかったために、パフォーマンス バックオフなしで実行されているかどうかを示します。
  • RunAppraiser Appraiser が実行されるように設定されているかどうかを示します。 False の場合、このデバイスからデータ イベントが受信されないことがわかります。
  • RunDate 診断データの実行が示された日付。filetime で表されます。
  • RunGeneralTel generaltel.dll コンポーネントが実行されたかどうかを示します。 Generaltel は、[基本] より高い診断データ レベルのコンピューターからのみ、不定期なスケジュールで追加の診断データを収集します。
  • RunOnline Appraiser が Windows Update に接続できたため、最新のドライバー範囲情報を使って決定しているかどうかを示します。
  • RunResult Appraiser の診断データの実行結果。
  • ScheduledUploadDay アップロード用にスケジュールされた曜日。
  • SendingUtc Appraiser クライアントが現在の診断データの実行中にイベントを送信しているかどうかを示します。
  • StoreHandleIsNotNull 廃止。常に false に設定されます。
  • TelementrySent 診断データが正常に送信されたかどうかを示します。
  • ThrottlingUtc Appraiser クライアントが無効化を防ぐために CUET イベントの出力を調整しているかどうかを示します。 これにより、実行時間が長くなるだけでなく、診断データの信頼性が上がります。
  • Time イベントのクライアント時刻。
  • VerboseMode Appraiser が詳細モード (記録内容の多いテスト専用モード) で実行されたかどうかを示します。
  • WhyFullSyncWithoutTablePrefix 完全な同期が生成された理由を示します。
  • WhyRunSkipped Appraiser 実行がスキップされた理由を示します。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.WmdrmAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システムにおける古いデジタル著作権管理の使用状況に関するデータを送信します。 このデータは、デジタル著作権管理を使うメディアの詳細を示すのではなく、そのようなファイルが存在するかどうかを示すにすぎません。 このデータの収集は、お客様に正しい軽減策を提供するために重要であり、すべての軽減策が実施されたら削除できます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。
  • BlockingApplication NeedsDismissAction と同じです。
  • NeedsDismissAction DRM の廃止によるデータ損失の可能性についてユーザーに警告するために、無視可能なメッセージが必要かどうかを示します。
  • WmdrmApiResult DRM の状態の収集に使用される API の未処理の値。
  • WmdrmCdRipped システム上のファイルの中に、リッピングした CD に対して使用されたのと同じ個人用 DRM によって暗号化されたファイルが存在するかどうかを示します。
  • WmdrmIndicators WmdrmCdRipped または WmdrmPurchased。
  • WmdrmInUse WmdrmIndicators およびセットアップ時の無視可能なブロックが無視されなかった。
  • WmdrmNonPermanent 非恒久ライセンスを持つファイルがシステムにあるかどうかを示します。
  • WmdrmPurchased 恒久ライセンスを持つファイルがシステムにあるかどうかを示します。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.WmdrmRemove

このイベントは、Wmdrm オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Appraiser.General.WmdrmStartSync

WmdrmStartSync は、WmdrmAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、システムにおける古いデジタル著作権管理の使用状況を把握するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserVersion イベントを生成している Appraiser ファイルのバージョン。

オーディオ エンドポイント イベント

MicArrayGeometry

このイベントは、マイク配列内の個々のマイク要素のレイアウトに関する情報を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • MicCoords マイク要素の位置と向き。 MicCoords を参照してください。
  • usFrequencyBandHi マイクの周波数範囲の上限を指定します。
  • usFrequencyBandLo マイクの周波数範囲の下限を指定します。
  • usMicArrayType マイク配列の種類。
  • usNumberOfMicrophones 配列内のマイクの数。
  • usVersion マイク配列の仕様バージョン。
  • wHorizontalAngleBegin 作業ボリューム開始の水平方向の角度 (ラジアン x 10,000 で報告されます)。
  • wHorizontalAngleEnd 作業ボリューム終了の水平方向の角度 (ラジアン x 10,000 で報告されます)。
  • wVerticalAngleBegin 作業ボリューム開始の垂直方向の角度 (ラジアン x 10,000 で報告されます)。
  • wVerticalAngleEnd 作業ボリューム終了の垂直方向の角度 (ラジアン x 10,000 で報告されます)。

MicCoords

このイベントは、マイク要素の位置と向きに関する情報を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • usType マイクの種類。
  • wHorizontalAngle マイクの水平方向の角度 (ラジアン x 10,000 で報告されます)。
  • wVerticalAngle マイクの垂直方向の角度 (ラジアン x 10,000 で報告されます)。
  • wXCoord マイクの x 座標。
  • wYCoord マイクの y 座標。
  • wZCoord マイクの z 座標。

Microsoft.Windows.Audio.EndpointBuilder.DeviceInfo

このイベントは、オーディオ エンドポイント (マイクやスピーカーなど) の正常な列挙値をログに記録し、オーディオ エンドポイントに関する情報を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • BusEnumeratorName バス列挙子の名前 (HDAUDIO、USB など)。
  • ContainerId 単機能または多機能デバイスに関連付けられた機能デバイスを一意にグループ化する識別子。
  • DeviceInstanceId デバイスの、このインスタンスを示す一意の識別子。
  • EndpointDevnodeId 関連付けられている devnode の IMMDevice 識別子。
  • EndpointFormFactor エンドポイント デバイスのフォーム ファクター (スピーカー、マイク、リモート ネットワーク デバイスなど) を表す列挙値。
  • endpointID オーディオ エンドポイントを示す一意の識別子。
  • endpointInstanceId ソフトウェア オーディオ エンドポイントを示す一意の識別子。 他のオーディオ イベントとの結合に使用されます。
  • Flow エンドポイントがキャプチャ (1) かレンダー (0) かを示します。
  • HWID エンドポイントのハードウェア識別子。
  • IsBluetooth デバイスが Bluetooth デバイスかどうかを示します。
  • IsSideband デバイスがサイドバンド デバイスかどうかを示します。
  • IsUSB デバイスが USB デバイスかどうかを示します。
  • JackSubType エンドポイントの KS ノードの種類を表す一意の ID。
  • MicArrayGeometry マイクの位置、座標、種類、周波数範囲などを含めて、マイク配列を記述します。 「MicArrayGeometry」を参照してください。
  • persistentId このエンドポイントを示す一意の ID。移行しても保持されます。

Census イベント

Census.App

このイベントは、このデバイスで実行されているアプリに関するバージョン データを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserEnterpriseErrorCode 最後の Appraiser エンタープライズ実行のエラー コード。
  • AppraiserErrorCode 最後の Appraiser 実行のエラー コード。
  • AppraiserRunEndTimeStamp 最後の Appraiser 実行の終了時刻。
  • AppraiserRunIsInProgressOrCrashed Appraiser 実行が進行中か、クラッシュしたかを示すフラグ。
  • AppraiserRunStartTimeStamp 最後の Appraiser 実行の開始時刻。
  • AppraiserTaskEnabled Appraiser タスクが有効かどうか。
  • AppraiserTaskExitCode Appraiser タスク存在コード。
  • AppraiserTaskLastRun Appraiser タスクの前回の実行時間。
  • CensusVersion このデバイスの現在のデータを収集した Census のバージョン。
  • IEVersion このデバイスで実行されている Internet Explorer のバージョン。

Census.Azure

このイベントは、Microsoft 社内の Azure サーバー コンピューターのデータを返します (サーバー SKU を持つ Microsoft 社内コンピューターからのみ)。 他のすべてのコンピューター (Microsoft 社外や、"Azure フリート" に含まれていないコンピューター) は、空のデータセットを返します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CloudCoreBuildEx Azure CloudCore のビルド番号。
  • CloudCoreSupportBuildEx Azure CloudCore のサポート ビルド番号。
  • NodeID デバイスが Azure フリートの一部であるかどうかを示す、デバイスのノード識別子。

Census.Battery

このイベントは、デバイスのバッテリに関する種類と容量データに加えて、使用中のコネクト スタンバイ デバイスの数に関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • InternalBatteryCapablities バッテリの機能に関する情報を表します。
  • InternalBatteryCapacityCurrent バッテリの完全充電時の容量を mWh (または相対値) で表します。 バッテリの消耗を予測するには、この値と DesignedCapacity を比較します。
  • InternalBatteryCapacityDesign 新品バッテリの理論上の容量を mWh で表します。
  • InternalBatteryNumberOfCharges バッテリ充電回数を示します。 これは、新しい製品を作成し、既存の製品が目標機能パフォーマンスを満たしていることを検証するときに使用されます。
  • IsAlwaysOnAlwaysConnectedCapable バッテリによりデバイスが AlwaysOnAlwaysConnected 対応になっているかどうかを表します。 ブール値を指定します。

Census.Enterprise

このイベントは、エンタープライズ、クラウド、およびサーバー環境におけるデバイスの使用と統合について理解できるようにするため、Azure の存在、種類、クラウド ドメインの使用に関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AADDeviceId Microsoft Entra ID のデバイス ID。
  • AzureOSIDPresent Azure コンピューターの識別に使用されるフィールドを表します。
  • AzureVMType インスタンスが Azure VM PAAS、Azure VM IAAS、他の VM のどれであるかを表します。
  • CDJType コンピューターが参加しているクラウド ドメインの種類を表します。
  • CommercialId デバイスがメンバーとなっている商用エンティティの GUID を表します。  詳細な情報をお客様に返すために使用されます。
  • ContainerType プロセスやホストされている仮想マシンなど、コンテナーの種類。
  • EnrollmentType デバイスでの MDM 登録の種類を定義します。
  • HashedDomain ログインに使用されたユーザー ドメインのハッシュ表現。
  • IsCloudDomainJoined このデバイスは Microsoft Entra テナントに参加していますか? はい/いいえ
  • IsDERequirementMet デバイスがデバイスの暗号化を実行できるかどうかを表します。
  • IsDeviceProtected デバイスが BitLocker/デバイスの暗号化により保護されているかどうかを表します。
  • IsDomainJoined コンピューターがドメインに参加しているかどうかを示します。
  • IsEDPEnabled エンタープライズ データがデバイスで保護されているかどうかを表します。
  • IsMDMEnrolled デバイスが MDM に登録されているかどうか。
  • MPNId Regkey から親 ID/MPN ID を返します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\DeployID
  • SCCMClientId この ID は、Compat Analytics (OMS) やその他の OMS ベースのシステムにデータを送信するシステムを、エンタープライズ構成マネージャー環境のシステムと関連付けるものです。
  • ServerFeatures Windows Server にインストールされている機能を表します。 これは、一連のサーバー コンピューターにインストールされている機能を調べるプロセスを自動化する必要がある開発者や管理者が使用できます。
  • SystemCenterID 構成マネージャー ID は、Active Directory の組織識別子の一方向ハッシュです。

Census.Firmware

このイベントは、デバイスに組み込まれた BIOS と起動方法に関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • FirmwareManufacturer デバイスのファームウェア (BIOS) の製造元を表します。
  • FirmwareReleaseDate 現在のファームウェアがリリースされた日付を表します。
  • FirmwareType ファームウェアの種類を表します。 種類は、不明、BIOS、UEFI のいずれかです。
  • FirmwareVersion 現在のファームウェアのバージョンを表します。

Census.Flighting

このイベントは、機能強化テストとフィードバック プログラムに参加しているお客様から受け取った Windows Insider データを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DeviceSampleRate デバイスに割り当てられた利用統計情報のサンプル レート。
  • EnablePreviewBuilds デバイスで Windows Insider ビルドを有効にするために使用されます。
  • FlightIds このデバイス上の各種 Windows Insider ビルドのリスト。
  • FlightingBranchName デバイスにより現在使用されている Windows Insider ブランチの名前。
  • IsFlightsDisabled デバイスが Windows Insider Program に参加しているかどうかを表します。
  • MSA_Accounts このデバイスでフライティング (プレリリース ビルド) に参加している Microsoft アカウントのハッシュ ID のリストを表します。
  • SSRK モバイル ターゲット設定を取得します。

Census.Hardware

このイベントは、ハードウェアの種類、OEM ブランド、モデル ライン、モデル、テレメトリ レベルの設定、TPM サポートなど、デバイスに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ActiveMicCount デバイスに接続されたアクティブなマイクの数。
  • ChassisType デスクトップ、ロー プロファイル デスクトップなど、デバイス シャーシの種類を表します。 指定可能な値は 1 ~ 36 です。
  • ComputerHardwareID さまざまな SMBIOS フィールドのハッシュにより表されるデバイス クラスを示します。
  • D3DMaxFeatureLevel サポートされている Direct3D のバージョン。
  • DeviceColor デバイスの色を示します。
  • DeviceForm デバイスの分類に従ったフォームを示します。
  • DeviceName ユーザーにより設定されるデバイス名。
  • DigitizerSupport デジタイザーがサポートされているかどうか。
  • DUID デバイスの一意の ID。
  • Gyroscope デバイスがジャイロスコープ (方向を測定して保持する機械的なコンポーネント) を持つかどうかを示します。
  • InventoryId 互換性テストに使用されるデバイス ID。
  • Magnetometer デバイスが磁力計 (コンパスのように機能する機械的なコンポーネント) を持つかどうかを示します。
  • NFCProximity デバイスが NFC (対象のデバイスが互いに近づくと通信を確立する一連の通信プロトコル) をサポートするかどうかを示します。
  • OEMDigitalMarkerFileName \Windows\system32\drivers ディレクトリに置かれたファイルの名前。デバイスの OEM とモデル名を示します。
  • OEMManufacturerName デバイスの製造元の名前。 非アクティブなデバイスの OEMName は、後日クリーン OEM 名が変更された場合でも再処理されません。
  • OEMModelBaseBoard OEM により使用されるベースボード モデル。
  • OEMModelBaseBoardVersion 開発者デバイスと製品版デバイスを区別します。
  • OEMModelName デバイスのモデル名。
  • OEMModelNumber デバイスのモデル番号。
  • OEMModelSKU 製造元が定義したデバイス エディション。
  • OEMModelSystemFamily OEM によりデバイスで設定されたシステム ファミリ。
  • OEMModelSystemVersion OEM によりデバイスで設定されたシステム モデル バージョン。
  • OEMOptionalIdentifier 特定の OEM 関連会社を表す、Microsoft が割り当てた値。
  • OEMSerialNumber 製造元により設定されたデバイスのシリアル番号。
  • PhoneManufacturer 電話の製造元のフレンドリ名。
  • PowerPlatformRole OEM 推奨の電源管理プロファイル。 デバイスの基本的なフォーム ファクターを識別するために使用されます。
  • SoCName デバイスのファームウェアの製造元。
  • StudyID 製品版デバイスと非製品版デバイスを識別するために使用されます。
  • TelemetryLevel ユーザーが選んだ利用統計情報レベル ([基本] や [拡張] など)。
  • TelemetryLevelLimitEnhanced Windows Analytics ベースのソリューションでの利用統計情報レベル。
  • TelemetrySettingAuthority 利用統計情報レベルをだれが設定したかを示します (GP、MDM、ユーザーなど)。
  • TPMManufacturerId TPM 製造元の ID。
  • TPMManufacturerVersion TPM 製造元のバージョン。
  • TPMVersion デバイスでサポートされる信頼するプラットフォーム モジュール (TPM)。 TPM が存在しない場合、値は 0 です。
  • VoiceSupported デバイスが音声通話のセル無線に対応しているかどうか。

Census.Memory

このイベントは、ROM や RAM など、デバイス上のメモリに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • TotalPhysicalRAM 物理メモリを表します (MB)。
  • TotalVisibleMemory システムにより予約されていないメモリを表します。

Census.Network

このイベントは、デバイスで使用されているモバイル ネットワークや携帯ネットワークに関するデータ (モバイル サービス プロバイダー、ネットワーク、デバイス ID、サービスの原価要素) を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • IMEI0 国際移動体装置識別番号を表します。 この番号は通常一意であり、電話ハードウェアを区別するために携帯電話会社により使用されます。 Microsoft は、携帯電話会社の請求データにアクセスできないため、このデータを収集してもユーザーが開示または識別されることはありません。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。
  • IMEI1 国際移動体装置識別番号を表します。 この番号は通常一意であり、電話ハードウェアを区別するために携帯電話会社により使用されます。 Microsoft は、携帯電話会社の請求データにアクセスできないため、このデータを収集してもユーザーが開示または識別されることはありません。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。
  • MCC0 Mobile Country Code (MCC) を表します。 モバイル ネットワーク運営者を一意に識別するために Mobile Network Code (MNC) と共に使用されます。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。
  • MCC1 Mobile Country Code (MCC) を表します。 モバイル ネットワーク運営者を一意に識別するために Mobile Network Code (MNC) と共に使用されます。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。
  • MEID Mobile Equipment Identity (MEID) を表します。 MEID は、CDMA 電話に割り当てられた全世界共通の一意の電話 ID です。 MEID は電子シリアル番号 (ESN) を置き換えるものであり、GSM 電話と WCDMA 電話の IMEI に相当します。 Microsoft は、携帯電話会社の請求データにアクセスできないため、このデータを収集してもユーザーが開示または識別されることはありません。
  • MNC0 Mobile Network Code (MNC) を取得します。 モバイル ネットワーク運営者を一意に識別するために Mobile Country Code (MCC) と共に使用されます。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。
  • MNC1 Mobile Network Code (MNC) を取得します。 モバイル ネットワーク運営者を一意に識別するために Mobile Country Code (MCC) と共に使用されます。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。
  • MobileOperatorBilling 携帯電話ユーザーにサービスを提供している電話会社を表します。
  • MobileOperatorCommercialized 電話が販売されているリセラーと地域を表します。 これは、電話の意図された使用者と使用場所に関する値のセットです。 たとえば、米国における AT&T の商用の携帯電話会社コードは ATT-US です。
  • MobileOperatorNetwork0 デバイスが使用されている現在のモバイル ネットワーク オペレーターを表します。 (AT&T、T-Mobile、Vodafone)。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。
  • MobileOperatorNetwork1 デバイスが使用されている現在のモバイル ネットワーク運営者を表します。 (AT&T、T-Mobile、Vodafone)。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。
  • NetworkAdapterGUID プライマリ ネットワーク アダプターの GUID。
  • NetworkCost 接続に関連付けられたネットワーク コストを表します。
  • SPN0 サービス プロバイダー名 (SPN) を取得します。 たとえば、AT&T、Sprint、T-Mobile、Verizon などです。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。
  • SPN1 サービス プロバイダー名 (SPN) を取得します。 たとえば、AT&T、Sprint、T-Mobile、Verizon などです。 2 つのフィールドは、デュアル SIM 対応の電話を表します。

Census.OS

このイベントは、バージョン、ロケール、更新サービス構成、最初にインストールされた日時と方法、仮想デバイスかどうかなど、オペレーティング システムに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ActivationChannel コンピューターの販売ライセンス キーまたはボリューム ライセンス キーを取得します。
  • AssignedAccessStatus キオスク構成モード。
  • CompactOS Win10 のコンパクト OS 機能が有効かどうかを示します。
  • DeveloperUnlockStatus デバイスの開発者ロックがユーザーまたはグループ ポリシーにより解除されているかどうかを表します。
  • DeviceTimeZone デバイスで設定されているタイム ゾーン。 例: 太平洋標準時
  • GenuineState 正規の OS かどうかのチェックを指定する ID 値を取得します。
  • InstallationType OS インストールの種類を取得します。 (クリーン、アップグレード、リセット、リフレッシュ、更新)。
  • InstallLanguage ユーザー コンピューターにインストールされている最初の言語。
  • IsDeviceRetailDemo デバイスがデモ モードで実行されているかどうかを取得します。
  • IsEduData 教育機関向けデータ ポリシーが有効かどうかを示すブール値を返します。
  • IsPortableOperatingSystem OS が Windows-To-Go を実行しているかどうかを取得します。
  • IsSecureBootEnabled ブート チェーンが UEFI で署名されているかどうかを取得します。
  • LanguagePacks デバイスにインストールされている言語パッケージのリスト。
  • LicenseStateReason システムがライセンス付与されている、またはされていない理由 (または方法) を取得します。 HRESULT は、キー ブロック エラーを示すエラー コードを示す場合があります。または、Microsoft Store により付与された OS ライセンスを実行していることを示す場合があります。
  • OA3xOriginalProductKey OEM がコンピューターにスタンプを付けたライセンス キーを取得します。
  • OSEdition 現在の OS のバージョンを取得します。
  • OSInstallType デバイスで使用されたインストールに関する数値の説明を取得します (クリーン、アップグレード、リフレッシュ、リセットなど)。
  • OSOOBEDateTime Out of Box Experience (OOBE) の日付を世界協定時刻 (UTC) で取得します。
  • OSSKU OS エディションのフレンドリ名を取得します。
  • OSSubscriptionStatus PRO コンピューターのエンタープライズ サブスクリプション機能に関する現在の状態を表します。
  • OSSubscriptionTypeId 選択された PRO コンピューターのエンタープライズ サブスクリプション機能のブール値を返します。
  • OSTimeZoneBiasInMins コンピューターで設定されているタイム ゾーンを取得します。
  • OSUILocale 現在 OS により使用されている UI のロケールを取得します。
  • ProductActivationResult OS ライセンス認証が成功したかどうかを示すブール値を返します。
  • ProductActivationTime 不正コピーの問題を追跡するための OS ライセンス認証時刻を返します。
  • ProductKeyID2 コンピューターが新しいライセンス キーで更新されている場合はライセンス キーを取得します。
  • RACw7Id Microsoft 信頼性分析コンポーネント (RAC) Win7 識別子を取得します。 RAC は、システムの使用状況と信頼性の監視および分析に使用されます。
  • ServiceMachineIP 不正コピー対策に使用されている KMS ホストの IP アドレスを取得します。
  • ServiceMachinePort 不正コピー対策に使用されている KMS ホストのポートを取得します。
  • ServiceProductKeyID KMS のライセンス キーを取得します。
  • SharedPCMode EnableSharedPCMode 構成を有効にしたデバイスのブール値を返します。
  • Signature Microsoft Store により販売されるシグネチャ コンピューターであるかどうを取得します。
  • SLICStatus SLIC テーブルがデバイスに存在するかどうか。
  • SLICVersion SLIC テーブルから OS の種類/バージョンを返します。

Census.PrivacySettings

このイベントは、デバイスのレベルのプライバシー設定と、デバイス レベルのアクセスがこれらの機能に付与されたかどうかに関する情報を提供します。 すべての設定がすべてのデバイスに適用されるわけではありません。 各フィールドは、対応するプライバシーの設定の同意の状態を記録します。 同意の状態は、16 ビット符号付き整数としてエンコードされ、最初の 8 ビットが有効な同意の値を表し、最後の 8 ビットが値を設定する権限を表します。 有効な同意 (最初の 8 ビット) は次の値のいずれかです: -3 = 予期しない同意の値、-2 = 値が要求されなかった、-1 = 値の取得中にエラーが発生した、0 = 未定義、1 = 許可、2 = 拒否、3 = プロンプト。 同意の権限 (最後の 8 ビット) は、次の値のいずれかです。-3 = 予期しない権限、-2 = 値が要求されなかった、-1 = 値の取得中にエラーが発生した、0 = システム、1 = より高度な権限 (ゲート設定、システム全体の設定、グループ ポリシー)、2 = 広告識別子グループ ポリシー、3 = 子アカウントの広告識別子ポリシー、4 = プライバシー設定プロバイダーが実際の同意権限を認識していない、5 = 同意が構成されておらず、コード内の既定の設定が使用された、6 = システムの既定値、7 = 組織のポリシー、8 = OneSettings。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Activity アクティビティ履歴に関する設定の現在の状態。
  • ActivityHistoryCloudSync アクティビティ履歴のクラウド同期に関する設定の現在の状態。
  • ActivityHistoryCollection アクティビティ履歴の収集に関する設定の現在の状態。
  • AdvertisingId 広告 ID に関する設定の現在の状態。
  • AppDiagnostics アプリの診断に関する設定の現在の状態。
  • Appointments カレンダーに関する設定の現在の状態。
  • Bluetooth Bluetooth 機能に関する設定の現在の状態。
  • BluetoothSync Bluetooth 同期機能に関する設定の現在の状態。
  • BroadFileSystemAccess ファイル システムへの広範なアクセスに関する設定の現在の状態。
  • CellularData 携帯データ ネットワーク機能に関する設定の現在の状態。
  • Chat チャットに関する設定の現在の状態。
  • Contacts 連絡先に関する設定の現在の状態。
  • DocumentsLibrary ドキュメント ライブラリに関する設定の現在の状態。
  • Email メールに関する設定の現在の状態。
  • FindMyDevice [デバイスの検索] に関する設定の現在の状態。
  • GazeInput 視線入力に関する設定の現在の状態。
  • HumanInterfaceDevice ヒューマン インターフェイス デバイスに関する設定の現在の状態。
  • InkTypeImprovement 手描き入力と入力の向上に関する設定の現在の状態。
  • Location 位置情報に関する設定の現在の状態。
  • LocationHistory 位置情報履歴に関する設定の現在の状態。
  • LocationHistoryCloudSync 位置情報履歴のクラウド同期に関する設定の現在の状態。
  • LocationHistoryCloudSync タイムラインでの位置情報履歴に関する設定の現在の状態。
  • Microphone マイクに関する設定の現在の状態。
  • PhoneCall 通話に関する設定の現在の状態。
  • PhoneCallHistory 通話履歴に関する設定の現在の状態。
  • PicturesLibrary 画像ライブラリに関する設定の現在の状態。
  • Radios 無線に関する設定の現在の状態。
  • SensorsCustom カスタム センサーに関する設定の現在の状態。
  • SerialCommunication シリアル通信に関する設定の現在の状態。
  • Sms 携帯ショートメール (SMS) に関する設定の現在の状態。
  • SpeechPersonalization 音声認識サービスに関する設定の現在の状態。
  • USB USB に関する設定の現在の状態。
  • UserAccountInformation アカウント情報に関する設定の現在の状態。
  • UserDataTasks タスクに関する設定の現在の状態。
  • UserNotificationListener 通知に関する設定の現在の状態。
  • VideosLibrary ビデオ ライブラリに関する設定の現在の状態。
  • Webcam カメラに関する設定の現在の状態。
  • WiFiDirect Wi‑Fi Direct に関する設定の現在の状態。

Census.Processor

このイベントは、プロセッサに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • KvaShadow プロセッサのマイクロ コード情報。
  • MMSettingOverride プロセッサのマイクロコード設定。
  • MMSettingOverrideMask プロセッサのマイクロコード設定のオーバーライド。
  • PreviousUpdateRevision 以前のマイクロコードのリビジョン。
  • ProcessorArchitecture インストールされているオペレーティング システムのプロセッサ アーキテクチャを取得します。
  • ProcessorClockSpeed プロセッサのクロック速度 (MHz)。
  • ProcessorCores プロセッサの論理コアの数。
  • ProcessorIdentifier 製造元のプロセッサ識別子。
  • ProcessorManufacturer プロセッサの製造元の名前。
  • ProcessorModel プロセッサのモデル名。
  • ProcessorPhysicalCores プロセッサの物理コアの数。
  • ProcessorUpdateRevision マイクロコードのリビジョン。
  • ProcessorUpdateStatus プロセッサ マイクロコードの負荷の状態を表す列挙値。
  • SocketCount CPU ソケットの数。
  • SpeculationControl システムが投機的実行の制御の脆弱性を検証するために必要な保護を有効にしているかどうかを示します。

Census.Security

このイベントは、セキュリティ設定に関する情報を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AvailableSecurityProperties このフィールドは、Device Guard の関連するセキュリティ プロパティの状態を列挙して報告する上で役立ちます。
  • CGRunning Credential Guard はキー システムとユーザーのシークレットを分離し、侵害に対する堅牢性を高めます。これにより、悪意のあるコードがローカルまたはネットワーク ベースのベクター経由で既に実行されている場合に、Pass the Hash スタイルの攻撃の影響と拡散を最小限に抑えることができます。 このフィールドは、Credential Guard が実行されているかどうかを示します。
  • DGState このフィールドは、Device Guard の状態をまとめたものです。
  • HVCIRunning ハイパーバイザー コード整合性 (HVCI) によって、Device Guard は脆弱性の悪用やゼロ デイ攻撃からカーネル モード プロセスとドライバーを保護できます。 HVCI は、プロセッサの機能を使ってすべてのソフトウェアを強制的にカーネル モードで実行し、安全にメモリを割り当てます。 このフィールドは、HVCI が実行されているかどうかを示します。
  • IsSawGuest デバイスがセキュリティで保護された管理ワークステーションのゲストとして実行されているかどうかを示します。
  • IsSawHost デバイスがセキュリティで保護された管理ワークステーション ホストとして実行されているかどうかを示します。
  • RequiredSecurityProperties 仮想化ベースのセキュリティを有効にするために必要なセキュリティ プロパティを説明します。
  • SecureBootCapable セキュア ブートをサポートするシステムでは、BIOS によってこの機能を無効にすることができます。 このフィールドは、BIOS 設定に関係なく、システムがセキュア ブートを実行できるかどうかを示します。
  • SModeState Windows S モードの証跡状態。
  • VBSState 仮想化ベースのセキュリティ (VBS) は、ハイパーバイザーを使ってオペレーティング システムのカーネルとその他の部分を保護します。 Credential Guard とハイパーバイザー コード整合性 (HVCI) はいずれも、VBS を利用して、シークレットを分離/保護し、カーネル モード コードの整合性を検証します。 VBS には、無効、有効、実行中の 3 種類の状態があります。

Census.Speech

このイベントは、デバイスの基本的な音声認識設定を収集するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AboveLockEnabled デバイスがロックされているときに Cortana を呼び出すことができるかどうかを表す Cortana 設定。
  • GPAllowInputPersonalization グループ ポリシー設定で音声認識機能が有効になっているかどうかを示します。
  • HolographicSpeechInputDisabled 接続されている HMD デバイスにユーザーが無効にした音声認識機能があるかどうかを表すホログラフィック設定。
  • HolographicSpeechInputDisabledRemote リモート ポリシーで HMD デバイスの音声認識機能が無効になっているかどうかを示します。
  • KeyVer census の音声認識イベントのバージョン情報。
  • KWSEnabled ユーザーが "コルタナさん" キーワード スポッター (KWS) を有効にしたかどうかを表す Cortana 設定。
  • MDMAllowInputPersonalization MDM ポリシーで音声認識機能が有効になっているかどうかを示します。
  • RemotelyManaged 音声認識機能のコンテキストで、リモート管理者 (MDM またはグループ ポリシー) によってデバイスが制御されているかどうかを示します。
  • SpeakerIdEnabled キーワード検出が単一ユーザーの音声に応答するようトレーニングされているかどかを表す Cortana 設定。
  • SpeechServicesEnabled ユーザーがデバイスで音声認識サービスをオプトインしたかどうかを表す Windows 設定。
  • SpeechServicesValueSource 有効なオンライン音声認識のプライバシー ポリシー設定を決定する要素 (リモート管理者、ローカル管理者、ユーザー設定) を示します。

Census.Storage

このイベントは、システム ボリュームとプライマリ ディスクの合計容量に関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • PrimaryDiskTotalCapacity デバイスのプライマリ ディスクのディスク領域量を MB 単位で取得します。
  • PrimaryDiskType デバイスが接続されているバスの種類を示す、型 STORAGE_BUS_TYPE の列挙子値を取得します。 これは、この構造の最後で未処理のデバイス プロパティを解釈する際に使用する必要があります (未処理のデバイス プロパティがある場合)。
  • StorageReservePassedPolicy 更新プログラム用に十分なディスク領域があることと、お客様が最新の OS を使用していることを確認するための記憶域予約ポリシーが、このデバイスで有効になっているかどうかを示します。
  • SystemVolumeTotalCapacity システム ボリュームがインストールされているパーティションのサイズを MB 単位で取得します。

Census.Userdefault

このイベントは、ユーザーが設定したブラウザーに関する現在の既定の基本設定、および最もよく使用される拡張子とプロトコルに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CalendarType さまざまなカレンダーを指定するために使用されるカレンダー識別子。
  • Defaultapp 次の拡張子またはプロトコルに対して選択されている、現在のユーザーの既定のプログラム: .html、.htm、.jpg、.jpeg、.png、.mp3、.mp4、.mov、.pdf。
  • DefaultBrowserProgId 現在のユーザーが使用する既定のブラウザーの ProgramId。
  • LongDateFormat ユーザーが選択した長い日付形式。
  • ShortDateFormat ユーザーが選択した短い日付形式。

Census.UserDisplay

このイベントは、論理的/物理的なディスプレイ サイズ、内蔵/外部ディスプレイの解像度と数、システムの VRAM に関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • InternalPrimaryDisplayLogicalDPIX 内蔵ディスプレイの x 方向の論理 DPI を取得します。
  • InternalPrimaryDisplayLogicalDPIY 内蔵ディスプレイの y 方向の論理 DPI を取得します。
  • InternalPrimaryDisplayPhysicalDPIX 内蔵ディスプレイの x 方向の物理 DPI を取得します。
  • InternalPrimaryDisplayPhysicalDPIY 内蔵ディスプレイの y 方向の物理 DPI を取得します。
  • InternalPrimaryDisplayResolutionHorizontal 内蔵ディスプレイの横方向のピクセル数を取得します。
  • InternalPrimaryDisplayResolutionVertical 内蔵ディスプレイの縦方向のピクセル数を取得します。
  • InternalPrimaryDisplaySizePhysicalH ディスプレイの縦方向の物理的な長さを mm 単位で取得します。 対角線の長さ (インチ) の計算に使用されます。
  • InternalPrimaryDisplaySizePhysicalY ディスプレイの縦方向の物理的な長さを mm 単位で取得します。 対角線の長さ (インチ) の計算に使用されます。
  • NumberofExternalDisplays コンピューターに接続されている外部ディスプレイの数を取得します。
  • NumberofInternalDisplays コンピューターの内蔵ディスプレイの数を取得します。
  • VRAMDedicated ビデオ RAM を MB 単位で取得します。
  • VRAMDedicatedSystem 専用ビデオ カードのメモリ量を取得します。
  • VRAMSharedSystem ビデオ カードが使用できる RAM メモリ量を取得します。

Census.UserNLS

このイベントは、アプリ言語、入力、表示言語についてユーザーが設定した既定の設定に関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DefaultAppLanguage ユーザーが設定した現在の既定のアプリ言語。
  • DisplayLanguage ユーザーが設定した優先される現在の Windows 表示言語。
  • HomeLocation 現在のユーザーの位置。GetUserGeoId() 関数を使って入力されます。
  • KeyboardInputLanguages デバイスにインストールされているキーボード入力言語。
  • SpeechInputLanguages デバイスにインストールされている音声入力言語。

Census.UserPrivacySettings

このイベントは、現在のユーザーのプライバシー設定と、デバイス レベルのアクセスがこれらの機能に付与されたかどうかに関する情報を提供します。 すべての設定がすべてのデバイスに適用されるわけではありません。 各フィールドは、対応するプライバシーの設定の同意の状態を記録します。 同意の状態は、16 ビット符号付き整数としてエンコードされ、最初の 8 ビットが有効な同意の値を表し、最後の 8 ビットが値を設定する権限を表します。 有効な同意は次の値のいずれかです。-3 = 予期しない同意の値、-2 = 値が要求されなかった、-1 = 値の取得中にエラーが発生した、0 = 未定義、1 = 許可、2 = 拒否、3 = プロンプト。 同意の権限は、次の値のいずれかです。-3 = 予期しない権限、-2 = 値が要求されなかった、-1 = 値の取得中にエラーが発生した、0 = ユーザー、1 = より高度な権限 (ゲート設定、システム全体の設定、グループ ポリシー)、2 = 広告識別子グループ ポリシー、3 = 子アカウントの広告識別子ポリシー、4 = プライバシー設定プロバイダーが実際の同意権限を認識していない、5 = 同意が構成されておらず、コード内の既定の設定が使用された、6 = システムの既定値、7 = 組織のポリシー、8 = OneSettings。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Activity アクティビティ履歴に関する設定の現在の状態。
  • ActivityHistoryCloudSync アクティビティ履歴のクラウド同期に関する設定の現在の状態。
  • ActivityHistoryCollection アクティビティ履歴の収集に関する設定の現在の状態。
  • AdvertisingId 広告 ID に関する設定の現在の状態。
  • AppDiagnostics アプリの診断に関する設定の現在の状態。
  • Appointments カレンダーに関する設定の現在の状態。
  • Bluetooth Bluetooth 機能に関する設定の現在の状態。
  • BluetoothSync Bluetooth 同期機能に関する設定の現在の状態。
  • BroadFileSystemAccess ファイル システムへの広範なアクセスに関する設定の現在の状態。
  • CellularData 携帯データ ネットワーク機能に関する設定の現在の状態。
  • Chat チャットに関する設定の現在の状態。
  • Contacts 連絡先に関する設定の現在の状態。
  • DocumentsLibrary ドキュメント ライブラリに関する設定の現在の状態。
  • Email メールに関する設定の現在の状態。
  • GazeInput 視線入力に関する設定の現在の状態。
  • HumanInterfaceDevice ヒューマン インターフェイス デバイスに関する設定の現在の状態。
  • InkTypeImprovement 手描き入力と入力の向上に関する設定の現在の状態。
  • InkTypePersonalization 手描き入力と入力の個人用設定に関する設定の現在の状態。
  • Location 位置情報に関する設定の現在の状態。
  • LocationHistory 位置情報履歴に関する設定の現在の状態。
  • LocationHistoryCloudSync 位置情報履歴のクラウド同期に関する設定の現在の状態。
  • LocationHistoryCloudSync タイムラインでの位置情報履歴に関する設定の現在の状態。
  • Microphone マイクに関する設定の現在の状態。
  • PhoneCall 通話に関する設定の現在の状態。
  • PhoneCallHistory 通話履歴に関する設定の現在の状態。
  • PicturesLibrary 画像ライブラリに関する設定の現在の状態。
  • Radios 無線に関する設定の現在の状態。
  • SensorsCustom カスタム センサーに関する設定の現在の状態。
  • SerialCommunication シリアル通信に関する設定の現在の状態。
  • Sms 携帯ショートメール (SMS) に関する設定の現在の状態。
  • SpeechPersonalization 音声認識サービスに関する設定の現在の状態。
  • USB USB に関する設定の現在の状態。
  • UserAccountInformation アカウント情報に関する設定の現在の状態。
  • UserDataTasks タスクに関する設定の現在の状態。
  • UserNotificationListener 通知に関する設定の現在の状態。
  • VideosLibrary ビデオ ライブラリに関する設定の現在の状態。
  • Webcam カメラに関する設定の現在の状態。
  • WiFiDirect Wi‑Fi Direct に関する設定の現在の状態。

Census.VM

このイベントは、仮想化がデバイスで有効になっているかどうかとその各種特性を示すデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CloudService この仮想マシンが実行されているのはどのクラウド サービスであるかを示します (クラウド サービスが存在する場合)。
  • HyperVisor 現在の OS がハイパーバイザーの上で実行されているかどうかを取得します。
  • IOMMUPresent 入出力メモリ管理ユニット (IOMMU) が存在するかどうかを示します。
  • IsVDI デバイスで仮想デスクトップ インフラストラクチャを使用しているかどうか。
  • IsVirtualDevice ハイパーバイザーが Microsoft の Hyper-V Hypervisor または他の Hv#1 ハイパーバイザーである場合、このフィールドは Hyper-V ホスト OS では FALSE に、ゲスト OS では TRUE に設定されます。 このフィールドは、Hv#1 以外のハイパーバイザーには依存しません。
  • SLATSupported 第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) がハードウェアによりサポートされているかどうかを表します。
  • VirtualizationFirmwareEnabled 仮想化がファームウェアで有効かどうかを表します。
  • VMId 仮想マシンを識別する文字列。

Census.WU

このイベントは、Windows Update サーバーおよび他のアプリ ストアのポリシーに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppraiserGatedStatus デバイスのアップグレードが管理されているかどうかを示します。
  • AppStoreAutoUpdate 自動アップグレードのアプリストア設定を取得します。 (有効/無効)。
  • AppStoreAutoUpdateMDM MDM のアプリ自動更新値を取得します: 0 - 許可しない。 1 - 許可する。 2 - 未構成。 既定: [2] 未構成
  • AppStoreAutoUpdatePolicy Microsoft Store アプリの自動更新のグループ ポリシー設定を取得します。
  • DelayUpgrade アップグレードを延期する Windows Upgrade フラグを取得します。
  • OSAssessmentFeatureOutOfDate 前回の機能更新プログラムがリリースされてからの経過日数 (ただし、デバイスにインストールされていない場合)。
  • OSAssessmentForFeatureUpdate 最新の機能更新プログラムがデバイスにインストールされているかどうか。
  • OSAssessmentForQualityUpdate 最新の品質更新プログラムがデバイスにインストールされているかどうか。
  • OSAssessmentForSecurityUpdate 最新のセキュリティ更新プログラムがデバイスにインストールされているかどうか。
  • OSAssessmentQualityOutOfDate 前回の品質更新プログラムがリリースされてからの経過日数 (ただし、デバイスにインストールされていない場合)。
  • OSAssessmentReleaseInfoTime 評価の実行に使用されるリリース情報の鮮度。
  • OSRollbackCount 機能更新プログラムがデバイスでロール バックされた回数。
  • OSRolledBack 機能更新プログラムがセットアップ時にロール バックされたことを表すフラグ。
  • OSUninstalled 機能更新プログラムがデバイスでアンインストールされていることを表すフラグ。
  • OSWUAutoUpdateOptions デバイスの自動更新設定を取得します。
  • OSWUAutoUpdateOptionsSource OSWUAutoUpdateOptions フィールドに表示される自動更新設定のソース。 たとえば、グループ ポリシー (GP)、モバイル デバイス管理 (MDM)、既定の設定。
  • UninstallActive デバイスが以前のアップグレードを最近アンインストールしたことを表すフラグ。
  • UpdateServiceURLConfigured デバイスが Windows Server Update Services (WSUS) により管理されているかどうかを取得します。
  • WUDeferUpdatePeriod 更新の延期が設定されているかどうかを取得します。
  • WUDeferUpgradePeriod アップグレードの延期が設定されているかどうかを取得します。
  • WUDODownloadMode DO が有効になっているかどうか、および更新プログラムを取得または配布する方法配信の最適化 (DO) を取得して、ユーザーが以前にダウンロードした Windows Update 更新プログラムを同じネットワーク上の他のデバイスに展開できるようにする方法を取得します。
  • WUMachineId Windows Update (WU) マシンの識別子を取得します。
  • WUPauseState 更新が一時停止されているかどうかを判断するための Windows Update 設定を取得します。
  • WUServer 自動更新および API 呼び出し元 (既定) によって使用される、WSUS サーバーの HTTP(S) URL を取得します。

Census.Xbox

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、シリアル番号や DeviceId など、Xbox 本体に関するデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • XboxConsolePreferredLanguage Xbox 本体でユーザーが選択した優先する言語を取得します。
  • XboxConsoleSerialNumber Xbox 本体のシリアル番号を取得します。
  • XboxLiveDeviceId 本体の一意のデバイス ID を取得します。
  • XboxLiveSandboxId デバイスが Microsoft 内部のデバイスである場合は、開発者サンド ボックス ID を取得します。

コード整合性イベント

Microsoft.Windows.Security.CodeIntegrity.HVCISysprep.AutoEnablementIsBlocked

OEM がレジストリ キーを使用して自動有効化をブロックしようとしたかどうかを示します。

次のフィールドを使用できます。

  • BlockHvciAutoenablement 自動有効化が正常にブロックされた場合は true、それ以外の場合は false。
  • BlockRequested 自動有効化ブロックが要求されたかどうか。
  • Scenario VBS パスと HVCI パスを区別するために使用されます。

Microsoft.Windows.Security.CodeIntegrity.HVCISysprep.Compatibility

互換性チェックが完了すると発生します。 チェックの結果を表示します。

次のフィールドを使用できます。

  • IsRecommended すべての互換性チェックに合格したかどうかを示し、成功した場合は True を返します。 それ以外の場合は、False が返されます。
  • Issues 互換性チェックが失敗した場合は、検出された問題のビット インデックス付きインジケーターを提供します。 こちらにある表: HVCI の既定の有効化の結果を確認します

Microsoft.Windows.Security.CodeIntegrity.HVCISysprep.Enabled

自動有効化が成功し、デバイスで HVCI が有効になっているときに発生します。

次のフィールドを使用できます。

  • Error 有効化中に問題が発生した場合のエラー コード
  • Scenario 有効化が VBS と HVCI のどちらに対して行われたかを示します
  • SuccessfullyEnabled 有効化が成功したかどうかを示します
  • Upgrade イベントが (クリーン インストールではなく) アップグレード中に発生したかどうかを示します

Microsoft.Windows.Security.CodeIntegrity.HVCISysprep.HVCIActivity

sysprep の HVCI 自動有効化プロセスの開始時と終了時に発生します。

次のフィールドを使用できます。

  • wilActivity 開始イベントと終了イベントの照合に使用されるスレッド ID と、終了イベントの成功または失敗を示す HResult も含まれます。 「wilActivity」を参照してください。

共通データ拡張

共通データ Extensions.app

実行中のアプリケーションのプロパティについて示します。 この拡張機能は、クライアント アプリまたは Web アプリで指定されている可能性があります。

次のフィールドを使用できます。

  • asId アプリ セッションを表す整数値。 この値は、アプリの初回起動時に 0 から始まり、各ブート セッションでアプリが起動されるたびに増加します。
  • env イベントが記録された環境。
  • expId OS フライトなどのフライトや、Web サイト UX 実験などの実験をイベントに関連付けます。
  • id イベントを生成するプロセスで現在読み込まれているクライアント アプリケーションの一意識別子を表します。イベントをグループ化し、使用パターン、アプリケーションごとのエラーを理解するために使用されます。
  • locale アプリのロケール。
  • name アプリの名前。
  • userId アプリケーションにより認識されている userID。
  • ver アプリケーションのバージョン番号を表します。 バージョンごとのエラー、アプリ間でのバージョンごとの使用状況について理解するために使用されます。

共通データ Extensions.container

コンテナー内で記録されたイベントのコンテナーのプロパティについて説明します。

次のフィールドを使用できます。

  • epoch SDK の初期化ごとにインクリメントされる ID。
  • localId クライアントが既知のデバイス ID。
  • osVer オペレーティング システムのバージョン。
  • seq イベントごとにインクリメントされる ID。
  • コンテナーの種類。 例: プロセス、または VMHost

共通データ Extensions.cs

イベントのスキーマに関連するプロパティについて示します。

次のフィールドを使用できます。

  • sig 新しいイベント スキーマと変更されたイベント スキーマを識別する共通スキーマ シグネチャ。

共通データ Extensions.device

デバイスに関連するフィールドを示します。

次のフィールドを使用できます。

  • deviceClass デバイスの分類。 たとえば、Desktop、Server、Mobile などです。
  • localId デバイスのローカルに定義された一意の ID。 これは、人間が判読できるデバイス名ではありません。 多くの場合、HKLM\Software\Microsoft\SQMClient\MachineId に保存された値と同じになります。
  • make デバイスの製造元。
  • model デバイス モデル。

共通データ Extensions.Envelope

共通データ拡張機能のすべてを含む封筒を表します。

次のフィールドを使用できます。

  • cV 相関関係ベクトルを表します。コンポーネント境界をまたがる関連する利用統計情報イベントの半順序を追跡するための単一のフィールドです。
  • data 特定のイベント スキーマに関する、オプションで一意の診断データを表します。
  • ext_app 実行中のアプリケーションのプロパティについて説明します。 この拡張機能は、クライアント アプリまたは Web アプリで指定されている可能性があります。 「共通データ Extensions.app」を参照してください。
  • ext_container コンテナー内で記録されたイベントのコンテナーのプロパティを表します。 「共通データ Extensions.container」を参照してください。
  • ext_cs イベントのスキーマに関連するプロパティを表します。 「共通データ Extensions.cs」を参照してください。
  • ext_device デバイス関連のフィールドを表します。 「共通データ Extensions.device」を参照してください。
  • ext_os クライアントで設定されるオペレーティング システムのプロパティを表します。 「共通データ Extensions.os」を参照してください。
  • ext_sdk 特定 SDK に必要なプラットフォーム ライブラリに関連するフィールドを表します。 「共通データ Extensions.sdk」を参照してください。
  • ext_user ユーザーに関連するフィールドを表します。 「共通データ Extensions.user」を参照してください。
  • ext_utc Windows のログ ライブラリーで設定される可能性があるフィールドを表します。 「共通データ Extensions.utc」を参照してください。
  • ext_xbl Xbox Live に関連するフィールドを表します。 「共通データ Extensions.xbl」を参照してください。
  • flags 接続ユーザー エクスペリエンスとテレメトリ" コンポーネントのパイプラインがイベントを処理する方法を記述するビットのコレクションを表します。 最下位バイトは、イベントの持続性です。 次のバイトは、イベントの待機時間です。
  • iKey アプリケーションやイベントの他の論理グループの ID を表します。
  • name イベントの一意に修飾される名前を表します。
  • popSample このイベントがクライアントにより生成されたときの有効サンプル レートを表します。
  • time イベントがクライアントで生成されたイベント日時を世界協定時刻 (UTC) で表します。 これは、ISO 8601 形式にする必要があります。
  • ver 機能拡張のメジャー バージョンおよびマイナー バージョンを表します。

共通データ Extensions.os

オペレーティング システムの一部のプロパティを表します。

次のフィールドを使用できます。

  • bootId 起動セッションを表す整数値。 この値は、OS インストール後の初回起動時に 0 から始まり、再起動されるたびに増加します。
  • expId 実験 ID を表します。 OS フライト (プレリリース ビルド) などのフライトや、Web サイト UX 実験などの実験をイベントと関連付けるための標準は、フライト/実験 ID を共通スキーマのパート A に記録することを目的としています。
  • locale オペレーティング システムのロケールを表します。
  • name オペレーティング システム名を表します。
  • ver 機能拡張のメジャー バージョンおよびマイナー バージョンを表します。

共通データ Extensions.sdk

特定の SDK に必要なフィールドを記録するために、プラットフォーム固有のライブラリで使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • epoch SDK が初期化されるたびにインクリメントされる ID。
  • installId SDK を初めて初期化するときに作成される ID。
  • libVer SDK のバージョン。
  • seq イベントごとにインクリメントされる ID。

共通データ Extensions.user

ユーザーに関連するフィールドを表します。

次のフィールドを使用できます。

  • authId これは、Microsoft アカウントのチケットなどのトークンや Xbox トークンから抽出され、このイベントに関連付けられているユーザーの ID です。
  • locale 言語と地域。
  • localId ローカルで作成され、クライアントにより追加された一意のユーザー ID を表します。 これは、ユーザーのアカウント ID ではありません。

共通データ Extensions.utc

Windows のログ ライブラリで設定される可能性があるプロパティを表します。

次のフィールドを使用できます。

  • aId ETW ActivityId を表します。 TraceLogging を通じて、または ETW から直接記録されます。
  • bSeq "バッファー識別子シーケンス番号" の形式のアップロード バッファー シーケンス番号。
  • cat イベントに関連付けられた ETW キーワードのビットマスクを表します。
  • cpId Reference、Desktop、Phone、Holographic、Hub、IoT Composer などのコンポーザー ID。
  • epoch エポック フィールドおよび seqNum フィールドを表します。これは、発生したイベントの数とアップロードされたイベントの数を追跡するのに役立ち、アップロード中のデータ損失の識別と、入力サーバーでのイベントの重複排除が可能になります。
  • flags さまざまな Windows 固有のフラグをキャプチャするビットマップを表します。
  • mon "モニター シーケンス : イベント シーケンス" 形式のモニターおよびイベント シーケンス番号の組み合わせ。
  • op ETW Op Code を表します。
  • raId ETW Related ActivityId を表します。 TraceLogging を通じて、または ETW から直接記録されます。
  • seq アップロードされたイベントの絶対順序の追跡に使用されるシーケンス フィールドを表します。 これは、アップロード キューに追加される各イベント増分識別子です。 Sequence は、発生したイベントの数とアップロードされたイベントの数を追跡するのに役立ち、アップロード中のデータ損失の識別と、入力サーバーでのイベントの重複排除が可能になります。
  • stId シナリオ入力ポイント ID を表します。 これは、診断シナリオにおいてイベントごとに一意な GUID です。 これは、シナリオ トリガー ID に使用されます。

共通データ Extensions.xbl

Xbox Live に関連するフィールドを表します。

次のフィールドを使用できます。

  • claims 短い要求名がこの構造体に追加されていない追加の要求。
  • did Xbox デバイス ID
  • dty Xbox デバイスの種類
  • dvr デバイスのオペレーティング システムのバージョン。
  • eid 開発者エンティティを表す一意の ID。
  • exp 有効期限の時刻。
  • ip クライアント デバイスの IP アドレス。
  • nbf 有効期間の開始時刻
  • pid 10 進数で示されている PUID のコンマ区切りリスト。
  • sbx Xbox サンドボックス識別子
  • sid サービス インスタンス ID。
  • sty サービスの種類。
  • tid Xbox Live タイトル ID。
  • tvr Xbox Live タイトルのバージョン。
  • uts ビット フィールド。xid にリストされたユーザー ID ごとに 2 ビットが割り当てられます。 このフィールドは、すべてのユーザーが小売アカウントの場合は省略されます。
  • xid 10 進数でエンコードされた Xbox ユーザー ID のリスト。

共通データ フィールド

Ms.Device.DeviceInventoryChange

特定のデバイスで利用可能なすべてのハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントのインストール状態を表します。

次のフィールドを使用できます。

  • action デバイス インベントリ オブジェクトで呼び出された変更。
  • inventoryId 互換性テストに使用されるデバイス ID
  • objectInstanceId デバイスのスコープ内で一意のオブジェクト ID。
  • objectType イベントが適用されるオブジェクトの種類を示します。
  • syncId 同じ所属の StartSync、EndSync、Add、Remove 操作のグループ化に使用される文字列。 このフィールドは、Sync 期間ごとに一意であり、複数のエージェントが同じオブジェクトに対して重複するインベントリを実行する場合に明確化するために使用されます。

互換性イベント

Microsoft.Windows.Compatibility.Apphelp.SdbFix

受信トレイ互換性コンポーネントの問題のデバッグ/トラブルシューティングを支援する製品インストルメンテーション。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppName SDB による影響を受けるアプリケーションの名前。
  • FixID SDB GUID。
  • Flags 適用フラグの一覧。
  • ImageName ファイル名。

コンポーネント ベースのサービス イベント

CbsServicingProvider.CbsCapabilityEnumeration

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、Windows Update でオプションの Windows コンテンツをスキャンした結果を報告します。

次のフィールドを使用できます。

  • architecture スキャンが指定したアーキテクチャに制限されていたことを示します。
  • capabilityCount スキャン中に検出されたオプションのコンテンツ パッケージの数。
  • clientId オプションのコンテンツを要求するアプリケーションの名前。
  • duration スキャンを完了するまでにかかった時間。
  • hrStatus スキャンの HReturn コード。
  • language スキャンが指定した言語に制限されていたことを示します。
  • majorVersion スキャンが指定したメジャー バージョンに制限されていたことを示します。
  • minorVersion スキャンが指定したマイナー バージョンに制限されていたことを示します。
  • namespace スキャンが指定した名前空間内のパッケージに制限されていたこと示します。
  • sourceFilter ローカルで利用可能なオプションのコンテンツがスキャンでチェックされたことを示すビットマスク。
  • stackBuild サービス スタックのビルド番号。
  • stackMajorVersion サービス スタックのメジャー バージョン番号。
  • stackMinorVersion サービス スタックのマイナー バージョン番号。
  • stackRevision サービス スタックのリビジョン番号。

CbsServicingProvider.CbsCapabilitySessionFinalize

このイベントは、Windows Update からオプションの Windows コンテンツをインストールまたはアンインストールした結果に関する情報を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • capabilities インストールされたオプションのコンテンツ パッケージの名前。
  • clientId オプションのコンテンツを要求するアプリケーションの名前。
  • currentID 現在のインストール セッションの ID。
  • downloadSource ダウンロードのソース。
  • highestState オプションのコンテンツの最上位の最終的なインストール状態。
  • hrLCUReservicingStatus オプションのコンテンツが利用できる最新バージョンに更新されたかどうかを示します。
  • hrStatus インストール操作の HReturn コード。
  • rebootCount インストールを完了するために必要な再起動の回数。
  • retryID 失敗した操作を再試行するために使用されるセッション ID。
  • retryStatus エラーが発生した場合、インストールを再試行するかどうかを示します。
  • stackBuild サービス スタックのビルド番号。
  • stackMajorVersion サービス スタックのメジャー バージョン番号。
  • stackMinorVersion サービス スタックのマイナー バージョン番号。
  • stackRevision サービス スタックのリビジョン番号。

CbsServicingProvider.CbsCapabilitySessionPended

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために役立つ、再起動が必要なオプションの Windows コンテンツをインストールした結果に関する情報を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • clientId オプションのコンテンツを要求するアプリケーションの名前。
  • pendingDecision 該当する場合は、再起動の原因を示します。

CbsServicingProvider.CbsLateAcquisition

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、オペレーティング システム パッケージをアップグレードの一部として更新できなかったかどうかを示すデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • Features 更新できなかった機能パッケージの一覧。
  • RetryID 一覧表示されているパッケージを更新するための再試行を識別する ID。

CbsServicingProvider.CbsPackageRemoval

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために役立つ、Windows の累積的なセキュリティ更新プログラムをアンインストールした結果に関する情報を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • buildVersion アンインストールされているセキュリティ更新プログラムのビルド番号。
  • clientId アンインストールを要求しているアプリケーションの名前。
  • currentStateEnd 操作の完了後の更新プログラムの最終的な状態。
  • failureDetails 該当する場合、エラーの原因に関する情報。
  • failureSourceEnd アンインストール時のエラーが発生したステージ。
  • hrStatusEnd 操作の全体的な終了コード。
  • initiatedOffline マウントした Windows イメージのアンインストールが開始されたかどうかを示します。
  • majorVersion アンインストールされているセキュリティ更新プログラムのメジャー バージョン番号。
  • minorVersion アンインストールされているセキュリティ更新プログラムのマイナー バージョン番号。
  • originalState 操作前の更新プログラムの開始状態。
  • pendingDecision 該当する場合は、再起動の原因を示します。
  • primitiveExecutionContext アンインストールが完了した場合のシステム スタートアップ時の状態。
  • revisionVersion アンインストールされているセキュリティ更新プログラムのリビジョン番号。
  • transactionCanceled アンインストールがキャンセルされたかどうかを示します。

CbsServicingProvider.CbsQualityUpdateInstall

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために Windows Update からサービス コンテンツをインストールした結果として、パフォーマンスと信頼性を報告します。

次のフィールドを使用できます。

  • buildVersion 更新プログラム パッケージのビルド バージョン番号。
  • clientId オプションのコンテンツを要求するアプリケーションの名前。
  • corruptionHistoryFlags デバイスでの更新エラーの原因となったコンポーネント ストア破損の種類を示すビットマスクです。
  • corruptionType 現在の更新エラーの原因となったデータ破損の種類のリストを格納する列挙型。
  • currentStateEnd 操作の完了後のパッケージの最終的な状態。
  • doqTimeSeconds ドライバーの更新にかかった時間 (秒)。
  • executeTimeSeconds インストールの実行に要した秒数。
  • failureDetails 更新エラーの原因となったドライバーまたはインストーラー。
  • failureSourceEnd 更新プログラムのどのフェーズでエラーが発生したかを示す列挙値。
  • hrStatusEnd インストール操作のリターン コード。
  • initiatedOffline オフラインの Windows Imaging Format (WIM) ファイルにパッケージがインストールされたかどうかを示す値 (true または false)。
  • majorVersion 更新プログラム パッケージのメジャー バージョン番号。
  • minorVersion 更新プログラム パッケージのマイナー バージョン番号。
  • originalState パッケージの開始時の状態。
  • overallTimeSeconds 全体的なサービス操作を実行するための時間 (秒)。
  • planTimeSeconds 更新操作を計画するために要した時間 (秒)。
  • poqTimeSeconds ファイルおよびレジストリの操作の処理時間 (秒)。
  • postRebootTimeSeconds 更新プログラムのスタートアップ処理を実行するための時間 (秒)。
  • preRebootTimeSeconds インストールの実行と再起動の間の時間 (秒)。
  • primitiveExecutionContext シャットダウンまたはスタートアップのどのフェーズで更新プログラムがインストールされたかを示す列挙値。
  • rebootCount 更新プログラムをインストールするために要した再起動の回数。
  • rebootTimeSeconds 更新プログラムのスタートアップ処理が開始するまでの時間 (秒)。
  • resolveTimeSeconds 更新プログラムに含まれるパッケージを解決するために要した時間 (秒)。
  • revisionVersion 更新プログラム パッケージのリビジョン バージョン番号。
  • rptTimeSeconds インストーラー プラグインの実行にかかった時間 (秒)。
  • shutdownTimeSeconds 更新プログラムのシャットダウン処理を実行するために要した時間 (秒)。
  • stackRevision サービス スタックのリビジョン番号。
  • stageTimeSeconds 更新プログラムに含まれるすべてのファイルのステージングに要した時間 (秒)。

CbsServicingProvider.CbsSelectableUpdateChangeV2

このイベントは、Windows を最新の状態に保つためにオプションの Windows コンテンツを有効または無効にした結果を報告します。

次のフィールドを使用できます。

  • applicableUpdateState オプションのコンテンツに該当する最高の状態を示します。
  • buildVersion インストールされるパッケージのビルド バージョン。
  • clientId オプション コンテンツの変更を要求しているアプリケーションの名前。
  • downloadSource オプションのコンテンツが Windows Update またはローカル アクセスが可能なファイルから取得されたかどうかを示します。
  • downloadtimeInSeconds オプション コンテンツのダウンロードを完了するために必要な秒数。
  • executionID 1 つのサービス操作に関連付けられているイベントを識別するために使用される一意の ID。将来の操作で再利用することはできません。
  • executionSequence デバイスで試行されたサービス操作の数を追跡するカウンター。
  • firstMergedExecutionSequence (該当する場合は) 現在の操作にマージされる、以前の executionSequence カウンターの値。
  • firstMergedID (該当する場合は) この操作にマージされる、以前のサービス操作の一意の ID。
  • hrDownloadResult ダウンロード操作のリターン コード。
  • hrStatusUpdate サービス操作のリターンコード。
  • identityHash インストールまたはアンインストールされる Windows パッケージの、仮名化 (ハッシュ化) された識別子。
  • initiatedOffline オフラインの Windows イメージ ファイルまたは実行中の Windows インスタンスに対して操作が実行されたかどうかを示します。
  • majorVersion インストールされるパッケージのメジャー バージョン。
  • minorVersion インストールされるパッケージのマイナー バージョン。
  • packageArchitecture インストールされるパッケージのアーキテクチャ。
  • packageLanguage インストールされるパッケージの言語。
  • packageName インストールされるパッケージの名前。
  • rebootRequired 操作を完了するために再起動が必要かどうかを示します。
  • revisionVersion インストールされるパッケージのリビジョン番号。
  • stackBuild インストールを実行しているサービス スタック バイナリのビルド番号。
  • stackMajorVersion インストールを実行しているサービス スタック バイナリのメジャー バージョン番号。
  • stackMinorVersion インストールを実行しているサービス スタック バイナリのマイナー バージョン番号。
  • stackRevision インストールを実行しているサービス スタック バイナリのリビジョン番号。
  • updateName 有効または無効にする、オプションの Windows オペレーティング システム機能の名前。
  • updateStartState 操作が開始される前のオプション コンテンツの状態を示す値。
  • updateTargetState オプション コンテンツの目的の状態を示す値。

展開イベント

Microsoft.Windows.Deployment.Imaging.AppExit

このイベントは、イメージング アプリケーションの出口で送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • hr HResult はアプリの終了で返されます。
  • sId アプリケーションのセッション ID。
  • totalTimeInMs 合計時間 (ミリ秒)。

Microsoft.Windows.Deployment.Imaging.AppInvoked

このイベントは、イメージ作成用のアプリが呼び出されたときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • branch イメージの対応するブランチ。
  • isInDbg アプリがデバッグ モードかどうか。
  • isWSK アプリが WSK を使用してイメージを作成するかどうか。
  • sId セッションの ID。

Microsoft.Windows.Deployment.Imaging.Failed

この失敗イベントは、イメージングが失敗したときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • cs 失敗した行。
  • ec 実行状態。
  • hr 返された HResult。
  • msg 返されたメッセージ。
  • stack スタック情報。

Microsoft.Windows.Deployment.Imaging.ImagingCompleted

このイベントは、イメージングが完了したときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • appExecTimeInMs 実行時間 (ミリ秒)。
  • buildInfo ビルドの情報。
  • compDbPrepTimeInMs CompDBs の準備時間 (ミリ秒)。
  • executeUpdateTimeInMs 更新の実行時間 (ミリ秒)。
  • fileStageTimeInMs ファイルのステージング時間 (ミリ秒)。
  • hr イメージングから返された HResult。
  • imgSizeInMB イメージのサイズ (MB)。
  • mutexWaitTimeInMs Mutex 待機時間 (ミリ秒)。
  • prepareUpdateTimeInMs 準備時間をミリ秒単位で更新します。
  • sId アプリケーションのセッション ID。
  • totalRunTimeInMs 合計実行時間 (ミリ秒)。
  • updateOsTimeInMs OS 更新に費やされた時間 (ミリ秒)。

Microsoft.Windows.Deployment.Imaging.ImagingStarted

このイベントは、イメージング セッションが開始したときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • arch イメージのアーキテクチャ。
  • device イメージが作成されるデバイスの種類。
  • imgFormat イメージのファイル形式。
  • imgSkip 構築時に特定のイメージの種類をスキップするパラメーター。
  • imgType 構築中のイメージの種類。
  • lang 構築中のイメージの言語。
  • prod イメージ製品の種類。
  • sId アプリのセッション ID。

展開拡張機能

DeploymentTelemetry.Deployment_End

このイベントは、Deployment 360 API が完了したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId D360 API を使用しているユーザーのクライアント ID。
  • ErrorCode 操作のエラー コード。
  • FlightID デバイスが取得する Windows Insider ビルドの特定の ID。
  • Mode アップグレードのフェーズ。
  • RelatedCV 他の関連するすべてのイベントの相関関係ベクトル (CV)。
  • Result 操作終了の結果。

DeploymentTelemetry.Deployment_SetupBoxLaunch

このイベントは、Deployment 360 API によってセットアップ ボックスが起動されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId D360 API を使用しているユーザーのクライアント ID。
  • FlightID デバイスが取得する Windows Insider ビルドの特定の ID。
  • Quiet セットアップが Quiet モードで実行されるか、完全モードで実行されるか。
  • RelatedCV 他の関連するすべてのイベントの相関関係ベクトル (CV)。
  • SetupMode 現在のセットアップ フェーズ。

DeploymentTelemetry.Deployment_SetupBoxResult

このイベントは、Deployment 360 API がセットアップ ボックスからの戻り値を受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId D360 API を使用しているユーザーのクライアント ID。
  • ErrorCode 操作のエラー コード。
  • FlightID デバイスが取得する Windows Insider ビルドの特定の ID。
  • Quiet セットアップが Quiet モードで実行されるか、完全モードで実行されるかを示します。
  • RelatedCV 他の関連するすべてのイベントの相関関係ベクトル (CV)。
  • SetupMode 現在のセットアップ フェーズ。

DeploymentTelemetry.Deployment_Start

このイベントは、Deployment 360 API が呼び出されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId D360 API を使用しているユーザーのクライアント ID。
  • FlightID デバイスが取得する Windows Insider ビルドの特定の ID。
  • Mode アップグレードの現在のフェーズ。
  • RelatedCV 他の関連するすべてのイベントの相関関係ベクトル (CV)。

診断データ イベント

Microsoft.Windows.Test.WindowsCoreTelemetryTestProvider.WindowsCoreTelemetryTestEvent

これは、発行する前に、utc.app と telemetry.asm-windowsdefault の設定と名前空間を検証するために使用される内部専用のテスト イベントです。 このイベントのプロバイダーは、テストするために Windows Core Telemetry グループ プロバイダーに割り当てられます。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

TelClientSynthetic.AbnormalShutdown_0

このイベントは、通常のクリーン シャットダウンを確認できなかったブート ID に関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AbnormalShutdownBootId このイベントによって報告される異常なシャットダウンの BootId。
  • AcDcStateAtLastShutdown デバイスがバッテリで駆動されていたか、電源に接続されていたかを識別します。
  • BatteryLevelAtLastShutdown 前回記録されたバッテリ レベル。
  • BatteryPercentageAtLastShutdown 前回のシャットダウン時のバッテリー残量の割合。
  • CrashDumpEnabled クラッシュ ダンプが有効かどうかを示します。
  • CumulativeCrashCount BootId のリセット以降オペレーティング システムがクラッシュした累積回数。
  • CurrentBootId 異常なシャットダウン イベントが報告された時点での BootId。
  • Firmwaredata->ResetReasonEmbeddedController ファームウェアによって提供されたリセット理由。
  • Firmwaredata->ResetReasonEmbeddedControllerAdditional ファームウェアによって提供されたリセット理由に関連するその他のデータ。
  • Firmwaredata->ResetReasonPch ハードウェアによって提供されたリセット理由。
  • Firmwaredata->ResetReasonPchAdditional ハードウェアによって提供されたリセット理由に関連するその他のデータ。
  • Firmwaredata->ResetReasonSupplied ファームウェアがリセット理由を提供したかどうかを示します。
  • FirmwareType DimFirmwareType に列挙されている FirmwareType の ID。
  • HardwareWatchdogTimerGeneratedLastReset ハードウェア ウォッチドッグ タイマーが前回のリセットの原因であったかどうかを示します。
  • HardwareWatchdogTimerPresent ハードウェア ウォッチドッグ タイマーが存在していたかどうかを示します。
  • LastBugCheckBootId キャプチャされた前回のクラッシュの bootId。
  • LastBugCheckCode エラーの種類を示すコード。
  • LastBugCheckContextFlags その他のクラッシュ ダンプ設定。
  • LastBugCheckOriginalDumpType システムで保存したクラッシュの種類。
  • LastBugCheckOtherSettings その他のクラッシュ ダンプの設定。
  • LastBugCheckParameter1 エラーの種類に関する追加情報を持つ最初のパラメーター。
  • LastBugCheckProgress 前回のクラッシュ ダンプを書き出すまでの進行状況。
  • LastBugCheckVersion クラッシュ時に書き込まれた情報構造体のバージョン。
  • LastSuccessfullyShutdownBootId 前回の完全に正常なシャットダウンの BootId。
  • LongPowerButtonPressDetected ユーザーが電源ボタンを長押ししていたかどうかを識別します。
  • OOBEInProgress Out-Of-Box-Experience が実行中かどうかを識別します。
  • OSSetupInProgress オペレーティング システムのセットアップが実行中かどうかを識別します。
  • PowerButtonCumulativePressCount 電源ボタンが押された回数を示します ("押された" を "離された" と混同しないでください)。
  • PowerButtonCumulativeReleaseCount 電源ボタンが離された回数を示します ("離された" を "押された" と混同しないでください)。
  • PowerButtonErrorCount 電源ボタンのメトリックを記録するときにエラーが発生した回数を示します (例: bootstat ファイルのロック/更新に失敗したため)。
  • PowerButtonLastPressBootId 前回電源ボタンが押されたことが検出されたときの BootId ("押された" を "離された" と混同しないでください)。
  • PowerButtonLastPressTime 電源ボタンが最後に押された日付/時刻 ("押された" を "離された" と混同しないでください)。
  • PowerButtonLastReleaseBootId 前回電源ボタンが離されたことが検出されたときのブート ID ("離された" を "押された" と混同しないでください)。
  • PowerButtonLastReleaseTime 電源ボタンが最後に離された日時 ("離された" を "押された" と混同しないでください)。
  • PowerButtonPressCurrentCsPhase 電源ボタンが押されたときのコネクト スタンバイ終了のフェーズを表します。
  • PowerButtonPressIsShutdownInProgress 前回電源ボタンを押した時点でシステムのシャットダウンが進行中であったかどうかを示します。
  • PowerButtonPressLastPowerWatchdogStage 電源ボタンが最後に押されたときに完了した最後のステージ。
  • PowerButtonPressPowerWatchdogArmed 前回電源ボタンが押された時点でモニターのウォッチドッグがアクティブであったかどうかを示します。
  • ShutdownDeviceType シャットダウンをトリガーした原因を識別します。 シャットダウンがバッテリー、温度ゾーン、またはカーネル API のいずれによって発生したかです。
  • SleepCheckpoint スリープ状態への移行中にエラーが発生した場合に、最後のチェックポイントを提供します。
  • SleepCheckpointSource ソースが EFI 変数であるか、bootstat ファイルであるかを示します。
  • SleepCheckpointStatus チェックポイント情報が有効かどうかを示します。
  • StaleBootStatData bootstat からのデータが古いかどうかを識別します。
  • TransitionInfoBootId キャプチャされた移行情報のブート ID。
  • TransitionInfoCSCount 最後のマーカーが保存されたときにシステムが "コネクト スタンバイ" モードから "オン" に移行した合計回数。
  • TransitionInfoCSEntryReason デバイスが前回 "コネクト スタンバイ" モードを開始した理由を示します ("開始した" を "終了した" と混同しないでください)。
  • TransitionInfoCSExitReason デバイスが前回 "コネクト スタンバイ" モードを終了した理由を示します ("終了した" を "開始した" と混同しないでください)。
  • TransitionInfoCSInProgress 最後のマーカーが保存されたときに、システムがコネクト スタンバイ モードであったのか、コネクト スタンバイ モードを開始したのかを示します。
  • TransitionInfoLastReferenceTimeChecksum TransitionInfoLastReferenceTimestamp のチェックサム。
  • TransitionInfoLastReferenceTimestamp 前回マーカーが保存された日時。
  • TransitionInfoLidState ノート PC のカバーの状態を表します。
  • TransitionInfoPowerButtonTimestamp 電源ボタンが前回押された日時 (PowerButtonLastPressTime とは異なるメカニズムで収集されます)。
  • TransitionInfoSleepInProgress 最後のマーカーが保存されたときに、システムがスリープ モードであったのか、スリープ モードを開始したのかを示します。
  • TransitionInfoSleepTranstionsToOn 最後のマーカーが保存されたときに、システムがスリープ モードからオンに移行した合計回数。
  • TransitionInfoSystemRunning 最後のマーカーが保存されたときに、システムが実行されていたかどうかを示します。
  • TransitionInfoSystemShutdownInProgress 電源ボタンが押されたときにデバイスのシャットダウンが進行中であったかどうかを示します。
  • TransitionInfoUserShutdownInProgress 電源ボタンを押した時点でユーザーのシャットダウンが進行中であったかどうかを示します。
  • TransitionLatestCheckpointId デバイスの状態が移行中であるときのチェックポイントの一意の識別子を表します。
  • TransitionLatestCheckpointSeqNumber チェックポイントの時系列シーケンス番号を表します。
  • TransitionLatestCheckpointType チェックポイントの種類を表します。フェーズの開始、フェーズの終了、情報のみのいずれかです。
  • VirtualMachineId オペレーティング システムが仮想マシン上にある場合、ホスト上のイベントの関連付けに使用できる仮想マシン ID (GUID) を提供します。

TelClientSynthetic.AuthorizationInfo_RuntimeTransition

このイベントは、収集が許可されているデータを示すために、状態遷移時に UTC が発生させます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CanAddMsaToMsTelemetry MSA PUID と CID を利用統計情報に追加できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectAnyTelemetry パートナーの利用統計情報を収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectCoreTelemetry コア/基本の利用統計情報を収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectHeartbeats ハートビート利用統計情報を収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectOsTelemetry 診断データ利用統計情報を収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectWindowsAnalyticsEvents Windows Analytics データを収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanPerformDiagnosticEscalations 診断エスカレーション コレクションを実行できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • TransitionInfoSystemShutdownInProgress トレース エスカレーション コレクションを実行できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanReportScenarios シナリオの完了を報告できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • PreviousPermissions 以前の利用統計情報の状態のビットマスク。
  • TransitionFromEverythingOff 無効になっているすべての利用統計情報から遷移している場合は True、それ以外の場合は False。

TelClientSynthetic.AuthorizationInfo_Startup

このイベントは、収集が許可されているデータを示すために、起動時に UTC が発生させます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CanAddMsaToMsTelemetry MSA PUID と CID を利用統計情報に追加できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectAnyTelemetry パートナーの利用統計情報を収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectCoreTelemetry コア/基本の利用統計情報を収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectHeartbeats ハートビート利用統計情報を収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectOsTelemetry 診断データ利用統計情報を収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanCollectWindowsAnalyticsEvents Windows Analytics データを収集できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanPerformDiagnosticEscalations 診断エスカレーション コレクションを実行できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • TransitionInfoSystemShutdownInProgress トレース エスカレーション コレクションを実行できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • CanReportScenarios シナリオの完了を報告できる場合は True、それ以外の場合は False。
  • PreviousPermissions 以前の利用統計情報の状態のビットマスク。
  • TransitionFromEverythingOff 無効になっているすべての利用統計情報から遷移している場合は True、それ以外の場合は False。

TelClientSynthetic.ConnectivityHeartBeat_0

このイベントは、利用統計情報イベントをアップロードする "接続ユーザー エクスペリエンスとテレメトリ" コンポーネントの接続状態に関するデータを送信します。 制限のない無料ネットワーク (Wi-Fi など) が利用可能な場合、このイベントは前回成功したアップロード時刻を更新します。 それ以外の場合、過去 24 時間以内に接続ハートビート イベントが起動されたかどうかをチェックし、起動されていない場合はイベントを送信します。 接続ハートビート イベントは、デバイスが有料ネットワークから無料ネットワークに回復したときにも送信されます。 このイベントは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために、ネットワークが存在しない期間中にハートビート信号として UTC が発生させます。

次のフィールドを使用できます。

  • CensusExitCode Census タスクの最終終了コード
  • CensusStartTime 前回成功した Census の実行に対応するタイムスタンプを返します。
  • CensusTaskEnabled クライアント コンピューターで Census タスク (有効/無効) のブール値を返します。
  • LastConnectivityLossTime 最後の空きネットワーク損失が発生した FILETIME。
  • NetworkState ネットワークの状態を取得します: 0 = ネットワークなし。 1 = 制限付きネットワーク。 2 = 無料ネットワーク。
  • NoNetworkTime ネットワークがない状態が続いた時間 (前回以降) を秒単位で取得します。
  • RestrictedNetworkTime このハートビート期間中の制限付きネットワークの合計時間 (秒)。

TelClientSynthetic.HeartBeat_5

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、特定のデバイスから得られた診断データの正常性と品質に関するデータを送信します。 さらに、データ分析によって特定のデバイスからのデータがどの程度 "信頼できる" かを調べることもできます。

次のフィールドを使用できます。

  • AgentConnectionErrorsCount ホスト/エージェント チャネルに関連するタイムアウト以外のエラーの数。
  • CensusExitCode Census タスクの前回の終了コード。
  • CensusStartTime Census の前回の実行時刻。
  • CensusTaskEnabled Census が有効な場合は True、それ以外の場合は False。
  • CompressedBytesUploaded アップロードされた圧縮済みのバイト数。
  • ConsumerDroppedCount 利用統計情報クライアントのコンシューマー レイヤーで破棄されたイベントの数。
  • CriticalDataDbDroppedCount データベース レイヤーで破棄された重大なデータ サンプリングされたイベントの数。
  • CriticalDataThrottleDroppedCount 調整のために破棄された、重要なデータのサンプリング イベントの数。
  • CriticalOverflowEntersCounter 重要なオーバーフロー モードがイベント DB に入った回数。
  • DbCriticalDroppedCount イベント DB における破棄された重要なイベントの合計数。
  • DbDroppedCount DB がいっぱいになったために破棄されたイベントの数。
  • DbDroppedFailureCount DB のエラーによって破棄されたイベントの数。
  • DbDroppedFullCount DB がいっぱいになったために破棄されたイベントの数。
  • DecodingDroppedCount デコードに失敗したために破棄されたイベントの数。
  • EnteringCriticalOverflowDroppedCounter 重大なオーバーフロー モードが開始されたために破棄されたイベントの数。
  • EtwDroppedBufferCount UTC ETW セッションで破棄されたバッファーの数。
  • EtwDroppedCount 利用統計情報クライアントの ETW レイヤーにより破棄されたイベントの数。
  • EventsPersistedCount PersistEvent ステージに到達したイベントの数。
  • EventStoreLifetimeResetCounter UTC の有効期間中にイベント DB がリセットされた回数。
  • EventStoreResetCounter イベント DB がリセットされた回数。
  • EventStoreResetSizeSum このインスタンス内のすべてのリセット レポートを対象としたイベント DB の合計サイズ。
  • EventSubStoreResetCounter イベント DB がリセットされた回数。
  • EventSubStoreResetSizeSum このインスタンス内のすべてのリセット レポートを対象としたイベント DB の合計サイズ。
  • EventsUploaded アップロードされたイベントの数。
  • Flags ネットワーク状態、バッテリ状態、オプトイン状態など、デバイスの状態を示すフラグ。
  • FullTriggerBufferDroppedCount トリガー バッファーがいっぱいであったために破棄されたイベントの数。
  • HeartBeatSequenceNumber このハートビートのシーケンス番号。
  • InvalidHttpCodeCount 接続している Vortex から受信した無効な HTTP コードの数。
  • LastAgentConnectionError ホスト/エージェント チャネルで発生した前回のタイムアウト以外のエラー。
  • LastEventSizeOffender 最大イベント サイズを超えた前回のイベントの名前。
  • LastInvalidHttpCode Vortex から受信した最後の無効な HTTP コード。
  • MaxActiveAgentConnectionCount このハートビート タイムフレーム中のアクティブなエージェントの最大数。
  • MaxInUseScenarioCounter UTC によって読み込まれたシナリオのソフト最大数。
  • PreviousHeartBeatTime 前回のハートビート イベントの時刻 (イベントのチェーンを許可)。
  • PrivacyBlockedCount プライバシー設定またはタグによってブロックされたイベントの数。
  • RepeatedUploadFailureDropped 1 つのバッファーでアップロード エラーが繰り返されたために失われたイベントの数。
  • SettingsHttpAttempts OneSettings サービスへの接続が試行された回数。
  • SettingsHttpFailures OneSettings サービスへの接続に失敗した回数。
  • ThrottledDroppedCount ノイズ プロバイダーの調整のために破棄されたイベントの数。
  • TopUploaderErrors アップロード エンドポイントから受信した上位のエラーの一覧。
  • UploaderDroppedCount 利用統計情報クライアントのアップローダー レイヤーで破棄されたイベントの数。
  • UploaderErrorCount アップロード エンドポイントから受信したエラーの数。
  • VortexFailuresTimeout Vortex から受信したタイムアウト エラーの数。
  • VortexHttpAttempts Vortex サービスへの接続が試行された回数。
  • VortexHttpFailures4xx Vortex から取得した 400 ~ 499 のエラー コードの数。
  • VortexHttpFailures5xx Vortex から取得した 500 ~ 599 のエラー コードの数。
  • VortexHttpResponseFailures 2XX または 400 ではない Vortex の応答の数。
  • VortexHttpResponsesWithDroppedEvents 少なくとも 1 つの破棄されたイベントが含まれている Vortex の応答の数。

TelClientSynthetic.HeartBeat_Aria_5

このイベントは、テレメトリ クライアント ARIA ハートビートです。

次のフィールドを使用できます。

  • CompressedBytesUploaded アップロードされた圧縮済みのバイト数。
  • CriticalDataDbDroppedCount データベース レイヤーで破棄された重大なデータ サンプリングされたイベントの数。
  • CriticalOverflowEntersCounter 重要なオーバーフロー モードがイベント データベースに入力された回数。
  • DbCriticalDroppedCount イベント データベースにおける破棄された重要なイベントの合計数。
  • DbDroppedCount データベース レイヤーで破棄されたイベントの数。
  • DbDroppedFailureCount データベースのエラーによって破棄されたイベントの数。
  • DbDroppedFullCount データベースがいっぱいになったために破棄されたイベントの数。
  • EnteringCriticalOverflowDroppedCounter 重大なオーバーフロー モードが開始されたために破棄されたイベントの数。
  • EventsPersistedCount PersistEvent ステージに到達したイベントの数。
  • EventStoreLifetimeResetCounter イベント ストアがリセットされた回数。
  • EventStoreResetCounter このハートビート中にイベント ストアがリセットされた回数。
  • EventStoreResetSizeSum リセットされたイベント ストアのバイト単位のサイズ。
  • EventsUploaded アップロードされたイベントの数。
  • HeartBeatSequenceNumber このハートビートのシーケンス番号。
  • InvalidHttpCodeCount 接続している Vortex から受信した無効な HTTP コードの数。
  • LastEventSizeOffender 最大イベント サイズを超えた前回のイベントの名前。
  • LastInvalidHttpCode Vortex から受信した最後の無効な HTTP コード。
  • PreviousHeartBeatTime 以前にハートビートが発生したときの FILETIME。
  • PrivacyBlockedCount プライバシー設定またはタグによってブロックされたイベントの数。
  • RepeatedUploadFailureDropped 1 つのバッファーでアップロード エラーが繰り返されたために失われたイベントの数。
  • SettingsHttpAttempts OneSettings サービスへの接続が試行された回数。
  • SettingsHttpFailures OneSettings サービスへの接続に失敗した回数。
  • TopUploaderErrors アップロード エンドポイントから受信した上位のエラーの一覧。
  • UploaderDroppedCount 利用統計情報クライアントのアップローダー レイヤーで破棄されたイベントの数。
  • UploaderErrorCount アップロード エンドポイントから受信したエラーの数。
  • VortexFailuresTimeout Vortex から受信したタイムアウト エラーの数。
  • VortexHttpAttempts Vortex サービスへの接続が試行された回数。
  • VortexHttpFailures4xx Vortex から取得した 400 ~ 499 のエラー コードの数。
  • VortexHttpFailures5xx Vortex から取得した 500 ~ 599 のエラー コードの数。
  • VortexHttpResponseFailures 2XX または 400 ではない Vortex の応答の数。
  • VortexHttpResponsesWithDroppedEvents 少なくとも 1 つの破棄されたイベントが含まれている Vortex の応答の数。

TelClientSynthetic.HeartBeat_Seville_5

このイベントは、ユニバーサル利用統計情報クライアント (UTC) によってセンサーのハートビート信号として送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AgentConnectionErrorsCount ホストまたはエージェント チャネルに関連するタイムアウト以外のエラーの数。
  • CompressedBytesUploaded アップロードされた圧縮済みのバイト数。
  • ConsumerDroppedCount 利用統計情報クライアントのコンシューマー レイヤーで破棄されたイベントの数。
  • CriticalDataDbDroppedCount データベース レイヤーで破棄された重大なデータ サンプリングされたイベントの数。
  • CriticalDataThrottleDroppedCount 調整のために破棄された、重要なデータのサンプリング イベントの数。
  • CriticalOverflowEntersCounter 重要なオーバーフロー モードがイベント データベースに入力された回数。
  • DailyUploadQuotaInBytes センサーの 1 日のバイト単位のアップロード クォータ (インプロセス モードのみ)。
  • DbCriticalDroppedCount イベント データベースにおける破棄された重要なイベントの合計数。
  • DbDroppedCount データベースがいっぱいになったために破棄されたイベントの数。
  • DbDroppedFailureCount データベースのエラーによって破棄されたイベントの数。
  • DbDroppedFullCount データベースがいっぱいになったために破棄されたイベントの数。
  • DecodingDroppedCount デコードに失敗したために破棄されたイベントの数。
  • DiskSizeInBytes センサーのイベント ストアのバイト単位のサイズ (インプロセス モードのみ)。
  • EnteringCriticalOverflowDroppedCounter 重大なオーバーフロー モードが開始されたために破棄されたイベントの数。
  • EtwDroppedBufferCount ユニバーサル利用統計情報クライアント (UTC) の Windows イベント トレーシング (ETW) セッションで破棄されたバッファーの数。
  • EtwDroppedCount 利用統計情報クライアントの Windows イベント トレーシング (ETW) レイヤーで破棄されたイベントの数。
  • EventsPersistedCount PersistEvent ステージに到達したイベントの数。
  • EventStoreLifetimeResetCounter ユニバーサル利用統計情報クライアント (UTC) の有効期間中にイベント データベースがリセットされた回数。
  • EventStoreResetCounter イベント データベースがリセットされた回数。
  • EventStoreResetSizeSum このインスタンス内のすべてのリセット レポートを対象としたイベント データベースの合計サイズ。
  • EventsUploaded アップロードされたイベントの数。
  • Flags ネットワーク状態、バッテリ状態、オプトイン状態など、デバイスの状態を示すフラグ。
  • FullTriggerBufferDroppedCount トリガー バッファーがいっぱいであったために破棄されたイベントの数。
  • HeartBeatSequenceNumber このハートビートのシーケンス番号。
  • InvalidHttpCodeCount 接続している Vortex から受信した無効な HTTP コードの数。
  • LastAgentConnectionError ホスト/エージェント チャネルで発生した前回のタイムアウト以外のエラー。
  • LastEventSizeOffender 最大イベント サイズを超えた前回のイベントの名前。
  • LastInvalidHttpCode Vortex から受信した最後の無効な HTTP コード。
  • MaxActiveAgentConnectionCount このハートビート期間中にアクティブなエージェントの最大数。
  • NormalUploadTimerMillis センサーの通常のイベントをアップロードする間隔のミリ秒数 (インプロセス モードのみ)。
  • PreviousHeartBeatTime 前回のハートビート イベントの時刻 (イベントのチェーンを許可)。
  • RepeatedUploadFailureDropped アップロード試行のエラーが繰り返されたために失われたイベントの数。
  • SettingsHttpAttempts OneSettings サービスへの接続が試行された回数。
  • SettingsHttpFailures OneSettings サービスへの接続に失敗した回数。
  • ThrottledDroppedCount ノイズ プロバイダーの調整のために破棄されたイベントの数。
  • TopUploaderErrors エンドポイントとエラーの種類ごとにグループ化された、上位のアップローダー エラー。
  • UploaderDroppedCount 利用統計情報クライアントのアップローダー レイヤーで破棄されたイベントの数。
  • UploaderErrorCount TopUploaderErrors モードの推定用の入力の数。
  • VortexFailuresTimeout Vortex から受信したタイムアウト エラーの数。
  • VortexHttpAttempts Vortex サービスへの接続が試行された回数。
  • VortexHttpFailures4xx Vortex から取得した 400 ~ 499 のエラー コードの数。
  • VortexHttpFailures5xx Vortex から取得した 500 ~ 599 のエラー コードの数。
  • VortexHttpResponseFailures 2XX または 400 ではない Vortex の応答の数。
  • VortexHttpResponsesWithDroppedEvents 少なくとも 1 つの破棄されたイベントが含まれている Vortex の応答の数。

更新の指示イベント

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorCheckApplicability

このイベントは、コーディネーターの CheckApplicability call が成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ApplicabilityResult CheckApplicability 関数の結果。
  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • IsDeviceAADDomainJoined デバイスが Microsoft Entra ドメインにログインしているかどうかを示します。
  • IsDeviceADDomainJoined デバイスが AD (Active Directory) ドメインにログインしているかどうかを示します。
  • IsDeviceCloverTrail デバイスに Clover Trail システムがインストールされているかどうかを示します。
  • IsDeviceFeatureUpdatingPaused 機能更新プログラムがデバイスで一時停止されているかどうかを示します。
  • IsDeviceNetworkMetered デバイスが従量制ネットワークに接続されているかどうかを示します。
  • IsDeviceOobeBlocked デバイスに更新プログラムをインストールするためにユーザーの承認が必要かどうかを示します。
  • IsDeviceRequireUpdateApproval デバイスに更新プログラムをインストールするためにユーザーの承認が必要かどうかを示します。
  • IsDeviceSccmManaged オペレーティング システムとアプリケーションを最新の状態に保つために、デバイスが Configuration Manager を実行しているかどうかを示します。
  • IsDeviceUninstallActive デバイス上の OS (オペレーティングシステム) が最近更新されたかどうかを示します。
  • IsDeviceUpdateNotificationLevel 更新通知を制御するために設定されたポリシーがデバイスにあるかどうかを示します。
  • IsDeviceUpdateServiceManaged デバイスで WSUS (Windows Server Update Services) が使用されているかどうかを示します。
  • IsDeviceZeroExhaust デバイスが、Windows から Microsoft への接続を最小限に抑える Zero Exhaust ポリシーに同意しているかどうかを示します。
  • IsGreaterThanMaxRetry DTU (Direct to Update) サービスの再試行回数が上限を超えているかどうかを示します。
  • IsVolumeLicensed デバイス上のオペレーティング システムまたはアプリケーションの認証にボリューム ライセンスが使用されたかどうかを示します。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorCheckApplicabilityGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの CheckApplicability 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorCleanupGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの Cleanup 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID
  • ClientID 実行されているクライアントの ID
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル
  • hResult 失敗の HRESULT

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorCleanupSuccess

このイベントは、コーディネーターの Cleanup 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID
  • ClientID 実行されているクライアントの ID
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorCommitGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの Commit 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorCommitSuccess

このイベントは、コーディネーターの Commit 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorDownloadGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの Download 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorDownloadIgnoredFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの Download 呼び出しで無視されるエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorDownloadSuccess

このイベントは、コーディネーターの Download 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorHandleShutdownGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの HandleShutdown 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorHandleShutdownSuccess

このイベントは、コーディネーターの HandleShutdown 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorInitializeGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの Initialize 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorInitializeSuccess

このイベントは、コーディネーターの Initialize 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorInstallGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの Install 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorInstallIgnoredFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの Install 呼び出しで無視されるエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorInstallSuccess

このイベントは、コーディネーターの Install 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorProgressCallBack

このイベントは、コーディネータの進行状況コールバックが呼び出されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • DeployPhase 現在の展開フェーズ。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorSetCommitReadySuccess

このイベントは、コーディネーターの SetCommitReady 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorWaitForRebootUiGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) コーディネーターの WaitForRebootUi 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行されているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorWaitForRebootUiNotShown

このイベントは、コーディネーターの WaitForRebootUi 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorWaitForRebootUiSelection

このイベントは、ユーザーが再起動 UI でオプションを選択したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • rebootUiSelection 再起動 UI の選択項目。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUCoordinatorWaitForRebootUiSuccess

このイベントは、コーディネーターの WaitForRebootUi 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerCheckApplicabilityGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) ハンドラーの CheckApplicability 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID
  • ClientID 実行されているクライアントの ID
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル
  • CV_new 新しい相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerCheckApplicabilityInternalGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) ハンドラーの CheckApplicabilityInternal 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerCheckApplicabilityInternalSuccess

このイベントは、ハンドラーの CheckApplicabilityInternal 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ApplicabilityResult 適用性チェックの結果。
  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerCheckApplicabilitySuccess

このイベントは、ハンドラーの CheckApplicability 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ApplicabilityResult 更新プログラムが適用可能かどうかを示す結果コード。
  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • CV_new 新しい相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerCheckIfCoordinatorMinApplicableVersionSuccess

このイベントは、ハンドラーの CheckIfCoordinatorMinApplicableVersion 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • CheckIfCoordinatorMinApplicableVersionResult CheckIfCoordinatorMinApplicableVersion 関数の結果。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerCommitGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) ハンドラーの Commit 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • CV_new 新しい相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerCommitSuccess

このイベントは、ハンドラーの Commit 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • CV_new 新しい相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerDownloadAndExtractCabFailure

このイベントは、ハンドラーの DownloadAndExtractCab 呼び出しが失敗したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • DownloadAndExtractCabFunction_failureReason 更新プログラムのダウンロードおよび展開プロセスが失敗した理由。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerDownloadAndExtractCabSuccess

このイベントは、ハンドラーの DownloadAndExtractCab 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerDownloadGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) ハンドラーの Download 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerDownloadSuccess

このイベントは、ハンドラーの Download 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerInitializeGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) ハンドラーの Initialize 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • DownloadAndExtractCabFunction_hResult ダウンロードと展開の HRESULT。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerInitializeSuccess

このイベントは、ハンドラーの Initialize 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • DownloadAndExtractCabFunction_hResult ダウンロードと展開の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerInstallGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) ハンドラーの Install 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerInstallSuccess

このイベントは、コーディネーターの Install 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されている更新キャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerSetCommitReadySuccess

このイベントは、ハンドラーの SetCommitReady 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerWaitForRebootUiGenericFailure

このイベントは、Direct to Update (DTU) ハンドラーの WaitForRebootUi 呼び出しで予期しないエラーを受信したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • hResult 失敗の HRESULT。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUHandlerWaitForRebootUiSuccess

このイベントは、ハンドラーの WaitForRebootUi 呼び出しが成功したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行されているキャンペーンの ID。
  • ClientID 更新プログラムを受信するクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct to Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXEnteringState

このイベントは、DTUNotificationUX がワークフロー状態の処理を開始しました。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct To Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • State ワークフローの状態。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXEvaluation

このイベントは、Applicability DLL が一連の適用性テストを実行したかどうかを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • アクション 処理されたアクションの列挙コード。
  • ActiveTestResults 適用性テストのビットマスク結果。
  • ActiveTestsRun 実行された適用性テストのビットマスク。
  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion Direct To Update のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • FullTestResults 適用性テストの結果のビットマスク。
  • FullTestResults 実行された適用性テストのビットマスク。
  • SuppressedTests 構成設定による抑制のために実行できなかった適用性テストのビットマスク。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXEvaluationError

このイベントは、テストで Applicability DLL が失敗したかどうかを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • FailedTest 失敗したテストの列挙コード。
  • HRESULT 発生したエラー (該当する場合)。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXExit

このイベントは、DTUNotificationUX の実行が完了したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • HRESULTCausingExit 正常ではない終了を引き起こす HRESULT か、正常な終了時の S_OK。
  • ProcessExitCode DTUNotificationUX が DTUCoordinator に返す終了コード。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXExitingState

このイベントは、DTUNotificationUX がワークフロー状態の処理を停止したことを示しています。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • HRESULT 発生したエラー (該当する場合)。
  • NextState 次に入力するワークフローの状態。
  • State ワークフローの状態。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXFinalAcceptDialogDisplayed

このイベントは、[最終承諾] ダイアログが表示されたかどうかを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • EnterpriseAttribution true の場合、ユーザーには企業が再起動を管理したことが伝えられます。
  • HRESULT 発生したエラー (該当する場合)。
  • UserResponse ダイアログに対するユーザーの応答を示す列挙コード。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXFirstAcceptDialogDisplayed

このイベントは、[最初の承諾] ダイアログが表示されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • EnterpriseAttribution true の場合、ユーザーには企業が再起動を管理したことが伝えられます。
  • HRESULT 発生したエラー (該当する場合)。
  • UserResponse ダイアログに対するユーザーの応答を示す列挙コード。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXLaunch

このイベントは、DTUNotificationUX が起動したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CommandLine DTUNotificationUX に渡されるコマンド ライン。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXUserCannotReboot

このイベントは、ユーザーに再起動特権がないことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

Microsoft.Windows.DirectToUpdate.DTUNotificationUXUserInitatedRestartFailed

このイベントは、システムが再起動に失敗したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignID 実行しているキャンペーンの ID。
  • ClientID 実行しているクライアントの ID。
  • CoordinatorVersion DTU のコーディネーター バージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。

DISM イベント

Microsoft.Windows.StartRep.DISMLatesInstalledLCU

このイベントは、LCU が DISM によってアンインストールされていることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DISMInstalledLCUPackageName DISM を使用してアンインストールされた LCU のパッケージ名

Microsoft.Windows.StartRep.DISMPendingInstall

このイベントは、パッケージのインストールが回復セッション中に保留中であることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DISMPendingInstallPackageName 保留中のパッケージの名前。

Microsoft.Windows.StartRep.DISMRevertPendingActions

このイベントは、保留中のパッケージを元に戻す操作が完了したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ErrorCode 保留中のパッケージを元に戻す操作の結果。

Microsoft.Windows.StartRep.DISMUninstallLCU

このイベントは、アンインストール操作を示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ErrorCode DISMによって報告されたエラー コード。

Microsoft.Windows.StartRep.SRTRepairActionEnd

このイベントは、SRT 修復が完了したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ErrorCode 報告されたエラー コード。
  • SRTRepairAction SRT によって実行されたアクション。

Microsoft.Windows.StartRep.SRTRepairActionStart

このイベントは、SRT 修復が開始されたときにデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • SRTRepairAction SRT によって実行されているアクション。

Microsoft.Windows.StartRep.SRTRootCauseDiagEnd

このイベントは、根本原因操作が完了したときにデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • SRTRepairAction 根本原因操作の最終結果コード。
  • SRTRootCauseDiag 実行された根本原因操作の名前。

Microsoft.Windows.StartRep.SRTRootCauseDiagStart

このイベントは、回復環境の診断が開始されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • SRTRootCauseDiag 特定の診断の名前。

Microsoft.Windows.StartRepairCore.DISMLatestInstalledLCU

DISM の最新のインストール済み LCU は、最後に正常に起動した後で、最新のインストール済み LCU の検索結果を報告するために情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • dismInstalledLCUPackageName 最新のインストール済みパッケージの名前。

Microsoft.Windows.StartRepairCore.DISMPendingInstall

DISM の保留状態のインストール イベントは、検出された保留中のパッケージのインストールを報告するために情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • dismPendingInstallPackageName 保留中のパッケージの名前。

Microsoft.Windows.StartRepairCore.DISMRevertPendingActions

DISM の保留状態のインストール イベントは、検出された保留中のパッケージのインストールを報告するために情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode イベントによって返された結果コード。

Microsoft.Windows.StartRepairCore.DISMUninstallLCU

DISM アンインストール LCU は、検出された LCU のアンインストール試行の結果を報告するために情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode イベントによって返された結果コード。

Microsoft.Windows.StartRepairCore.SRTRepairActionEnd

SRT 修復処理終了イベントは、特定のプラグインに対して修復操作が終了したことを報告するために情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode イベントによって返された結果コード。
  • failedUninstallCount アンインストールに失敗したドライバー更新プログラムの数。
  • failedUninstallFlightIds アンインストールに失敗したドライバー更新プログラムのフライト ID (ベータ リリースの識別子)。
  • foundDriverUpdateCount 検出されたドライバー更新プログラムの数。
  • srtRepairAction 修復のシナリオ名。
  • successfulUninstallCount 正常にアンインストールされたドライバー更新プログラムの数。
  • successfulUninstallFlightIds 正常にアンインストールされたドライバー更新プログラムのフライト ID (ベータ リリースの識別子)。

Microsoft.Windows.StartRepairCore.SRTRepairActionStart

SRT 修復処理開始イベントは、特定のプラグインに対して開始された修復操作を報告するために情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • srtRepairAction 修復のシナリオ名。

Microsoft.Windows.StartRepairCore.SRTRootCauseDiagEnd

SRT 根本原因診断終了イベントは、特定のプラグインに対して完了した診断操作を報告するために情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode イベントによって返された結果コード。
  • flightIds 検出されたドライバー更新プログラムのフライト ID (ベータ リリースの識別子)。
  • foundDriverUpdateCount 検出されたドライバー更新プログラムの数。
  • srtRootCauseDiag 診断イベントのシナリオ名。

Microsoft.Windows.StartRepairCore.SRTRootCauseDiagStart

SRT 根本原因診断開始イベントは、特定のプラグインに対して開始した診断操作を報告するために情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • srtRootCauseDiag 診断イベントのシナリオ名。

ドライバーのインストール イベント

Microsoft.Windows.DriverInstall.DeviceInstall

この重要なイベントは、行われたドライバーのインストールに関する情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClassGuid デバイス クラスの一意の ID。
  • ClassLowerFilters 下位のフィルター クラス ドライバーのリスト。
  • ClassUpperFilters 上位のフィルター クラス ドライバーの一覧。
  • CoInstallers 共同インストーラーのリスト。
  • ConfigFlags デバイス構成フラグ。
  • DeviceConfigured このデバイスがカーネル構成によって構成されているかどうかを示します。
  • DeviceInstanceId システム内のデバイスの、一意の識別子。
  • DeviceStack インストール中のドライバーのデバイス スタック。
  • DriverDate ドライバーの日付。
  • DriverDescription ドライバーの機能の説明。
  • DriverInfName ドライバーの INF ファイル (セットアップ情報ファイル) の名前。
  • DriverInfSectionName ドライバーの INF ファイル内の DDInstall セクションの名前。
  • DriverPackageId ドライバー ストアにステージングされたドライバー パッケージの ID。
  • DriverProvider ドライバーの製造元またはプロバイダー。
  • DriverUpdated ドライバーによって古いドライバーが置き換わるかどうかを示します。
  • DriverVersion ドライバー ファイルのバージョン。
  • EndTime インストールが完了した時刻。
  • Error インストールの WIN32 エラー コードを提供します。
  • ExtensionDrivers このインストールを補完する拡張機能ドライバーのリスト。
  • FinishInstallAction 共同インストーラーによってインストール完了操作が呼び出されたかどうかを示します。
  • FinishInstallUI インストール プロセスでユーザー インターフェイスが表示されるかどうかを示します。
  • FirmwareDate EFI システム リソース テーブル (ESRT) に保存されるファームウェアの日付。
  • FirmwareRevision EFI システム リソース テーブル (ESRT) に保存されるファームウェア リビジョン。
  • FirmwareVersion EFI システム リソース テーブル (ESRT) に保存されるファームウェア バージョン。
  • FirstHardwareId ハードウェア ID リストのうち、デバイスを最も具体的に説明している ID。
  • FlightIds デバイス上の各種 Windows Insider ビルドのリスト。
  • GenericDriver ドライバーが汎用ドライバーかどうかを示します。
  • Inbox ドライバー パッケージが Windows に付属しているかどうかを示します。
  • InstallDate ドライバーがインストールされた日付。
  • LastCompatibleId ハードウェア ID リストのうち、デバイスの具体的な説明が最も少ない ID。
  • LegacyInstallReasonError レガシ インストールのエラー コード。
  • LowerFilters 下位のフィルター ドライバーのリスト。
  • MatchingDeviceId Windows がデバイス インスタンスのインストールに使用したハードウェア ID または互換 ID。
  • NeedReboot ドライバーが再起動を必要とするかどうかを示します。
  • OriginalDriverInfName 名前を変更する前の INF ファイルの元の名前。
  • ParentDeviceInstanceId デバイスの親のデバイス インスタンス ID。
  • PendedUntilReboot デバイスの再起動までインストールが保留中かどうかが示されます。
  • Problem インストール後にデバイスによって返されるエラー コード。
  • ProblemStatus ドライバーのインストール後のデバイスの状態。
  • RebootRequiredReason インストール時にデバイスの再起動が必要になった理由を含む DWORD (ダブル ワード — 32 ビットの符号なし整数)。
  • SecondaryDevice デバイスがセカンダリ デバイスかどうかを示します。
  • ServiceName ドライバーのサービス名。
  • SetupMode Out Of Box Experience (OOBE) が完了する前にドライバーのインストールが行われたかどうかを示します。
  • StartTime インストールが開始された時刻。
  • SubmissionId Windows ハードウェア開発センターによって割り当てられた、ドライバー提出識別子。
  • UpperFilters 上位のフィルター ドライバーのリスト。

Microsoft.Windows.DriverInstall.NewDevInstallDeviceEnd

このイベントは、ドライバーのインストールが完了すると、そのインストールに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DeviceInstanceId システム内のデバイスの、一意の識別子。
  • DriverUpdated ドライバーが更新されたかどうかを示します。
  • Error インストールの Win32 エラー コード。
  • FlightId デバイスが受け取った Windows Insider ビルドの ID。
  • InstallDate ドライバーがインストールされた日付。
  • InstallFlags ドライバーのインストール フラグ。
  • OptionalData ドライバーに関連付けられている Windows Update (フライト ID、回復 ID など) に固有のメタデータ。
  • RebootRequired インストール後に再起動が必要かどうかを示します。
  • RollbackPossible このドライバーがロールバック可能かどうかを示します。
  • WuTargetedHardwareId デバイスのハードウェア ID が Windows Update のターゲットとなっていたためにドライバーがインストールされたことを示します。
  • WuUntargetedHardwareId そのハードウェア クラスのすべてのデバイスに対して Windows Update により汎用ドライバーの更新が実行されたため、ドライバーがインストールされたことを示します。

Microsoft.Windows.DriverInstall.NewDevInstallDeviceStart

このイベントは、新しいドライバーのインストールによって置き換えられるドライバーに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DeviceInstanceId システム内のデバイスの、一意の識別子。
  • FirstInstallDate このデバイスにドライバーが初めてインストールされた日付。
  • LastDriverDate ドライバーが置き換えられる日付。
  • LastDriverInbox 前のドライバーが Windows に付属していたかどうかを示します。
  • LastDriverInfName 置き換えられるドライバーの INF ファイル (セットアップ情報ファイル) の名前。
  • LastDriverVersion 置き換えられるドライバーのバージョン。
  • LastFirmwareDate EFI システム リソース テーブル (ESRT) から報告された最後のファームウェアの日付。
  • LastFirmwareRevision EFI システム リソース テーブル (ESRT) から報告された最後のファームウェア リビジョン番号。
  • LastFirmwareVersion EFI システム リソース テーブル (ESRT) から報告された最後のファームウェア バージョン。
  • LastInstallDate このデバイスにドライバーが最後にインストールされた日付。
  • LastMatchingDeviceId Windows がデバイス インスタンスのインストールに最後に使用したハードウェア ID または互換 ID。
  • LastProblem デバイスに設定されていた以前の問題コード。
  • LastProblemStatus デバイスに設定されていた以前の問題コード。
  • LastSubmissionId 置き換えられているドライバーのドライバー提出識別子。

DxgKernelTelemetry イベント

DxgKrnlTelemetry.GPUAdapterInventoryV2

このイベントは、Windows とディスプレイ ドライバーを最新の状態に保つために、基本的な GPU およびディスプレイ ドライバー情報を送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • AdapterTypeValue グラフィックス アダプターの種類を示す数値。
  • aiSeqId イベント シーケンス ID。
  • bootId システム起動 ID。
  • BrightnessVersionViaDDI ディスプレイの明るさインターフェイスのバージョン。
  • ComputePreemptionLevel コンピューティング ペイロードの GPU によりサポートされる最大プリエンプション レベル。
  • DDIInterfaceVersion デバイス ドライバー インターフェイスのバージョン。
  • DedicatedSystemMemoryB GPU 専用のシステム メモリの量 (バイト単位)。
  • DedicatedVideoMemo 専用のビデオメモリの量 (バイト)。
  • DedicatedVideoMemoryB GPU の専用 VRAM の量 (バイト単位)。
  • DisplayAdapterLuid ディスプレイ アダプター LUID。
  • DriverDate ディスプレイ ドライバーの日付。
  • DriverRank ディスプレイ ドライバーのランク。
  • DriverVersion ディスプレイ ドライバーのバージョン。
  • DriverWorkarounds このデバイスで有効になっているドライバーの回避策を示す数値。
  • DX10UMDFilePath ドライバー ストア内の DirectX 10 ディスプレイ ユーザー モード ドライバーがある場所へのファイル パス。
  • DX11UMDFilePath ドライバー ストア内の DirectX 11 ディスプレイ ユーザー モード ドライバーがある場所へのファイル パス。
  • DX12U ドライバー ストア内の DirectX 12 ディスプレイ ユーザー モード ドライバーがある場所へのファイル パス。
  • DX12UMDFilePath ドライバー ストア内の DirectX 12 ディスプレイ ユーザー モード ドライバーがある場所へのファイル パス。
  • DX9UMDFilePath ドライバー ストア内の DirectX 9 ディスプレイ ユーザー モード ドライバーがある場所へのファイル パス。
  • GPUDeviceID GPU デバイス ID。
  • GPUPreemptionLevel グラフィック ペイロードの GPU によりサポートされる最大プリエンプション レベル。
  • GPURevisionID GPU のリビジョン ID。
  • GPUVendorID GPU ベンダー ID。
  • InterfaceFuncPointersProvided1 指定されたデバイス ドライバー インターフェイスの関数ポインターの数。
  • InterfaceFuncPointersProvided2 指定されたデバイス ドライバー インターフェイスの関数ポインターの数。
  • InterfaceId GPU インターフェイス ID。
  • IsDisplayDevice GPU に表示機能があるかどうか。
  • IsHwSchEnabled ハードウェアのスケジュール設定が有効になっているかどうかを示すブール値。
  • IsHwSchSupported ハードウェアのスケジュール設定がアダプターでサポートされているかどうかを示します。
  • IsHybridDiscrete ハイブリッド デバイスの GPU に個別の GPU 機能があるかどうか。
  • IsHybridIntegrated ハイブリッド デバイスの GPU に統合された GPU 機能があるかどうか。
  • IsLDA GPU が、リンクされたディスプレイ アダプターで構成されているかどうか。
  • IsMiracastSupported GPU が Miracast をサポートしているかどうか。
  • IsMismatchLDA リンクされたディスプレイ アダプター チェーンにベンダーの異なるデバイスが 1 台以上あるかどうか。
  • IsMPOSupported GPU が複数面オーバーレイをサポートしているかどうか。
  • IsMsMiracastSupported GPU Miracast の機能が Microsoft ソリューションを利用しているかどうか。
  • IsPostAdapter この GPU がデバイスの POST GPU であるかどうか。
  • IsRemovable アダプターが無効化または削除をサポートする場合は TRUE。
  • IsRenderDevice GPU にレンダリング機能があるかどうか。
  • IsSoftwareDevice これが GPU のソフトウェア実装であるかどうか。
  • KMDFilePath ドライバー ストア内のディスプレイ カーネル モード ドライバーがある場所へのファイル パス。
  • MeasureEnabled デバイスが MICROSOFT_KEYWORD_MEASURES をリッスンしているかどうか。
  • MsHybridDiscrete アダプターがハイブリッド構成の個別アダプターであるかどうかを示します。
  • NumVidPnSources サポートされるディスプレイ出力ソースの数。
  • NumVidPnTargets サポートされるディスプレイ出力ターゲットの数。
  • SharedSystemMemoryB GPU と CPU により共有されるシステム メモリの量 (バイト単位)。
  • SubSystemID サブシステム ID。
  • SubVendorID GPU サブ ベンダー ID。
  • TelemetryEnabled デバイスが MICROSOFT_KEYWORD_TELEMETRY をリッスンしているかどうか。
  • TelInvEvntTrigger このイベントの記録が何によりトリガーされたか。 例: 0 (GPU 列挙) または 1 (DxgKrnlTelemetry プロバイダーの切り替え)
  • version イベントのバージョン。
  • WDDMVersion Windows ディスプレイ ドライバー モデル バージョン。

フェールオーバー クラスタリング イベント

Microsoft.Windows.Server.FailoverClusteringCritical.ClusterSummary2

このイベントは、サーバー クラスターに含まれているリソースの数および種類に関する情報を返します。 このデータは、Windows Server を最新かつセキュリティで保護された安全な状態に保つために収集されます。 データには、ハードウェアが正しく構成されているかどうか、ソフトウェアに修正プログラムが正しく適用されているかに関する情報が含まれています。問題点 (致命的なエラーなど) の原因がワークロードとシステム構成にあるとしてクラッシュを回避する場合に、このデータが使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • autoAssignSite クラスター パラメーター: 自動サイト。
  • autoBalancerLevel クラスター パラメーター: 自動バランサー レベル。
  • autoBalancerMode クラスター パラメーター: 自動バランサー モード。
  • blockCacheSize ブロック キャッシュの構成サイズ。
  • ClusterAdConfiguration クラスターの ad 構成。
  • clusterAdType クラスター パラメーター: mgmt_point_type。
  • clusterDumpPolicy クラスターで構成されたダンプ ポリシー。
  • clusterFunctionalLevel 現在のクラスター機能レベル。
  • clusterGuid クラスターの一意の識別子。
  • clusterWitnessType クラスター構成に対応する監視の種類。
  • countNodesInSite クラスター内のノード数。
  • crossSiteDelay クラスター パラメーター: CrossSiteDelay。
  • crossSiteThreshold クラスター パラメーター: CrossSiteThreshold。
  • crossSubnetDelay クラスター パラメーター: CrossSubnetDelay。
  • crossSubnetThreshold クラスター パラメーター: CrossSubnetThreshold。
  • csvCompatibleFilters クラスター パラメーター: ClusterCsvCompatibleFilters。
  • csvIncompatibleFilters クラスター パラメーター: ClusterCsvIncompatibleFilters。
  • csvResourceCount クラスター内のリソース数。
  • currentNodeSite クラスターの現在のサイト用に構成された名前。
  • dasModeBusType 記憶域スペースのダイレクト ストレージ バスの種類。
  • downLevelNodeCount 下位レベルで実行されているクラスター内のノードの数。
  • drainOnShutdown シャットダウン時に、ノードのドレインを行うかどうかを指定します。
  • dynamicQuorumEnabled 動的なクォーラムが有効になっているかどうかを指定します。
  • enforcedAntiAffinity クラスター パラメーター: 強制されたアンチ アフィニティ。
  • genAppNames クラスター化されたサービスの win32 サービス名。
  • genSvcNames クラスター化された genapp のコマンド ライン。
  • hangRecoveryAction クラスター パラメーター: ハング回復操作。
  • hangTimeOut クラスターの "ハング タイムアウト" パラメーターを指定します。
  • isCalabria 記憶域スペース ダイレクトが有効になっているかどうかを指定します。
  • isMixedMode ノード用 OS の異なるバージョンでクラスターが実行されているかどうかを識別します。
  • isRunningDownLevel 現在のノードが下位レベルが実行されているかどうかを識別します。
  • logLevel クラスター ログへの記録の粒度を指定します。
  • logSize クラスター ログのサイズを指定します。
  • lowerQuorumPriorityNodeId クラスター パラメーター: 低クォーラム優先度ノード ID。
  • minNeverPreempt クラスター パラメーター: 優先処理しない最低限度。
  • minPreemptor クラスター パラメーター: 優先側の最低優先度。
  • netftIpsecEnabled パラメーター: netftIpsecEnabled。
  • NodeCount クラスター内のノード数。
  • nodeId クラスター内の現在のノード番号。
  • nodeResourceCounts ノード リソースの数を指定します。
  • nodeResourceOnlineCounts オンライン状態のノード リソースの数を指定します。
  • numberOfSites 異なるサイトの数。
  • numNodesInNoSite サイトに属していないノードの数。
  • plumbAllCrossSubnetRoutes クラスター パラメーター: すべてのサブネット間ルートを組み込みます。
  • preferredSite 優先されるサイトの場所。
  • privateCloudWitness このクラスターに対するプライベート クラウド監視が存在するかどうかを指定します。
  • quarantineDuration 検疫期間。
  • quarantineThreshold 検疫のしきい値。
  • quorumArbitrationTimeout 判別イベントが発生した場合に、クォーラムのタイムアウト期間を指定します。
  • resiliencyLevel 回復性のレベルを指定します。
  • resourceCounts リソースの数を指定します。
  • resourceTypeCounts クラスター内のリソースの種類の数を指定します。
  • resourceTypes リソースのそれぞれの種類を表すデータ。
  • resourceTypesPath リソースのそれぞれの種類の DLL パスを表すデータ。
  • sameSubnetDelay クラスター パラメーター: 同一サブネット遅延。
  • sameSubnetThreshold クラスター パラメーター: 同一サブネットしきい値。
  • secondsInMixedMode クラスターが混在モード (異なるオペレーティング システム バージョンのノードが同じクラスター内に存在する状態) に置かれていた時間の長さ (秒)。
  • securityLevel クラスター パラメーター: セキュリティ レベル。
  • securityLevelForStorage クラスター パラメーター: 記憶域のセキュリティ レベル。
  • sharedVolumeBlockCacheSize 共有ボリュームのブロック キャッシュ サイズを指定します。
  • shutdownTimeoutMinutes シャットダウン時のタイムアウトまでの時間の長さを指定します。
  • upNodeCount 起動済み (オンライン) 状態のノードの数を指定します。
  • useClientAccessNetworksForCsv クラスター パラメーター: CSV 用にクライアント アクセス ネットワークを使用します。
  • vmIsolationTime クラスター パラメーター: VM 分離時刻。
  • witnessDatabaseWriteTimeout クォーラム監視データベースへの書き込みのタイムアウト期間を指定します。

失敗レポート イベント

Microsoft.Windows.FaultReporting.AppCrashEvent

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ネイティブ アプリケーションと管理されたアプリケーションの両方のクラッシュに関するデータを送信します。 このデータには、クラッシュ プロセスやその例外レコードの概要に関する情報が含まれます。 Watson バケット情報は含まれません。 バケット情報は、WER クライアントがクラッシュを Watson サービスに報告したときに Windows エラー報告 (WER) イベントに記録されます。WER イベントには、報告されるクラッシュのクラッシュ イベントと同じ ReportID (クラッシュ イベントのフィールド 14 、WER イベントのフィールド 19 を参照) が含められます。 AppCrash は、WER が処理するクラッシュごとに 1 回発生します (処理不能な例外、FailFast、ReportException からなど)。 ユーザーがクラッシュと見なす可能性がある一般 Watson イベントの種類 (PLM からなど) は、このイベントを引き起こさない点に注意してください。

次のフィールドを使用できます。

  • AppName クラッシュしたアプリの名前。
  • AppSessionGuid GUID はプロセス ID を構成しており、利用統計情報バックエンドでプロセス インスタンスの相関関係ベクトルとして使用されます。
  • AppTimeStamp アプリの日付/タイムスタンプ。
  • AppVersion クラッシュしたアプリのバージョン。
  • ExceptionCode クラッシュしたプロセスにより返される例外コード。
  • ExceptionOffset 例外が発生したアドレス。
  • Flags レポートの実行方法を示すフラグ。 たとえば、レポートをキューに追加する、JIT デバッグを提供しない、レポート後にプロセスを終了しないなどです。
  • FriendlyAppName AppName と異なる場合は、クラッシュしたアプリの説明。 それ以外の場合、プロセス名。
  • IsFatal クラッシュの結果、プロセスが終了するかどうかを示す True/False。
  • ModName 例外モジュール名 (bar.dll など)。
  • ModTimeStamp モジュールの日付/タイムスタンプ。
  • ModVersion クラッシュしたモジュールのバージョン。
  • PackageFullName Store アプリケーション ID。
  • PackageRelativeAppId Store アプリケーション ID。
  • ProcessArchitecture クラッシュ プロセスのアーキテクチャ。PROCESSOR_ARCHITECTURE_* 定数の 1 つ: 0: PROCESSOR_ARCHITECTURE_INTEL。 5: PROCESSOR_ARCHITECTURE_ARM。 9: PROCESSOR_ARCHITECTURE_AMD64。 12: PROCESSOR_ARCHITECTURE_ARM64。
  • ProcessCreateTime クラッシュしたプロセスの作成時刻。
  • ProcessId クラッシュしたプロセスの ID。
  • ReportId レポートを識別する GUID。 これは、Watson でのレポートの追跡に使うことができます。
  • TargetAppId 報告するアプリケーションのカーネルにより報告された AppId。
  • TargetAppVer 報告対象のアプリケーションの特定のバージョン。
  • TargetAsId ハングしているプロセスのシーケンス番号。

機能更新プログラム イベント

Microsoft.Windows.Upgrade.Uninstall.UninstallFinalizedAndRebootTriggered

このイベントは、アンインストールが正しく構成されていると、システムの再起動が開始されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

Microsoft.Windows.Upgrade.Uninstall.UninstallGoBackButtonClicked

このイベントは、使用することで、更新プログラムがすべての問題が発生した場合、ユーザーはよく知られている状態に戻す安全ことができます機能更新プログラムのアンインストールの開始点に関する基本的なメタデータを送信します。

ハング レポート イベント

Microsoft.Windows.HangReporting.AppHangEvent

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ネイティブ アプリケーションと管理されているアプリケーションの両方のハングに関するデータを送信します。 Watson バケット情報は含まれません。 バケット情報は、WER クライアントがハングを Watson サービスに報告したときに Windows エラー報告 (WER) イベントに記録されます。WER イベントには、報告されるハングのハング イベントと同じ ReportID (ハング イベントのフィールド 13 、WER イベントのフィールド 19 を参照) が含められます。 AppHang は、PC デバイスでのみ報告されます。 これは、従来の Win32 ハングを処理し、レポートごとに 1 回だけ発生します。 ユーザーがハングと見なす可能性がある一部の動作は、アプリ マネージャー (PLM/RM/EM など) によって Watson 一般として報告され、AppHang イベントを生成しません。

次のフィールドを使用できます。

  • AppName ハングしたアプリの名前。
  • AppSessionGuid GUID はプロセス ID を構成しており、利用統計情報バックエンドでプロセス インスタンスの相関関係ベクトルとして使用されます。
  • AppVersion ハングしたアプリのバージョン。
  • IsFatal ハングしたアプリケーションによって Fatal Hang Report が生成されたかどうかに基づいて True/False。
  • PackageFullName Store アプリケーション ID。
  • PackageRelativeAppId Store アプリケーション ID。
  • ProcessArchitecture ハング プロセスのアーキテクチャ。PROCESSOR_ARCHITECTURE_* 定数の 1 つ: 0: PROCESSOR_ARCHITECTURE_INTEL。 5: PROCESSOR_ARCHITECTURE_ARM。 9: PROCESSOR_ARCHITECTURE_AMD64。 12: PROCESSOR_ARCHITECTURE_ARM64。
  • ProcessCreateTime ハングしたプロセスの作成時刻。
  • ProcessId ハングしたプロセスの ID。
  • ReportId レポートを識別する GUID。 これは、Watson でのレポートの追跡に使うことができます。
  • TargetAppId 報告するアプリケーションのカーネルにより報告された AppId。
  • TargetAppVer 報告対象のアプリケーションの特定のバージョン。
  • TargetAsId ハングしているプロセスのシーケンス番号。
  • TypeCode ハングの種類を説明するビットマップ。
  • WaitingOnAppName これがアプリケーションを待機するクロス プロセス ハングである場合、そのアプリケーションの名前が示されます。
  • WaitingOnAppVersion これがクロス プロセス ハングである場合、待機しているアプリケーションのバージョンが示されます。
  • WaitingOnPackageFullName これがパッケージを待機するクロス プロセス ハングである場合、待機しているパッケージの完全な名前が示されます。
  • WaitingOnPackageRelativeAppId これがパッケージを待機するクロス プロセス ハングである場合、パッケージの関連アプリケーション ID が示されます。

インベントリ イベント

Microsoft.Windows.Inventory.Core.AmiTelCacheChecksum

このイベントは、Microsoft.Windows.Inventory.Core イベントのデータの完全性を検証するために使用するキャッシュに保存されたデバイス インベントリ アイテムに関する基本的なチェックサム データをキャプチャします。 このイベントのフィールドは時間の経過と共に変化する可能性がありますが、常に特定のオブジェクトの数を表します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Device キャッシュ内のデバイス オブジェクトの数。
  • DeviceCensus キャッシュ内のデバイス全数調査オブジェクトの数。
  • DriverPackageExtended キャッシュ内の driverpackageextended オブジェクトの数。
  • File キャッシュ内のファイル オブジェクトの数。
  • FileSigningInfo キャッシュ内のファイル署名オブジェクトの数。
  • Generic キャッシュ内の汎用オブジェクトの数。
  • HwItem キャッシュ内の hwitem オブジェクトの数。
  • InventoryApplication キャッシュ内のアプリケーション オブジェクトの数。
  • InventoryApplicationAppV キャッシュ内のアプリケーション AppV オブジェクトの数。
  • InventoryApplicationDriver キャッシュ内のアプリケーション ドライバー オブジェクトの数。
  • InventoryApplicationFile キャッシュ内のアプリケーション ファイル オブジェクトの数。
  • InventoryApplicationFramework キャッシュ内のアプリケーション フレームワーク オブジェクトの数。
  • InventoryApplicationShortcut キャッシュ内のアプリケーション ショートカット オブジェクトの数。
  • InventoryDeviceContainer キャッシュ内のデバイス コンテナー オブジェクトの数。
  • InventoryDeviceInterface キャッシュ内のプラグ アンド プレイ デバイス インターフェイス オブジェクトの数。
  • InventoryDeviceMediaClass キャッシュ内のデバイス メディア オブジェクトの数。
  • InventoryDevicePnp キャッシュ内のデバイス プラグ アンド プレイ オブジェクトの数。
  • InventoryDeviceUsbHubClass キャッシュ内のデバイス USB オブジェクトの数。
  • InventoryDriverBinary キャッシュ内のドライバー バイナリ オブジェクトの数。
  • InventoryDriverPackage キャッシュ内のデバイス オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousOfficeAddIn キャッシュ内の Office アドイン オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousOfficeAddInUsage キャッシュ内の Office アドイン使用オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousOfficeIdentifiers キャッシュ内の Office 識別子オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousOfficeIESettings キャッシュ内の Office IE 設定オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousOfficeInsights キャッシュ内の Office インサイト オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousOfficeProducts キャッシュ内の Office 製品オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousOfficeSettings キャッシュ内の Office 設定オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousOfficeVBA キャッシュ内の Office VBA オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousOfficeVBARuleViolations キャッシュ内の Office VBA ルール違反オブジェクトの数。
  • InventoryMiscellaneousUUPInfo キャッシュ内の UUP 情報オブジェクトの数。
  • Metadata キャッシュ内のメタデータ オブジェクトの数。
  • Orphan キャッシュ内の孤立ファイル オブジェクトの数。
  • Programs キャッシュ内のプログラム オブジェクトの数。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.AmiTelCacheFileInfo

インベントリ キャッシュに関する診断データ。

次のフィールドを使用できます。

  • CacheFileSize キャッシュのサイズ。
  • InventoryVersion キャッシュのインベントリ バージョン。
  • TempCacheCount 作成された一時キャッシュの数。
  • TempCacheDeletedCount 削除された一時キャッシュの数。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.AmiTelCacheVersions

このイベントは、デバイス インベントリ データのインベントリ コンポーネント バージョンを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • aeinv アプリ インベントリ コンポーネントのバージョン。
  • devinv デバイス インベントリ コンポーネントのファイル バージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.FileSigningInfoAdd

このイベントは、ドライバー パッケージとアプリケーションの実行可能ファイルのいずれかのファイルの署名を列挙します。 ドライバー パッケージの場合、このデータはオンデマンドで、Telecommand 経由で収集され、認識されていないドライバー パッケージのみに制限されるため、クライアントの時間とサーバーの領域を節約することができます。 アプリケーションの場合、このデータは、システム上の最大 10 個のランダムな実行可能ファイルについて収集されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • CatalogSigners カタログからの署名者。 各署名者は、チェーンから始まります。
  • DigestAlgorithm ファイルまたはパッケージへの署名時に使用された、仮名化 (ハッシュ化) アルゴリズム。
  • DriverPackageStrongName オプション。 FileSigningInfo がドライバー パッケージで収集された場合にのみ利用できます。
  • EmbeddedSigners 埋め込み署名者。 各署名者は、チェーンから始まります。
  • FileName 署名がリストに表示されているファイルのファイル名。
  • FileType ドライバー パッケージか、アプリケーションの実行可能ファイルかによって、exe または sys。
  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。
  • Thumbprint コンマ区切りの、各署名者のリーフ ノードのハッシュ。 EmbeddedSigners から CatalogSigners を区別するために、セミコロンが使用されます。 常に末尾はコンマになります。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryApplicationAdd

このイベントは、システム上のアプリケーションに関する基本的なメタデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持し、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • HiddenArp プログラムが ARP に現れないようにしているかどうかを示します。
  • InstallDate アプリケーションがインストールされた日付 (フォルダー作成日のヒューリスティックに基づいて推定された日付)。
  • InstallDateArpLastModified 特定のアプリケーションのレジストリ ARP キーの日付。 インストール日のヒントとなりますが、常に正確とは限りません。 配列として渡されます。 例: 2015 年 4 月 11 日 00:00:00
  • InstallDateFromLinkFile ファイルへのリンクに基づいて推定されたインストール日。 配列として渡されます。
  • InstallDateMsi アプリケーションが Microsoft インストーラー (MSI) を使用してインストールされた場合のインストール日。 配列として渡されます。
  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。
  • Language プログラムの言語コード。
  • MsiPackageCode MSI パッケージを表す GUID。 1 つの MsiPackage は複数の "Product" (アプリ) によって構成されることがあります。
  • MsiProductCode MSI 製品を表す GUID。
  • Name アプリケーションの名前。
  • OSVersionAtInstallTime アプリケーションのインストール時点における OS バージョンの 4 つのオクテット。
  • PackageFullName Store アプリケーションのパッケージの完全な名前。
  • ProgramInstanceId アプリ内のファイル ID のハッシュ。
  • Publisher アプリケーションの発行元。 取得元の場所は "Source" フィールドによって決まります。
  • RootDirPath プログラムのインストール先ルート ディレクトリのパス。
  • Source プログラムのインストール方法 (ARP、MSI、Appx など)。
  • StoreAppType Microsoft Store アプリの種類のサブ分類 (UWP や Win8StoreApp など)。
  • Type ("Application"、"Hotfix"、"BOE"、"Service"、"Unknown") のいずれか。 アプリケーションは Win32 アプリまたは Appx アプリを示し、Hotfix はアプリ更新プログラム (KB) を示します。BOE は、ARP または MSI エントリのないアプリであることを示し、Service はサービスであることを示します。 最もよく見られる種類は Application と BOE です。
  • Version プログラムのバージョン番号。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryApplicationDriverAdd

このイベントは、アプリケーションがインストールするドライバーを表します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion インベントリ コンポーネントのバージョン。
  • ProgramIds ドライバーが関連付けられている一意のプログラム識別子。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryApplicationDriverStartSync

InventoryApplicationDriverStartSync イベントは、InventoryApplicationDriverStartAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion インベントリ コンポーネントのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryApplicationFrameworkAdd

このイベントは、アプリケーションが依存している可能性があるフレームワークに関する基本的なメタデータを提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • FileId ファイルを一意に識別するハッシュ。
  • Frameworks このファイルが依存しているフレームワークの一覧。
  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryApplicationFrameworkStartSync

このイベントは、InventoryApplicationFrameworkAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryApplicationRemove

このイベントは、InventoryDevicePnpAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryApplicationStartSync

このイベントは、InventoryApplicationAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceContainerAdd

このイベントは、デバイス コンテナー (プラグ アンド プレイ デバイスとは対照的にモニターやプリンターなど) に関する基本的なメタデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • Categories コンテナーが属する機能カテゴリのコンマ区切りの一覧。
  • DiscoveryMethod デバイス コンテナーの検出方法。
  • FriendlyName デバイス コンテナーの名前。
  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。
  • IsActive デバイスが接続されているか、または過去 14 日間に検出されたことがあるか。
  • IsConnected 物理的に接続されたデバイスの場合、この値は IsPresent と同じです。 ワイヤレス デバイスの場合、この値は通信リンクを表します。
  • IsMachineContainer コンテナーがルート デバイス自体であるかどうか。
  • IsNetworked ネットワーク接続されたデバイスかどうか。
  • IsPaired デバイス コンテナーにペアリングが必要かどうか。
  • Manufacturer デバイス コンテナーの製造元の名前。
  • ModelId 一意のモデル ID。
  • ModelName モデル名。
  • ModelNumber デバイス コンテナーのモデル番号。
  • PrimaryCategory デバイス コンテナーのプライマリ カテゴリ。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceContainerRemove

このイベントは、InventoryDeviceContainer オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceContainerStartSync

このイベントは、InventoryDeviceContainerAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceInterfaceAdd

このイベントは、デバイスで使用可能なセンサー インターフェイスに関する情報を取得します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • Accelerometer3D Accelerator3D センサーが見つかったかどうかを示します。
  • ActivityDetection アクティビティ検出センサーが見つかったかどうかを示します。
  • AmbientLight 環境光センサーが見つかったかどうかを示します。
  • Barometer 気圧計センサーが見つかったかどうかを示します。
  • Custom カスタム センサーが見つかったかどうかを示します。
  • EnergyMeter エネルギー センサーが見つかったかどうかを示します。
  • FloorElevation フロア高さセンサーが見つかったかどうかを示します。
  • GeomagneticOrientation 地磁気方向センサーが見つかったかどうかを示します。
  • GravityVector 重力検出センサーが見つかったかどうかを示します。
  • Gyrometer3D Gyrometer3D センサーが見つかったかどうかを示します。
  • Humidity 湿度センサーが見つかったかどうかを示します。
  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。
  • LinearAccelerometer 線形加速度センサーが見つかったかどうかを示します。
  • Magnetometer3D Magnetometer3D センサーが見つかったかどうかを示します。
  • Orientation 方位センサーが見つかったかどうかを示します。
  • Pedometer 歩数計センサーが見つかったかどうかを示します。
  • Proximity 近接センサーが見つかったかどうかを示します。
  • RelativeOrientation 相対方位センサーが見つかったかどうかを示します。
  • SimpleDeviceOrientation 簡易デバイス方位センサーが見つかったかどうかを示します。
  • Temperature 温度センサーが見つかったかどうかを示します。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceInterfaceStartSync

このイベントは、InventoryDeviceInterfaceAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceMediaClassAdd

このイベントは、デバイスの特定のクラスに固有のプラグ アンド プレイ デバイスに関する追加のメタデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、データ ペイロードの全体的なサイズを減らしながら、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • audio.captureDriver オーディオ デバイス キャプチャ ドライバー。 例: hdaudio.inf:db04a16ce4e8d6ee:HdAudModel:10.0.14887.1000:hdaudio\func_01
  • audio.renderDriver オーディオ デバイス レンダリング ドライバー。 例: hdaudio.inf:db04a16ce4e8d6ee:HdAudModel:10.0.14889.1001:hdaudio\func_01
  • Audio_CaptureDriver オーディオ デバイス キャプチャ ドライバー エンドポイント。
  • Audio_RenderDriver オーディオ デバイス レンダリング ドライバー エンドポイント。
  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceMediaClassRemove

このイベントは、objectInstanceId で表される InventoryDeviceMediaClass オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントは特定のデバイスのクラス固有の PNP デバイスを理解するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、データ ペイロードの全体的なサイズを減らしながら、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceMediaClassStartSync

このイベントは、InventoryDeviceMediaClassSAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDevicePnpAdd

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、PNP デバイスとそれに関連するドライバーに関する基本的なメタデータを送信します。 この情報は、Windows をアップグレードするときに、PNP デバイスとドライバーの互換性が維持されるかどうかを評価するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • BusReportedDescription バスによって報告されたデバイスの説明。
  • Class デバイスに読み込まれたドライバーのデバイス セットアップ クラス。
  • ClassGuid デバイスに読み込まれたドライバー パッケージのデバイス クラスを表す一意の識別子。
  • COMPID このデバイスの "互換性 ID" の一覧。
  • ContainerId システムから提供される一意の識別子。親 (メイン) デバイスにインストールされている 1 つまたは複数のデバイスが属する 1 つまたは複数のグループを指定します。
  • Description デバイスの説明。
  • DeviceDriverFlightId デバイス ドライバーのテスト ビルド (フライト) 識別子。
  • DeviceExtDriversFlightIds すべての拡張デバイス ドライバーのテスト ビルド (フライト) 識別子。
  • DeviceInterfaceClasses このデバイスに実装されているデバイス インターフェイス。
  • DeviceState 親 (メイン) デバイスの現在の状態を識別します。
  • DriverId インストールされているドライバーを表す一意の識別子。
  • DriverName ドライバー イメージ ファイルの名前。
  • DriverPackageStrongName InventoryDriverPackage の Directory フィールドにおける直接の親ディレクトリ。
  • DriverVerDate デバイスにインストールされたドライバーに関連付けられた日付。
  • DriverVerVersion デバイスにインストールされたドライバーのバージョン番号。
  • Enumerator デバイスを列挙したバスを識別します。
  • ExtendedInfs 拡張 INF ファイル名。
  • FirstInstallDate このデバイスがマシンに初めてインストールされた日付。
  • HWID デバイスのハードウェア ID の一覧。
  • Inf INF ファイルの名前 (oemXX.inf など、OS によって変更されている場合があります)。
  • InstallDate デバイスがマシンに最後にインストールされた日付。
  • InstallState デバイスのインストール状態。 値の一覧については、「デバイスのインストール状態」を参照してください。
  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ プロセスのバージョン番号。
  • LowerClassFilters デバイスにインストールされている下位クラス フィルターの識別子。
  • LowerFilters デバイスにインストールされている下位フィルターの識別子。
  • Manufacturer デバイスの製造元。
  • MatchingID Windows がデバイス インスタンスのインストールに使うハードウェア ID または互換 ID。
  • Model デバイスのモデルを識別します。
  • ParentId デバイスの親のデバイス インスタンス ID。
  • ProblemCode デバイスから現在返されているエラー コード (該当する場合)。
  • Provider デバイス プロバイダーを識別します。
  • Service デバイス サービスの名前。
  • STACKID スタックのハードウェア ID のリスト。
  • UpperClassFilters デバイスにインストールされている上位クラス フィルターの識別子。
  • UpperFilters デバイスにインストールされている上位フィルターの識別子。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDevicePnpRemove

このイベントは、InventoryDevicePnpRemove オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDevicePnpStartSync

このイベントは、InventoryDevicePnpAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceSensorAdd

このイベントは、コンピューター上のセンサー デバイスに関する基本的なメタデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ バイナリのバージョン。
  • Manufacturer センサーの製造元。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceSensorStartSync

このイベントは、InventoryDeviceSensor イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ バイナリのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceUsbHubClassAdd

このイベントは、デバイス上の USB ハブに関する基本的なメタデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。
  • TotalUserConnectablePorts 接続可能な USB ポートの合計数。
  • TotalUserConnectableTypeCPorts 接続可能な USB Type C ポートの合計数。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDeviceUsbHubClassStartSync

このイベントは、InventoryDeviceUsbHubClassAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDriverBinaryAdd

このイベントは、システムで実行されているドライバーのバイナリに関する基本的なメタデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • DriverCheckSum ドライバー ファイルのチェックサム。
  • DriverCompany ドライバーを開発した会社名。
  • DriverInBox ドライバーがオペレーティング システムに付属しているかどうか。
  • DriverIsKernelMode カーネル モード ドライバーかどうか。
  • DriverName ドライバーのファイル名。
  • DriverPackageStrongName ドライバー パッケージの厳密な名前。
  • DriverSigned ドライバーが署名されているかどうか。
  • DriverTimeStamp ドライバー ファイルのタイム スタンプの下位 32 ビット。
  • DriverType ドライバー属性のビットフィールド: 1。 DRIVER_MAP_DRIVER_TYPE_PRINTER 0x0001 を定義します。 2. DRIVER_MAP_DRIVER_TYPE_KERNEL 0x0002 を定義します。 3. DRIVER_MAP_DRIVER_TYPE_USER 0x0004 を定義します。 4. DRIVER_MAP_DRIVER_IS_SIGNED 0x0008 を定義します。 5. DRIVER_MAP_DRIVER_IS_INBOX 0x0010 を定義します。 6. DRIVER_MAP_DRIVER_IS_WINQUAL 0x0040 を定義します。 7. DRIVER_MAP_DRIVER_IS_SELF_SIGNED 0x0020 を定義します。 8. DRIVER_MAP_DRIVER_IS_CI_SIGNED 0x0080 を定義します。 9. DRIVER_MAP_DRIVER_HAS_BOOT_SERVICE 0x0100 を定義します。 10. DRIVER_MAP_DRIVER_TYPE_I386 0x10000 を定義します。 11. DRIVER_MAP_DRIVER_TYPE_IA64 0x20000 を定義します。 12. DRIVER_MAP_DRIVER_TYPE_AMD64 0x40000 を定義します。 13. DRIVER_MAP_DRIVER_TYPE_ARM 0x100000 を定義します。 14. DRIVER_MAP_DRIVER_TYPE_THUMB 0x200000 を定義します。 15. DRIVER_MAP_DRIVER_TYPE_ARMNT 0x400000 を定義します。 16. DRIVER_MAP_DRIVER_IS_TIME_STAMPED 0x800000 を定義します。
  • DriverVersion ドライバー ファイルのバージョン。
  • ImageSize ドライバー ファイルのサイズ。
  • Inf INF ファイルの名前。
  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。
  • Product ドライバー ファイルに含まれている製品名。
  • ProductVersion ドライバー ファイルに含まれている製品バージョン。
  • Service デバイスにインストールされているサービスの名前。
  • WdfVersion Windows Driver Framework バージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDriverBinaryRemove

このイベントは、InventoryDriverBinary オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDriverBinaryStartSync

このイベントは、InventoryDriverBinaryAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDriverPackageAdd

このイベントは、システムにインストールされているドライブ パッケージに関する基本的なメタデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • Class デバイス ドライバーのクラス名。
  • ClassGuid デバイス ドライバーのクラス GUID。
  • Date ドライバー パッケージの日付。
  • Directory ドライバー パッケージのパス。
  • DriverInBox ドライバーがオペレーティング システムに付属しているかどうか。
  • FlightIdsドライバーのフライト ID。
  • Inf ドライバー パッケージの INF 名。
  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。
  • Provider ドライバー パッケージのプロバイダー。
  • RecoveryIds ドライバーのリカバリー ID。
  • SubmissionId ドライバー パッケージの HLK 申請 ID。
  • Version ドライバー パッケージのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDriverPackageRemove

このイベントは、InventoryDriverPackageRemove オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.InventoryDriverPackageStartSync

このイベントは、InventoryDriverPackageAdd イベントの新しいセットが送信されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • InventoryVersion イベントを生成しているインベントリ ファイルのバージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.StartUtcJsonTrace

このイベントは、他のすべてのコア イベント トレースを収集します。一般的なユーザー シナリオでは使用されません。 このイベントは、イベントのダウンロードの開始と、トレースを開始する必要があることを通知します。

次のフィールドを使用できます。

  • キー Json トレース ログ セッションを識別するために使用されるグローバル一意識別子 (GUID)。

Microsoft.Windows.Inventory.Core.StopUtcJsonTrace

このイベントは、他のすべてのコア イベント トレースを収集します。一般的なユーザー シナリオでは使用されません。 このイベントは、イベントのダウンロードの終了と、トレースを終了する必要があることを通知します。

次のフィールドを使用できます。

  • キー Json トレース ログ セッションを識別するために使用されるグローバル一意識別子 (GUID)。

Microsoft.Windows.Inventory.General. InventoryMiscellaneousMemorySlotArrayInfoRemove

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ObjectInstanceId で表される特定のデータ オブジェクトが存在しないことを示します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

Microsoft.Windows.Inventory.General.InventoryMiscellaneousMemorySlotArrayInfoAdd

このイベントは、デバイス上のアクティブなメモリ スロットに関する基本情報を提供します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • Capacity メモリ サイズ (バイト単位)
  • Manufacturer DRAM の製造元の名前
  • Model メモリのモデルとサブモデル
  • Slot DRAM がマザーボードに接続されているスロット。
  • Speed 構成済みのメモリ スロット速度 (MHz 単位)。
  • Type DMTF SMBIOS 標準バージョン 3.3.0 のセクション 7.18.2 に従って DDR を列挙値として報告します。
  • TypeDetails DMTF SMBIOS 標準バージョン 3.3.0 のセクション 7.18.3 に従ってビット フラグ列挙として非揮発性を報告します。

Microsoft.Windows.Inventory.General.InventoryMiscellaneousMemorySlotArrayInfoRemove

このイベントは、objectInstanceId で表されるこの特定のデータ オブジェクトが存在しなくなったことを示します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

Microsoft.Windows.Inventory.General.InventoryMiscellaneousMemorySlotArrayInfoStartSync

この診断イベントは、このオブジェクトの種類について新しい同期が生成されていることを示します。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

Microsoft.Windows.Inventory.General.InventoryMiscellaneousUUPInfoAdd

このイベントは、Unified Update Platform (UUP) 製品とそのバージョンに関するデータを提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • Identifier UUP 識別子。
  • LastActivatedVersion 最後にライセンス認証されたバージョン。
  • PreviousVersion 以前のバージョン。
  • Source UUP ソース。
  • Version UUP バージョン。

Microsoft.Windows.Inventory.General.InventoryMiscellaneousUUPInfoRemove

このイベントは、objectInstanceId で表されるこの特定のデータ オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

Microsoft.Windows.Inventory.General.InventoryMiscellaneousUUPInfoStartSync

これは、このオブジェクトの種類について新しい同期が生成されていることを示す診断イベントです。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

Microsoft.Windows.Inventory.Indicators.Checksum

このイベントは、InventoryMiscellaneousUexIndicatorAdd イベントの数の要約を示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CensusId 一意のハードウェア識別子。
  • ChecksumDictionary 各オペレーティング システム インジケーターの数。
  • PCFP 他のコア イベントで見つかる InventoryId フィールドと等しくなります。

Microsoft.Windows.Inventory.Indicators.InventoryMiscellaneousUexIndicatorAdd

このイベントは、システムにインストールされている OS インジケーターに関する基本的なメタデータを表します。 このイベントで収集されたデータは、デバイスを最新の状態に保ち、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

次のフィールドを使用できます。

  • IndicatorValue インジケーター値。
  • Value デバイスのアップグレードに関連する可能性のあるオペレーティング システム インジケーターについて説明します。

Microsoft.Windows.Inventory.Indicators.InventoryMiscellaneousUexIndicatorRemove

このイベントは、objectInstanceId で表されるこの特定のデータ オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントは、システムにインストールされている OS インジケーターを理解するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、デバイスが最新であること、Windows が最新の状態で、正常に動作していることを確認するのに役立ちます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

Microsoft.Windows.Inventory.Indicators.InventoryMiscellaneousUexIndicatorStartSync

このイベントは、objectInstanceId で表されるこの特定のデータ オブジェクトが存在しなくなったことを示します。 このイベントは、システムにインストールされている OS インジケーターを理解するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、デバイスが最新であること、Windows が最新の状態で、正常に動作していることを確認するのに役立ちます。

このイベントは、Ms.Device.DeviceInventoryChange からフィールドを含めます。

カーネル イベント

Microsoft.Windows.Kernel.BootEnvironment.OsLaunch

このイベントには、起動時に収集され、アップグレード処理の成功を評価するために使用されるオペレーティング システムに関する基本的なデータが含まれています。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • BootApplicationId このフィールドは OS ローダー アプリケーション識別子を示します。
  • BootAttemptCount ブート マネージャーが連続してこのオペレーティング システムを起動しようとした回数。
  • BootSequence 現在のブート ID。特定のブート セッションに関連するイベントを関連付けるために使用されます。
  • BootStatusPolicy 適用可能なブート状態ポリシーを識別します。
  • BootType ブートの種類を識別します (例: "コールド"、"休止"、"再開")。
  • EventTimestamp 任意の時点から経過した秒数。 これは、連続して試行されたブートの時間の差を識別するために使用できます。
  • FirmwareResetReasonEmbeddedController ファームウェアによって提供されたシステム リセットの理由。
  • FirmwareResetReasonEmbeddedControllerAdditional 必要に応じてファームウェアによって提供されたシステム リセットの理由に関する追加情報。
  • FirmwareResetReasonPch ファームウェアによって提供されたシステム リセットの理由。
  • FirmwareResetReasonPchAdditional 必要に応じてファームウェアによって提供されたシステム リセットの理由に関する追加情報。
  • FirmwareResetReasonSupplied システム リセットの理由がファームウェアによって提供されていることを示すフラグ。
  • IO 起動時に、OS ローダーによってディスクに書き込まれるデータとディスクから読み取られるデータの量。
  • LastBootSucceeded 前回の起動が成功したかどうかを示すフラグ。
  • LastShutdownSucceeded 前回のシャットダウンが成功したかどうかを示すフラグ。
  • MaxAbove4GbFreeRange このフィールドは 4 GB を超える使用可能なメモリの最大範囲を表します。
  • MaxBelow4GbFreeRange このフィールドは 4 GB 未満の使用可能なメモリの最大範囲を表します。
  • MeasuredLaunchPrepared このフィールドは、OS の起動が DRTM による メジャー/セキュア ブート (信頼性測定の動的ルート) を使用して開始されたものであるかどうかを示します。
  • MeasuredLaunchResume このフィールドは、休止状態から再開するときに、Dynamic Root of Trust for Measurement (DRTM) が使用されたかどうかを示します。
  • MenuPolicy ユーザーに対して表示する必要がある詳細オプション メニューの種類 (レガシ、標準など)。
  • RecoveryEnabled 回復が有効かどうかを示します。
  • SecureLaunchPrepared このフィールドは、ブート中に DRTM が準備されているかどうかを示します。
  • TcbLaunch ブート フローで Trusted Computing Base が使用されたかどうかを示します。
  • UserInputTime ローダー アプリケーションがユーザー入力を待つのに費やした時間の長さ。

Microsoft.Windows.Kernel.DeviceConfig.DeviceConfig

これは重要なデバイス構成イベントであり、カーネル内で発生したドライバーのインストールに関して、ドライバーの情報を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClassGuid デバイス クラスの一意の ID。
  • DeviceInstanceId システム上のデバイスを示す一意の ID。
  • DriverDate ドライバーの日付。
  • DriverFlightIds ドライバー フライトの ID。
  • DriverInfName ドライバーの INF ファイル名。
  • DriverProvider ドライバーの製造元またはプロバイダー。
  • DriverSubmissionId ハードウェア デベロッパー センターによって割り当てられた、ドライバー提出 ID。
  • DriverVersion ドライバーのバージョン番号。
  • ExtensionDrivers 拡張ドライバー INF ファイル、拡張機能 ID、関連するフライト ID のリスト。
  • FirstHardwareId ハードウェア ID リストのうち、デバイスを最も具体的に説明している ID。
  • InboxDriver ドライバー パッケージが Windows に付属しているかどうかを示します。
  • InstallDate ドライバーがインストールされた日付。
  • LastCompatibleId ハードウェア ID リストのうち、デバイスの具体的な説明が最も少ない ID。
  • Legacy ドライバーがレガシ ドライバーかどうかを示します。
  • NeedReboot ドライバーが再起動を必要とするかどうかを示します。
  • SetupMode Out Of Box Experience (OOBE) 中にデバイスの構成が行われたかどうかを示します。
  • StatusCode デバイス構成操作の NTSTATUS。

Microsoft.Windows.Kernel.PnP.AggregateClearDevNodeProblem

このイベントは、デバイスから問題コードが消去されたときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Count イベントの合計数。
  • DeviceInstanceId システム上のデバイスを示す一意の識別子。
  • LastProblem 消去された、以前の問題。
  • LastProblemStatus 消去された、以前の NTSTATUS 値。
  • Problem デバイス ノードに設定された新しい問題コード。
  • ProblemStatus デバイス ノードに設定された新しい NT_STATUS。
  • ServiceName デバイスに接続されているドライバーまたはサービスの名前。

Microsoft.Windows.Kernel.PnP.AggregateSetDevNodeProblem

このイベントは、デバイスに新しい問題コードが割り当てられたときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Count イベントの合計数。
  • DeviceInstanceId システム内のデバイスの、一意の識別子。
  • LastProblem デバイスに設定されていた以前の問題コード。
  • LastProblemStatus デバイスに設定されていた以前の NTSTATUS 値。
  • Problem デバイスに設定された新しい問題コード。
  • ProblemStatus デバイスに設定された新しい NTSTATUS 値。
  • ServiceName デバイスに接続されているドライバー名またはサービス名。

Microsoft Edge イベント

Aria.160f0649efde47b7832f05ed000fc453.Microsoft.WebBrowser.SystemInfo.Config

この構成イベントは、Microsoft Edge を最新の状態かつ安全な状態に保つために、現在のデータ コレクションの同意、アプリのバージョン、およびインストール状態に関する Microsoft Edge からの基本的なデバイス接続と構成情報を送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • app_sample_rate クライアントが利用統計情報を送信する頻度を表す数値で、パーセンテージで表します。 低い値は、前記クライアントがより多くのイベントを送信することを示し、高い値は、前記クライアントがより少ないイベントを送信することを示します。
  • app_version UMA メトリック フィールド system_profile.app_version から取得した、内部 Edge ビルド バージョンの文字列。
  • appConsentState マシンのデータ収集に対する同意を説明するビット フラグ、または状態が取得されなかった場合は 0。 関連付けられたビットが設定されている場合は、次のいずれかに該当します。同意が許可された (0x1)、同意がインストール時に伝達された (0x2)、診断データの同意が許可されている (0x20000)、閲覧データの同意が許可されている (0x40000)。
  • Channel インストールのチャネルを示す整数 (Canary または Dev)。
  • client_id UMA メトリック プロバイダーから取得した、他のすべての診断クライアント データが関連付けられている一意の識別子。 この ID は、実質的にデバイスごと、OS ユーザー プロファイルごと、リリース チャネル (例: Canary/Dev/Beta/Stable) ごとに一意です。 client_id は、ユーザー設定に基づいて永続的ではありません。 client_id は、各 OS ユーザー プロファイルで最初にアプリケーションを起動したときに初期化されます。 client_id はリンク可能ですが、デバイスまたは OS ユーザー プロファイル全体で一意ではありません。 client_id は、UMA データ コレクションが無効になったとき、またはアプリケーションがアンインストールされるたびにリセットされます。
  • ConnectionType 現在接続されている最初に報告されたネットワーク接続の種類。 これは、不明、イーサネット、WiFi、2G、3G、4G、なし、または Bluetooth のいずれかです。
  • container_client_id WDAG モードの場合、コンテナのクライアント ID。 これは、WDAG モードのホストのクライアント ID である UMA ログ クライアント ID とは異なります。
  • container_session_id WDAG モードの場合、コンテナのセッション ID。 これは、WDAG モードのホストのセッション ID である UMA ログ セッション ID とは異なります。
  • Etag Etag は、現在のブラウザー セッションに適用されているすべてのサービスの構成と実験を表す識別子です。 Windows の診断レベルが基本以下に設定されている場合、または診断データの同意が拒否されている場合、このフィールドは空のままになります。
  • EventInfo.Level イベントに必要な Windows 診断データの最小レベル。1 は基本、2 は拡張、3 は完全です。
  • install_date 1970 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) からの最後のインストールの日付と時刻 (秒単位)、最も近い時間に切り下げられます。
  • installSource このインストールのソースを表す列挙: ソースが取得されなかった (0)、ソースが指定されていない (1)、Web サイトのインストーラー (2)、エンタープライズ MSI (3)、Windows Update (4)、Edge アップデーター (5)、スケジュールまたはタイミングが設定されたタスク (6、7)、アンインストール (8)、Edge 情報ページ (9)、自己修復 (10)、その他のインストール コマンド ライン (11)、予約済み (12)、不明なソース (13)。
  • PayloadClass Protobuf バイナリ ペイロードのシリアル化および逆シリアル化に使用される基本クラス。
  • PayloadGUID ペイロードが、転送のために管理しやすいサイズのチャンクに分割される前の、元のモノリシック Protobuf ペイロードごとに生成されるランダム識別子。
  • PayloadLogType 不明の場合は 0、安定性の場合は 1、進行中の場合は 2、独立した場合は 3、UKM は 4、またはインスタンス レベルは 5 と相関するイベントのログ タイプ。
  • pop_sample デバイスのデータのサンプリング方法を示す値。
  • reconsentConfigs 現在のインストールが受け取ったすべての再同意された構成のコンマ区切りリスト。 各構成は、明確に定義された形式 (2DigitMonth-2DigitYear-3LetterKeyword) に従います。
  • session_id client_id の変更に関係なく、ユーザーがアプリケーションを起動するたびに増加する識別子。 session_id は、アプリケーションの初期インストール時にシードされます。 session_id は、事実上 client_id 値ごとに一意です。 ウィンドウやタブ ID など、他のいくつかの内部識別子値は、特定のセッション内でのみ意味を持ちます。 session_id の値は、アプリケーションがアンインストールされたときに (ただし、アップグレード中を除く) 忘れられます。
  • utc_flags データ収集プロセスの一部としてイベントに必要な Windows イベント トレーシング (ETW) フラグ。

Aria.29e24d069f27450385c7acaa2f07e277.Microsoft.WebBrowser.SystemInfo.Config

この構成イベントは、Microsoft Edge を最新の状態かつ安全な状態に保つために、現在のデータ コレクションの同意、アプリのバージョン、およびインストール状態に関する Microsoft Edge からの基本的なデバイス接続と構成情報を送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • app_sample_rate クライアントが利用統計情報を送信する頻度を表す数値で、パーセンテージで表します。 低い値は、前記クライアントがより多くのイベントを送信することを示し、高い値は、前記クライアントがより少ないイベントを送信することを示します。
  • app_version UMA メトリック フィールド system_profile.app_version から取得した、内部 Edge ビルド バージョンの文字列。
  • appConsentState マシンのデータ収集に対する同意を説明するビット フラグ、または状態が取得されなかった場合は 0。 関連付けられたビットが設定されている場合は、次のいずれかに該当します。同意が許可された (0x1)、同意がインストール時に伝達された (0x2)、診断データの同意が許可されている (0x20000)、閲覧データの同意が許可されている (0x40000)。
  • Channel インストールのチャネルを示す整数 (Canary または Dev)。
  • client_id UMA メトリック プロバイダーから取得した、他のすべての診断クライアント データが関連付けられている一意の識別子。 この ID は、実質的にデバイスごと、OS ユーザー プロファイルごと、リリース チャネル (例: Canary/Dev/Beta/Stable) ごとに一意です。 client_id は、ユーザー設定に基づいて永続的ではありません。 client_id は、各 OS ユーザー プロファイルで最初にアプリケーションを起動したときに初期化されます。 client_id はリンク可能ですが、デバイスまたは OS ユーザー プロファイル全体で一意ではありません。 client_id は、UMA データ コレクションが無効になったとき、またはアプリケーションがアンインストールされるたびにリセットされます。
  • ConnectionType 現在接続されている最初に報告されたネットワーク接続の種類。 これは、不明、イーサネット、WiFi、2G、3G、4G、なし、または Bluetooth のいずれかです。
  • container_client_id WDAG モードの場合、コンテナのクライアント ID。 これは、WDAG モードのホストのクライアント ID である UMA ログ クライアント ID とは異なります。
  • container_session_id WDAG モードの場合、コンテナのセッション ID。 これは、WDAG モードのホストのセッション ID である UMA ログ セッション ID とは異なります。
  • Etag Etag は、現在のブラウザー セッションに適用されているすべてのサービスの構成と実験を表す識別子です。 Windows の診断レベルが基本以下に設定されている場合、または診断データの同意が拒否されている場合、このフィールドは空のままになります。
  • EventInfo.Level イベントに必要な Windows 診断データの最小レベル。1 は基本、2 は拡張、3 は完全です。
  • install_date 1970 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) からの最後のインストールの日付と時刻 (秒単位)、最も近い時間に切り下げられます。
  • installSource このインストールのソースを表す列挙: ソースが取得されなかった (0)、ソースが指定されていない (1)、Web サイトのインストーラー (2)、エンタープライズ MSI (3)、Windows Update (4)、Edge アップデーター (5)、スケジュールまたはタイミングが設定されたタスク (6、7)、アンインストール (8)、Edge 情報ページ (9)、自己修復 (10)、その他のインストール コマンド ライン (11)、予約済み (12)、不明なソース (13)。
  • PayloadClass Protobuf バイナリ ペイロードのシリアル化および逆シリアル化に使用される基本クラス。
  • PayloadGUID ペイロードが、転送のために管理しやすいサイズのチャンクに分割される前の、元のモノリシック Protobuf ペイロードごとに生成されるランダム識別子。
  • PayloadLogType 不明の場合は 0、安定性の場合は 1、進行中の場合は 2、独立した場合は 3、UKM は 4、またはインスタンス レベルは 5 と相関するイベントのログ タイプ。
  • pop_sample デバイスのデータのサンプリング方法を示す値。
  • session_id client_id の変更に関係なく、ユーザーがアプリケーションを起動するたびに増加する識別子。 session_id は、アプリケーションの初期インストール時にシードされます。 session_id は、事実上 client_id 値ごとに一意です。 ウィンドウやタブ ID など、他のいくつかの内部識別子値は、特定のセッション内でのみ意味を持ちます。 session_id の値は、アプリケーションがアンインストールされたときに (ただし、アップグレード中を除く) 忘れられます。
  • utc_flags データ収集プロセスの一部としてイベントに必要な Windows イベント トレーシング (ETW) フラグ。

Aria.7005b72804a64fa4b2138faab88f877b.Microsoft.WebBrowser.SystemInfo.Config

この構成イベントは、Microsoft Edge を最新の状態かつ安全な状態に保つために、現在のデータ コレクションの同意、アプリのバージョン、およびインストール状態に関する Microsoft Edge からの基本的なデバイス接続と構成情報を送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • app_sample_rate クライアントが利用統計情報を送信する頻度を表す数値で、パーセンテージで表します。 低い値は、前記クライアントがより多くのイベントを送信することを示し、高い値は、前記クライアントがより少ないイベントを送信することを示します。
  • app_version UMA メトリック フィールド system_profile.app_version から取得した、内部 Edge ビルド バージョンの文字列。
  • appConsentState マシンのデータ収集に対する同意を説明するビット フラグ、または状態が取得されなかった場合は 0。 関連付けられたビットが設定されている場合は、次のいずれかに該当します。同意が許可された (0x1)、同意がインストール時に伝達された (0x2)、診断データの同意が許可されている (0x20000)、閲覧データの同意が許可されている (0x40000)。
  • Channel インストールのチャネルを示す整数 (Canary または Dev)。
  • client_id UMA メトリック プロバイダーから取得した、他のすべての診断クライアント データが関連付けられている一意の識別子。 この ID は、実質的にデバイスごと、OS ユーザー プロファイルごと、リリース チャネル (例: Canary/Dev/Beta/Stable) ごとに一意です。 client_id は、ユーザー設定に基づいて永続的ではありません。 client_id は、各 OS ユーザー プロファイルで最初にアプリケーションを起動したときに初期化されます。 client_id はリンク可能ですが、デバイスまたは OS ユーザー プロファイル全体で一意ではありません。 client_id は、UMA データ コレクションが無効になったとき、またはアプリケーションがアンインストールされるたびにリセットされます。
  • ConnectionType 現在接続されている最初に報告されたネットワーク接続の種類。 これは、不明、イーサネット、WiFi、2G、3G、4G、なし、または Bluetooth のいずれかです。
  • container_client_id WDAG モードの場合、コンテナのクライアント ID。 これは、WDAG モードのホストのクライアント ID である UMA ログ クライアント ID とは異なります。
  • container_session_id WDAG モードの場合、コンテナのセッション ID。 これは、WDAG モードのホストのセッション ID である UMA ログ セッション ID とは異なります。
  • Etag Etag は、現在のブラウザー セッションに適用されているすべてのサービスの構成と実験を表す識別子です。 Windows の診断レベルが基本以下に設定されている場合、または診断データの同意が拒否されている場合、このフィールドは空のままになります。
  • EventInfo.Level イベントに必要な Windows 診断データの最小レベル。1 は基本、2 は拡張、3 は完全です。
  • install_date 1970 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) からの最後のインストールの日付と時刻 (秒単位)、最も近い時間に切り下げられます。
  • installSource このインストールのソースを表す列挙: ソースが取得されなかった (0)、ソースが指定されていない (1)、Web サイトのインストーラー (2)、エンタープライズ MSI (3)、Windows Update (4)、Edge アップデーター (5)、スケジュールまたはタイミングが設定されたタスク (6、7)、アンインストール (8)、Edge 情報ページ (9)、自己修復 (10)、その他のインストール コマンド ライン (11)、予約済み (12)、不明なソース (13)。
  • PayloadClass Protobuf バイナリ ペイロードのシリアル化および逆シリアル化に使用される基本クラス。
  • PayloadGUID ペイロードが、転送のために管理しやすいサイズのチャンクに分割される前の、元のモノリシック Protobuf ペイロードごとに生成されるランダム識別子。
  • PayloadLogType 不明の場合は 0、安定性の場合は 1、進行中の場合は 2、独立した場合は 3、UKM は 4、またはインスタンス レベルは 5 と相関するイベントのログ タイプ。
  • pop_sample デバイスのデータのサンプリング方法を示す値。
  • session_id client_id の変更に関係なく、ユーザーがアプリケーションを起動するたびに増加する識別子。 session_id は、アプリケーションの初期インストール時にシードされます。 session_id は、事実上 client_id 値ごとに一意です。 ウィンドウやタブ ID など、他のいくつかの内部識別子値は、特定のセッション内でのみ意味を持ちます。 session_id の値は、アプリケーションがアンインストールされたときに (ただし、アップグレード中を除く) 忘れられます。
  • utc_flags データ収集プロセスの一部としてイベントに必要な Windows イベント トレーシング (ETW) フラグ。

Aria.754de735ccd546b28d0bfca8ac52c3de.Microsoft.WebBrowser.SystemInfo.Config

この構成イベントは、Microsoft Edge を最新の状態かつ安全な状態に保つために、現在のデータ コレクションの同意、アプリのバージョン、およびインストール状態に関する Microsoft Edge からの基本的なデバイス接続と構成情報を送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • app_sample_rate クライアントが利用統計情報を送信する頻度を表す数値で、パーセンテージで表します。 低い値は、前記クライアントがより多くのイベントを送信することを示し、高い値は、前記クライアントがより少ないイベントを送信することを示します。
  • app_version UMA メトリック フィールド system_profile.app_version から取得した、内部 Edge ビルド バージョンの文字列。
  • appConsentState マシンのデータ収集に対する同意を説明するビット フラグ、または状態が取得されなかった場合は 0。 関連付けられたビットが設定されている場合は、次のいずれかに該当します。同意が許可された (0x1)、同意がインストール時に伝達された (0x2)、診断データの同意が許可されている (0x20000)、閲覧データの同意が許可されている (0x40000)。
  • Channel インストールのチャネルを示す整数 (Canary または Dev)。
  • client_id UMA メトリック プロバイダーから取得した、他のすべての診断クライアント データが関連付けられている一意の識別子。 この ID は、実質的にデバイスごと、OS ユーザー プロファイルごと、リリース チャネル (例: Canary/Dev/Beta/Stable) ごとに一意です。 client_id は、ユーザー設定に基づいて永続的ではありません。 client_id は、各 OS ユーザー プロファイルで最初にアプリケーションを起動したときに初期化されます。 client_id はリンク可能ですが、デバイスまたは OS ユーザー プロファイル全体で一意ではありません。 client_id は、UMA データ コレクションが無効になったとき、またはアプリケーションがアンインストールされるたびにリセットされます。
  • ConnectionType 現在接続されている最初に報告されたネットワーク接続の種類。 これは、不明、イーサネット、WiFi、2G、3G、4G、なし、または Bluetooth のいずれかです。
  • container_client_id WDAG モードの場合、コンテナのクライアント ID。 これは、WDAG モードのホストのクライアント ID である UMA ログ クライアント ID とは異なります。
  • container_session_id WDAG モードの場合、コンテナのセッション ID。 これは、WDAG モードのホストのセッション ID である UMA ログ セッション ID とは異なります。
  • Etag Etag は、現在のブラウザー セッションに適用されているすべてのサービスの構成と実験を表す識別子です。 Windows の診断レベルが基本以下に設定されている場合、または診断データの同意が拒否されている場合、このフィールドは空のままになります。
  • EventInfo.Level イベントに必要な Windows 診断データの最小レベル。1 は基本、2 は拡張、3 は完全です。
  • install_date 1970 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) からの最後のインストールの日付と時刻 (秒単位)、最も近い時間に切り下げられます。
  • installSource このインストールのソースを表す列挙: ソースが取得されなかった (0)、ソースが指定されていない (1)、Web サイトのインストーラー (2)、エンタープライズ MSI (3)、Windows Update (4)、Edge アップデーター (5)、スケジュールまたはタイミングが設定されたタスク (6、7)、アンインストール (8)、Edge 情報ページ (9)、自己修復 (10)、その他のインストール コマンド ライン (11)、予約済み (12)、不明なソース (13)。
  • PayloadClass Protobuf バイナリ ペイロードのシリアル化および逆シリアル化に使用される基本クラス。
  • PayloadGUID ペイロードが、転送のために管理しやすいサイズのチャンクに分割される前の、元のモノリシック Protobuf ペイロードごとに生成されるランダム識別子。
  • PayloadLogType 不明の場合は 0、安定性の場合は 1、進行中の場合は 2、独立した場合は 3、UKM は 4、またはインスタンス レベルは 5 と相関するイベントのログ タイプ。
  • pop_sample デバイスのデータのサンプリング方法を示す値。
  • session_id client_id の変更に関係なく、ユーザーがアプリケーションを起動するたびに増加する識別子。 session_id は、アプリケーションの初期インストール時にシードされます。 session_id は、事実上 client_id 値ごとに一意です。 ウィンドウやタブ ID など、他のいくつかの内部識別子値は、特定のセッション内でのみ意味を持ちます。 session_id の値は、アプリケーションがアンインストールされたときに (ただし、アップグレード中を除く) 忘れられます。
  • utc_flags データ収集プロセスの一部としてイベントに必要な Windows イベント トレーシング (ETW) フラグ。

Aria.af397ef28e484961ba48646a5d38cf54.Microsoft.WebBrowser.Installer.EdgeUpdate.Ping

この Ping イベントは、Edge 更新サービス、Edge アプリケーション、現在のシステム環境 (アプリ構成、更新構成、ハードウェアの機能を含む) に関するソフトウェアとハードウェアの詳細なインベントリ情報を送信します。 このイベントには、デバイスの接続と構成、製品とサービスのパフォーマンス、ソフトウェアのセットアップとインベントリ データが含まれます。 Edge 更新サービスや Edge アプリケーションを使用してインストール、更新、またはアンインストールを実行するたびに、1つ以上のイベントが送信されます。 このイベントは、Edge 更新サービスの信頼性とパフォーマンスを測定するため、および Edge アプリケーションが最新のものであるかどうかを測定するために使用されます。 これは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つように、イベントが設計されていることを意味します。

次のフィールドを使用できます。

  • appAp 指定されたアプリケーションの追加パラメーター。 既定値: ''。
  • appAppId 製品を識別する GUID です。 互換性のあるクライアントは、この属性を送信する必要があります。 詳細については、wiki を参照してください。 既定値: 未定義。
  • appBrandCode 製品がインストールされたブランド コード (存在する場合)。 ブランド コードは、パートナーとの取引や Web サイトのプロモーションの結果として行われたインストールを識別するために使用される短い (4 文字の) 文字列です。 既定値: ''。
  • appChannel インストールのチャネルを示す整数 (例: Canary または Dev)。
  • appClientId 広い範囲の値を受け入れることができるブランド コードの一般化された形式で、同様の目的で使用されます。 既定値: ''。
  • appCohort アプリが属するリリース コーホート (チャネル) を識別する、機械で読み取り可能な文字列。 32 ~ 127 の ASCII 文字と最大長 1024 文字に制限されます。 既定値: ''。
  • appCohortHint クライアントが別のリリース コーホートに切り替える必要があることを示す、機械で読み取り可能な列挙値。 正確な正当な値はアプリ固有であり、サーバーとアプリの実装間で共有する必要があります。 32 ~ 127 の ASCII 文字と最大長 1024 文字に制限されます。 既定値: ''。
  • appCohortName アプリがユーザーに表示する必要があるメッセージのセット (存在する場合) を示す、ローカライズされていない、人間が判読できる安定した列挙値。 たとえば、「beta」というコーホート名を持つアプリは、ベータ固有のブランドをユーザーに表示する可能性があります。 32 ~ 127 の ASCII 文字と最大長 1024 文字に制限されます。 既定値: ''。
  • appConsentState 診断データの漏洩と応答のフローを表すビット フラグ。1 は肯定を示し、0 は否定または特定できないデータを示します。 ビット 1 は同意が得られたことを示し、ビット 2 はダウンロード ページから送信されたデータを示します。ビット 18 はブラウザーの使用方法に関するデータを送信する選択肢を示し、ビット 19 はアクセスした Web サイトに関するデータを送信する選択肢を示します。
  • appDayOfInstall appInstallTimeDiffSec (アプリがインストールされた数値カレンダーの日) と同等の日付ベースのカウント。 この値は、インストール フローで最初の要求に応答するときにサーバーによって提供されます。 クライアントは、この値を週単位でファジーにすることができます (たとえば、0 から 6 の場合は「0」、7 から 13 の場合は「7」を送信します)。 サーバーへの最初の通信では、特別な値「-1」を使用する必要があります。 "-2" という値は、この値が不明であることを示します。 詳細については、wiki を参照してください。 既定値: 「-2」
  • appExperiments 実験識別子のキー/値リスト。 実験ラベルは、さまざまな実験グループのメンバーシップを追跡するために使用され、インストール時または更新時に設定できます。 実験文字列は、実験ラベル文字列のセミコロン区切りの連結としてフォーマットされます。 実験ラベル文字列は、実験名の後に「=」文字が続き、実験ラベル値が続きます。 例: 「crdiff=got_bsdiff;optimized=O3」。 サーバーが以前に特定の有効期限を指定していたとしても、クライアントは自身が持っている実験の有効期限を送信してはなりません。 既定値: ''。
  • appInstallTimeDiffSec 現在の時刻とインストール日の差 (秒単位)。 不明の場合は '0'。 既定値: '-1'。
  • appLang 製品インストールの言語 (IETF BCP 47 表現)。 既定値: ''。
  • appNextVersion 更新操作の成功または失敗に関係なく、このイベントが属する更新フローが到達しようとしたアプリのバージョン。 詳細については、wiki を参照してください。 既定値: '0.0.0.0'。
  • appPingEventAppSize ダウンロードされたすべてのパッケージの合計バイト数。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsDownloadedBytes ダウンロードを表すイベントの場合、ダウンロードが予想されるバイト数。 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新フローの過程で発生するこのようなすべての予想されるバイトの合計数。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsDownloader ダウンロード アルゴリズムとスタックのどちらかまたは両方を識別する文字列。 値の例としては、'bits'、'direct'、'winhttp'、'p2p' があります。 イベントの種類が "14" のみのイベントで送信されます。 既定値: ''。
  • appPingEventDownloadMetricsDownloadTimeMs ダウンロードを表すイベントの場合、ダウンロードの開始と終了の間の経過時間 (ミリ秒単位)。 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新フローの過程で発生するこのようなすべてのダウンロード時間の合計。 イベントの種類が '1'、'2'、'3'、'14' のみのイベントで送信されます。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsError 操作のエラーコード (存在する場合)。符号付き 10 進法の整数としてエンコードされます。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsServerIpHint ダウンロードを表すイベントの場合、更新ファイル サーバーに対応する CDN ホスト IP アドレス。 CDN ホストは Microsoft サーバーによって制御され、常に、*. delivery.mp.microsoft.com または msedgesetup.azureedge.net をホストしている IP アドレスにマップされます。 既定値: ''。
  • appPingEventDownloadMetricsTotalBytes ダウンロードを表すイベントの場合、ダウンロードが予想されるバイト数。 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新フローの過程で発生するこのようなすべての予想されるバイトの合計数。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsUrl ダウンロードを表すイベントの場合、クライアントが更新プログラムをダウンロードするために更新サーバーによって提供される CDN URL。URL は Microsoft サーバーによって制御され、常に *.delivery.mp.microsoft.com または msedgesetup.azureedge.net のいずれかにマップされます。 既定値: ''。
  • appPingEventDownloadTimeMs ダウンロードを表すイベントの場合、ダウンロードの開始と終了の間の経過時間 (ミリ秒単位)。 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新フローの過程で発生するこのようなすべてのダウンロード時間の合計。 イベントの種類が '1'、'2'、'3'、'14' のみのイベントで送信されます。 既定値: '0'。
  • appPingEventErrorCode 操作のエラーコード (存在する場合)。符号付き 10 進法の整数としてエンコードされます。 既定値: '0'。
  • appPingEventEventResult イベントの結果を示す列挙型。 詳細については、wiki を参照してください。 既定値: '0'。
  • appPingEventEventType イベントのタイプを示す列挙型。 互換性のあるクライアントは、この属性を送信する必要があります。 詳細については、wiki を参照してください。
  • appPingEventExtraCode1 操作の結果に関する追加の数値情報。符号付き 10 進法の整数としてエンコードされます。 既定値: '0'。
  • appPingEventInstallTimeMs インストールを表すイベントの場合、インストールの開始と終了の間の経過時間 (ミリ秒単位)。 更新フロー全体を表すイベントの場合、このようなすべての継続時間の合計。 イベントの種類が "2" と "3" のみのイベントで送信されます。 既定値: '0'。
  • appPingEventNumBytesDownloaded 指定したアプリケーションに対してダウンロードされたバイト数。 既定値: '0'。
  • appPingEventSequenceId 1 つの requestId 内の特定のイベントを一意に識別する ID。 要求には複数の ping イベントを含めることができるため、このフィールドは、発生する可能性のある各イベントを一意に識別するために必要です。
  • appPingEventSourceUrlIndex ダウンロードを表すイベントの場合、「urls」タグ内のサーバーによって指定される URL の一覧内のダウンロード URL の位置。
  • appPingEventUpdateCheckTimeMs 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新チェックの開始と終了の間の経過時間 (ミリ秒単位)。 イベントの種類が "2" と "3" のみのイベントで送信されます。 既定値: '0'。
  • appUpdateCheckIsUpdateDisabled アプリの更新プログラムがグループ ポリシーによって制限されているかどうかの状態。 更新がグループ ポリシーによって制限されている場合は true、制限されていない場合は false。
  • appUpdateCheckTargetVersionPrefix バージョン番号のコンポーネントのプレフィックス、または $ 文字で終わる完全なバージョン番号。 サーバーは、プレフィックスまたは完全なバージョン番号と一致しないバージョン番号に更新命令を返すべきではありません。 プレフィックスは、正確に一致する要素を指定するドット区切りのタプルとして解釈されます。これは、語彙的プレフィックスではありません (たとえば、「1.2.3」は「1.2.3.4」と一致する必要がありますが、「1.2.34」と一致してはいけません)。 既定値: ''。
  • appUpdateCheckTtToken 要求元のクライアントを信頼されたテスター グループのメンバーとして識別するために使用できる非透過的なアクセス トークン。 空でない場合、要求は SSL または別のセキュリティで保護されたプロトコルを介して送信されます。 既定値: ''。
  • appVersion 製品インストールのバージョン。 詳細については、wiki を参照してください。 既定値: '0.0.0.0'。
  • EventInfo.Level イベントに必要な Windows 診断データの最小レベル。1 は基本、2 は拡張、3 は完全です。
  • eventType イベントのタイプを示す文字列。 詳細については、wiki を参照してください。
  • hwHasAvx クライアントのハードウェアが AVX 命令セットをサポートしている場合は「1」。 クライアントのハードウェアが AVX 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse クライアントのハードウェアが SSE 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse2 クライアントのハードウェアが SSE2 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE2 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse3 クライアントのハードウェアが SSE3 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE3 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse41 クライアントのハードウェアが SSE4.1 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE4.1 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse42 クライアントのハードウェアが SSE4.2 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE4.2 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSsse3 クライアントのハードウェアが SSSE3 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSSE3 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwPhysmemory クライアントが使用できる物理メモリ。最も近いギビバイトに切り捨てられます。 不明の場合は '-1'。 この値は、ハード ドライブ、またはハード ドライブや周辺機器へのページングを除く、クライアントの理論上の最大記憶域容量を反映することを目的としています。 既定値: '-1'。
  • isMsftDomainJoined クライアントが Microsoft ドメインのメンバーである場合は '1'。 それ以外の場合は '0'。 既定値: '0'。
  • osArch オペレーティング システムのアーキテクチャ (例: 'x86'、'x64'、'arm')。 不明の場合は ''。 既定値: ''。
  • osPlatform Omaha クライアントが実行されているオペレーティング システム ファミリ (例: 'win'、'mac'、'linux'、'ios'、'android')。 不明の場合は ''。 オペレーティング システム名は、最小限の書式設定で、小文字で送信する必要があります。 既定値: ''。
  • osServicePack オペレーティング システムのセカンダリ バージョン。 不明の場合は ''。 既定値: ''。
  • osVersion オペレーティング システムのプライマリ バージョン。 不明の場合は ''。 既定値: ''。
  • requestCheckPeriodSec 更新間隔 (秒単位)。 値はレジストリから読み取られます。 既定値: '-1'。
  • requestDlpref ダウンロード URL の推奨される動作を指定する値のコンマ区切りリスト。 最初の値は優先順位が最も高く、その他の値にはセカンダリ、三次、その他の優先順位が反映されます。 有効な値は '' (この場合は、リスト全体が空である必要があり、不明または優先設定なしを示します) または 'cacheable' (サーバーは簡単にキャッシュ可能な URL の送信の優先順位を設定する必要があります) です。 既定値: ''。
  • requestDomainJoined コンピューターが管理されたエンタープライズ ドメインの一部である場合は '1'。 それ以外の場合は '0'。
  • requestInstallSource 更新フローの原因を指定する文字列。 例: 'ondemand' または 'scheduledtask'。 既定値: ''。
  • requestIsMachine クライアントがシステムレベルまたは管理者特権でインストールされていることがわかっている場合は '1'。 それ以外の場合は '0'。 既定値: '0'。
  • requestOmahaShellVersion Omaha インストール フォルダーのバージョン。 既定値: ''。
  • requestOmahaVersion Omaha アップデーター自体 (この要求を送信しているエンティティ) のバージョン。 既定値: '0.0.0.0'。
  • requestProtocolVersion Omaha プロトコルのバージョン。 互換性のあるクライアントは、値として "3.0" を指定する必要があります。 互換性のあるクライアントは、常にこの属性を送信する必要があります。 既定値: 未定義。
  • requestRequestId ランダムに生成された (均一に分散した) GUID。Omaha 要求に対応します。 各要求の試行には、(高い可能性で) 一意の要求 ID が必要です。既定値: ''。
  • requestSessionCorrelationVectorBase 更新セッションを更新サーバーおよび CDN サーバーと関連付けるために使用される、クライアントによって生成されたランダムな MS 相関関係ベクトル ベース コード。 既定値: ''。
  • requestSessionId ランダムに生成された (均一に分散した) GUID。 各 1 つの更新フロー (例: 更新チェック、更新アプリケーション、イベントの ping シーケンス) は、1 つの一意のセッション ID を (高い可能性で) 持つ必要があります。 既定値: ''。
  • requestTestSource ''、'dev'、'qa'、'prober'、'auto'、または 'ossdev' のいずれかです。 '' を除く任意の値は、要求がテストであり、通常のメトリックに含まれないことを示します。 既定値: ''。
  • requestUid ランダムに生成された (均一に分散した) GUID。Omaha ユーザーに対応します。 各要求の試行には、(高い可能性で) 一意の要求 ID が必要です。既定値: ''。

Aria.f4a7d46e472049dfba756e11bdbbc08f.Microsoft.WebBrowser.SystemInfo.Config

この構成イベントは、Microsoft Edge を最新の状態かつ安全な状態に保つために、現在のデータ コレクションの同意、アプリのバージョン、およびインストール状態に関する Microsoft Edge からの基本的なデバイス接続と構成情報を送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • app_sample_rate クライアントが利用統計情報を送信する頻度を表す数値で、パーセンテージで表します。 低い値は、前記クライアントがより多くのイベントを送信することを示し、高い値は、前記クライアントがより少ないイベントを送信することを示します。
  • app_version UMA メトリック フィールド system_profile.app_version から取得した、内部 Edge ビルド バージョンの文字列。
  • appConsentState マシンのデータ収集に対する同意を説明するビット フラグ、または状態が取得されなかった場合は 0。 関連付けられたビットが設定されている場合は、次のいずれかに該当します。同意が許可された (0x1)、同意がインストール時に伝達された (0x2)、診断データの同意が許可されている (0x20000)、閲覧データの同意が許可されている (0x40000)。
  • Channel インストールのチャネルを示す整数 (Canary または Dev)。
  • client_id UMA メトリック プロバイダーから取得した、他のすべての診断クライアント データが関連付けられている一意の識別子。 この ID は、実質的にデバイスごと、OS ユーザー プロファイルごと、リリース チャネル (例: Canary/Dev/Beta/Stable) ごとに一意です。 client_id は、ユーザー設定に基づいて永続的ではありません。 client_id は、各 OS ユーザー プロファイルで最初にアプリケーションを起動したときに初期化されます。 client_id はリンク可能ですが、デバイスまたは OS ユーザー プロファイル全体で一意ではありません。 client_id は、UMA データ コレクションが無効になったとき、またはアプリケーションがアンインストールされるたびにリセットされます。
  • ConnectionType 現在接続されている最初に報告されたネットワーク接続の種類。 これは、不明、イーサネット、WiFi、2G、3G、4G、なし、または Bluetooth のいずれかです。
  • Etag Etag は、現在のブラウザー セッションに適用されているすべてのサービスの構成と実験を表す識別子です。 Windows の診断レベルが基本以下に設定されている場合、または診断データの同意が拒否されている場合、このフィールドは空のままになります。
  • EventInfo.Level イベントに必要な Windows 診断データの最小レベル。1 は基本、2 は拡張、3 は完全です。
  • install_date 1970 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) からの最後のインストールの日付と時刻 (秒単位)、最も近い時間に切り下げられます。
  • installSource このインストールのソースを表す列挙: ソースが取得されなかった (0)、ソースが指定されていない (1)、Web サイトのインストーラー (2)、エンタープライズ MSI (3)、Windows Update (4)、Edge アップデーター (5)、スケジュールまたはタイミングが設定されたタスク (6、7)、アンインストール (8)、Edge 情報ページ (9)、自己修復 (10)、その他のインストール コマンド ライン (11)、予約済み (12)、不明なソース (13)。
  • PayloadClass Protobuf バイナリ ペイロードのシリアル化および逆シリアル化に使用される基本クラス。
  • PayloadGUID ペイロードが、転送のために管理しやすいサイズのチャンクに分割される前の、元のモノリシック Protobuf ペイロードごとに生成されるランダム識別子。
  • PayloadLogType 不明の場合は 0、安定性の場合は 1、進行中の場合は 2、独立した場合は 3、UKM は 4、またはインスタンス レベルは 5 と相関するイベントのログ タイプ。
  • pop_sample デバイスのデータのサンプリング方法を示す値。
  • reconsentConfigs 現在のインストールが受け取ったすべての再同意された構成のコンマ区切りリスト。 各構成は、明確に定義された形式 (2DigitMonth-2DigitYear-3LetterKeyword) に従います。
  • session_id client_id の変更に関係なく、ユーザーがアプリケーションを起動するたびに増加する識別子。 session_id は、アプリケーションの初期インストール時にシードされます。 session_id は、事実上 client_id 値ごとに一意です。 ウィンドウやタブ ID など、他のいくつかの内部識別子値は、特定のセッション内でのみ意味を持ちます。 session_id の値は、アプリケーションがアンインストールされたときに (ただし、アップグレード中を除く) 忘れられます。
  • utc_flags データ収集プロセスの一部としてイベントに必要な Windows イベント トレーシング (ETW) フラグ。

Microsoft.Edge.Crashpad.CrashEvent

このイベントは、クラッシュした Microsoft Edge ブラウザー プロセスで単純な製品とサービスのパフォーマンス データを送信し、クラッシュの将来のインスタンスを軽減するのに役立ちます。

次のフィールドを使用できます。

  • app_name クラッシュ プロセスの名前。
  • app_session_guid ブート セッション、プロセス ID、およびプロセス開始時刻をエンコードします。
  • app_version クラッシュ プロセスのバージョン。
  • client_id_hash インストールの識別に役立つブラウザー クライアント ID のハッシュ。
  • etag ブラウザーで実行中の実験をエンコードします。
  • module_name クラッシュが発生したモジュールの名前。
  • module_offset クラッシュが発生したモジュールへのメモリ オフセット。
  • module_version クラッシュが発生したモジュールのバージョン。
  • process_type クラッシュしたブラウザー プロセスの種類 (レンダラー、GPU プロセスなど)。
  • stack_hash クラッシュを表すスタック トレースのハッシュ。 現在使用されていないか、0 に設定されています。
  • sub_code クラッシュを表す例外/エラー コード。

Microsoft.WebBrowser.Installer.EdgeUpdate.Ping

このイベントは、Microsoft Edge Update サービス、Microsoft Edge アプリケーション、現在のシステム環境 (アプリ構成、更新構成、ハードウェアの機能を含む) に関するハードウェアとソフトウェアのインベントリ情報を送信します。 EdgeUpdate サービスの信頼性とパフォーマンスを測定するため、および Microsoft Edge アプリケーションが最新のものであるかどうかを測定するために使用されます。 これは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つように、イベントが設計されていることを意味します。

次のフィールドを使用できます。

  • appAp チャネル、アーキテクチャ、プラットフォーム、および更新する Microsoft Edge のリリースとそのインストール方法を識別するその他のパラメーターを含む Microsoft Edge Update パラメーター。 例: 'beta-arch_x64-full'。 既定値: 「.」
  • appAppId Edge Canary、Dev、Beta、Stable、Edge Update などの製品チャネルを識別する GUID。
  • appBrandCode 製品がインストールされた 4 桁のブランド コード (存在する場合)。 設定可能な値: 'GGLS' (既定値)、'GCEU' (Enterprise インストール)、および '' (不明)。
  • appChannel インストールのチャネルを示す整数 (例: Canary または Dev)。
  • appClientId 広い範囲の値を受け入れることができるブランド コードの一般化された形式で、同様の目的で使用されます。 既定値: ''。
  • appCohort アプリが属するリリース チャネルを識別する、機械で読み取り可能な文字列。 32 ~ 127 の ASCII 文字と最大長 1024 文字に制限されます。 既定値: ''。
  • appCohortHint クライアントが別のリリース コーホートに切り替える必要があることを示す、機械で読み取り可能な列挙値。 32 ~ 127 の ASCII 文字と最大長 1024 文字に制限されます。 既定値: ''。
  • appCohortName アプリがユーザーに表示する必要があるメッセージのセット (存在する場合) を示す、ローカライズされていない、人間が判読できる安定した列挙値。 たとえば、"beta" というコーホート名を持つアプリは、ベータ固有のブランドをユーザーに表示する可能性があります。 32 ~ 127 の ASCII 文字と最大長 1024 文字に制限されます。 既定値: ''。
  • appConsentState 診断データの漏洩と応答のフローを表すビット フラグ。1 は肯定を示し、0 は否定または特定できないデータを示します。 ビット 1 は同意が得られたことを示し、ビット 2 はダウンロード ページから送信されたデータを示します。ビット 18 はブラウザーの使用方法に関するデータを送信する選択肢を示し、ビット 19 はアクセスした Web サイトに関するデータを送信する選択肢を示します。
  • appDayOfInstall appInstallTimeDiffSec (アプリがインストールされた数値カレンダーの日) と同等の日付ベースのカウント。 この値は、インストール フローで最初の要求に応答するときにサーバーによって提供されます。 既定値: '-2' (不明)。
  • appExperiments 実験識別子と処理グループのセミコロンで区切られたキー/値リスト。 このフィールドは Edge Update では使用されず、常に空です。 既定値: ''。
  • appIid 特定のインストール フローを識別する GUID。 たとえば、製品インストーラーのダウンロードごとに一意の GUID がタグ付けされます。 そのインストーラーを使用してインストールしようとすると、グループ化できます。 製品のインストール フローが完了した後、クライアントは IID GUID を永続化しないでください。
  • appInstallTimeDiffSec 現在の時刻とインストール日の差 (秒単位)。 不明の場合は '0'。 既定値: '-1'。
  • appLang 製品インストールの言語 (IETF BCP 47 表現)。 既定値: ''。
  • appNextVersion 更新操作が成功したか失敗したかに関係なく、更新プログラムが到達しようとしたアプリのバージョン。 既定値: '0.0.0.0'。
  • appPingEventAppSize ダウンロードされたすべてのパッケージの合計バイト数。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsDownloadedBytes ダウンロードを表すイベントの場合、ダウンロードが予想されるバイト数。 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新フローの過程で発生するこのようなすべての予想されるバイトの合計数。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsDownloader ダウンロード アルゴリズムとスタックのどちらかまたは両方を識別する文字列。 値の例としては、'bits'、'direct'、'winhttp'、'p2p' があります。 イベントの種類が "14" のみのイベントで送信されます。 既定値: ''。
  • appPingEventDownloadMetricsDownloadTimeMs ダウンロードを表すイベントの場合、ダウンロードの開始と終了の間の経過時間 (ミリ秒単位)。 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新フローの過程で発生するこのようなすべてのダウンロード時間の合計。 イベントの種類が '1'、'2'、'3'、'14' のみのイベントで送信されます。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsError 操作のエラーコード (存在する場合)。符号付き 10 進法の整数としてエンコードされます。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsServerIpHint ダウンロードを表すイベントの場合、更新ファイル サーバーに対応する CDN ホスト IP アドレス。 CDN ホストは Microsoft サーバーによって制御され、常に、*. delivery.mp.microsoft.com または msedgesetup.azureedge.net をホストしている IP アドレスにマップされます。 既定値: ''。
  • appPingEventDownloadMetricsTotalBytes ダウンロードを表すイベントの場合、ダウンロードが予想されるバイト数。 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新フローの過程で発生するこのようなすべての予想されるバイトの合計数。 既定値: '0'。
  • appPingEventDownloadMetricsUrl ダウンロードを表すイベントの場合、クライアントが更新プログラムをダウンロードするために更新サーバーによって提供される CDN URL。URL は Microsoft サーバーによって制御され、常に *.delivery.mp.microsoft.com または msedgesetup.azureedge.net のいずれかにマップされます。 既定値: ''。
  • appPingEventDownloadTimeMs ダウンロードを表すイベントの場合、ダウンロードの開始と終了の間の経過時間 (ミリ秒単位)。 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新フローの過程で発生するこのようなすべてのダウンロード時間の合計。 イベントの種類が '1'、'2'、'3'、'14' のみのイベントで送信されます。 既定値: '0'。
  • appPingEventErrorCode 操作のエラーコード (存在する場合)。符号付き 10 進法の整数としてエンコードされます。 既定値: '0'。
  • appPingEventEventResult イベントの結果を示す列挙値。 一般的な値は、' 0 ' (エラー) と ' 1 ' (成功) です。 既定値: '0' (エラー)。
  • appPingEventEventType イベントの種類とイベント ステージを示す列挙値。 既定値: '0' (不明)。
  • appPingEventExtraCode1 操作の結果に関する追加の数値情報。符号付き 10 進法の整数としてエンコードされます。 既定値: '0'。
  • appPingEventInstallTimeMs インストールを表すイベントの場合、インストールの開始と終了の間の経過時間 (ミリ秒単位)。 更新フロー全体を表すイベントの場合、このようなすべての継続時間の合計。 イベントの種類が "2" と "3" のみのイベントで送信されます。 既定値: '0'。
  • appPingEventNumBytesDownloaded 指定したアプリケーションに対してダウンロードされたバイト数。 既定値: '0'。
  • appPingEventSequenceId 1 つの requestId 内の特定のイベントを一意に識別する ID。 要求には複数の ping イベントを含めることができるため、このフィールドは、発生する可能性のある各イベントを一意に識別するために必要です。
  • appPingEventSourceUrlIndex ダウンロードを表すイベントの場合、 タグ内のサーバーによって指定される URL の一覧内のダウンロード URL の位置。
  • appPingEventUpdateCheckTimeMs 更新フロー全体を表すイベントの場合、更新チェックの開始と終了の間の経過時間 (ミリ秒単位)。 イベントの種類が "2" と "3" のみのイベントで送信されます。 既定値: '0'。
  • appUpdateCheckIsUpdateDisabled アプリの更新プログラムがグループ ポリシーによって制限されているかどうかの状態。 更新がグループ ポリシーによって制限されている場合は true、制限されていない場合は false。
  • appUpdateCheckTargetVersionPrefix バージョン番号のコンポーネントのプレフィックス、または $ 文字で終わる完全なバージョン番号。 プレフィックスは、正確に一致する要素を指定するドット区切りのタプルとして解釈されます。これは、語彙的プレフィックスではありません (たとえば、「1.2.3」は「1.2.3.4」と一致する必要がありますが、「1.2.34」と一致してはいけません)。 既定値: ''。
  • appUpdateCheckTtToken 要求元のクライアントを信頼されたテスター グループのメンバーとして識別するために使用できる非透過的なアクセス トークン。 空でない場合、要求は SSL または別のセキュリティで保護されたプロトコルを介して送信されます。 このフィールドは Edge Update で使用されず、常に空です。 既定値: ''。
  • appVersion 製品インストールのバージョン。 既定値: '0.0.0.0'。
  • eventType イベントの種類を示す appPingEventEventType の文字列表現。
  • hwHasAvx クライアントのハードウェアが AVX 命令セットをサポートしている場合は「1」。 クライアントのハードウェアが AVX 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse クライアントのハードウェアが SSE 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse2 クライアントのハードウェアが SSE2 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE2 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse3 クライアントのハードウェアが SSE3 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE3 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse41 クライアントのハードウェアが SSE4.1 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE4.1 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSse42 クライアントのハードウェアが SSE4.2 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSE4.2 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwHasSsse3 クライアントのハードウェアが SSSE3 命令セットをサポートしている場合は '1'。 クライアントのハードウェアが SSSE3 命令セットをサポートしていない場合は "0"。 不明の場合は '-1'。 既定値: '-1'。
  • hwPhysmemory クライアントが使用できる物理メモリ。最も近いギビバイトに切り捨てられます。 不明の場合は '-1'。 この値は、ハード ドライブ、またはハード ドライブや周辺機器へのページングを除く、クライアントの理論上の最大記憶域容量を反映することを目的としています。 既定値: '-1'。
  • isMsftDomainJoined クライアントが Microsoft ドメインのメンバーである場合は '1'。 それ以外の場合は '0'。 既定値: '0'。
  • osArch オペレーティング システムのアーキテクチャ (例: 'x86'、'x64'、'arm')。 不明の場合は ''。 既定値: ''。
  • osPlatform Omaha クライアントが実行されているオペレーティング システム ファミリ (例: 'win'、'mac'、'linux'、'ios'、'android')。 不明の場合は ''。 オペレーティング システム名は、最小限の書式設定で、小文字で送信する必要があります。 既定値: ''。
  • osServicePack オペレーティング システムのセカンダリ バージョン。 不明の場合は ''。 既定値: ''。
  • osVersion オペレーティング システムのプライマリ バージョン。 不明の場合は ''。 既定値: ''。
  • requestCheckPeriodSec 更新間隔 (秒単位)。 値はレジストリから読み取られます。 既定値: '-1'。
  • requestDlpref ダウンロード URL の推奨される動作を指定する値のコンマ区切りリスト。 最初の値は優先順位が最も高く、その他の値にはセカンダリ、三次、その他の優先順位が反映されます。 有効な値は '' (この場合は、リスト全体が空である必要があり、不明または優先設定なしを示します) または 'cacheable' (サーバーは簡単にキャッシュ可能な URL の送信の優先順位を設定する必要があります) です。 既定値: ''。
  • requestDomainJoined デバイスが管理されたエンタープライズ ドメインの一部である場合は '1'。 それ以外の場合は '0'。
  • requestInstallSource 更新フローの原因を指定する文字列。 例: 'ondemand' または 'scheduledtask'。 既定値: ''。
  • requestIsMachine クライアントがシステムレベルまたは管理者特権でインストールされていることがわかっている場合は '1'。 それ以外の場合は '0'。 既定値: '0'。
  • requestOmahaShellVersion Omaha インストール フォルダーのバージョン。 既定値: ''。
  • requestOmahaVersion Omaha アップデーター自体 (この要求を送信しているエンティティ) のバージョン。 既定値: '0.0.0.0'。
  • requestProtocolVersion Omaha プロトコルのバージョン。 互換性のあるクライアントは、値として "3.0" を指定する必要があります。 互換性のあるクライアントは、常にこの属性を送信する必要があります。 既定値: 未定義。
  • requestRequestId ランダムに生成された (均一に分散した) GUID。Omaha 要求に対応します。 各要求の試行には、(高い可能性で) 一意の要求 ID が必要です。既定値: ''。
  • requestSessionCorrelationVectorBase 更新セッションを更新サーバーおよび CDN サーバーと関連付けるために使用される、クライアントによって生成されたランダムな MS 相関関係ベクトル ベース コード。 既定値: ''。
  • requestSessionId ランダムに生成された (均一に分散した) GUID。 各 1 つの更新フロー (例: 更新チェック、更新アプリケーション、イベントの ping シーケンス) は、1 つの一意のセッション ID を (高い可能性で) 持つ必要があります。 既定値: ''。
  • requestTestSource ''、'dev'、'qa'、'prober'、'auto'、または 'ossdev' のいずれかです。 '' を除く任意の値は、要求がテストであり、通常のメトリックに含まれないことを示します。 既定値: ''。
  • requestUid ランダムに生成された (均一に分散した) GUID。Omaha ユーザーに対応します。 各要求の試行には、(高い可能性で) 一意の要求 ID が必要です。既定値: ''。

移行イベント

Microsoft.Windows.MigrationCore.MigObjectCountDLUsr

このイベントは、機能更新中のさまざまな段階で移行オブジェクトの数を追跡するためのデータを返します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された状態に保ち、データ損失シナリオを追跡するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • currentSid 移行を実行しているユーザーの SID を示します。
  • knownFoldersUsr[i] 定義済みのフォルダー パスの場所。
  • migDiagSession->CString 移行が行われるアップグレードのフェーズ。 (例: 追跡されたコンテンツの検証)
  • objectCount 転送されているオブジェクトの数。

Microsoft.Windows.MigrationCore.MigObjectCountKFSys

このイベントは、機能更新中のさまざまな段階での移行オブジェクトの数に関するデータを返します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された状態に保ち、データ損失シナリオを追跡するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • knownFoldersSys[i] 定義済みのフォルダー パスの場所。
  • migDiagSession->CString 移行が行われるアップグレードのフェーズを識別します。
  • objectCount 転送されているオブジェクトの数。

Microsoft.Windows.MigrationCore.MigObjectCountKFUsr

このイベントは、機能更新中のさまざまな段階で移行オブジェクトの数を追跡するためのデータを返します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された状態に保ち、データ損失シナリオを追跡するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • currentSid 移行を実行しているユーザーの SID を示します。
  • knownFoldersUsr[i] 定義済みのフォルダー パスの場所。
  • migDiagSession->CString 移行が行われるアップグレードのフェーズ。 (追跡されたコンテンツの検証など。)
  • objectCount 転送されているオブジェクトの数。

Miracast イベント

Microsoft.Windows.Cast.Miracast.MiracastSessionEnd

このイベントは、Miracast セッションの終了時に、セッションに関するいくつかの統計とともに RTSP 関連の Miracast 障害を判別するのに役立つデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AudioChannelCount オーディオ チャネルの数。
  • AudioSampleRate オーディオのサンプル レート (1 秒あたりのサンプル数)。
  • AudioSubtype オーディオのエンコードに使用されたオーディオ コーデック (エンコード方式) を表す一意のサブタイプ識別子。
  • AverageBitrate Miracast セッション中に使用されたビデオ ビットレートの平均値。bps (1 秒あたりのビット数) 単位で表します。
  • AverageDataRate Miracast セッション中に WiFi ドライバーによって報告された、利用可能な平均帯域幅。bps (1 秒あたりのビット数) 単位で表します。
  • AveragePacketSendTimeInMs ネットワークがサンプルを送信するために要した平均時間 (ミリ秒)。
  • ConnectorType Miracast セッション中に使用されたコネクタの種類。
  • EncodeAverageTimeMS ビデオのフレームをエンコードするための平均時間 (ミリ秒)。
  • EncodeCount セッションでエンコードされた合計フレーム数。
  • EncodeMaxTimeMS フレームをエンコードするための最長時間 (ミリ秒)。
  • EncodeMinTimeMS フレームをエンコードするための最短時間 (ミリ秒)。
  • EncoderCreationTimeInMs ビデオ エンコーダーを作成するために要した時間 (ミリ秒)。
  • ErrorSource 切断の原因となったエラーが発生したコンポーネントを識別します (該当する場合)。
  • FirstFrameTime 最初のフレームが送信された時刻 (ティック数)。
  • FirstLatencyMode 最初の待ち時間モード。
  • FrameAverageTimeMS フレーム全体を処理するための平均時間 (ミリ秒)。
  • FrameCount 処理されたフレームの合計数。
  • FrameMaxTimeMS フレーム全体の処理に要した最長時間 (ミリ秒)。
  • FrameMinTimeMS フレーム全体の処理に要した最短時間 (ミリ秒)。
  • Glitches 時間どおりに配信できなかったフレームの数。
  • HardwareCursorEnabled 接続終了時にハードウェア カーソルが有効になっていたかどうかを示します。
  • HDCPState 接続終了時の HDCP (高帯域幅デジタル コンテンツ保護) の状態。
  • HighestBitrate Miracast セッション中に使用されたビデオ ビットレートの最高値。bps (1 秒あたりのビット数) 単位で表します。
  • HighestDataRate WiFi ドライバーによって報告された、利用可能な最高帯域幅。bps (1 秒あたりのビット数) 単位で表します。
  • LastLatencyMode 最後に報告された待ち時間モード。
  • LogTimeReference 参照時刻 (ティック数)。
  • LowestBitrate Miracast セッション中に使用されたビデオ ビットレートの最低値。bps (1 秒あたりのビット数) 単位で表します。
  • LowestDataRate Miracast セッション中に使用されたビデオ ビットレートの最低値。bps (1 秒あたりのビット数) 単位で表します。
  • MediaErrorCode メディア セッションから報告されたエラー コード (該当する場合)。
  • MiracastEntry Miracast ドライバーが最初に読み込まれた時刻 (ティック数)。
  • MiracastM1 M1 要求が送信された時刻 (ティック数)。
  • MiracastM2 M2 要求が送信された時刻 (ティック数)。
  • MiracastM3 M3 要求が送信された時刻 (ティック数)。
  • MiracastM4 M4 要求が送信された時刻 (ティック数)。
  • MiracastM5 M5 要求が送信された時刻 (ティック数)。
  • MiracastM6 M6 要求が送信された時刻 (ティック数)。
  • MiracastM7 M7 要求が送信された時刻 (ティック数)。
  • MiracastSessionState 接続終了時の Miracast セッションの状態。
  • MiracastStreaming Miracast セッションが最初にフレームの処理を開始したときの時刻 (ティック数)。
  • ProfileCount レシーバーの M4 応答から生成されたプロファイルの数。
  • ProfileCountAfterFiltering 利用可能な帯域幅とエンコーダーの機能に基づくフィルター処理後のプロファイルの数。
  • RefreshRate リモート ディスプレイに設定されたリフレッシュ レート。
  • RotationSupported Miracast レシーバーで画面の回転がサポートされているかどうかを示します。
  • RTSPSessionId RTSP セッションの一意識別子。 これは、同じセッションのレシーバーの RTSP セッション ID に一致します。
  • SessionGuid セッションからのさまざまな Miracast イベントを関連付けるための一意の識別子。
  • SinkHadEdid Miracast レシーバーが EDID を報告したかどうかを示します。
  • SupportMicrosoftColorSpaceConversion 追加の色再現精度のための Microsoft 色空間の変換がレシーバーによってサポートされているかどうかを示します。
  • SupportsMicrosoftDiagnostics Miracast レシーバーで Microsoft Diagnostics Miracast 拡張機能がサポートされているかどうかを示します。
  • SupportsMicrosoftFormatChange Miracast レシーバーで Microsoft Format Change Miracast 拡張機能がサポートされているかどうかを示します。
  • SupportsMicrosoftLatencyManagement Miracast レシーバーで Microsoft Latency Management Miracast 拡張機能がサポートされているかどうかを示します。
  • SupportsMicrosoftRTCP Miracast レシーバーで Microsoft RTCP Miracast 拡張機能がサポートされているかどうかを示します。
  • SupportsMicrosoftVideoFormats Miracast レシーバーで 3:2 解像度の Microsoft ビデオ形式がサポートされているかどうかを示します。
  • SupportsWiDi Miracast レシーバーで Intel WiDi 拡張機能がサポートされているかどうかを示します。
  • TeardownErrorCode レシーバーによって提供された、分解の理由を示すエラー コード (該当する場合)。
  • TeardownErrorReason レシーバーによって提供された、分解の理由を示す文字列 (該当する場合)。
  • UIBCEndState 接続の終了時に UIBC が有効になっていたかどうかを示します。
  • UIBCEverEnabled UIBC が有効になったことがあるかどうかを示します。
  • UIBCStatus UIBC セットアップ プロセスによって報告された結果コード。
  • VideoBitrate ビデオ エンコーダーの開始ビットレート。
  • VideoCodecLevel エンコードに使用される、ビデオ サブタイプに固有のエンコード レベル。
  • VideoHeight エンコードされたビデオ フレームの高さ。
  • VideoSubtype ビデオのエンコードに使用されたビデオ コーデック (エンコード方式) を表す一意のサブタイプ識別子。
  • VideoWidth エンコードされたビデオ フレームの幅。
  • WFD2Supported Miracast レシーバーで WFD2 プロトコルがサポートされているかどうかを示します。

OneDrive イベント

Microsoft.OneDrive.Sync.Setup.APIOperation

このイベントには、OneDrive API 操作のインストールとアンインストールに関する基本的なデータが含まれています。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • APIName API の名前。
  • Duration 操作にかかった時間。
  • IsSuccess 操作が正常に完了したかどうか。
  • ResultCode 結果コード。
  • ScenarioName シナリオの名前。

Microsoft.OneDrive.Sync.Setup.EndExperience

このイベントには、インストールの成功または失敗の概要が含まれています。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • APIName API の名前。
  • HResult 操作の HResult
  • IsSuccess 操作が正常に完了したかどうか。
  • ScenarioName シナリオの名前。

Microsoft.OneDrive.Sync.Setup.OSUpgradeInstallationOperation

このイベントは、OneDrive がインストールされた状態で OS がアップグレードされたときの OS バージョンに関連しています。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CurrentOneDriveVersion OneDrive の現在のバージョン。
  • CurrentOSBuildBranch オペレーティング システムの現在のブランチ。
  • CurrentOSBuildNumber オペレーティング システムの現在のビルド番号。
  • CurrentOSVersion オペレーティング システムの現在のバージョン。
  • HResult 操作の HResult。
  • SourceOSBuildBranch オペレーティング システムのソース ブランチ。
  • SourceOSBuildNumber オペレーティング システムのソース ビルド番号。
  • SourceOSVersion オペレーティング システムのソース バージョン。

Microsoft.OneDrive.Sync.Setup.RegisterStandaloneUpdaterAPIOperation

このイベントは、OneDrive 更新タスクの登録または登録解除に関連しています。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • APIName API の名前。
  • IsSuccess 操作が正常に完了したかどうか。
  • RegisterNewTaskResult RegisterNewTask 操作の HResult。
  • ScenarioName シナリオの名前。
  • UnregisterOldTaskResult UnregisterOldTask 操作の HResult。

Microsoft.OneDrive.Sync.Updater.ComponentInstallState

このイベントには、従属 OneDrive コンポーネントのインストールの状態に関する基本的なデータが含まれています。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ComponentName 依存コンポーネントの名前。
  • isInstalled 依存コンポーネントがインストールされているかどうか。

Microsoft.OneDrive.Sync.Updater.OverlayIconStatus

このイベントは、OneDrive オーバーレイ アイコンが正常に動作しているかどうかを示します。 0 = 正常、1 = 修正可能、2 = 破損。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • 32bit 32 ビット オペレーティング システムにおける OneDrive オーバーレイ アイコンの状態。
  • 64bit 64 ビット オペレーティング システムにおける OneDrive オーバーレイ アイコンの状態。

Microsoft.OneDrive.Sync.Updater.UpdateOverallResult

このイベントは、更新プログラムの結果を示す情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • hr 操作の HResult。
  • IsLoggingEnabled アップデーターのログが有効になっているかどうかを示します。
  • UpdaterVersion アップデーターのバージョン。

Microsoft.OneDrive.Sync.Updater.UpdateXmlDownloadHResult

このイベントは、OneDrive 更新構成ファイルをダウンロードするときの状態を特定します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • hr 操作の HResult。

Microsoft.OneDrive.Sync.Updater.WebConnectionStatus

このイベントは、インターネット接続を検証するときに返されたエラー コードを特定します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • failedCheck 操作によって返されたエラー コード。
  • winInetError 操作の HResult。

ONNX ランタイム イベント

Microsoft.ML.ONNXRuntime.ProcessInfo

このイベントは、アプリケーションが ONNXRuntime.dll を読み込むときに情報を収集します。 このイベントで収集されたデータは、Windows 製品とサービスの正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppSessionGuid プロセスの作成時に開始し、プロセスが終了するまで存続する特定のアプリケーション セッションの識別子。
  • isRedist ONNXRuntime の使用が再頒布可能なパッケージまたは受信トレイからのものかどうかを示します。
  • runtimeVersion ONNXRuntime のバージョン番号。
  • schemaVersion データベースの構築方法の青写真バージョン。

Microsoft.ML.ONNXRuntime.RuntimePerf

このイベントは、ONNXRuntime のパフォーマンスに関する情報を収集します。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppSessionGuid プロセスの作成時に開始し、プロセスが終了するまで存続する特定のアプリケーション セッションの識別子。
  • schemaVersion データベースの構築方法の青写真バージョン。
  • sessionId 作成された各セッションの識別子。
  • totalRunDuration 前回からの合計実行時間/評価時間。
  • totalRuns 前回からの実行/評価の総数。

その他のイベント

Microsoft.Windows.Defender.Engine.Maps.Heartbeat

ハートビートは、Defender が実行されていて機能していることを示すために、1 日に 1 回送信されます。 イベントには、デバイス上の Defender の正常性を判断するために必要な情報が含まれます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppVersion Defender プラットフォームのバージョン
  • CampRing 月ごとの展開に使用される Camp リング
  • CfaMode フォルダー アクセスの制御の状態
  • ConsumerAsrMode 攻撃面の減少の状態
  • CountAsrRules 攻撃面の減少ルールの数が設定されています
  • EngineRing 月ごとの展開に使用されるエンジン リング
  • EngineVersion マルウェア対策エンジンのバージョン
  • HeartbeatType ハートビートが収集される理由の列挙型
  • IsAsrAnyAudit 攻撃面の減少ルールが監査モードで実行されているかどうかを示すフラグ
  • IsAsrAnyBlock 攻撃面の減少ルールが禁止モードで実行されているかどうかを示すフラグ
  • IsBeta ユーザーが Defender のベータ更新プログラムをオプトインしたかどうかを示すフラグ
  • IsManaged Defender が管理モードで実行されているかどうかを示すフラグ
  • IsPassiveMode Defender が ATP のパッシブ モードかどうかを示すフラグ
  • IsSxsPassiveMode Defender が限定的な定期スキャンのパッシブ モードかどうかを示すフラグ
  • ProductGuid Defender 製品 GUID (Defender の場合は静的)
  • PusMode 望ましくないソフトウェアである可能性があるソフトウェアをブロックするためのモード
  • ShouldHashIds e5 の ID をハッシュするための ISO コンプライアンス要件はありますか
  • SignatureRing 展開に使用される署名リング
  • SigVersion 署名 VVM のバージョン

Microsoft.Windows.SecureBootTelemetry.SecureBootEncodeUEFI

デバイス上の PK、KEK、DB、DBX ファイルを含むセキュア ブート構成に関する情報。

次のフィールドを使用できます。

  • SecureBootUEFIEncoding デバイス上の PK、KEK、DB、DBX ファイルに関する情報。

Microsoft.Windows.Security.SBServicing.ApplySecureBootUpdateStarted

セキュリティで保護されたブート更新が開始されたことを示すイベント。

次のフィールドを使用できます。

  • AvailableUpdates 使用可能なセキュア ブート更新プログラムの数。
  • SecureBootUpdateCaller これがサービスまたはアップグレードであるかどうかを示す列挙値。

Microsoft.Windows.Shell.StateCapture.TrayStateCapture

ユーザーがタスク バーをどのように構成したかを含む多数のグローバル設定と状態をキャプチャします。

次のフィールドを使用できます。

  • autoHideDesktop デスクトップを自動的に非表示にする
  • autoHideTablet タブレットを自動的に非表示にする
  • cortanaButtonState Cortana ボタンの状態
  • decoupledCortanaButtonState 分離 Cortana ボタンの状態
  • firstPartyToolbarsInUse 使用中の [ファースト パーティ] ツール バー
  • lockedMoveTaskbar ロック済み [移動] タスク バー
  • lockedSizeTaskbar ロック済み [サイズ] タスク バー
  • monitorCount モニター数
  • multiDisplayButtonPlacement [マルチディスプレイ] ボタンの配置
  • multiDisplayTaskbar [マルチディスプレイ] タスク バー
  • overflowAllowed 許可されたオーバーフロー
  • overflowItemCount オーバーフロー項目のコンテンツ
  • peekToPreviewDesktop デスクトップをプレビューする
  • showAppsInTablet タブレット内のアプリを表示する
  • showClock 時計を表示する
  • showInkWorkspace インク ワークスペースを表示する
  • showInputIndicator 入力インジケーターを表示する
  • showLocation 場所を表示する
  • showMicrophone マイクを表示する
  • showNetwork ネットワークを表示する
  • showNotificationCenter 通知センターを表示する
  • showPower 電源を表示する
  • showVolume ボリュームを表示する
  • smallIcons 小さいアイコン
  • taskbarBadging タスク バーのバッジ
  • taskViewButtonState [タスク ビュー] ボタンの状態
  • thirdPartyToolbarsInUse 使用中の 3 番目のツール バー
  • toolbarsCount ツール バーの数
  • toolbarsShowing 表示されているツール バー
  • toolbarsThirdPartyDefined 第三者が定義したツール バー
  • touchKeyboardDesktop タッチ キーボード デスクトップ
  • touchKeyboardTablet タッチ キーボード タブレット
  • triggerType トリガーの種類
  • usePowershell PowerShell を使用する

Microsoft.Windows.Shell.PrivacyConsentLogging.PrivacyConsentCompleted

このイベントは、ユーザーがプライバシーに関する同意のエクスペリエンスを正常に完了したかどうかを特定するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • presentationVersion ユーザーが完了したプライバシーに関する同意のエクスペリエンスの表示バージョン。
  • privacyConsentState プライバシーに関する同意のエクスペリエンスの現在の状態。
  • settingsVersion ユーザーが完了したプライバシーに関する同意のエクスペリエンスの設定バージョン。
  • userOobeExitReason プライバシーに関する同意のエクスペリエンスの終了理由。

Microsoft.Windows.Shell.PrivacyConsentLogging.PrivacyConsentStatus

このイベントは、新しいプライバシー エクスペリエンスの有効性を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • isAdmin ログインしているユーザーが管理者であるかどうか
  • isExistingUser アカウントがダウンレベル OS に存在したかどうか。
  • isLaunching プライバシーに関する同意のエクスペリエンスが起動されるかどうか。
  • isSilentElevation ユーザーが最も制限された UAC コントロールを持っているかどうか。
  • privacyConsentState ユーザーがプライバシー エクスペリエンスを完了しているかどうか
  • userRegionCode 現在のユーザーの地域設定。

wilActivity

このイベントは、製品とサービスの診断に使用される Windows 内部ライブラリ コンテキストを提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • hresult 全体的なアクティビティの HResult。
  • threadId アクティビティが実行されているスレッドの ID。

プライバシー通知イベント

Microsoft.Windows.Shell.PrivacyNotifierLogging.PrivacyNotifierCompleted

このイベントは、既知の問題によって影響を受けるユーザーに通知し、問題に対処するための修正措置を取ることを目的として、単一使用のツールの効果を報告するデータを返します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • cleanupTask ダイアログを起動したタスクをクリーンアップする必要があるかどうかを示します。
  • cleanupTaskResult ダイアログを表示するために使用されたタスクをクリーンアップする試行のリターン コード。
  • deviceEvaluated デバイスが既知の問題の評価対象であるかどうかを示します。
  • deviceImpacted デバイスが既知の問題によって影響を受けたかどうかを示します。
  • modalAction 表示されたダイアログでユーザーが実行したアクション。
  • modalResult 問題を説明するダイアログをユーザーに表示する試行のリターン コード。
  • resetSettingsResult 既知の問題を修正するアクションのリターン コード。

品質更新プログラムのアシスタント イベント

Microsoft.Windows.QualityUpdateAssistant.Applicability

このイベントは、デバイスを最新の累積更新プログラムに更新する必要があるかどうかについての基本的な情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • dayspendingrebootafterfu デバイスがアクティブな再起動が保留されている機能の更新のために再起動できる状態になってから経過した日数。
  • ExecutionRequestId QualityUpdateAssistant プロセスを起動した実行要求の識別子。
  • GlobalEventCounter このデバイスによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • IsApplicable 更新プログラムがこのデバイスに適用されるかどうかを示します。
  • KBNumber インストールされている更新の KBNumber。
  • PackageVersion 品質更新プログラムのアシスタントの現在のパッケージ バージョン。
  • Reason アップデートがデバイスに適用されない理由に関する情報を提供します。
  • Result 品質更新プログラムのアシスタントの適用性チェック。

Microsoft.Windows.QualityUpdateAssistant.DeviceReadinessCheck

このイベントは、デバイスを最新の累積更新プログラムをダウンロードする準備ができているかどうかについての基本的な情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • ExecutionRequestId QualityUpdateAssistant プロセスを起動した実行要求の識別子。
  • GlobalEventCounter このデバイスによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • KBNumber インストールされている更新の KBNumber。
  • PackageVersion 品質更新プログラムのアシスタントの現在のパッケージ バージョン。
  • QualityUpdateReadinessProcessorMaxSpeed プロセッサの最高速度。
  • Reason デバイスが準備チェックに合格しなかった理由を示します。
  • Result 品質更新プログラムのアシスタントのデバイス準備チェック。
  • VirtualMemoryUsedByCurrentProcess 品質更新プログラム アシスタント プロセスで使用されている仮想メモリ。

Microsoft.Windows.QualityUpdateAssistant.Download

このイベントは、最新の累積更新プログラムのダウンロードが始まると、基本情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • DODownloadHResult 品質更新プログラムのダウンロードに使用された場合の配信の最適化からの結果コード。
  • DownloadMode 品質更新プログラムがどのようにダウンロードされたかを示します。
  • ExecutionRequestId QualityUpdateAssistant プロセスを起動した実行要求の識別子。
  • GlobalEventCounter このデバイスによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • HttpsDownloadHResult HTTPS を使用して品質更新プログラムをダウンロードした場合の結果コード。
  • InstallMode 品質更新プログラムのインストールを試行するために使用されたインストール方法を示します。
  • KBNumber インストールされている更新の KBNumber。
  • PackageVersion 品質更新プログラムのアシスタントの現在のパッケージ バージョン。
  • QualityUpdateDeviceHasMinimumUptime デバイスに高品質の更新プログラムをインストールするために必要な最小稼働時間があるかどうかを示します。
  • Result 最新の累積更新プログラムのペイロードのダウンロード。
  • Scenario インストール手順が成功したか失敗したかを示します。

Microsoft.Windows.QualityUpdateAssistant.Install

このイベントは、最新の累積更新プログラムのインストール結果に関する基本情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • DismInstallHResult 品質更新プログラムのインストールに使用されたときの DISM からの内部結果コード。
  • ExecutionRequestId QualityUpdateAssistant プロセスを起動した実行要求の識別子。
  • GlobalEventCounter このデバイスによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • InstallMode 品質更新プログラムのインストールを試行するために使用されたインストール方法を示します。
  • KBNumber インストールされている更新の KBNumber。
  • launchretrycounter インストールの試行が失敗した場合に、インストールが再試行された回数のカウント。
  • PackageVersion 品質更新プログラムのアシスタントの現在のパッケージ バージョン。
  • QualityUpdateDismErrorCode DISM を使用して品質更新プログラムをインストールするときに返されるエラー コード。
  • QualityUpdatePendingRebootAfterInstallStage インストールの完了後にデバイスが再起動を保留しているかどうかを示します。
  • QualityUpdateSecondsInstallStage 品質更新プログラムのインストールに費やされた時間。
  • QualityUpdateWusaErrorCode WUSA を使用して品質更新プログラムをインストールするときに返されるエラー コード。
  • Result 最新の累積更新プログラムのペイロードのインストール。
  • Scenario インストール手順が成功したか失敗したかを示します。
  • WusaInstallHResult 品質更新プログラムのインストールに使用されたときの WUSA からの内部結果コード。

Microsoft.Windows.Shell.EM.EMCompleted

特定の要件を満たすデバイス上の問題を軽減するための操作の有効性を追跡するイベント。

次のフィールドを使用できます。

  • cleanUpScheduledTaskHR 操作を開始したスケジュールされたタスクをクリーンアップする操作の結果。
  • eulaHashHR 現在ディスク上にある EULA ファイルのハッシュを生成する操作の結果。
  • mitigationHR 影響を受けるデバイスに対して是正措置を実行する操作の結果。
  • mitigationResult デバイスで実行されたアクションを表す列挙値。
  • mitigationResultReason デバイスで実行されたアクションを表す文字列値。
  • mitigationSuccessWriteHR 成功値をレジストリに書き込んだ結果。
  • region 実行時のデバイスの既定のリージョン。
  • windowsVersionString 実行時に計算された Windows のバージョン。

Microsoft.Windows.UpdateAssistantApp.UpdateAssistantCompatCheckResult

このイベントは、更新アシスタントの互換性チェックを実行した結果を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter デバイス上のすべてのテレメトリのグローバル イベント カウンター。
  • UpdateAssistantCompatCheckResultOutput 更新アシスタントの互換性チェックの出力。
  • UpdateAssistantVersion 更新アシスタントの現在のパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.UpdateAssistantApp.UpdateAssistantDeviceInformation

このイベントは、更新アシスタントが実行されたデバイスに関する基本情報を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter デバイス上のすべてのテレメトリのグローバル イベント カウンター。
  • UpdateAssistantAppFilePath 更新アシスタント アプリへのパス。
  • UpdateAssistantDeviceId 更新アシスタント候補デバイスのデバイス ID。
  • UpdateAssistantExeName 更新アシスタントとして実行されている Exe 名。
  • UpdateAssistantExternalId 更新アシスタント候補デバイスの外部 ID。
  • UpdateAssistantIsDeviceCloverTrail True/False はデバイスの Clovertrai です。
  • UpdateAssistantIsPushing 更新プログラムがデバイスにプッシュされている場合は true。
  • UpdateAssistantMachineId 更新アシスタント候補デバイスのマシン ID。
  • UpdateAssistantOsVersion 更新アシスタントの OS バージョン。
  • UpdateAssistantPartnerId アシスタント アプリケーションのパートナー ID。
  • UpdateAssistantReportPath 更新アシスタントのレポートのパス。
  • UpdateAssistantStartTime 更新アシスタントの開始時刻。
  • UpdateAssistantTargetOSVersion 更新アシスタントの対象 OS バージョン。
  • UpdateAssistantUiType 既定または OOBE の UI の種類。
  • UpdateAssistantVersion 更新アシスタントの現在のパッケージ バージョン。
  • UpdateAssistantVersionInfo 更新アシスタント アプリケーションに関する情報。

Microsoft.Windows.UpdateAssistantApp.UpdateAssistantInteractive

ボタンのクリックなどのユーザー操作が行われます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter デバイス上のすべてのテレメトリのグローバル イベント カウンター。
  • UpdateAssistantInteractiveObjective 実行されたアクションの目的。
  • UpdateAssistantInteractiveUiAction UI を介して実行されるアクション。
  • UpdateAssistantVersion 更新アシスタントの現在のパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.UpdateAssistantApp.UpdateAssistantStartState

このイベントは、更新アシスタントの状態の開始を示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter デバイス上のすべてのテレメトリのグローバル イベント カウンター。
  • UpdateAssistantStateAcceptEULA AcceptEULAの開始時点で true。
  • UpdateAssistantStateCheckingCompat Compat のチェックの開始時点で true。
  • UpdateAssistantStateDownloading [ダウンロード] の開始時点で True を指定します。
  • UpdateAssistantStateInitializingApplication 状態の InitializingApplication の開始時点で True を指定します。
  • UpdateAssistantStateInitializingStates InitializingStates の最初に True を指定します。
  • UpdateAssistantVersion 更新アシスタントの現在のパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.UpdateAssistantApp.UpdateAssistantStateGeneralErrorDetails

現在の状態のエラーに関する詳細。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter デバイス上のすべてのテレメトリのグローバル イベント カウンター。
  • UpdateAssistantGeneralErrorHResult 現在の状態の HResult。
  • UpdateAssistantGeneralErrorOriginalState 現在の状態の状態名。
  • UpdateAssistantVersion 更新アシスタントの現在のパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.UpdateAssistantApp.UpdateAssistantUserActionDetails

このイベントは、ユーザー アクションに関する詳細を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter デバイス上のすべてのテレメトリのグローバル イベント カウンター。
  • UpdateAssistantUserActionExitingState ユーザーがアクションを実行した終了状態名。
  • UpdateAssistantUserActionHResult ユーザー アクションの HRESULT。
  • UpdateAssistantUserActionState ユーザーがアクションを実行した状態名。
  • UpdateAssistantVersion 更新アシスタントの現在のパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.UpdateAssistantDwnldr.UpdateAssistantDownloadDetails

アップデート アシスタント ESD のダウンロードに関する詳細。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter デバイス上のすべての利用統計情報のカウンター。
  • UpdateAssistantDownloadCancelled ESD のダウンロードがキャンセルされた場合は true。
  • UpdateAssistantDownloadDownloadTotalBytes ダウンロードの合計サイズ (バイト単位)。
  • UpdateAssistantDownloadEditionMismatch ダウンロードした ESD がエディションと一致しない場合は true。
  • UpdateAssistantDownloadESDEncrypted ESD が暗号化されている場合は true。
  • UpdateAssistantDownloadIs10s ESD が 10s の場合は true。
  • UpdateAssistantDownloadMessage 完了または失敗したダウンロードからのメッセージ。
  • UpdateAssistantDownloadMsgSize ダウンロードのサイズ。
  • UpdateAssistantDownloadNEdition ESD が N エディションの場合は true。
  • UpdateAssistantDownloadPath ダウンロードの完全なパス。
  • UpdateAssistantDownloadPathSize パスのサイズ。
  • UpdateAssistantDownloadProductsXml 製品 xml の完全なパス。
  • UpdateAssistantDownloadTargetEdition ダウンロード対象のエディション。
  • UpdateAssistantDownloadTargetLanguage ダウンロードの対象言語。
  • UpdateAssistantDownloadUseCatalog 更新アシスタントがカタログを使用している場合は true。
  • UpdateAssistantVersion 更新アシスタントの現在のパッケージ バージョン。

修復イベント

Microsoft.Windows.Remediation.Applicable

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、Windows Update によるセディメント修復をセディメント デバイスに適用する必要があるかどうかを示します。 セディメント デバイスとは、期間を延長して以前の OS バージョンを使用しているデバイスです。 修復では、デバイスにおける OS 更新プログラムの受信を妨げるようなシステム上の問題に対処します。

次のフィールドを使用できます。

  • AllowAutoUpdateExists 自動更新機能が有効になっているかどうかを示します。
  • AllowAutoUpdateProviderSetExists 自動更新を許可するプロバイダーが存在するかどうかを示します。
  • AppraiserBinariesValidResult プラグインが有効であると評価されたかどうかを示します。
  • AppraiserRegistryValidResult レジストリ エントリを有効なものとしてチェックアウトできるかどうかを示します。
  • AppraiserTaskRepairDisabled Appraiser プラグインによって実行されたタスクの修復が無効になっていることを示します。
  • AppraiserTaskValid Appraiser タスクが有効であることを示します。
  • AUOptionsExists 自動更新オプションが存在するかどうかを示します。
  • CTACTargetingAttributesInvalid Common Targeting Attribute Client (CTAC) 属性が有効であることを示します。 CTAC は、Windows ランタイム クライアント ライブラリです。
  • CTACVersion デバイス上の Common Targeting Attribute Client (CTAT) バージョン。 CTAT は、Windows ランタイム クライアント ライブラリです。
  • CV 相関関係ベクトル
  • DataStoreSizeInBytes データ ストアのサイズ (バイト単位)。
  • DateTimeDifference ローカル クロック時間と参照クロック時間との差。
  • DateTimeSyncEnabled Datetime Sync プラグインが有効かどうかを示します。
  • daysSinceInstallThreshold オペレーティング システムがインストールされてから、修復が必要かどうかを確認するためにデバイスを調べるまでの最大日数。
  • daysSinceInstallValue オペレーティング システムがインストールされてからの日数。
  • DaysSinceLastSIH 最新の SIH が実行されてからの日数。
  • DaysToNextSIH 次にスケジュールされている SIH 実行までの日数。
  • DetectConditionEnabled 修復ツールによって修復できる状態が検出されたかどうかを示します。
  • DetectedCondition 検出された条件が true で実行アクションが実行されるかどうかを示します。
  • DetectionFailedReason 検出された問題を特定の修復手段で解決できなかった理由を示します。
  • DiskFreeSpaceBeforeSedimentPackInMB Sediment Pack を実行する前の、デバイスで使用可能なディスク領域のメガバイト数。
  • DiskSpaceBefore 修復が実行される前の、使用可能な空きディスク領域の容量。
  • EditionIdFixCorrupted エディション ID が壊れているかどうかを示します。
  • EscalationTimerResetFixResult エスカレーション タイマーの修正結果。
  • EvalAndReportAppraiserRegEntries EvalAndReportAppraiserRegEntriesFailed イベントが失敗したことを示します。
  • FixedEditionId エディション ID が修正されているかどうかを示します。
  • FlightRebootTime システムが再起動されるまでの時間の長さ。
  • ForcedRebootToleranceDays デバイスでシステムの再起動が強制されるまでの最大日数。
  • FreeSpaceRequirement 必要な空き領域の容量。
  • GlobalEventCounter 修復システムによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • HResult プラグインの検出または実行アクション フェーズの HRESULT。
  • installDateValue インストールの日付。
  • IsAppraiserLatestResult Appraiser タスクからの HRESULT。
  • IsConfigurationCorrected SIH タスクの構成が正常に修正されたかどうかを示します。
  • IsEscalationTimerResetFixNeeded 修正プログラムが適用可能かどうかを決定します。
  • IsForcedModeEnabled 強制再起動モードが有効になっているかどうかを示します。
  • IsHomeSku デバイスで Windows 10 Home エディションが実行されているかどうかを示します。
  • IsRebootForcedMode 強制再起動モードが有効になっているかどうかを示します。
  • IsServiceHardeningEnabled デバイスに対して Windows サービスのセキュリティ強化機能が有効になっているかどうかを示します。
  • IsServiceHardeningNeeded デバイスに Windows サービスのセキュリティ強化機能が必要 (複数インスタンスのサービス改ざんが検出された) かどうかを示します。
  • isThreshold 値がしきい値の範囲内かどうかを示します。
  • IsUsoRebootPending システムの再起動が保留中かどうかを示します。
  • IsUsoRebootPendingInUpdateStore 再起動が保留中かどうかを示します。
  • IsUsoRebootTaskEnabled USO (更新サービス オーケストレーター) の再起動タスクが有効になっているかどうかを示します。
  • IsUsoRebootTaskExists USO (更新サービス オーケストレーター) の再起動タスクが存在するかどうかを示します。
  • IsUsoRebootTaskValid USO (更新サービス オーケストレーター) の再起動タスクが有効かどうかを示します。
  • LastHresult プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT。
  • LastRebootTaskRunResult 前回の再起動タスクの結果を示します。
  • LastRebootTaskRunTime 前回の再起動タスクの実行にかかった時間の長さ。
  • LastRun 最後に SIH が実行された日付。
  • LPCountBefore 修復開始前にデバイス上にある言語パックの数。
  • NextCheck 次にいつ修復が試行されるかを示します。
  • NextRebootTaskRunTime 次回のシステム再起動タスクがいつ実行されるかを示します。
  • NextRun 次回の SIH 実行がスケジュールされている日付。
  • NoAutoUpdateExists 自動更新機能が無効になっているかどうかを示します。
  • NumberOfDaysStuckInReboot デバイスを正常に再起動できなかった日数。
  • OriginalEditionId 修復を開始する前の Windows エディション ID。
  • PackageVersion 現在の修復パッケージのバージョン。
  • PluginName 各汎用プラグイン イベントに対して指定されたプラグインの名前。
  • ProductType Windows 10 の製品の種類。
  • QualityUpdateSedimentFunnelState デバイスで Windows 品質更新プログラムが不足しているかどうかに関する情報を提供します。
  • QualityUpdateSedimentJsonSchemaVersion 品質更新プログラムによるセディメント修復のスキーマ バージョン。
  • QualityUpdateSedimentLastRunSeconds 品質更新プログラムが実行されてからの秒数。
  • QualityUpdateSedimentLocalStartTime 品質更新プログラムがいつ実行されたかに関する情報を提供します。
  • QualityUpdateSedimentLocaltTime 品質更新プログラムによるセディメント修復デバイスが実行するローカル時刻。
  • QualityUpdateSedimentTargetedPlugins デバイスで品質更新プログラムを有効にするために適用できる修復プラグインの一覧を提供します。
  • QualityUpdateSedimentTargetedTriggers デバイスで品質更新プログラムを有効にするために適用できる修復に関する情報を提供します。
  • RegkeysExist 指定されたレジストリ キーが存在するかどうかを示します。
  • Reload SIH の再読み込みが必要な場合は True。
  • RemediationAutoUACleanupNeeded 自動更新アシスタントのクリーンアップが必要です。
  • RemediationAutoUAIsInstalled 自動更新アシスタント ツールがインストールされているかどうかを示します。
  • RemediationAutoUATaskDisabled 自動更新アシスタント ツール タスクが無効になっているかどうかを示します。
  • RemediationAutoUATaskNotExists 自動更新アシスタント ツール タスクが存在しないかどうかを示します。
  • RemediationAutoUATasksStalled 自動更新アシスタント ツール タスクが停止中かどうかを示します。
  • RemediationCorruptionRepairBuildNumber 破損の修復に使用されるビルド番号。
  • RemediationCorruptionRepairCorruptionsDetected 破損が検出されたかどうかを示します。
  • RemediationCorruptionRepairDetected 破損の修復が試行されたかどうかを示します。
  • RemediationDeliverToastBuildNumber このデバイスに適用できるビルド番号を示します。
  • RemediationDeliverToastDetected プラグインが検出されたことを示します。
  • RemediationDeliverToastDeviceExcludedNation 特定のプラグインに適用できない地理 ID (GEO ID) を示します。
  • RemediationDeliverToastDeviceFreeSpaceInMB 空き領域の容量をメガバイト単位で示します。
  • RemediationDeliverToastDeviceHomeSku プラグインが Windows 10 Home エディションに適用可能かどうかを示します。
  • RemediationDeliverToastDeviceIncludedNation 特定のプラグインに適用できる地理 ID (GEO ID) を示します。
  • RemediationDeliverToastDeviceProSku プラグインが Windows 10 Professional エディションに適用可能かどうかを示します。
  • RemediationDeliverToastDeviceSystemDiskSizeInMB システム ディスクのサイズをメガバイト単位で示します。
  • RemediationDeliverToastGeoId 特定のプラグインに適用できる地理 ID (GEO ID) を示します。
  • RemediationDeviceSkuId デバイス上の Windows 10 のバージョンに対応する Windows 10 エディション ID。
  • RemediationGetCurrentFolderExist GetCurrent フォルダーが存在するかどうかを示します。
  • RemediationNoisyHammerAcLineStatus デバイスの AC 行の状態を示します。
  • RemediationNoisyHammerAutoStartCount 自動 UA が自動開始された回数。
  • RemediationNoisyHammerCalendarTaskEnabled 更新アシスタント カレンダー タスクが有効であることを示すイベント。
  • RemediationNoisyHammerCalendarTaskExists 更新アシスタント カレンダー タスクが存在することを示すイベント。
  • RemediationNoisyHammerCalendarTaskTriggerEnabledCount タスク内でカレンダーのトリガーが有効になっていることを示すイベント。
  • RemediationNoisyHammerDaysSinceLastTaskRunTime 自動 UA が実行された日数。
  • RemediationNoisyHammerGetCurrentSize $GetCurrent フォルダーのサイズ (MB 単位)。
  • RemediationNoisyHammerIsInstalled 自動 UA がインストールされている場合は TRUE。
  • RemediationNoisyHammerLastTaskRunResult 最後に実行された自動 UA タスクの結果。
  • RemediationNoisyHammerMeteredNetwork コンピューターが従量制課金接続の場合は TRUE。
  • RemediationNoisyHammerTaskEnabled 自動 UA タスクが有効になっている場合は TRUE。
  • RemediationNoisyHammerTaskExists オート UA タスクが存在する場合は TRUE。
  • RemediationNoisyHammerTasksStalled オート UA タスクが停止している場合は TRUE。
  • RemediationNoisyHammerTaskTriggerEnabledCount タスクでカウント トリガーが有効になっているかどうかを示します。
  • RemediationNoisyHammerUAExitCode 更新アシスタントの終了コード。
  • RemediationNoisyHammerUAExitState 更新アシスタントの終了コード。
  • RemediationNoisyHammerUserLoggedIn ユーザーがログインしている場合は TRUE。
  • RemediationNoisyHammerUserLoggedInAdmin 現在、ログインしているユーザーが管理者である場合は TRUE。
  • RemediationNotifyUserFixIssuesBoxStatusKey 修復プラグインの状態。
  • RemediationNotifyUserFixIssuesBuildNumber 修復プラグインのビルド番号。
  • RemediationNotifyUserFixIssuesDetected 修復が必要かどうかを示します。
  • RemediationNotifyUserFixIssuesDiskSpace ディスク領域が不足しているために修復が必要であるかどうかを示します。
  • RemediationNotifyUserFixIssuesFeatureUpdateBlocked 機能更新プログラムがブロックされているために修復が必要であるかどうかを示します。
  • RemediationNotifyUserFixIssuesFeatureUpdateInProgress 機能更新プログラムが進行中であるために修復が必要かどうかを示します。
  • RemediationNotifyUserFixIssuesIsUserAdmin 修復を実行するには管理者がログインしている必要があるかどうかを示します。
  • RemediationNotifyUserFixIssuesIsUserLoggedIn 管理者以外がログインしていても修復を実行可能かどうかを示します。
  • RemediationProgramDataFolderSizeInMB デバイス上の Program Data フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationProgramFilesFolderSizeInMB デバイス上の Program Files フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationShellDeviceApplicabilityFailedReason デバイスに修復を適用できない理由 (ビットマップとして表されます)。
  • RemediationShellDeviceEducationSku デバイス上で Windows 10 Education エディションが検出されたかどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceEnterpriseSku デバイス上で Windows 10 Enterprise エディションが検出されたかどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceFeatureUpdatesPaused 機能更新プログラムがデバイスで一時停止されているかどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceHomeSku デバイス上で Windows 10 Home エディションが検出されたかどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceIsAllowedSku Windows 10 エディションがデバイスに適用可能かどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceManaged デバイスが WSUS 管理の場合、または Windows Update が無効である場合は TRUE。
  • RemediationShellDeviceNewOS デバイスに最近インストールした OS がある場合は TRUE。
  • RemediationShellDeviceProSku デバイス上で Windows 10 Professional エディションが検出されたかどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceQualityUpdatesPaused 品質更新プログラムがデバイスで一時停止しているかどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceSccm デバイスが Microsoft Endpoint 構成マネージャーによって管理されている場合は TRUE です。
  • RemediationShellDeviceSedimentMutexInUse Sediment Pack の相互排他オブジェクト (mutex) が使用中かどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceSetupMutexInUse デバイスのセットアップが進行中かどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceWuRegistryBlocked Windows Update がレジストリを介してデバイスでブロックされているかどうかを示します。
  • RemediationShellDeviceZeroExhaust デバイスが Windows Update から完全にオプトアウトしている場合は TRUE。
  • RemediationShellHasExpired 修復の反復が終了したかどうかを示します。
  • RemediationShellHasUpgraded デバイスがアップグレードされたかどうかを示します。
  • RemediationShellIsDeviceApplicable 修復がデバイスに適用可能かどうかを示します。
  • RemediationTargetMachine デバイスが指定した修正プログラムのターゲットであるかどうかを示します。
  • RemediationTaskHealthAutochkProxy AutochkProxy タスクの正常性に基づいて True/False が設定されます。
  • RemediationTaskHealthChkdskProactiveScan チェック ディスク タスクの正常性に基づいて True/False が設定されます。
  • RemediationTaskHealthDiskCleanup_SilentCleanup ディスク クリーンアップ タスクの正常性に基づいて True/False が設定されます。
  • RemediationTaskHealthMaintenance_WinSAT 正常性のメンテナンス タスクの正常性に基づいて True/False が設定されます。
  • RemediationTaskHealthServicing_ComponentCleanupTask ヘルス サービス コンポーネント タスクの正常性に基づいて True/False が設定されます。
  • RemediationTaskHealthUSO_ScheduleScanTask USO (更新セッション オーケストレーター) スケジュール タスクの正常性に基づいて True/False が設定されます。
  • RemediationTaskHealthWindowsUpdate_ScheduledStartTask Windows Update によってスケジュールされたスタート タスクの正常性に基づいて True/False が設定されます。
  • RemediationTaskHealthWindowsUpdate_SihbootTask Sihboot タスクの正常性に基づいて True/False が設定されます。
  • RemediationUHServiceDisabledBitMap どのサービスが無効になっているかを示すビットマップ。
  • RemediationUHServiceNotExistBitMap どのサービスが削除されたかを示すビットマップ。
  • RemediationUsersFolderSizeInMB デバイス上の Users フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindows10UpgradeFolderExist Windows 10 Upgrade フォルダーが存在するかどうかを示します。
  • RemediationWindows10UpgradeFolderSizeInMB デバイス上の Windows 10 Upgrade フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsAppsFolderSizeInMB デバイス上の Windows アプリケーション フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsBtFolderSizeInMB デバイス上の Windows BT フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsFolderSizeInMB デバイス上の Windows フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsServiceProfilesFolderSizeInMB デバイス上の Windows サービス プロファイルのサイズ (メガバイト単位)。
  • Result これは、プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT です。
  • RunTask SIH タスクをプラグインによって実行する必要がある場合は TRUE。
  • StorageSenseDiskCompresserEstimateInMB ストレージ センサーを実行することでクリーンアップできる空き領域の推定容量。
  • StorageSenseHelloFaceRecognitionFodCleanupEstimateInByte ストレージ センサーを実行し、Windows Hello 顔認識機能を削除することでクリーンアップできる領域の推定容量。
  • StorageSenseRestorePointCleanupEstimateInMB ストレージ センサーを実行することでクリーンアップできる空き領域の推定容量 (メガバイト単位)。
  • StorageSenseUserDownloadFolderCleanupEstimateInByte ストレージ センサーを実行してユーザー ダウンロード フォルダーをクリーンアップすることでクリーンアップできる領域の推定容量。
  • TimeServiceNTPServer デバイスで使用される NTP タイム サーバーの URL。
  • TimeServiceStartType NTP タイム サービスのスタートアップの種類。
  • TimeServiceSyncDomainJoined デバイス ドメインに参加しているために、クロックに DC を使用する場合は True。
  • TimeServiceSyncType デバイス上の日付/時刻サービスの同期動作の種類。
  • uninstallActiveValue アンインストールが進行中であるかどうかを示します。
  • UpdateApplicabilityFixerTriggerBitMap 更新プログラムの適用性修正プラグインが実行された理由を示すビットマップ。
  • UpdateRebootTime 更新プログラムをインストールするための再起動にかかった時間の長さ。
  • usoScanHoursSinceLastScan USO (更新サービス オーケストレーター) による前回のスキャンからの時間数。
  • usoScanPastThreshold USO (更新サービス オーケストレーター) スキャンの期限が過ぎているかどうかを示します。
  • WindowsHiberFilSysSizeInMegabytes Windows 休止状態ファイルのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsInstallerFolderSizeInMegabytes Windows インストーラー フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsPageFileSysSizeInMegabytes Windows ページ ファイルのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsSoftwareDistributionFolderSizeInMegabytes ソフトウェア配布フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsSwapFileSysSizeInMegabytes Windows スワップ ファイルのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsSxsFolderSizeInMegabytes WinSxS (Windows サイドバイサイド) フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。

Microsoft.Windows.Remediation.Completed

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、Windows Update によるセディメント修復がセディメント デバイスで完了したときに送信されます。 セディメント デバイスとは、期間を延長して以前の OS バージョンを使用しているデバイスです。 修復では、デバイスにおける OS 更新プログラムの受信を妨げるようなシステム上の問題に対処します。

次のフィールドを使用できます。

  • ActionName プラグインによって実行されるアクションの名前。
  • AppraiserTaskMissing Appraiser タスクが見つからない場合は TRUE。
  • branchReadinessLevel ブランチ準備レベル ポリシー。
  • cloudControlState クラウドの制御の設定で、シェルが有効になっているかどうかを示す値。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • DateTimeDifference ローカル クロックと参照クロックの差。
  • DiskFreeSpaceAfterSedimentPackInMB Sediment Pack の実行後の空きディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • DiskFreeSpaceBeforeSedimentPackInMB Sediment Pack の実行前の空きディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • DiskMbFreeAfterCleanup クリーンアップ後のハード ディスク領域の空き容量 (MB 単位)。
  • DiskMbFreeBeforeCleanup クリーンアップ前のハード ディスク領域の空き容量 (MB 単位)。
  • DiskSpaceCleanedByComponentCleanup プラグインによってクリーンアップされたコンポーネント ストアのディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • DiskSpaceCleanedByNGenRemoval プラグインによってクリーンアップされたネイティブ イメージ ジェネレーター (NGEN) キャッシュのディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • DiskSpaceCleanedByRestorePointRemoval プラグインによってクリーンアップされた復元ポイントのディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • ForcedAppraiserTaskTriggered Appraiser タスクがプラグインから実行された場合は TRUE。
  • GlobalEventCounter アクティブなユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • HandlerCleanupFreeDiskInMegabytes ストレージ センサー ハンドラーによってクリーニングされたハード ディスク領域の容量 (MB 単位)。
  • hasRolledBack クライアント コンピューターがロールバックしたかどうかを示します。
  • hasUninstalled クライアント コンピューターが、OS のそれ以降のバージョンをアンインストールしたかどうかを示します。
  • hResult イベントの実行結果。
  • HResult イベントの実行結果。
  • installDate installDate レジストリ キーの値。 インストールの日付を示します。
  • isNetworkMetered クライアント コンピューターが、OS の以降のバージョンをアンインストールしたかどうかを示します。
  • LatestState プラグイン コンポーネントの最終的な状態。
  • MicrosoftCompatibilityAppraiser Appraiser プラグインの対象となるコンポーネントの名前。
  • PackageVersion 現在の修復のパッケージ バージョン。
  • PluginName 各汎用プラグイン イベントに対して指定されたプラグインの名前。
  • QualityUpdateSedimentExecutedPlugins Windows 品質更新プログラムの修復によって実行されたプラグインの数。
  • QualityUpdateSedimentFunnelState デバイスに対する Windows 品質更新プログラム修復フィルターの状態。
  • QualityUpdateSedimentJsonSchemaVersion 品質更新プログラムによるセディメント修復のスキーマ バージョン。
  • QualityUpdateSedimentLocalEndTime Windows 品質更新プログラムによる修復が実行された、デバイス上のローカル時刻。
  • QualityUpdateSedimentLocaltTime 品質更新プログラムによるセディメント修復デバイスが実行するローカル時刻。
  • QualityUpdateSedimentMatchedTriggers Windows 品質更新プログラムによる修復で適合したトリガーの一覧。
  • QualityUpdateSedimentModelExecutionSeconds Windows 品質更新プログラムの修復の実行に要した秒数。
  • recoveredFromTargetOS 対象のオペレーティング システム (OS) からデバイスが回復したかどうかを示します。
  • RemediationAutoUASpaceSaved AutoUA フォルダーをクリーンアップした場合に節約されるディスク領域の容量 (MB 単位)。
  • RemediationBatteryPowerBatteryLevel 操作を続行できるバッテリ レベルを示します。
  • RemediationBatteryPowerExitDueToLowBattery バッテリー不足が原因で終了する場合は True。
  • RemediationBatteryPowerOnBattery バッテリで実行できる場合は True。
  • RemediationCbsTempDiskSpaceCleanedInMB プラグインが CbsTemp フォルダー内でクリーンアップした領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationCbsTempEstimateInMB プラグインによるクリーンアップが可能な CbsTemp フォルダー内の領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationComponentCleanupEstimateInMB プラグインによるクリーンアップが可能な WinSxS (Windows サイドバイサイド) フォルダー内の領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationConfigurationTroubleshooterIpconfigFix IPConfig 修正プログラムが正常に完了した場合は TRUE。
  • RemediationConfigurationTroubleshooterNetShFix ネットワーク カードのキャッシュのリセットが正常に実行された場合は TRUE。
  • RemediationCorruptionIsManifestFix マニフェストが修復されたかどうかを示すブール値。
  • RemediationCorruptionRepairCorruptionsDetected デバイス上で検出された破損の数。
  • RemediationCorruptionRepairCorruptionsFixed デバイス上で検出され、修正された破損の数。
  • RemediationCorruptionRepairDownloadCompleted マニフェスト cab のダウンロードが完了したかどうかを示すブール値。
  • RemediationCorruptionRepairDownloadRequired マニフェスト cab のダウンロードが修復に必要であるかどうかを示すブール値。
  • RemediationCorruptionRepairMeteredNetwork デバイスが従量制課金接続しているかどうかを示すブール値。
  • RemediationCorruptionRepairPerformActionSuccessful デバイス上で破損の修復が成功したかどうかを示します。
  • RemediationDiskCleanupSearchFileSizeInMB クリーンアップ検索インデックス ファイルのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationDiskSpaceSavedByCompressionInMB プラグインによって圧縮されたディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationDiskSpaceSavedByUserProfileCompressionInMB プラグインによって圧縮されたユーザー ディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • remediationExecution 修復シェルは "applying remediation" 状態です。
  • RemediationHandlerCleanupEstimateInMB ストレージ センサーを実行することでクリーンアップされるディスク領域の推定容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationHibernationMigrated 休止状態に移行した場合は TRUE。
  • RemediationHibernationMigrationSucceeded 休止状態への移行が成功した場合は TRUE。
  • RemediationNGenDiskSpaceRestored ネイティブ イメージ ジェネレーター (NGEN) の再実行後に復元されたディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationNGenEstimateInMB プラグインによってネイティブ イメージ ジェネレーター (NGEN) キャッシュにあると推定されたディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationNGenMigrationSucceeded ネイティブ イメージ ジェネレーター (NGEN) の移行が成功したかどうかを示します。
  • RemediationRestorePointEstimateInMB プラグインによって検出された記憶域ポイントでの使用が推定されたディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationSearchFileSizeEstimateInMB プラグインによって検出されたクリーンアップ検索インデックス ファイルでの使用が推定されたディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationShellHasUpgraded デバイスがアップグレードされた場合は TRUE。
  • RemediationShellMinimumTimeBetweenShellRuns シェル実行間の時間がプラグインを実行するために必要な最小時間を超えたことを示します。
  • RemediationShellRunFromService シェル ドライバーがサービスから実行された場合は TRUE。
  • RemediationShellSessionIdentifier シェル セッションを追跡する一意識別子。
  • RemediationShellSessionTimeInSeconds シェル セッションがかかった時間を示します (秒単位)。
  • RemediationShellTaskDeleted シェル タスクが削除されたために、このインストールでそれ以上のセディメント パックが実行されないことを示します。
  • RemediationSoftwareDistributionCleanedInMB プラグインによってクリーンアップされたソフトウェア配布フォルダー内のディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationSoftwareDistributionEstimateInMB プラグインによるクリーンアップに使用可能な、ソフトウェア配布フォルダー内のディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationTotalDiskSpaceCleanedInMB プラグインによってクリーンアップされたディスク領域の合計 (メガバイト単位)。
  • RemediationUpdateServiceHealthRemediationResult 更新サービスの正常性プラグインの結果。
  • RemediationUpdateTaskHealthRemediationResult 更新タスクの正常性プラグインの結果。
  • RemediationUpdateTaskHealthTaskList 更新タスクの正常性プラグインによって修正されたタスクの一覧。
  • RemediationUserFolderCompressionEstimateInMB プラグインによってユーザー フォルダー内で圧縮可能と推定されたディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationUserProfileCompressionEstimateInMB プラグインによってユーザー プロファイル フォルダー内で圧縮可能と推定されたディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationUSORebootRequred USO (更新サービス オーケストレーター) を呼び出すことにより再起動が必要であると判断されたかどうかを示します。
  • RemediationWindowsCompactedEstimateInMB プラグインを使用してオペレーティングシステムを圧縮することにより利用可能になると推定されるディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsLogSpaceEstimateInMB プラグインによってクリーニングできる、Windows ログ内で使用可能なディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsLogSpaceFreed Windows のログ ファイルの削除によって解放されたディスク領域の容量 (MB 単位)。
  • RemediationWindowsOldSpaceEstimateInMB プラグインによってクリーンアップできる、Windows.OLD フォルダー内のディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsSpaceCompactedInMB プラグインによってクリーンアップできるディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsStoreSpaceCleanedInMB プラグインによってクリーンアップされた、Microsoft Store キャッシュからのディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsStoreSpaceEstimateInMB プラグインによってクリーンアップ可能と推定される、Microsoft Store キャッシュ内のディスク領域の容量 (メガバイト単位)。
  • Result プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT。
  • RunCount プラグインが実行された回数。
  • RunResult プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT。
  • ServiceHardeningExitCode Windows サービス修復によって返される終了コード。
  • ServiceHealthEnabledBitMap プラグインによって更新されたサービスのリスト。
  • ServiceHealthInstalledBitMap プラグインによってインストールされたサービスの一覧。
  • StorageSenseDiskCompresserTotalInMB ストレージ センサーによってユーザー ダウンロード フォルダー内でクリーンアップされた合計メガバイト数。
  • StorageSenseHelloFaceRecognitionFodCleanupTotalInByte ストレージ センサーが Windows Hello 顔認識機能を削除することによりユーザー ダウンロード フォルダー内でクリーンアップできた領域の容量。
  • StorageSenseRestorePointCleanupTotalInMB ストレージ センサーによってユーザー ダウンロード フォルダー内でクリーンアップされた合計メガバイト数。
  • StorageSenseUserDownloadFolderCleanupTotalInByte ストレージ センサーによってユーザー ダウンロード フォルダー内でクリーンアップされた合計バイト数。
  • systemDriveFreeDiskSpace システム ドライブの空きディスク領域を示します (MB 単位)。
  • systemUptimeInHours 最後の起動以降、システムが稼働していた時間を時間数で示します。
  • uninstallActive 現在の OS に対してこれまでにアンインストールが行われた場合は TRUE。
  • UpdateApplicabilityFixedBitMap プラグインによってどの修正プログラムが適用されたかを示すビットマップ。
  • usoScanDaysSinceLastScan 最後の USO (更新セッション オーケストレーター) スキャンからの日数。
  • usoScanInProgress 複数の同時スキャンを防止するために、USO (更新セッション オーケストレーター) スキャンが進行中の場合は TRUE。
  • usoScanIsAllowAutoUpdateKeyPresent AllowAutoUpdate レジストリ キーが設定されている場合は TRUE。
  • usoScanIsAllowAutoUpdateProviderSetKeyPresent AllowAutoUpdateProviderSet レジストリ キーが設定されている場合は TRUE。
  • usoScanIsAuOptionsPresent 自動更新オプションのレジストリ キーが設定されている場合は TRUE。
  • usoScanIsFeatureUpdateInProgress 複数の同時スキャンを防止するために、USO (更新セッション オーケストレーター) スキャンが進行中の場合は TRUE。
  • usoScanIsNetworkMetered デバイスが現在、従量制課金接続の場合は TRUE。
  • usoScanIsNoAutoUpdateKeyPresent 自動更新のレジストリ キーが設定されていない、または存在しない場合は TRUE。
  • usoScanIsUserLoggedOn ユーザーがログオンしている場合は TRUE。
  • usoScanPastThreshold 最新の更新セッション オーケストレーター (USO) スキャンがしきい値を超えた場合 (遅れた場合) は TRUE。
  • usoScanType USO (更新セッション オーケストレーター) スキャンの種類 ("Interactive" または "Background")。
  • windows10UpgraderBlockWuUpdates Windows 10 Upgrader BlockWuUpdates キーの値を報告するイベント。
  • windowsEditionId Windows エディション ID の値を報告するイベント。
  • WindowsOldSpaceCleanedInMB Windows.OLD フォルダーの削除によって解放されたディスク領域の容量 (MB 単位)。
  • windowsUpgradeRecoveredFromRs4 Windows のアップグレード回復キーの値を報告するイベント。

Microsoft.Windows.Remediation.Started

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、Windows Update によるセディメント修復がセディメント デバイスで開始されたときに送信されます。 セディメント デバイスとは、期間を延長して以前の OS バージョンを使用しているデバイスです。 修復では、デバイスにおける OS 更新プログラムの受信を妨げるようなシステム上の問題に対処します。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion 現在の修復パッケージのバージョン。
  • PluginName 各汎用プラグイン イベントに対して指定されたプラグインの名前。
  • QualityUpdateSedimentFunnelState デバイスで品質更新プログラムが不足しているかどうかに関する情報を提供します。
  • QualityUpdateSedimentFunnelType 修復が品質更新プログラム用か機能更新プログラム用かを示します。
  • QualityUpdateSedimentJsonSchemaVersion 品質更新プログラムによるセディメント修復のスキーマ バージョン。
  • QualityUpdateSedimentLastRunSeconds 品質更新プログラムが実行されてからの秒数。
  • QualityUpdateSedimentLocaltTime 品質更新プログラムによるセディメント修復デバイスが実行するローカル時刻。
  • QualityUpdateSedimentMatchedTriggers Windows 品質更新プログラムによる修復で適合したトリガーの一覧。
  • QualityUpdateSedimentSelectedPlugins 品質更新プログラムによるセディメント修復で実行用に選択されたプラグインの数。
  • QualityUpdateSedimentTargetedPlugins 品質更新プログラムによる現在のセディメント修復の対象となるプラグインの一覧。
  • QualityUpdateSedimentTargetedTriggers 品質更新プログラムによる現在のセディメント修復の対象となるトリガーの一覧。
  • RemediationProgramDataFolderSizeInMB デバイス上の Program Data フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationProgramFilesFolderSizeInMB デバイス上の Program Files フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationUsersFolderSizeInMB デバイス上の Users フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsAppsFolderSizeInMB デバイス上の Windows アプリケーション フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsBtFolderSizeInMB デバイス上の Windows BT フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsFolderSizeInMB デバイス上の Windows フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsServiceProfilesFolderSizeInMB デバイス上の Windows サービス プロファイル フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • RemediationWindowsTotalSystemDiskSize システム ディスク ドライブの合計記憶域容量 (メガバイト単位)。
  • Result これは、プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT です。
  • RunCount (正常に完了したかどうかに関係なく) 修復イベントが開始された回数。
  • WindowsHiberFilSysSizeInMegabytes Windows 休止状態ファイルのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsInstallerFolderSizeInMegabytes Windows インストーラー フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsOldFolderSizeInMegabytes Windows.OLD フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsPageFileSysSizeInMegabytes Windows ページ ファイルのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsSoftwareDistributionFolderSizeInMegabytes Software Distribution フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsSwapFileSysSizeInMegabytes Windows スワップ ファイルのサイズ (メガバイト単位)。
  • WindowsSxsFolderSizeInMegabytes WinSxS (Windows サイドバイサイド) フォルダーのサイズ (メガバイト単位)。

Sediment イベント

Microsoft.Windows.Sediment.Info.DetailedState

このイベントは、更新プログラムの試用版実行から詳細な状態の情報が必要なときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • データ ディレクトリが占有するディスク領域の割合などの状態に関連するデータ。
  • Id ディスク関連の試用版など、実行されている試用版を識別します。
  • ReleaseVer コンポーネントのバージョン。
  • 状態 トップレベル ディレクトリ分析など、試用版からの報告データの状態。
  • 時間 イベントが発生した時刻。

Microsoft.Windows.Sediment.Info.Error

このイベントは、アップデーターのペイロードのエラーを示します。 この情報は、Windows を最新の状態に保つために役立ちます。

次のフィールドを使用できます。

  • FailureType 発生したエラーの種類。
  • FileName エラーが発生したコード ファイル。
  • HResult エラーのエラー コード。
  • LineNumber エラーが発生したコード ファイル内の行番号。
  • ReleaseVer エラーが発生したコンポーネントのバージョン情報。
  • 時間 エラーが発生したシステム時刻。

Microsoft.Windows.Sediment.Info.PhaseChange

このイベントは、アップデーターによる処理の進行状況を示します。 この情報は、Windows を最新の状態に保つために役立ちます。

次のフィールドを使用できます。

  • NewPhase 進行状況のフェーズ。
  • ReleaseVer 変更が発生したコンポーネントのバージョン情報。
  • 時間 フェーズの変更が発生したシステム時刻。

Microsoft.Windows.SedimentLauncher.Applicable

このイベントは、セディメント デバイスにおける OS 更新プログラムの受信を妨げている可能性がある問題に対処するための適切なプラグインが、Windows Update セディメント修復ランチャーによって検出された場合に送信されます。 セディメント デバイスとは、期間を延長して以前の OS バージョンを使用しているデバイスです。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • DetectedCondition 検出条件が true で、アクションを実行が実行される場合はブール値 true。
  • FileVersion 自己更新プロセスによって適用されるデータリンク ライブラリ (DLL) のバージョン。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • IsHashMismatch ハッシュが不一致かどうかを示します。
  • IsSelfUpdateEnabledInOneSettings 設定で自己更新が有効になっている場合は true。
  • IsSelfUpdateNeeded デバイスで自己更新が必要な場合は true。
  • PackageVersion 修復の現在のパッケージ バージョン。
  • PluginName 各汎用プラグイン イベントに対して指定されたプラグインの名前。
  • Result これは、プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT です。

Microsoft.Windows.SedimentLauncher.Completed

このイベントは、セディメント デバイスにおける OS 更新プログラムの受信を妨げている可能性がある問題に対処するプラグインの実行が、Windows Update セディメント修復ランチャーによって完了された場合に送信されます。 セディメント デバイスとは、期間を延長して以前の OS バージョンを使用しているデバイスです。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • FailedReasons エラーの理由の連結された一覧。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion 修復の現在のパッケージ バージョン。
  • PluginName 各汎用プラグイン イベントに対して指定されたプラグインの名前。
  • Result これは、プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT です。
  • SedLauncherExecutionResult Sediment ランチャーの 1 つの実行の HRESULT。

Microsoft.Windows.SedimentLauncher.Started

このイベントは、セディメント デバイスにおける OS 更新プログラムの受信を妨げている可能性がある問題に対処するプラグインの実行が、Windows Update セディメント修復ランチャーによって開始された場合に送信されます。 セディメント デバイスとは、期間を延長して以前の OS バージョンを使用しているデバイスです。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion 修復の現在のパッケージ バージョン。
  • PluginName 各汎用プラグイン イベントに対して指定されたプラグインの名前。
  • Result これは、プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT です。

Microsoft.Windows.SedimentService.Applicable

このイベントは、セディメント デバイスにおける OS 更新プログラムの受信を妨げている可能性がある問題に対処するための適切なプラグインが、Windows Update セディメント修復サービスによって検出された場合に送信されます。 セディメント デバイスとは、期間を延長して以前の OS バージョンを使用しているデバイスです。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • DetectedCondition 操作がデバイスのプロパティに基づいて実行する必要があるかどうかを決定します。
  • FileVersion 自己更新プロセスによって適用されるダイナミックリンク ライブラリ (DLL) のバージョン。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • IsHashMismatch ハッシュが不一致かどうかを示します。
  • IsSelfUpdateEnabledInOneSettings One Settings で自己更新が有効になっているかどうかを示します。
  • IsSelfUpdateNeeded 自己更新が必要かどうかを示します。
  • PackageVersion 修復の現在のパッケージ バージョン。
  • PluginName プラグインの名前。
  • Result これは、プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT です。

Microsoft.Windows.SedimentService.Completed

このイベントは、セディメント デバイスにおける OS 更新プログラムの受信を妨げている可能性がある問題に対処するプラグインの実行が、Windows Update セディメント修復サービスによって完了された場合に送信されます。 セディメント デバイスとは、期間を延長して以前の OS バージョンを使用しているデバイスです。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • FailedReasons プラグインのアクションが失敗した場合の理由の一覧。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion 修復の現在のパッケージ バージョン。
  • PluginName 各汎用プラグイン イベントに対して指定されたプラグインの名前。
  • Result これは、プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT です。
  • SedimentServiceCheckTaskFunctional スケジュールされたタスクのチェックが成功したかどうかを示す True または False。
  • SedimentServiceCurrentBytes sedsvc.exe によって消費されるメモリの現在のプライベート バイト数。
  • SedimentServiceKillService サービスに kill (Shell.KillService) のマークが付けられているかどうかを示す True または False。
  • SedimentServiceMaximumBytes サービスに許可されている最大バイト数。
  • SedimentServiceRanShell サービスによってシェルが実行されたかどうかを示します。
  • SedimentServiceRetrievedKillService One Settings による kill が成功したかどうかのチェックの結果を示す True または False。これらのインジケーターのいずれかのみ (各呼び出しについてではない) を返します。
  • SedimentServiceShellRunHResult サービスによってシェルが実行されたときに返される HRESULT。
  • SedimentServiceStopping サービスが停止しているかどうかを示す True または False。
  • SedimentServiceTaskFunctional スケジュールされているタスクが機能しているかどうかを示す True または False。 タスクが機能していない場合、これはプラグインが実行されることを示します。
  • SedimentServiceTotalIterations サービスが再び実行されるまで待機する 5 秒間の反復の数。

Microsoft.Windows.SedimentService.Started

このイベントは、セディメント デバイスにおける OS 更新プログラムの受信を妨げている可能性がある問題に対処するプラグインの実行が、Windows Update セディメント修復サービスによって開始された場合に送信されます。 セディメント デバイスとは、期間を延長して以前の OS バージョンを使用しているデバイスです。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter イベントの順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion 現在の修復パッケージのバージョン番号。
  • PluginName 各汎用プラグイン イベントに対して指定されたプラグインの名前。
  • Result これは、プラグインの "検出" フェーズまたは "アクションを実行" フェーズの HRESULT です。

セットアップ イベント

SetupPlatformTel.SetupPlatformTelActivityEvent

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、SetupPlatform 更新プログラム インストール プロセスに関する基本的なメタデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • FieldName イベントの名前/データ ポイントを取得します。 例: InstallStartTime、InstallEndtime、OverallResult など。
  • GroupName イベントが属するグループ名を取得します。 例: インストール情報、DU 情報、ディスク領域情報など。
  • InstanceID これは、SetupPlatform の個々のインスタンスを追跡するための一意の GUID です。単一のインスタンスからのイベントを結び付けるのに役立ちます。
  • Value 対応するイベント名に関連付けられた値。 たとえば、時間関連のイベントには、システム時刻が含まれます。

SetupPlatformTel.SetupPlatformTelActivityStarted

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、SetupPlatform により生成された更新インストール プロセスに関する基本的なメタデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • Name 動的更新の種類の名前。 例: GDR ドライバー

SetupPlatformTel.SetupPlatformTelActivityStopped

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、SetupPlatform により生成された更新インストール プロセスに関する基本的なメタデータを送信します。

SetupPlatformTel.SetupPlatformTelEvent

このサービスは、SetupPlatform (さまざまな展開シナリオを推進するエンジン) により生成されるイベントを取得して、Windows を最新の状態に保ちます。

次のフィールドを使用できます。

  • FieldName イベントの名前/データ ポイントを取得します。 例: InstallStartTime、InstallEndtime、OverallResult など。
  • GroupName イベントが属するグループ名を取得します。 例: インストール情報、DU 情報、ディスク領域情報など。
  • Value 対応するイベント名に関連付けられた値を取得します (フィールド名)。 たとえば、時間関連のイベントの場合、これにはシステム時刻が含められます。

SIH イベント

SIHEngineTelemetry.EvalApplicability

このイベントは、デバイスが特定の操作の対象であるかどうかを特定するために、ターゲット ロジックが評価されるときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ActionReasons 操作が適切ではないと評価された場合、追加のロジックによってその操作が防止されます。
  • AdditionalReasons 操作が適切ではないと評価された場合、追加のロジックはその操作を実行していません。
  • CachedEngineVersion 使用されているエンジンの DLL バージョン。
  • EventInstanceID イベント インスタンスの一意の識別子。
  • EventScenario このイベントの送信目的 (ソフトウェア配布機能によるコンテンツのインストール開始とぶつかったためか、それともコンテンツのインストールがキャンセル、成功、失敗したのか) を示します。
  • HandlerReasons 操作が適切ではないと評価された場合、インストーラー テクノロジ固有のロジックによってその操作が防止されます。
  • IsExecutingAction 操作が現在実行されているかどうか。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントが接続しているサービスを表す一意識別子 (SIH、Windows Update、Microsoft Store など)。
  • SihclientVersion 使用されているクライアントのバージョン。
  • StandardReasons 操作が適切ではないと評価された場合、追加のロジックによってその操作が防止されます。
  • StatusCode イベントの結果コード (成功、取り消し、失敗コードの HResult)。
  • UpdateID 実行中のアクションの一意識別子。
  • WuapiVersion 現在インストールされている Windows Update API のバージョン。
  • WuaucltVersion 現在インストールされている Windows Update クライアントのバージョン。
  • WuauengVersion 現在インストールされている Windows Update エンジンのバージョン。
  • WUDeviceID ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意識別子。

SIHEngineTelemetry.ExecuteAction

このイベントは、対象の更新または操作を SIH が実行 (インストールなど) しようと試みることによってトリガーされます。 これには、更新に再起動が必要かどうかをはじめとする、重要な情報が含まれています。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CachedEngineVersion 使用されているエンジンの DLL バージョン。
  • EventInstanceID イベント インスタンスの一意の識別子。
  • EventScenario このイベントの送信目的 (ソフトウェア配布機能によるコンテンツのインストール開始とぶつかったためか、それともコンテンツのインストールがキャンセル、成功、失敗したのか) を示します。
  • RebootRequired アクションを完了するために再起動が必要かどうかを示します。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントが接続しているサービスを表す一意識別子 (SIH、Windows Update、Microsoft Store など)。
  • SihclientVersion SIH のバージョン。
  • StatusCode イベントの結果コード (成功、取り消し、失敗コードの HResult)。
  • UpdateID 実行中のアクションの一意識別子。
  • WuapiVersion Windows Update API のバージョン。
  • WuaucltVersion SIH 用の Windows Update のバージョン識別子。
  • WuauengVersion Windows Update エンジンのバージョン識別子。
  • WUDeviceID ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意識別子。

SIHEngineTelemetry.PostRebootReport

このイベントは、再起動後に必要な操作の状態を報告します (必要な場合)。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CachedEngineVersion 使用されているエンジンの DLL バージョン。
  • EventInstanceID イベント インスタンスの一意の識別子。
  • EventScenario このイベントの送信目的 (ソフトウェア配布機能によるコンテンツのインストール開始とぶつかったためか、それともコンテンツのインストールがキャンセル、成功、失敗したのか) を示します。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントが接続しているサービスを表す一意識別子 (SIH、Windows Update、Microsoft Store など)。
  • SihclientVersion デバイス上の SIH クライアントのバージョン。
  • StatusCode イベントの結果コード (成功、取り消し、失敗コードの HResult)。
  • UpdateID 実行中のアクションの一意識別子。
  • WuapiVersion デバイス上の Windows Update DLL のバージョン。
  • WuaucltVersion デバイス上の WUAUCLT (Windows Update 自動更新クライアント) のバージョン。
  • WuauengVersion デバイス上の Windows Update (自動更新) エンジンのバージョン。
  • WUDeviceID ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意識別子。

ソフトウェア更新イベント

SoftwareUpdateClientTelemetry.CheckForUpdates

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ソフトウェア配布クライアントによるデバイスに適用可能なコンテンツのチェックに関する追跡データを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • ActivityMatchingId 初期化から完了まで単一の CheckForUpdates セッションを識別する一意の ID が含まれます。
  • AllowCachedResults スキャンでキャッシュされた結果の使用が許可されたかどうかを示します。
  • ApplicableUpdateInfo 適用可能として検出された更新プログラムのメタデータ。
  • BiosFamily BIOS (基本入出力システム) のファミリ。
  • BiosName デバイス BIOS の名前。
  • BiosReleaseDate デバイス BIOS のリリース日。
  • BiosSKUNumber デバイス BIOS の SKU 番号。
  • BIOSVendor BIOS のベンダー。
  • BiosVersion BIOS のバージョン。
  • BranchReadinessLevel デバイスで構成されているサービス ブランチ。
  • CachedEngineVersion 自己開始修復の場合、デバイスにキャッシュされた SIH エンジンのバージョン。 SIH エンジンが存在しない場合、この値は null 値です。
  • CallerApplicationName ソフトウェア配布クライアントの API 呼び出しを開始した呼び出し元により提供される名前。
  • CapabilityDetectoidGuid 評価できなかったハードウェア適用性 detectoid の GUID。
  • CDNCountryCode コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の場所を 2 文字で示す国名または地域名の省略形。
  • CDNId 成功したデバイスの数または特定の問題が発生したデバイスの数を特定するために使用される、特定のデバイスの一意識別子。
  • ClientVersion ソフトウェア配布クライアントのバージョン番号。
  • CommonProps Windows Update クライアントの動作に関連付けられている将来のフラグのビットマスク。 現在、このフィールドでデータは報告されません。 このフィールドに想定される値は 0 です。
  • Context エラーが発生したコンテキストを提供します。 例: AutoEnable、GetSLSData、AddService、Misc、Unknown
  • CurrentMobileOperator デバイスが現在接続されている通信事業者。
  • DeferralPolicySources 定義されている更新延期ポリシーのソース (GPO = 0x10、MDM = 0x100、Flight = 0x1000、UX = 0x10000)。
  • DeferredUpdates 現在延期されている更新プログラム ID。
  • DeviceModel デバイス モデル。
  • DriverError ドライバー スキャン中のエラー コード。 エラーが検出されなかった場合、これは 0 です。
  • DriverExclusionPolicy Windows Update でドライバーを含めないポリシーが有効かどうかを示します。
  • DriverSyncPassPerformed 今回ドライバーがスキャンされたかどうか。
  • EventInstanceID イベント インスタンスのグローバル一意識別子。
  • EventScenario このイベントの送信目的 (ソフトウェア配布機能によるコンテンツのチェックとぶつかったためか、それともキャンセル、成功、失敗したのか) を示します。
  • ExtendedMetadataCabUrl 更新プログラムのダウンロードに使用されるホスト名。
  • ExtendedStatusCode 特定のシナリオで StatusCode が具体的な状態を十分に表していない場合のセカンダリ エラー コード。
  • FailedUpdateGuids スキャン中に評価に失敗した更新の GUID。
  • FailedUpdatesCount スキャン中に評価に失敗した更新の数。
  • FeatureUpdateDeferral デバイスの OS の機能更新プログラムに対して構成されている延期期間 (日数)。
  • FeatureUpdatePause OS の機能更新プログラムがデバイスで一時停止されているかどうかを示します。
  • FeatureUpdatePausePeriod デバイスの OS の機能更新プログラムに対して構成されている一時停止期間 (日数)。
  • FlightBranch フライティング (プレリリース ビルド) に参加している場合にデバイスが属しているブランチ。
  • FlightRing フライティング (プレリリース ビルド) に参加している場合にデバイスが属しているリング (ビルドの取得速度)。
  • HomeMobileOperator デバイスの使用が最初に意図されていた携帯電話会社。
  • IntentPFNs アトミック更新シナリオ用に意図されたアプリケーション セット メタデータ。
  • IPVersion ダウンロードが IPv4 と IPv6 のどちらで行われたかを示します。
  • IsWUfBDualScanEnabled Windows Update for Business デュアル スキャンがデバイスで有効かどうかを示します。
  • IsWUfBEnabled Windows Update for Business がデバイスで有効かどうかを示します。
  • IsWUfBFederatedScanDisabled Windows Update for Business フェデレーション スキャンがデバイスで無効かどうかを示します。
  • MetadataIntegrityMode 更新転送メタデータ整合性チェックのモード。 0 - 不明、1 - 無視、2 - 監査、3 - 適用
  • MSIError 更新のスキャン中に発生した最後のエラー。
  • NetworkConnectivityDetected 検出されたネットワーク接続の種類を示します。 0 - IPv4、1 - IPv6
  • NumberOfApplicableUpdates 検出プロセスが完了した後、最終的にシステムに適用可能と見なされた更新プログラムの数。
  • NumberOfApplicationsCategoryScanEvaluated アプリ更新スキャンがチェックされたカテゴリ (アプリ) の数。
  • NumberOfLoop スキャンで必要となったラウンド トリップの回数。
  • NumberOfNewUpdatesFromServiceSync このスキャンで最初に確認された更新プログラムの数。
  • NumberOfUpdatesEvaluated スキャンの一環で評価された更新プログラムの合計数。
  • NumFailedMetadataSignatures 同期された新しいメタデータで失敗したメタデータ シグネチャ チェックの数。
  • Online これがオンライン スキャンであったかどうかを示します。
  • PausedUpdates 現在一時停止されている UpdateId の一覧。
  • PauseFeatureUpdatesEndTime OS の機能更新プログラムがデバイスで一時停止されている場合、これは一時停止時間枠が終了する日時です。
  • PauseFeatureUpdatesStartTime OS の機能更新プログラムがデバイスで一時停止されている場合、これは一時停止時間枠が開始する日時です。
  • PauseQualityUpdatesEndTime OS の品質更新プログラムがデバイスで一時停止されている場合、これは一時停止時間枠が終了する日時です。
  • PauseQualityUpdatesStartTime OS の品質更新プログラムがデバイスで一時停止されている場合、これは一時停止時間枠が開始する日時です。
  • PhonePreviewEnabled フライティング (プレリリース ビルド) の導入前、電話がプレビュー ビルドを取得していたかどうかを示します。
  • ProcessName CallerApplicationName が提供されなかった場合に、API 呼び出しを開始した呼び出し元のプロセス名。
  • QualityUpdateDeferral デバイスの OS の品質更新プログラムに対して構成されている延期期間 (日数)。
  • QualityUpdatePause OS の品質更新プログラムがデバイスで一時停止しているかどうかを示します。
  • QualityUpdatePausePeriod デバイスの OS の品質更新プログラムに対して構成されている一時停止期間 (日数)。
  • RelatedCV 新しい相関関係ベクトルとのスワップが行われる前に使用されていた以前の相関関係ベクトル。
  • ScanDurationInSeconds スキャンにかかった秒数。
  • ScanEnqueueTime スキャンの初期化にかかった秒数。
  • ScanProps これは、指定された Windows Update スキャンのブール型プロパティが含まれている 32 ビット整数です。 次のビットが使用されます。残りのビットはすべて予約されており、0 に設定されます。 ビット 0 (0x1): IsInteractive - スキャンがユーザーによって要求された場合は 1 に設定されます。スキャンが自動更新によって要求された場合は 0 に設定されます。 ビット 1 (0x2): IsSeeker - Windows Update クライアントの Seeker 機能が有効になっている場合は 1 に設定されます。 Seeker 機能は特定の対話型のスキャンで有効になり、スキャンの結果としてリリースの初期段階にある特定の更新プログラム (まだ自動更新による完全導入向けにリリースされていない) を返します。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントがコンテンツをチェックしているサービス (Windows Update、Microsoft Store など) を表す ID。
  • ServiceUrl デバイスで構成されているスキャン対象の環境 URL。
  • ShippingMobileOperator デバイスが出荷された携帯電話会社。
  • StatusCode CheckForUpdates イベントの結果を示します (成功、キャンセル、失敗コードの HResult)。
  • SyncType イベントが発生したスキャンの種類を表します。
  • SystemBIOSMajorRelease BIOS のメジャー バージョン。
  • SystemBIOSMinorRelease BIOS のマイナー バージョン。
  • TargetMetadataVersion 自己開始修復の場合、これはダウンロードする SIH エンジンのターゲット バージョンです (必要な場合)。 それ以外の場合、この値は null です。
  • TotalNumMetadataSignatures 同期された新しいメタデータに対して実行されたメタデータ シグネチャ チェックの合計数。
  • WebServiceRetryMethods 操作を完了するために再試行が必要な Web サービス メソッド要求。
  • wuDeviceid 成功したデバイスの数または特定の問題が発生したデバイスの数を特定するために使用される、特定のデバイスの一意識別子。

SoftwareUpdateClientTelemetry.Commit

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、更新サービスを呼び出してアップグレードが実行されたかどうかに関するデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • BiosFamily システム BIOS で定義されたデバイス ファミリ。
  • BiosName システム BIOS の名前。
  • BiosReleaseDate システム BIOS のリリース日。
  • BiosSKUNumber システム BIOS で定義されたデバイスの SKU。
  • BIOSVendor システム BIOS のベンダー。
  • BiosVersion システム BIOS のバージョン。
  • BundleId 特定のコンテンツ バンドルに関連付けられた識別子。bundleID が見つかった場合、このフィールドはすべて 0 にはなりません。
  • BundleRevisionNumber コンテンツ バンドルのリビジョン番号を示します。
  • CallerApplicationName ソフトウェア配布クライアントの API 呼び出しを開始した呼び出し元により提供される名前。
  • ClientVersion ソフトウェア配布クライアントのバージョン番号。
  • DeploymentProviderMode 更新プログラム展開プロバイダーの操作モード。
  • DeviceModel システム BIOS で定義されたデバイスのモデル。
  • EventInstanceID イベント インスタンスのグローバル一意識別子。
  • EventScenario イベントの目的を示します。スキャンの開始、成功、失敗など。
  • EventType 示される値は "Child"、"Bundle"、"Relase"、"Driver" のいずれかです。
  • FlightId デバイスが取得するフライトの特定の ID。
  • HandlerType コンテンツの種類を示します (アプリ、ドライバー、Windows 修正プログラムなど)。
  • RevisionNumber この特定のコンテンツのリビジョン番号を示します。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントがコンテンツをインストールしているサービス (Windows Update、Microsoft Store など) の一意の識別子。
  • SystemBIOSMajorRelease システム BIOS のメジャー リリース バージョン。
  • SystemBIOSMinorRelease システム BIOS のマイナー リリース バージョン。
  • updateId 特定のコンテンツに関連付けられた識別子。
  • wuDeviceid ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意のデバイス ID。

SoftwareUpdateClientTelemetry.Download

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ソフトウェア配布クライアントによる更新プログラムのコンテンツのダウンロードに関する追跡データを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • ActiveDownloadTime ダウンロードにかかった時間 (秒)。更新プログラムがアクティブにダウンロードされていなかった時間を除きます。
  • AppXBlockHashFailures アプリ ペイロードのダウンロード中にハッシュ検証に失敗したブロックの数を示します。
  • AppXBlockHashValidationFailureCount ダウンロード後に検証に失敗したブロックの数。
  • AppXDownloadScope アプリケーション コンテンツのダウンロードの範囲を示します。
  • AppXScope アプリのダウンロードの範囲を示します。
  • BiosFamily BIOS (基本入出力システム) のファミリ。
  • BiosName デバイス BIOS の名前。
  • BiosReleaseDate デバイス BIOS のリリース日。
  • BiosSKUNumber デバイス BIOS の SKU 番号。
  • BIOSVendor BIOS のベンダー。
  • BiosVersion BIOS のバージョン。
  • BundleBytesDownloaded 特定のコンテンツ バンドルのダウンロードされたバイト数。
  • BundleId 特定のコンテンツ バンドルに関連付けられた識別子。
  • BundleRepeatFailCount この特定の更新プログラムのバンドルが以前に失敗したかどうかを示します。
  • BundleRepeatFailFlag この特定の更新プログラムのバンドルが以前にダウンロードに失敗したかどうかを示します。
  • BundleRevisionNumber コンテンツ バンドルのリビジョン番号を示します。
  • BytesDownloaded 個々のコンテンツ (バンドル全体ではなく) のダウンロードされたバイト数。
  • CachedEngineVersion デバイスにキャッシュされた自己開始修復 (SIH: Self-Initiated Healing) エンジンのバージョン (該当する場合)。
  • CallerApplicationName ソフトウェア配布クライアントの API 呼び出しを開始したアプリケーションにより提供される名前。
  • CbsDownloadMethod ダウンロードが完全ファイル ダウンロードか、部分ファイル ダウンロードかを示します。
  • CbsMethod コンポーネント ベース サービシング (CBS) テクノロジに関連する更新プログラムのコンテンツをダウンロードするために使用する方法。
  • CDNCountryCode コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の場所を 2 文字で示す国名または地域名の省略形。
  • CDNId ソフトウェア配布クライアントによるコンテンツのダウンロード元となる CDN を定義する ID。
  • ClientVersion ソフトウェア配布クライアントのバージョン番号。
  • CommonProps Windows Update クライアントの動作に関連付けられている将来のフラグのビットマスク。
  • ConnectTime 更新プログラムのバンドル内のすべての更新プログラムについて接続の確立にかかった時間の累積的な合計 (秒) を示します。
  • CurrentMobileOperator デバイスが現在接続されている通信事業者。
  • ConnectTime デバイスのモデル。
  • DownloadPriority ダウンロードがバックグラウンド、通常、優先フォアグラウンドのいずれで行われたかを示します。
  • DownloadProps ダウンロード操作のプロパティに関する情報 (ビットマスク形式)。
  • DownloadScenarioId Windows Update イベントと Delivery Optimizer イベントを結びつけるために使用された特定のダウンロードの一意の ID。
  • DownloadType 自己開始修復 (SIH: Self-Initiated Healing) ダウンロードの種類として、メタデータ ダウンロードかペイロード ダウンロードかを区別します。
  • EventInstanceID イベント インスタンスのグローバル一意識別子。
  • EventScenario このイベントを送信する理由として、ソフトウェア配布でコンテンツのダウンロードが開始されたためか、ソフトウェア配布が取り消し、成功、または失敗となったためかを示します。
  • EventType イベントの種類 (Child、Bundle、Driver) を識別します。
  • ExtendedStatusCode 特定のシナリオで StatusCode が具体的な状態を十分に表していない場合のセカンダリ エラー コード。
  • FeatureUpdatePause OS の機能更新プログラムがデバイスで一時停止されているかどうかを示します。
  • FlightBranch フライティング (プレリリース ビルド) に参加している場合にデバイスが属しているブランチ。
  • FlightBuildNumber このダウンロードがフライト (プレリリース ビルド) 用の場合、これはそのフライトのビルド番号を示します。
  • FlightId デバイスが取得するフライト (プレリリース ビルド) の特定の ID。
  • FlightRing フライティング (プレリリース ビルド) に参加している場合にデバイスが属しているリング (ビルドの取得速度)。
  • HandlerType ダウンロードされるコンテンツの種類を示します (アプリ、ドライバー、Windows 修正プログラムなど)。
  • HardwareId このダウンロードが特定のデバイス モデルをターゲットとするドライバーのダウンロードであった場合、この ID はデバイスのモデルを示します。
  • HomeMobileOperator デバイスの使用が最初に意図されていた携帯電話会社。
  • HostName コンテンツのダウンロード元のホスト名 URL。
  • IPVersion ダウンロードが IPv4 と IPv6 のどちらで行われたかを示します。
  • IsDependentSet ドライバーがシステム ハードウェア/ファームウェア更新の一部であるかどうかを示します。
  • IsWUfBDualScanEnabled Windows Update for Business デュアル スキャンがデバイスで有効かどうかを示します。
  • IsWUfBEnabled Windows Update for Business がデバイスで有効かどうかを示します。
  • NetworkCost 更新プログラムのコンテンツをダウンロードするために使用されるネットワークのコスト (輻輳、固定、可変、データの上限を超過、ローミングなど) を示すフラグ。
  • NetworkCostBitMask デバイスが接続しているネットワークの種類を示します (ローミング、従量制課金、データの上限超過など)。
  • NetworkRestrictionStatus NetworkCostBitMask のより一般的なバージョン。Windows が現在のネットワークを "従量制" と見なしたかどうかを指定します。
  • PackageFullName コンテンツのパッケージ名。
  • PhonePreviewEnabled フライティング (プレリリース ビルド) の導入前、電話でプレビュー ビルドの取得がオプトインされていたかどうかを示します。
  • PostDnldTime 前回のジョブでペイロードのダウンロードが完了した後、ダウンロードの完了を通知するためにかかった時間 (秒)。
  • ProcessName CallerApplicationName が提供されなかった場合に、API 呼び出しを開始したアプリケーションのプロセス名。
  • QualityUpdatePause OS の品質更新プログラムがデバイスで一時停止しているかどうかを示します。
  • Reason 更新プログラムのバックグラウンドでのダウンロードがブロックされている理由を表す 32 ビット整数。
  • RegulationReason 更新プログラムを規制する理由。
  • RegulationResult 更新プログラムのコンテンツのダウンロードの規制について、規制 Web サービスに前回通信しようとしたときの結果コード (HResult)。
  • RelatedCV 新しい相関関係ベクトルへの変更前に使用されていた相関関係ベクトル。
  • RepeatFailCount この特定のコンテンツが以前に失敗したかどうかを示します。
  • RepeatFailFlag この特定のコンテンツのダウンロードに失敗したことがあるかどうかを示します。
  • RevisionNumber 指定されたコンテンツのリビジョン番号。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントがコンテンツをインストールしているサービス (Windows Update、Microsoft Store など) の一意の識別子。
  • Setup360Phase 現在のダウンロードがオペレーティング システムのアップグレード用である場合に、アップグレード ダウンロードのアクティブ フェーズを識別します。
  • ShippingMobileOperator デバイス出荷時にデバイスにリンクされていた通信事業者。
  • SizeCalcTime ペイロードのダウンロードの合計サイズを計算するのにかかった時間 (秒)。
  • StatusCode ダウンロード イベントの結果を示します (成功、取り消し、失敗コードの HResult)。
  • SystemBIOSMajorRelease BIOS のメジャー バージョン。
  • SystemBIOSMinorRelease BIOS のマイナー バージョン。
  • TargetGroupId 特定のデバイス モデルをターゲットとしたドライバーの場合、この ID はそのドライバーを受け取るデバイスの配布グループを示します。
  • TargetingVersion 特定のデバイス モデルをターゲットとしたドライバーの場合、これはデバイスに配布されるドライバーのバージョン番号です。
  • TargetMetadataVersion 現在ダウンロード中の (または直近にダウンロードした) パッケージのバージョン。
  • ThrottlingServiceHResult Web サービスに問い合わせて、このデバイスがコンテンツをダウンロードする予定かどうかを判断するときの結果コード (成功/失敗)。
  • TimeToEstablishConnection ダウンロードの開始前に接続の確立にかかった時間 (ミリ秒)。
  • TotalExpectedBytes ダウンロードが予想される合計サイズ (バイト)。
  • UpdateId 特定のコンテンツに関連付けられた識別子。
  • UpdateId 特定のコンテンツに関連付けられた識別子。
  • UpdateImportance コンテンツが Important、Recommended、Optional のいずれとしてマークされているかを示します。
  • UsedDO ダウンロードで配信の最適化 (DO) サービスが使用されたかどうかを示します。
  • UsedSystemVolume コンテンツがデバイスのメイン システム ストレージ ドライブと代替ストレージ ドライブのどちらにダウンロードされたかを示します。
  • wuDeviceid 成功したデバイスの数または特定の問題が発生したデバイスの数を特定するために使用される、特定のデバイスの一意識別子。

SoftwareUpdateClientTelemetry.DownloadCheckpoint

このイベントは、UUP コンテンツの各 Windows Update ダウンロード フェーズの間にあるチェックポイントを提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CallerApplicationName ソフトウェア配布クライアントの API 呼び出しを開始した呼び出し元により提供される名前。
  • ClientVersion ソフトウェア配布クライアントのバージョン番号。
  • EventScenario このイベントの送信目的 (ソフトウェア配布機能によるコンテンツのチェックとぶつかったためか、それともキャンセル、成功、失敗したのか) を示します。
  • EventType 示される値は "Child"、"Bundle"、"Relase"、"Driver" のいずれかです。
  • ExtendedStatusCode 特定のシナリオで StatusCode が具体的な状態を十分に表していない場合のセカンダリ エラー コード。
  • FileId ファイルを一意に識別するハッシュ。
  • FileName ダウンロードしたファイルの名前。
  • FlightId 各フライトの一意識別子。
  • RelatedCV 新しい相関関係ベクトルとのスワップが行われる前に使用されていた以前の相関関係ベクトル。
  • RevisionNumber 更新プログラムの一意のリビジョン番号。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントがコンテンツをチェックしているサービス (Windows Update、Microsoft Store など) を表す ID。
  • StatusCode CheckForUpdates イベントの結果を示します (成功、キャンセル、失敗コードの HResult)。
  • UpdateId 一意の更新プログラム ID。
  • wuDeviceid 成功したデバイスの数または特定の問題が発生したデバイスの数を特定するために使用される、特定のデバイスの一意識別子。

SoftwareUpdateClientTelemetry.DownloadHeartbeat

このイベントによって、進行中のダウンロードを追跡できます。またこのイベントには、ダウンロードの現在の状態を表すデータが含まれています。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • BytesTotal このコンテンツで転送される合計バイト数。
  • BytesTransferred ハートビート時点で、このコンテンツで転送される合計バイト数。
  • CallerApplicationName ソフトウェア配布クライアントの API 呼び出しを開始した呼び出し元により提供される名前。
  • ClientVersion ソフトウェア配布クライアントのバージョン番号。
  • ConnectionStatus ハートビート時点でのデバイスの接続状態を示します。
  • CurrentError アクティブなダウンロードで発生した最後の (一時的な) エラー。
  • DownloadFlags 電源の状態が無視されたかどうかを示すフラグ。
  • DownloadState このコンテンツに関するアクティブなダウンロードの現在の状態 (キューに登録済み、中断中、進行中)。
  • EventType 示される値は "Child"、"Bundle"、"Driver" のいずれかです。
  • FlightId 各フライトの一意識別子。
  • IsNetworkMetered Windows が現在のネットワークを "従量制課金" と見なしたかどうかを示します。
  • MOAppDownloadLimit アプリケーションのダウンロードに関する通信事業者の上限サイズ (上限がある場合)。
  • MOUpdateDownloadLimit オペレーティング システムの更新プログラムのダウンロードに関する通信事業者の上限サイズ (上限がある場合)。
  • PowerState ハートビートの時点における、デバイスの電源の状態を示します (DC、AC、バッテリ節約機能、コネクト スタンバイ)。
  • RelatedCV 新しい相関関係ベクトルとのスワップが行われる前にクライアントにより使用されていた、以前の相関関係ベクトル。
  • ResumeCount このアクティブなダウンロードが中断状態から再開された回数。
  • RevisionNumber この特定のコンテンツのリビジョン番号を示します。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントが接続しているサービス (Windows Update や Microsoft Store など) の識別子。
  • SuspendCount このアクティブなダウンロードが中断状態になった回数。
  • SuspendReason このアクティブなダウンロードが中断状態になった最後の理由。
  • updateId 特定のコンテンツに関連付けられた識別子。
  • wuDeviceid ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意のデバイス ID。

SoftwareUpdateClientTelemetry.Install

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、ソフトウェア配布クライアントによる更新プログラムのコンテンツのインストールに関する追跡データを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • BiosFamily BIOS (基本入出力システム) のファミリ。
  • BiosName デバイス BIOS の名前。
  • BiosReleaseDate デバイス BIOS のリリース日。
  • BiosSKUNumber デバイス BIOS の SKU 番号。
  • BIOSVendor BIOS のベンダー。
  • BiosVersion BIOS のバージョン。
  • BundleId 特定のコンテンツ バンドルに関連付けられた識別子。bundleID が見つかった場合、このフィールドはすべて 0 にはなりません。
  • BundleRepeatFailCount この特定の更新プログラムのバンドルが以前に失敗したかどうかを示します。
  • BundleRepeatFailFlag この特定の更新プログラムのバンドルが以前にインストールに失敗したかどうかを示します。
  • BundleRevisionNumber コンテンツ バンドルのリビジョン番号を示します。
  • CachedEngineVersion 自己開始修復の場合、デバイスにキャッシュされた SIH エンジンのバージョン。 SIH エンジンが存在しない場合、この値は null 値です。
  • CallerApplicationName ソフトウェア配布クライアントの API 呼び出しを開始した呼び出し元により提供される名前。
  • ClientVersion ソフトウェア配布クライアントのバージョン番号。
  • CommonProps Windows Update クライアントの動作に関連付けられている将来のフラグのビットマスク。 現在、このフィールドで値は報告されません。 このフィールドに想定される値は 0 です。
  • CSIErrorType CBS のインストールのステージ (失敗した場合)。
  • CurrentMobileOperator デバイスが現在接続されている通信事業者。
  • DeploymentProviderMode 更新プログラム展開プロバイダーの操作モード。
  • DeviceModel デバイス モデル。
  • DriverPingBack 以前のドライバーとシステム状態に関する情報が含まれます。
  • DriverRecoveryIds 回復が必要な場合、ドライバーをアンインストールするために使用できる識別子のリスト。
  • EventInstanceID イベント インスタンスのグローバル一意識別子。
  • EventScenario このイベントを送信する目的を示します。ソフトウェア配布がコンテンツのインストールを始めたばかりかどうか、またはコンテンツのインストールがキャンセル、成功、失敗したかどうかを示します。
  • EventType 示される値は Child、Bundle、Driver のいずれかです。
  • ExtendedErrorCode 拡張エラー コード。
  • ExtendedStatusCode 特定のシナリオで StatusCode が具体的な状態を十分に表していない場合のセカンダリ エラー コード。
  • FeatureUpdatePause OS の機能更新プログラムがデバイスで一時停止されているかどうかを示します。
  • FlightBranch Windows Insider Program に参加している場合にデバイスが属しているブランチ。
  • FlightBuildNumber このインストールが Windows Insider ビルド用の場合、これはそのビルドのビルド番号を示します。
  • FlightID デバイスが取得する Windows Insider ビルドの特定の ID。
  • FlightRing Windows Insider Program に参加している場合にデバイスが属しているリング。
  • HandlerType インストールされるコンテンツの種類を示します (アプリ、ドライバー、Windows Update など)。
  • HardwareId このインストールが特定のデバイス モデルをターゲットとするドライバーのインストールであった場合、この ID はデバイスのモデルを示します。
  • HomeMobileOperator デバイスの使用が最初に意図されていた携帯電話会社。
  • InstallProps インストール操作に関連付けられている将来のフラグのビットマスク。 現在、このフィールドで値は報告されません。 このフィールドに想定される値は 0 です。
  • IntentPFNs アトミック更新シナリオ用に意図されたアプリケーション セット メタデータ。
  • IsDependentSet ドライバーが大規模なシステム ハードウェア/ファームウェア更新プログラムの一部であるかどうかを示します。
  • IsFinalOutcomeEvent このイベントが更新/アップグレード プロセスの終了を通知するかどうかを示します。
  • IsFirmware この更新プログラムがファームウェア更新プログラムかどうかを示します。
  • IsSuccessFailurePostReboot 更新に成功し、再起動後にエラーが発生したかどうかを示します。
  • IsWUfBDualScanEnabled Windows Update for Business デュアル スキャンがデバイスで有効かどうかを示します。
  • IsWUfBEnabled デバイスで Windows Update for Business が有効かどうかを示します。
  • IsWUfBTargetVersionEnabled デバイスで Windows Update for Business ターゲット バージョン ポリシーが有効になっているかどうかを示すフラグ。
  • MergedUpdate OS 更新プログラムと BSP 更新プログラムがインストールのために統合されたかどうかを示します。
  • MsiAction MSI のインストールのステージ (失敗した場合)。
  • MsiProductCode MSI インストーラーの一意識別子。
  • PackageFullName インストールされるコンテンツのパッケージ名。
  • PhonePreviewEnabled フライティングの導入前、電話がプレビュー ビルドを取得していたかどうかを示します。
  • ProcessName CallerApplicationName が提供されなかった場合に、API 呼び出しを開始した呼び出し元のプロセス名。
  • QualityUpdatePause OS の品質更新プログラムがデバイスで一時停止しているかどうかを示します。
  • RelatedCV 新しい相関関係ベクトルとのスワップが行われる前に使用されていた以前の相関関係ベクトル。
  • RepeatFailCount この特定のコンテンツが以前に失敗したかどうかを示します。
  • RepeatFailFlag この特定のコンテンツが以前にインストールに失敗したかどうかを示します。
  • RevisionNumber この特定のコンテンツのリビジョン番号。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントがコンテンツをインストールしているサービス (Windows Update、Microsoft Store など) を表す ID。
  • Setup360Phase オペレーティング システム アップグレード用のインストールの場合、アップグレードが進行中のフェーズを示します。
  • ShippingMobileOperator デバイスが出荷された携帯電話会社。
  • StatusCode インストール イベントの結果を示します (成功、キャンセル、失敗コードの HResult)。
  • SystemBIOSMajorRelease BIOS のメジャー バージョン。
  • SystemBIOSMinorRelease BIOS のマイナー バージョン。
  • TargetGroupId 特定のデバイス モデルをターゲットとしたドライバーの場合、この ID はそのドライバーを受け取るデバイスの配布グループを示します。
  • TargetingVersion 特定のデバイス モデルをターゲットとしたドライバーの場合、これはデバイスに配布されるドライバーのバージョン番号です。
  • TransactionCode 特定の MSI のインストールを表す ID。
  • UpdateId 一意の更新プログラム ID。
  • UpdateId 特定のコンテンツに関連付けられた識別子。
  • UpdateImportance コンテンツが "重要"、"推奨"、"オプション" のいずれとしてマークされているかを示します。
  • UsedSystemVolume コンテンツがデバイスのメイン システム ストレージ ドライブと代替ストレージ ドライブのどちらにダウンロードおよびインストールされたかを示します。
  • wuDeviceid 成功したデバイスの数または特定の問題が発生したデバイスの数を特定するために使用される、特定のデバイスの一意識別子。

SoftwareUpdateClientTelemetry.Revert

これは、Windows Update クライアントでのターゲットの更新プログラムの復元イベントです。 詳細については、EventScenario フィールド (開始/失敗/成功など) を参照してください。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • BundleId 特定のコンテンツ バンドルに関連付けられた識別子。 BundleId が見つかった場合、すべてゼロにすることはできません。
  • BundleRepeatFailCount この特定の更新プログラムのバンドルが以前に失敗したかどうかを示します。
  • BundleRevisionNumber コンテンツ バンドルのリビジョン番号を示します。
  • CallerApplicationName Windows Update の要求を行うアプリケーションの名前。 要求のコンテキストを識別するために使用します。
  • ClientVersion ソフトウェア配布クライアントのバージョン番号。
  • CommonProps Windows Update クライアントの動作に関連付けられている将来のフラグのビットマスク。 今すぐこのフィールドで報告される値はありません。 このフィールドに想定される値は 0 です。
  • CSIErrorType CBS のインストールのステージ (失敗した場合)。
  • DriverPingBack 以前のドライバーとシステム状態に関する情報が含まれます。
  • DriverRecoveryIds 回復が必要な場合、ドライバーをアンインストールするために使用できる識別子のリスト。
  • EventInstanceID イベント インスタンスのグローバル一意識別子。
  • eventScenario イベントの目的を示します (スキャン開始、成功、失敗など)。
  • EventType イベントの種類 (子、バンドル、リリース、ドライバー)。
  • ExtendedStatusCode StatusCode が十分具体的でない特定のシナリオのセカンダリ ステータス コード。
  • FeatureUpdatePause OS の機能更新プログラムがデバイスで一時停止されているかどうかを示します。
  • FlightBuildNumber フライトのビルド番号を示します。
  • FlightId デバイスが取得するフライトの特定の ID。
  • HandlerType コンテンツの種類を示します (アプリ、ドライバー、Windows 修正プログラムなど)。
  • HardwareId このダウンロードが特定のデバイス モデルをターゲットとするドライバーのダウンロードであった場合、この ID はデバイスのモデルを示します。
  • IsFinalOutcomeEvent このイベントが更新/アップグレード プロセスの終了を通知するかどうかを示します。
  • IsFirmware 更新プログラムがファームウェア更新プログラムかどうかを示します。
  • IsSuccessFailurePostReboot 最初は成功し、再起動後にエラーが発生したかどうかを示します。
  • IsWUfBDualScanEnabled Windows Update for Business デュアル スキャンがデバイスで有効かどうかを示すフラグ。
  • IsWUfBEnabled デバイスで Windows Update for Business が有効かどうかを示すフラグ。
  • IsWUfBTargetVersionEnabled デバイスで Windows Update for Business ターゲット バージョン ポリシーが有効になっているかどうかを示すフラグ。
  • MergedUpdate OS 更新プログラムと BSP 更新プログラムがインストールのために統合されたかどうかを示します。
  • ProcessName ソフトウェア配布クライアントの API 呼び出しを開始した呼び出し元のプロセス名。
  • QualityUpdatePause OS の品質更新プログラムがデバイスで一時停止しているかどうかを示します。
  • RelatedCV 新しい相関関係ベクトルとのスワップが行われる前にクライアントにより使用されていた、以前の相関関係ベクトル。
  • RepeatFailCount この特定のコンテンツが以前に失敗したかどうかを示します。
  • RevisionNumber この特定のコンテンツのリビジョン番号を示します。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントがコンテンツをインストールしているサービス (Windows Update、Microsoft Store など) の一意の識別子。
  • StatusCode イベントの結果コード (成功、取り消し、失敗コードの HResult)。
  • TargetGroupId 特定のデバイス モデルをターゲットとしたドライバーの場合、この ID はそのドライバーを受け取るデバイスの配布グループを示します。
  • TargetingVersion 特定のデバイス モデルをターゲットとしたドライバーの場合、これはデバイスに配布されるドライバーのバージョン番号です。
  • UpdateId 特定のコンテンツに関連付けらた識別子。
  • UpdateImportance ドライバーの重要度とその重要度レベルを受信した理由を示します (0-不明、1-省略可能、2-重要-DNF、3-重要-汎用、4-重要-その他、5-推奨)。
  • UsedSystemVolume デバイスのメイン システム ストレージ ドライブと代替ストレージ ドライブのどちらが使用されたかを示します。
  • WUDeviceID ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意のデバイス ID。

SoftwareUpdateClientTelemetry.TaskRun

これは、Server Initiated Healing クライアントの開始イベントです。 詳細については、EventScenario フィールド (開始/完了など) を参照してください。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CallerApplicationName Windows Update の要求を行うアプリケーションの名前。 要求のコンテキストを識別するために使用します。
  • ClientVersion ソフトウェア配布クライアントのバージョン番号。
  • CmdLineArgs 呼び出し元によって渡されるコマンド ライン引数。
  • EventInstanceID イベント インスタンスのグローバル一意識別子。
  • eventScenario イベントの目的を示します (スキャン開始、成功、失敗など)。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントが接続しているサービス (Windows Update や Microsoft Store など) の識別子。
  • StatusCode イベントの結果コード (成功、取り消し、失敗コードの HResult)。
  • WUDeviceID ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意のデバイス ID。

SoftwareUpdateClientTelemetry.Uninstall

これは、Windows Update クライアントでのターゲットの更新プログラムのアンインストール イベントです。 詳細については、EventScenario フィールド (開始/失敗/成功など) を参照してください。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • BundleId 特定のコンテンツ バンドルに関連付けられた識別子。 BundleID が見つかった場合、これをすべてゼロにすることはできません。
  • BundleRepeatFailCount この特定の更新プログラムのバンドルが以前に失敗したかどうかを示します。
  • BundleRevisionNumber コンテンツ バンドルのリビジョン番号を示します。
  • CallerApplicationName Windows Update の要求を行うアプリケーションの名前。 要求のコンテキストを識別するために使用します。
  • ClientVersion ソフトウェア配布クライアントのバージョン番号。
  • CommonProps Windows Update クライアントの動作に関連付けられている将来のフラグのビットマスク。 今すぐこのフィールドで報告される値はありません。 このフィールドに想定される値は 0 です。
  • DriverPingBack 以前のドライバーとシステム状態に関する情報が含まれます。
  • DriverRecoveryIds 回復が必要な場合、ドライバーをアンインストールするために使用できる識別子のリスト。
  • EventInstanceID イベント インスタンスのグローバル一意識別子。
  • EventScenario イベントの目的を示します (スキャンの開始、成功、失敗など)。
  • EventType イベントの種類を示します。 示される値は "Child"、"Bundle"、"Release"、"Driver" のいずれかです。
  • ExtendedStatusCode StatusCode が十分具体的でない特定のシナリオのセカンダリ ステータス コード。
  • FeatureUpdatePause OS の機能更新プログラムがデバイスで一時停止されているかどうかを示します。
  • FlightBuildNumber フライトのビルド番号を示します。
  • FlightId デバイスが取得するフライトの特定の ID。
  • HandlerType コンテンツの種類を示します (アプリ、ドライバー、Windows 修正プログラムなど)。
  • HardwareId このダウンロードが特定のデバイス モデルをターゲットとするドライバーのダウンロードであった場合、この ID はデバイスのモデルを示します。
  • IsFinalOutcomeEvent このイベントが更新/アップグレード プロセスの終了を通知するかどうかを示します。
  • IsFirmware 更新プログラムがファームウェア更新プログラムかどうかを示します。
  • IsSuccessFailurePostReboot 最初は成功し、再起動後にエラーが発生したかどうかを示します。
  • IsWUfBDualScanEnabled Windows Update for Business デュアル スキャンがデバイスで有効かどうかを示すフラグ。
  • IsWUfBEnabled デバイスで Windows Update for Business が有効かどうかを示すフラグ。
  • MergedUpdate OS 更新プログラムと BSP 更新プログラムがインストールのために統合されたかどうかを示します。
  • ProcessName ソフトウェア配布クライアントの API 呼び出しを開始した呼び出し元のプロセス名。
  • QualityUpdatePause OS の品質更新プログラムがデバイスで一時停止しているかどうかを示します。
  • RelatedCV 新しい相関関係ベクトルとのスワップが行われる前にクライアントにより使用されていた、以前の相関関係ベクトル。
  • RepeatFailCount この特定のコンテンツが以前に失敗したかどうかを示します。
  • RevisionNumber この特定のコンテンツのリビジョン番号を示します。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントがコンテンツをインストールしているサービス (Windows Update、Microsoft Store など) の一意の識別子。
  • StatusCode イベントの結果コード (成功、取り消し、失敗コードの HResult)。
  • TargetGroupId 特定のデバイス モデルをターゲットとしたドライバーの場合、この ID はそのドライバーを受け取るデバイスの配布グループを示します。
  • TargetingVersion 特定のデバイス モデルをターゲットとしたドライバーの場合、これはデバイスに配布されるドライバーのバージョン番号です。
  • UpdateId 特定のコンテンツに関連付けられた識別子。
  • UpdateImportance ドライバーの重要度とその重要度レベルを受信した理由を示します (0-不明、1-省略可能、2-重要-DNF、3-重要-汎用、4-重要-その他、5-推奨)。
  • UsedSystemVolume デバイスのメイン システム ストレージ ドライブと代替ストレージ ドライブのどちらが使用されたかを示します。
  • WUDeviceID ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意のデバイス ID。

SoftwareUpdateClientTelemetry.UpdateDetected

このイベントは、更新が必要なアプリの問題を理解して解決するために、Microsoft Store から更新された AppX アプリに関するデータを送信します。これには、更新が必要なアプリ、必要なバージョン/アーキテクチャなどが含まれます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ApplicableUpdateInfo 適用可能として検出された更新プログラムのメタデータ。
  • CallerApplicationName ソフトウェア配布クライアントの API 呼び出しを開始した呼び出し元により提供される名前。
  • IntentPFNs アトミック更新シナリオ用に意図されたアプリケーション セット メタデータ。
  • NumberOfApplicableUpdates 検出プロセスが完了した後、最終的にシステムに適用可能と見なされた更新プログラムの数。
  • RelatedCV 新しい相関関係ベクトルとのスワップが行われる前に使用されていた以前の相関関係ベクトル。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントが接続しているサービス (Windows Update、Microsoft Store など) を表す ID。
  • WUDeviceID ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意のデバイス ID。

SoftwareUpdateClientTelemetry.UpdateMetadataIntegrity

このイベントは、更新プログラムの内容が改ざんされていないかどうかを識別し、中間者攻撃から保護します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CallerApplicationName Windows Update の要求を行うアプリケーションの名前。 要求のコンテキストを識別するために使用します。
  • EndpointUrl デバイスが更新メタデータを取得するエンドポイント URL。 これは、テスト、ステージング、運用環境を区別するために使用されます。
  • EventScenario イベントの目的を示します。スキャンの開始、成功、失敗など。
  • ExtendedStatusCode StatusCode が十分具体的でない特定のシナリオのセカンダリ ステータス コード。
  • LeafCertId 失敗した証明書の FragmentSigning データに含まれている統合 ID。
  • ListOfSHA256OfIntermediateCerData 中間証明書の FragmentSigning データで Base64CerData のハッシュに対して行う base64 エンコードのセミコロンで区切られたリスト。
  • MetadataIntegrityMode 転送メタデータ整合性チェックのモード。 0 = 不明、1 = 無視、2 = 監査、3 = 適用
  • MetadataSignature 更新メタデータに関連付けられたシグネチャの base64 でエンコードされている文字列 (リビジョン ID により指定)。
  • RawMode SLS 応答からの未処理の未解析モード文字列。 該当しない場合、このフィールドは NULL です。
  • RawValidityWindowInDays タイムスタンプ トークンの未処理の未解析有効期間文字列 (日数)。 該当しない場合、このフィールドは NULL です。
  • RevisionId 特定のコンテンツのリビジョン ID。
  • RevisionNumber 特定のコンテンツのリビジョン番号。
  • ServiceGuid ソフトウェア配布クライアントが接続されているサービス (Windows Update や Microsoft Store など) を識別します。
  • SHA256OfLeafCerData リーフ証明書の FragmentSigning データで Base64CerData のハッシュに対して行う base64 エンコード。
  • SHA256OfLeafCertPublicKey リーフ証明書の FragmentSigning データで Base64CertData のハッシュに対して行う base64 エンコード。
  • SHA256OfTimestampToken タイムスタンプ トークンをエンコードした文字列。
  • SignatureAlgorithm メタデータ シグネチャのハッシュ アルゴリズム。
  • SLSPrograms デバイスがオプトインした可能性のあるテスト プログラム。 例: Insider ファースト
  • StatusCode イベントの結果コード (成功、取り消し、失敗コードの HResult)。
  • TimestampTokenCertThumbprint エンコードされたタイムスタンプ トークンのサムプリント。
  • TimestampTokenId これが作成された時刻。 タイムスタンプ BLOB でエンコードされ、トークンの形式が正しくない場合は 0 になります。
  • UpdateId 特定のコンテンツの更新 ID。
  • ValidityWindowInDays タイムスタンプの検証時に適用される有効期間。

Surface イベント

Microsoft.Surface.Battery.Prod.BatteryInfoEvent

このイベントには、バッテリーのパフォーマンスに関するハードウェア レベルのデータが含まれます。 このイベントで収集されたデータは、Windows 製品とサービスの正常な実行を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • batteryData.data() バッテリーのパフォーマンス データ。
  • BatteryDataSize: バッテリーのパフォーマンス データのサイズ。
  • batteryInfo.data() バッテリーのパフォーマンス データ。
  • BatteryInfoSize: バッテリーのパフォーマンス データのサイズ。
  • pszBatteryDataXml バッテリーのパフォーマンス データ。
  • szBatteryInfo バッテリーのパフォーマンス データ。

システム リソース使用状況モニターのイベント

Microsoft.Windows.Srum.Sdp.CpuUsage

このイベントは、CPU 使用率に関する情報を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • UsageMax 時間ごとの平均 CPU 使用率の最大値。
  • UsageMean 時間ごとの平均 CPU 使用率の平均値。
  • UsageMedian 時間ごとの平均 CPU 使用率の中央値。
  • UsageTwoHourMaxMean 時間ごとの平均 CPU 使用率に関する 2 時間ごとの最大値の平均値。

Microsoft.Windows.Srum.Sdp.NetworkUsage

このイベントは、ネットワーク使用率に関する情報を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • AdapterGuid アダプターの一意の ID。
  • BytesTotalMax 時間ごとの平均合計バイト数の最大値。
  • BytesTotalMean 時間ごとの平均合計バイト数の平均値。
  • BytesTotalMedian 時間ごとの平均合計バイト数の中央値。
  • BytesTotalTwoHourMaxMean 時間ごとの平均合計バイト数に関する 2 時間ごとの最大値の平均値。
  • LinkSpeed アダプターのリンク速度。

更新イベント

Update360Telemetry.Revert

このイベントは、Windows の更新の元に戻すフェーズに関連するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ErrorCode 元に戻すフェーズで返されたエラー コード。
  • FlightId フライト (テスト インスタンス バージョン) の一意の ID。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • RebootRequired 再起動が必要なことを示します。
  • RelatedCV 最新の USO (更新サービス オーケストレーター) スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result イベントの HResult。
  • RevertResult 元に戻す操作について返された結果コード。
  • ScenarioId 更新シナリオの ID。
  • SessionId 更新試行の ID。
  • UpdateId 更新プログラムの ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentCommit

このイベントは、新しい Unified Update Platform (UUP) 更新シナリオのコミット フェーズに関する情報を収集します。この情報はモバイルとデスクトップの両方で利用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode 現在のインストール フェーズで返されたエラー コード。
  • FlightId 各フライトの一意の ID。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result 更新プログラムのインストール フェーズの結果。
  • ScenarioId 更新シナリオを示します。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentDownloadRequest

このイベントは、新しい Unified Update Platform (UUP) シナリオを通じて、Windows の更新のダウンロード要求フェーズのデータを送信します。 このイベントは、PC とモバイルに適用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ContainsSafeOSDUPackage Safe DU パッケージがペイロードの一部であるかどうかを示すブール値。
  • DeletedCorruptFiles 破損ペイロードが削除されたかどうかを示すブール値。
  • DownloadComplete ダウンロードが完了したかどうかを示します。
  • DownloadRequests ダウンロードの再試行回数。
  • ErrorCode 現在のダウンロード要求フェーズで返されたエラー コード。
  • ExtensionName ペイロードがオペレーティング システムのコンテンツまたはプラグインに関連しているかどうかを示します。
  • FlightId 各フライトの一意の ID。
  • InternalFailureResult プラグインで発生した致命的でないエラーを示します。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値 (Setup360 の InstanceId と同じ概念)。
  • PackageCategoriesSkipped スキップされたパッケージのカテゴリを示します (該当する場合)。
  • PackageCountOptional 要求されたオプション パッケージの数。
  • PackageCountRequired 要求された必須パッケージの数。
  • PackageCountTotal 必要なパッケージの合計数。
  • PackageCountTotalCanonical 正規パッケージの合計数。
  • PackageCountTotalDiff 差分パッケージの合計数。
  • PackageCountTotalExpress エクスプレス パッケージの合計数。
  • PackageCountTotalPSFX PSFX パッケージの合計数。
  • PackageExpressType エクスプレス パッケージの種類。
  • packageSizeCanonical 正規パッケージのサイズ (バイト)。
  • PackageSizeDiff 差分パッケージのサイズ (バイト単位)。
  • PackageSizeExpress エクスプレス パッケージのサイズ (バイト単位)。
  • PackageSizePSFX PSFX パッケージのサイズ (バイト)。
  • RangeRequestState 使用する範囲要求の種類を示します。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result 更新プログラムのダウンロード要求フェーズの結果。
  • SandboxTaggedForReserves 予約のサンドボックス。
  • ScenarioId 更新シナリオを示します。
  • SessionId 各試行の一意の値 (初期化、ダウンロード、インストールのコミット フェーズに対して同じ値)。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentExpand

このイベントは、新しい Unified Update Platform (UUP) 更新シナリオの拡張フェーズに関する情報を収集します。この情報はモバイルとデスクトップの両方で利用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ElapsedTickCount 拡張フェーズの所要時間。
  • EndFreeSpace 拡張フェーズ後の空き領域。
  • EndSandboxSize 拡張フェーズ後のサンドボックスのサイズ。
  • errorCode 現在のインストール フェーズで返されたエラー コード。
  • FlightId 各フライトの一意の ID。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • ScenarioId 更新シナリオを示します。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • StartFreeSpace 拡張フェーズ前の空き領域。
  • StartSandboxSize 拡張フェーズ前のサンドボックスのサイズ。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentFellBackToCanonical

このイベントは、新しい Unified Update Platform (UUP) 更新シナリオの実行中に高速処理を使用できず、正規にフォールバックしたときの情報を収集します。この情報はモバイルとデスクトップの両方で利用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • FlightId 各フライトの一意の ID。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • PackageCount 正規パッケージにフォールバックされたパッケージの数。
  • PackageList 正規パッケージにフォールバックされたパッケージの PackageId。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • ScenarioId 更新シナリオを示します。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentInitialize

このイベントは、新しい Unified Update Platform (UUP) シナリオを通じて、Windows の更新における初期化フェーズのデータを送信します。このイベントは、PC とモバイルの両方に適用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ErrorCode 現在のインストール フェーズで返されたエラー コード。
  • FlightId 各フライトの一意の ID。
  • FlightMetadata FlightId とフライティングされるビルドが含まれます。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result 更新プログラムのインストール フェーズの結果。
  • ScenarioId 更新シナリオを示します。
  • SessionData FOD と DUIC を処理するためのエージェントの更新命令を含む文字列 (他のシナリオでは Null)。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentInstall

このイベントは、Windows の更新におけるインストール フェーズのデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ErrorCode 現在のインストール フェーズで返されたエラー コード。
  • ExtensionName ペイロードがオペレーティング システムのコンテンツまたはプラグインに関連しているかどうかを示します。
  • FlightId 各更新エージェント モードの一意の値 (Setup360 の InstanceId と同じ概念)。
  • InternalFailureResult プラグインで発生した致命的でないエラーを示します。
  • ObjectId 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result 現在のインストール フェーズの結果。
  • ScenarioId 更新シナリオを示します。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentMerge

UpdateAgentMerge イベントは、Windows を更新するときのマージ フェーズに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ErrorCode 現在のマージ フェーズで返されたエラー コード。
  • FlightId 各フライトの一意の ID。
  • MergeId マージする 2 つの更新セッションを結合するための一意の ID。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • RelatedCV 関連の相関関係ベクトル値。
  • Result 更新プログラムのマージ フェーズの結果。
  • ScenarioId 更新シナリオを示します。
  • SessionId 各試行の一意の値。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentMitigationResult

このイベントは、各更新エージェントの軽減策の結果を示すデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Applicable 軽減策が現在の更新プログラムに適用可能かどうかを示します。
  • CommandCount 軽減策のエントリ内にあるコマンド操作の数。
  • CustomCount 軽減策のエントリ内にあるカスタム操作の数。
  • FileCount 軽減策のエントリ内にあるファイル操作の数。
  • FlightId 各フライトの一意識別子。
  • Index この特定の軽減策の軽減策インデックス。
  • MitigationScenario 軽減策が実行された更新シナリオ。
  • Name 軽減策のフレンドリ名。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • OperationIndex 軽減策操作のインデックス (エラーが発生した場合)。
  • OperationName 軽減策操作のフレンドリ名 (エラーが発生した場合)。
  • RegistryCount 軽減策エントリ内のレジストリ操作の数。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result この操作の HResult。
  • ScenarioId 更新エージェントのシナリオ ID。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • TimeDiff 軽減策を実行するための所要時間 (100 ナノ秒単位)。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentMitigationSummary

このイベントは、この更新プログラムで使用可能なすべての更新エージェントの軽減策の概要を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Applicable システムとシナリオに適用可能な軽減策の数。
  • Failed 失敗した軽減策の数。
  • FlightId 各フライトの一意識別子。
  • MitigationScenario 軽減策が試行された更新シナリオ。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result この操作の HResult。
  • ScenarioId 更新エージェントのシナリオ ID。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • TimeDiff すべての軽減策を実行するための所要時間 (100 ナノ秒単位)。
  • Total 提供されていた軽減策の合計数。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。

Update360Telemetry.UpdateAgentModeStart

このイベントは、新しい Unified Update Platform (UUP) シナリオを通じて、Windows の更新プロセスで実行された各モードの開始時刻のデータを送信します。 PC とモバイルの両方に適用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • FlightId 各フライトの一意の ID。
  • Mode 開始したモードを示します。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • ScenarioId 更新シナリオを示します。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。
  • Version 更新プログラムのバージョン。

Update360Telemetry.UpdateAgentOneSettings

このイベントは、新しい UUP (Unified Update Platform) 更新シナリオの再起動後フェーズに関する情報を収集します。これは、モバイルとデスクトップの両方で利用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Count デバイスに適用可能な OneSettings の数。
  • FlightId フライト (テスト インスタンス バージョン) の一意の ID。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • Parameters 適用可能な OneSettings があるかどうかを判断するために、OneSettings に送信される名前と値のペア パラメーターのセット。
  • RelatedCV 最新の USO (更新サービス オーケストレーター) スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result イベントの HResult。
  • ScenarioId 更新シナリオの ID。
  • SessionId 更新試行の ID。
  • UpdateId 更新プログラムの ID。
  • Values 該当する場合、デバイスに送信される値。

Update360Telemetry.UpdateAgentPostRebootResult

このイベントは、新しい Unified Update Platform (UUP) 更新シナリオの再起動後フェーズについて、モバイルとデスクトップの両方の情報を収集します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ErrorCode 現在の再起動後フェーズで返されたエラー コード。
  • FlightID デバイスが取得する Windows Insider ビルドの特定の ID。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • PostRebootResult Hresult を示します。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • RollbackFailureReason ロールバックの原因を示します。
  • ScenarioId シナリオ ID。 例: MobileUpdate、DesktopLanguagePack、DesktopFeatureOnDemand、または DesktopDriverUpdate。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。
  • UpdateOutputState 再起動時の更新の状態を示す数値。

Update360Telemetry.UpdateAgentReboot

このイベントは、更新プログラムを中断する要求が送信されたことを示す情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ErrorCode 現在の再起動で返されたエラー コード。
  • FlightId フライト (テスト インスタンス バージョン) の一意の ID。
  • IsSuspendable 再起動時に更新プログラムを一時停止および再開できるかどうかを示します。 コンピューターが再起動され、更新プログラムが Predownload または Install の中間にあり、Setup.exe が実行されている場合、このフィールドは、TRUE になり、それ以外の場合は FALSE になります。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • Reason コンピューターを一時停止できなかった HResult を示します。 正常に一時停止されると、結果は 0 になります。
  • RelatedCV 最新の USO (更新サービス オーケストレーター) スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result イベントの HResult。
  • ScenarioId 更新シナリオの ID。
  • SessionId 更新試行の ID。
  • UpdateId 更新プログラムの ID。
  • UpdateState Suspend が呼び出されたときのコンピューターの状態を示します。 たとえば、Install、Download、Commit などがあります。

Update360Telemetry.UpdateAgentSetupBoxLaunch

UpdateAgent_SetupBoxLaunch イベントは、新しい Unified Update Platform (UUP) シナリオを通じて、Windows の更新時におけるセットアップ ボックスの起動に関するデータを送信します。 このイベントは、PC にのみ適用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ContainsExpressPackage ダウンロード パッケージが高速かどうかを示します。
  • FlightId 各フライトの一意の ID。
  • FreeSpace OS パーティションの空き領域。
  • InstallCount 同じサンドボックスを使用したインストール試行の回数。
  • ObjectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • Quiet セットアップが Quiet モードで実行されているかどうかを示します。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • SandboxSize サンドボックスのサイズ。
  • ScenarioId 更新シナリオを示します。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • SetupLaunchAttemptCount 現在の更新エージェント インスタンス用にセットアップを起動する試行回数を示します。
  • SetupMode セットアップを起動するモード。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。
  • UserSession インストールがユーザーの操作によって呼び出されたかどうかを示します。

更新通知イベント

Microsoft.Windows.UpdateNotificationPipeline.UNPCampaignHeartbeat

このイベントは、ハートビートとして使用されるように、各キャンペーンの開始時に送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignConfigVersion 現在のキャンペーンの構成バージョン。
  • CampaignID 更新通知パイプラインで実行されている現在のキャンペーン。
  • ConfigCatalogVersion 更新通知パイプラインの現在のカタログ バージョン。
  • ContentVersion 更新通知パイプラインにある現在のキャンペーンのコンテンツのバージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • DetectorVersion 更新通知パイプラインにある現在のキャンペーンで最近実行した検出機能のバージョン。
  • GlobalEventCounter ユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion 更新通知パイプラインの現在のパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.UpdateNotificationPipeline.UNPCampaignManagerHeartbeat

このイベントは、ハートビートとして使用されることを目的として、CampaignManager イベントの開始時に送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignConfigVersion 現在のキャンペーンの構成バージョン。
  • CampaignID 更新通知パイプライン (UNP) で現在実行されているキャンペーン。
  • ConfigCatalogVersion UNP の現在のカタログ バージョン。
  • ContentVersion UNP の現在のキャンペーンに関するコンテンツのバージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • DetectorVersion UNP の現在のキャンペーンで最近実行した検出機能のバージョン。
  • GlobalEventCounter ユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion 現在の UNP のパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.UpdateNotificationPipeline.UnpCampaignManagerRunCampaignFailed

このイベントは、キャンペーンの実行中に、キャンペーン マネージャーで予期しないエラーが発生したときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CampaignConfigVersion 現在のキャンペーンの構成バージョン。
  • CampaignID 更新通知パイプライン (UNP) で現在実行されているキャンペーン。
  • ConfigCatalogVersion UNP の現在のカタログ バージョン。
  • ContentVersion UNP の現在のキャンペーンに関するコンテンツのバージョン。
  • CV 相関関係ベクトル。
  • DetectorVersion UNP の現在のキャンペーンで最近実行した検出機能のバージョン。
  • GlobalEventCounter ユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • hresult 失敗の HRESULT。
  • PackageVersion 現在の UNP のパッケージ バージョン。

アップグレード イベント

FacilitatorTelemetry.DCATDownload

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、OS のアップグレード時に追加のコンテンツや重要な補足コンテンツを受信するかどうかを示します。

次のフィールドを使用できます。

  • DownloadSize ペイロードのダウンロード サイズ。
  • ElapsedTime ペイロードのダウンロードにかかった時間。
  • MediaFallbackUsed アップグレードのためのパッケージの要件を確認するために Media CompDB を使用したかどうかを判断するために使用されます。
  • ResultCode Facilitator DCAT 呼び出しによって返された結果。
  • Scenario 動的更新シナリオ (イメージ DU またはセットアップ DU)。
  • Type ダウンロードされたパッケージの種類。
  • UpdateId ダウンロードされた更新プログラムの ID。

FacilitatorTelemetry.DUDownload

このイベントは、デバイスを次のバージョンの Windows にアップグレードする場合に重要となる補足パッケージのダウンロードに関するデータを返します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • PackageCategoriesFailed ダウンロードに失敗したパッケージのカテゴリを一覧表示します。
  • PackageCategoriesSkipped スキップされたパッケージ ダウンロードのカテゴリを一覧表示します。

FacilitatorTelemetry.InitializeDU

このイベントは、デバイスが OS のアップグレード中に追加のコンテンツまたは重要な補足コンテンツを受け取ったかどうかを判別します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DCATUrl 要求の送信先となる配信カタログ (DCAT) の URL。
  • DownloadRequestAttributes DCAT に送信する属性。
  • ResultCode URL/属性を使用して開始した Facilitator から返された結果。
  • Scenario 動的更新シナリオ (イメージ DU またはセットアップ DU)。
  • Url 要求の送信先となる配信カタログ (DCAT) の URL。
  • Version Facilitator のバージョン。

Setup360Telemetry.Downlevel

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、デバイスがアップグレードのダウンロード フェーズを開始したことを示すデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update を使用する場合、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightData フライトを識別する一意の値。
  • HostOSBuildNumber ダウンレベル OS のビルド番号。
  • HostOsSkuName Setup360 インスタンスを実行しているオペレーティング システム エディション (ダウンレベル OS)。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • ReportId Windows Update シナリオでは、これはセットアップに渡される updateID です。 メディア セットアップでは、これは install.wim の GUID です。
  • Setup360Extended 潜在的なエラーが発生した場合のフェーズやアクションに関する詳細情報。
  • Setup360Mode Setup360 のフェーズ (例: Predownload、Install、Finalize、Rollback)。
  • Setup360Result Setup360 の結果 (エラーの診断に使用された HRESULT)。
  • Setup360Scenario Setup360 フローの種類 (例: Boot、Media、Update、MCT)。
  • SetupVersionBuildNumber Setup360 のビルド番号 (ターゲット OS のビルド番号)。
  • State 特定の Setup360 実行の終了状態。 例: succeeded、failed、blocked、cancelled。
  • TestId イベントのグループを一意に識別する ID。
  • WuId これは Windows Update クライアント ID です。 Windows Update シナリオでは、これは clientId と同じです。

Setup360Telemetry.Finalize

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、デバイスがアップグレードの最終処理フェーズを開始したことを示すデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightData フライトを識別する一意の値。
  • HostOSBuildNumber 以前の OS のビルド番号。
  • HostOsSkuName Setup360 インスタンスを実行している OS エディション (以前の OS)。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • ReportId Windows Update では、これはセットアップに渡される updateID です。 メディア セットアップでは、これは install.wim の GUID です。
  • Setup360Extended 潜在的なエラーが発生した場合のフェーズやアクションに関する詳細情報。
  • Setup360Mode Setup360 のフェーズ。 例: Predownload、Install、Finalize、Rollback。
  • Setup360Result Setup360 の結果。 これは、エラーの診断に使用される HRESULT エラー コードです。
  • Setup360Scenario Setup360 フローの種類。 例: Boot、Media、Update、MCT。
  • SetupVersionBuildNumber Setup360 のビルド番号 (ターゲット OS のビルド番号)。
  • State Setup360 実行の終了状態。 例: succeeded、failed、blocked、cancelled。
  • TestId イベントのグループを一意に識別する ID。
  • WuId これは Windows Update クライアント ID です。 Windows Update では、これは clientId と同じです。

Setup360Telemetry.OsUninstall

このイベントは、Windows 7、Windows 8、Windows 10 からの OS の更新とアップグレードに関するデータを送信します。 具体的には、OS アンインストールの結果を示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightData フライトを識別する一意の値。
  • HostOSBuildNumber 以前の OS のビルド番号。
  • HostOsSkuName Setup360 インスタンスを実行している OS エディション (以前の OS)。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • ReportId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、これは install.wim の GUID です。
  • Setup360Extended フェーズや潜在的なエラーが発生した場合の動作に関する詳細な情報。
  • Setup360Mode Setup360 のフェーズ。 例: Predownload、Install、Finalize、Rollback。
  • Setup360Result Setup360 の結果。 これは、エラーの診断に使用される HRESULT エラー コードです。
  • Setup360Scenario Setup360 フローの種類。 例: Boot、Media、Update、MCT
  • SetupVersionBuildNumber Setup360 のビルド番号 (ターゲット OS のビルド番号)。
  • State Setup360 実行の終了状態。 例: succeeded、failed、blocked、cancelled。
  • TestId イベントのグループを一意に識別する ID。
  • WuId Windows Update クライアント ID。

Setup360Telemetry.PostRebootInstall

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、デバイスがアップグレードの再起動後インストール フェーズを呼び出したことを示すデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightData フライトを識別する一意の値。
  • HostOSBuildNumber 以前の OS のビルド番号。
  • HostOsSkuName Setup360 インスタンスを実行している OS エディション (以前の OS)。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • ReportId Windows Update では、これはセットアップに渡される updateID です。 メディア セットアップでは、これは install.wim の GUID です。
  • Setup360Extended 結果の拡張 - 潜在的なエラーが発生した場合のフェーズ/アクションに関する詳しい情報。
  • Setup360Mode Setup360 のフェーズ。 例: Predownload、Install、Finalize、Rollback
  • Setup360Result Setup360 の結果。 これは、エラーの診断に使用される HRESULT エラー コードです。
  • Setup360Scenario Setup360 フローの種類。 例: Boot、Media、Update、MCT
  • SetupVersionBuildNumber Setup360 のビルド番号 (ターゲット OS のビルド番号)。
  • State Setup360 実行の終了状態。 例: succeeded、failed、blocked、cancelled
  • TestId イベントのグループを一意に識別する文字列。
  • WuId これは Windows Update クライアント ID です。 Windows Update では、これは ClientId と同じです。

Setup360Telemetry.PreDownloadQuiet

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、デバイスがアップグレードのダウンロード前非通知フェーズを呼び出したことを示すデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update を使用する場合、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightData フライトを識別する一意の値。
  • HostOSBuildNumber 以前の OS のビルド番号。
  • HostOsSkuName Setup360 インスタンスを実行している OS エディション (以前のオペレーティング システム)。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • ReportId Windows Update を使用する場合、これはセットアップに渡される updateID です。 メディア セットアップでは、これは install.wim の GUID です。
  • Setup360Extended 潜在的なエラーが発生した場合のフェーズやアクションに関する詳細情報。
  • Setup360Mode Setup360 のフェーズ。 例: Predownload、Install、Finalize、Rollback。
  • Setup360Result Setup360 の結果。 これは、エラーの診断に使用される HRESULT エラー コードです。
  • Setup360Scenario Setup360 フローの種類。 例: Boot、Media、Update、MCT。
  • SetupVersionBuildNumber Setup360 のビルド番号 (ターゲット OS のビルド番号)。
  • State Setup360 実行の終了状態。 例: succeeded、failed、blocked、cancelled。
  • TestId イベントのグループを一意に識別する ID。
  • WuId これは Windows Update クライアント ID です。 Windows Update を使用する場合、これは clientId と同じです。

Setup360Telemetry.PreDownloadUX

このイベントは、Windows を 最新かつ安全な状態に保つために、Windows 7.X、Windows 8.X、Windows 10 および RS からの OS の更新とアップグレードに関するデータを送信します。 具体的には、更新プロセスの PredownloadUX 部分の結果を示します。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightData WU シナリオでは、これはセットアップに渡される WU クライアント ID です。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • HostOSBuildNumber 以前のオペレーティング システムのビルド番号。
  • HostOsSkuName Setup360 インスタンスを実行している OS エディション (以前のオペレーティング システム)。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • ReportId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、これは install.wim の GUID です。
  • Setup360Extended 潜在的なエラーが発生した場合のフェーズやアクションに関する詳細情報。
  • Setup360Mode Setup360 のフェーズ。 例: Predownload、Install、Finalize、Rollback。
  • Setup360Result Setup360 の結果。 これは、エラーの診断に使用できる HRESULT エラー コードです。
  • Setup360Scenario Setup360 フローの種類。 例: Boot、Media、Update、MCT。
  • SetupVersionBuildNumber Setup360 のビルド番号 (ターゲット OS のビルド番号)。
  • State Setup360 実行の終了状態。 例: succeeded、failed、blocked、cancelled。
  • TestId イベントのグループを一意に識別する ID。
  • WuId Windows Update クライアント ID。

Setup360Telemetry.PreInstallQuiet

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、デバイスがアップグレードのインストール前非通知フェーズを呼び出したことを示すデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightData フライトを識別する一意の値。
  • HostOSBuildNumber 以前の OS のビルド番号。
  • HostOsSkuName Setup360 インスタンスを実行している OS エディション (以前の OS)。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • ReportId Windows Update では、これはセットアップに渡される updateID です。 メディア セットアップでは、これは install.wim の GUID です。
  • Setup360Extended 潜在的なエラーが発生した場合のフェーズやアクションに関する詳細情報。
  • Setup360Mode Setup360 のフェーズ。 例: Predownload、Install、Finalize、Rollback。
  • Setup360Result Setup360 の結果。 これは、エラーの診断に使用できる HRESULT エラー コードです。
  • Setup360Scenario Setup360 フローの種類 (Boot、Media、Update、MCT)。
  • SetupVersionBuildNumber Setup360 のビルド番号 (ターゲット OS のビルド番号)。
  • State Setup360 実行の終了状態。 例: succeeded、failed、blocked、cancelled。
  • TestId イベントのグループを一意に識別する文字列。
  • WuId これは Windows Update クライアント ID です。 Windows Update では、これは clientId と同じです。

Setup360Telemetry.PreInstallUX

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、Windows 7、Windows 8、Windows 10 からの OS の更新とアップグレードに関するデータを送信します。 具体的には、更新プロセスの PreinstallUX 部分の結果を示します。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightData フライトを識別する一意の値。
  • HostOSBuildNumber 以前の OS のビルド番号。
  • HostOsSkuName Setup360 インスタンスを実行している OS エディション (以前の OS)。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • ReportId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、これは install.wim の GUID です。
  • Setup360Extended 潜在的なエラーが発生した場合のフェーズやアクションに関する詳細情報。
  • Setup360Mode Setup360 のフェーズ。 例: Predownload、Install、Finalize、Rollback。
  • Setup360Result Setup360 の結果。 これは、エラーの診断に使用される HRESULT エラー コードです。
  • Setup360Scenario Setup360 フローの種類 (例: Boot、Media、Update、MCT)。
  • SetupVersionBuildNumber Setup360 のビルド番号 (ターゲット OS のビルド番号)。
  • State Setup360 実行の終了状態。 例: succeeded、failed、blocked、cancelled。
  • TestId イベントのグループを一意に識別する文字列。
  • WuId Windows Update クライアント ID。

Setup360Telemetry.Setup360

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために OS 展開シナリオに関するデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId アップグレード ID を取得します。 Windows Update シナリオでは、Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FieldName データ ポイントを取得します。
  • FlightData Windows Insider ビルドの各グループの一意識別子を指定します。
  • InstanceId セットアップ セッションの各インスタンスの一意識別子を取得します。
  • ReportId レポート ID を取得します。
  • ScenarioId 展開シナリオを取得します。
  • Value 対応する FieldName に関連付けられた値を取得します。

Setup360Telemetry.Setup360DynamicUpdate

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、オペレーティング システムのアップグレード中に補足的なコンテンツを受信するかどうかを判断します。

次のフィールドを使用できます。

  • FlightData Windows Insider ビルドの各グループの一意識別子を指定します。
  • InstanceId セットアップ セッションの各インスタンスの一意識別子を取得します。
  • Operation Facilitator の最後の操作 (スキャン、ダウンロードなど)。
  • ReportId イベント ストリーム側を一緒に結びつけるための ID。
  • ResultCode セットアップ操作全体について返された結果。
  • Scenario 動的更新シナリオ (イメージ DU またはセットアップ DU)。
  • scenarioId 更新シナリオを識別します。
  • TargetBranch ターゲット OS のブランチ。
  • TargetBuild ターゲット OS のビルド。

Setup360Telemetry.Setup360MitigationResult

このイベントは、各セットアップの軽減策の結果を示すデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Applicable 軽減策が現在の更新プログラムに適用可能である場合は TRUE。
  • ClientId Windows Update シナリオでは、これはセットアップに渡されるクライアント ID です。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • CommandCount 軽減策のエントリ内にあるコマンド操作の数。
  • CustomCount 軽減策のエントリ内にあるカスタム操作の数。
  • FileCount 軽減策のエントリ内にあるファイル操作の数。
  • FlightData 各フライト (テスト リリース) の一意の識別子。
  • Index この特定の軽減策の軽減策インデックス。
  • InstanceId SetupHost.EXE の各インスタンスを識別する GUID (グローバル一意 ID)。
  • MitigationScenario 軽減策が実行された更新シナリオ。
  • Name 軽減策の (わかりやすい) フレンドリ名。
  • OperationIndex 軽減策操作のインデックス (エラーが発生した場合)。
  • OperationName 軽減策操作の (わかりやすい) フレンドリ名 (エラーが発生した場合)。
  • RegistryCount 軽減策エントリ内のレジストリ操作の数。
  • ReportId Windows Update シナリオで、セットアップに渡される更新プログラム ID。 メディア セットアップでは、これは INSTALL.WIM の GUID です。
  • Result この操作の HResult。
  • ScenarioId Setup360 フローの種類。
  • TimeDiff 軽減策を実行するための所要時間 (100 ナノ秒単位)。

Setup360Telemetry.Setup360MitigationSummary

このイベントは、この更新プログラムで使用可能なすべてのセットアップの軽減策の概要を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Applicable システムとシナリオに適用可能な軽減策の数。
  • ClientId セットアップに渡される Windows Update クライアント ID。
  • Failed 失敗した軽減策の数。
  • FlightData 各フライト (テスト リリース) の一意の識別子。
  • InstanceId SetupHost.EXE の各インスタンスを識別する GUID (グローバル一意 ID)。
  • MitigationScenario 軽減策が試行された更新シナリオ。
  • ReportId Windows Update シナリオで、セットアップに渡される更新プログラム ID。 メディア セットアップでは、これは INSTALL.WIM の GUID です。
  • Result この操作の HResult。
  • ScenarioId Setup360 フローの種類。
  • TimeDiff 軽減策を実行するための所要時間 (100 ナノ秒単位)。
  • Total 提供されていた軽減策の合計数。

Setup360Telemetry.Setup360OneSettings

このイベントは、新しい UUP (Unified Update Platform) 更新シナリオの再起動後フェーズに関する情報を収集します。これは、モバイルとデスクトップの両方で利用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId セットアップに渡される Windows Update クライアント ID。
  • Count デバイスに適用可能な OneSettings の数。
  • FlightData フライト (テスト インスタンス バージョン) の ID。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する GUID (グローバル一意 ID)。
  • Parameters 適用可能な OneSettings があるかどうかを判断するために、OneSettings に送信される名前と値のペア パラメーターのセット。
  • ReportId セットアップに渡される更新プログラム ID。
  • Result イベント エラーの HResult。
  • ScenarioId 更新シナリオ ID。
  • Values 該当する場合、デバイスに送信される値。

Setup360Telemetry.UnexpectedEvent

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、デバイスがアップグレードの予期しないイベント フェーズを呼び出したことを示すデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update では、これはセットアップに渡される Windows Update クライアント ID になります。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightData フライトを識別する一意の値。
  • HostOSBuildNumber 以前の OS のビルド番号。
  • HostOsSkuName Setup360 インスタンスを実行している OS エディション (以前の OS)。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • ReportId Windows Update では、これはセットアップに渡される updateID です。 メディア セットアップでは、これは install.wim の GUID です。
  • Setup360Extended 潜在的なエラーが発生した場合のフェーズやアクションに関する詳細情報。
  • Setup360Mode Setup360 のフェーズ。 例: Predownload、Install、Finalize、Rollback。
  • Setup360Result Setup360 の結果。 これは、エラーの診断に使用できる HRESULT エラー コードです。
  • Setup360Scenario Setup360 フローの種類。 例: Boot、Media、Update、MCT。
  • SetupVersionBuildNumber Setup360 のビルド番号 (ターゲット OS のビルド番号)。
  • State Setup360 実行の終了状態。 例: succeeded、failed、blocked、cancelled。
  • TestId イベントのグループを一意に識別する文字列。
  • WuId これは Windows Update クライアント ID です。 Windows Update では、これは clientId と同じです。

サービスとしての Windows の診断イベント

Microsoft.Windows.WaaSMedic.DetectionFailed

このイベントは、WaaSMedic が指定された診断を適用できない場合に送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • diagnostic 診断が失敗した場合のパラメーター。
  • hResult 試行中の診断からのエラー コード。
  • isDetected 条件が検出されたかどうかを示すフラグ。
  • pluginName 試行した診断の名前。
  • versionString 修復エンジンのバージョン番号。

Microsoft.Windows.WaaSMedic.DetectionsOnlyFailed

名前付き診断の適用に失敗しました。

次のフィールドを使用できます。

  • hResult 診断の試行によるエラー コード。
  • versionString 修復エンジンのバージョン番号。

Microsoft.Windows.WaaSMedic.EngineFailed

このイベントは、Medic エンジンの実行中のエラーを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • hResult 実行によるエラー コード。
  • versionString Medic エンジンのバージョン。

Microsoft.Windows.WaaSMedic.RemediationFailed

このイベントは、WaaS Medic 更新スタック修復ツールで、ターゲット デバイスでの Windows Update の適切な処理を妨げている問題に対して、説明されている解決策を適用できなかった場合に送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • diagnostic 解決策が失敗した場合のパラメーター。
  • hResult 解決策を試みた結果として発生したエラー コード。
  • isRemediated 状況が修復されたかどうかを示します。
  • pluginName 試行した解決策の名前。
  • versionString エンジンのバージョン。

Microsoft.Windows.WaaSMedic.RemediationsOnlyFailed

このイベントは、一部のプラグインが修復を完了できなかったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を安全に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • hResult 結果のエラー コード。
  • versionString プラグインが失敗した文字列。

Microsoft.Windows.WaaSMedic.SummaryEvent

このイベントは、WaaSMedic 操作の結果を提供します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • callerApplication 呼び出し元のアプリケーションの名前。
  • capsuleCount Sediment Pack カプセルの数。
  • capsuleFailureCount カプセル エラーの数。
  • detectionSummary 実行されていた適用可能な各検出の結果。
  • featureAssessmentImpact WaaS の評価が機能更新プログラムに与える影響。
  • hrEngineBlockReason WaaSMedic を停止する理由を示します。
  • hrEngineResult エンジンの操作によるエラー コード。
  • hrLastSandboxError WaaSMedic サンドボックスによって送信された最後のエラー。
  • initSummary 初期化メソッドの概要データ。
  • insufficientSessions 診断の条件に適合しないデバイス。
  • isInteractiveMode ユーザーが WaaSMedic の実行を開始しました。
  • isManaged デバイスは更新プログラム用に管理されています。
  • isWUConnected デバイスは Windows Update に接続されています。
  • noMoreActions 他に適用可能な診断はありません。
  • pluginFailureCount 失敗したプラグインの数。
  • pluginsCount プラグインの数。
  • qualityAssessmentImpact WaaS の評価が品質更新プログラムに与える影響。
  • remediationSummary デバイスが更新プログラムを取得できないという無効な状態や構成を修正するためにデバイスで実行された各操作の結果。 たとえば、Windows Update サービスが無効になっていると、修正操作によってこのサービスが有効に戻ります。
  • usingBackupFeatureAssessment バックアップ機能の評価に依存します。
  • usingBackupQualityAssessment バックアップ品質の評価に依存します。
  • usingCachedFeatureAssessment WaaS Medic の実行では、ネットワークから以前の実行での OS ビルドの有効期間を取得できませんでした。
  • usingCachedQualityAssessment WaaS Medic の実行では、ネットワークから以前の実行での OS リビジョンの有効期間を取得できませんでした。
  • versionString WaaSMedic エンジンのバージョン。
  • waasMedicRunMode これがバックグラウンドでの定期的な Medic の実行であったか、または Windows Update トラブルシューティング ツールを起動したユーザーによってトリガーされたかを示します。

Windows エラー報告イベント

Microsoft.Windows.WERVertical.OSCrash

このイベントは、Windows を最新の状態に保つために、バグ チェックが発生した場合は必ず、収集したダンプ ファイルからのバイナリ データを送信します。 これは、このイベントの OneCore バージョンです。

次のフィールドを使用できます。

  • BootId このデバイスの起動番号を識別する Uint32。
  • BugCheckCode バグ チェックの近因を識別する Uint64 の "バグチェック コード"。
  • BugCheckParameter1 追加情報を提供する Uint64 パラメーター。
  • BugCheckParameter2 追加情報を提供する Uint64 パラメーター。
  • BugCheckParameter3 追加情報を提供する Uint64 パラメーター。
  • BugCheckParameter4 追加情報を提供する Uint64 パラメーター。
  • DumpFileAttributes ダンプ ファイルに含まれているデータの種類を識別するコード。
  • DumpFileSize ダンプ ファイルのサイズ。
  • IsValidDumpFile デバッガーでダンプ ファイルが有効な場合は true。それ以外の場合は false。
  • ReportId このバグ チェックに関連付けられた WER レポート ID (Watson で対応するレポート アーカイブの検出に使用)。

Windows エラー報告 MTT イベント

Microsoft.Windows.WER.MTT.Denominator

このイベントは、Windows を最新の状態を保つために、クラッシュやその他のエラーの MTTF (故障までの平均時間) を計算するための分母を提供します。

次のフィールドを使用できます。

  • DPRange 最大平均値の範囲。
  • DPValue 平均を推定するために大きな母集団に再構成できるランダム化ビット値 (0 または 1)。
  • Value 標準 UTC で出力された DP 値構造体。

Windows Store イベント

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.AbortedInstallation

このイベントは、インストールや更新がユーザーまたはシステムによりキャンセルされたときに送信されます。このイベントは、Windows アプリを最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AggregatedPackageFullNames ダウンロードしてインストールするすべてのパッケージの名前。
  • AttemptNumber キャンセル前の再試行回数。
  • BundleId アイテム バンドル ID。
  • CategoryId アイテム カテゴリ ID。
  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • HResult この操作前に実行された最後のアクションの結果コード。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • IsInteractive これがユーザーにより要求されたかどうか。
  • IsMandatory これが必須の更新プログラムであったかどうか。
  • IsRemediation これが修復インストールであったかどうか。
  • IsRestore 以前に取得した製品が自動的に復元されるかどうか。
  • IsUpdate これが更新プログラムかどうかを示すフラグ。
  • ParentBundleId 親の製品 ID (この製品がバンドルの一部である場合)。
  • PFN インストールされる製品の製品ファミリ名。
  • ProductId インストールされるパッケージの ID。
  • SystemAttemptNumber キャンセル前にインストールを自動的に試行した合計回数。
  • UserAttemptNumber キャンセルされるまでにユーザーがインストールを試行した合計回数。
  • WUContentId Windows Update コンテンツ ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.BeginGetInstalledContentIds

このイベントは、インストールされるアプリの更新が利用可能かどうかを判断するために、そのアプリのインベントリが開始されたときに送信されます。 Windows を最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.BeginUpdateMetadataPrepare

このイベントは、利用可能なパッケージの更新によって Store エージェント キャッシュによって更新されたときに送信されます。 Windows を最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.CancelInstallation

このイベントは、インタラクティブ モードでアプリの更新またはインストールがキャンセルされたときに送信されます。 これは、ユーザーまたはシステムがキャンセルできます。 Windows を最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AggregatedPackageFullNames ダウンロードしてインストールするすべてのパッケージの名前。
  • AttemptNumber インストールを試行した合計回数。
  • BundleId この製品に関連付けられた Windows Insider ビルドの ID。
  • CategoryId インストールされるパッケージの ID。
  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • IsInteractive これがユーザーにより要求されたかどうか。
  • IsMandatory これが必須の更新プログラムであるかどうか。
  • IsRemediation 以前のインストールが修復されるかどうか。
  • IsRestore 以前に取得した製品が自動的に復元されるかどうか。
  • IsUpdate これが製品の更新プログラムかどうか。
  • ParentBundleId 親の製品 ID (この製品がバンドルの一部である場合)。
  • PFN ダウンロードしてインストールするすべてのパッケージの名前。
  • PreviousHResult 以前の HResult コード。
  • PreviousInstallState キャンセル前のインストール状態。
  • ProductId インストールを要求したパッケージの名前。
  • RelatedCV この製品で以前に実行されたアクションの相関関係ベクトル。
  • SystemAttemptNumber キャンセル前にインストールを自動的に試行した合計回数。
  • UserAttemptNumber キャンセルするまでにユーザーがインストールを試行した合計回数。
  • WUContentId Windows Update コンテンツ ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.CompleteInstallOperationRequest

このイベントは、Windows を最新の状態かつ安全な維持するためにアプリのインストールまたは更新の終了時に送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CatalogId インストールされるアプリの Store 製品 ID。
  • HResult 実行されるアクションの HResult コード。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • PackageFamilyName インストールされるパッケージの名前。
  • ProductId インストールされる製品の Microsoft Store 製品 ID。
  • SkuId インストールされるアイテムの特定のエディション。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.EndAcquireLicense

このイベントは、製品のインストール時にライセンスが取得された後に送信されます。 Windows を最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AggregatedPackageFullNames アトミック セットを構成する各アプリに関するパッケージの完全な名前のセットが含まれます。
  • AttemptNumber この製品の取得を試行した合計回数。
  • BundleId この製品に関連付けられたテスト ビルド (フライト) の ID。
  • CategoryId インストールされるパッケージの ID。
  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • HResult 操作の結果を示す HResult コード (成功/失敗)。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • IsInteractive ユーザーがインストールを開始したかどうか。
  • IsMandatory これが必須の更新プログラムであるかどうか。
  • IsRemediation 以前のインストールが修復されるかどうか。
  • IsRestore これがデバイスの復元後に発生するかどうか。
  • IsUpdate これが更新プログラムかどうか。
  • ParentBundleId この製品がバンドルの一部である場合は、親の製品識別子。
  • PFN インストールされる製品の製品ファミリ名。
  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。
  • SystemAttemptNumber システムがこの製品の取得を試行した回数。
  • UserAttemptNumber ユーザーがこの製品の取得を試行した回数。
  • WUContentId Windows Update コンテンツ ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.EndDownload

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、アプリのダウンロード後に送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AggregatedPackageFullNames ダウンロードしてインストールするすべてのパッケージの名前。
  • AttemptNumber キャンセル前の再試行回数。
  • BundleId この製品に関連付けられた Windows Insider ビルドの ID。
  • CategoryId インストールされるパッケージの ID。
  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • DownloadSize ダウンロードの合計サイズ。
  • ExtendedHResult 拡張 HResult エラー コード。
  • HResult 実行された最後のアクションの結果コード。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • IsInteractive ユーザーがこれを開始したかどうか。
  • IsMandatory これが必須インストールかどうか。
  • IsRemediation 以前のインストールが修復されるかどうか。
  • IsRestore これが以前に取得した製品の復元であるかどうか。
  • IsUpdate これが更新プログラムかどうか。
  • ParentBundleId 親バンドル ID (バンドルの一部である場合)。
  • PFN ダウンロードされるアプリの製品ファミリ名。
  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。
  • SystemAttemptNumber システムがダウンロードを試行した回数。
  • UserAttemptNumber ユーザーがダウンロードを試行した回数。
  • WUContentId Windows Update コンテンツ ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.EndFrameworkUpdate

このイベントは、アプリの更新に更新されたフレームワーク パッケージが必要で、プロセスがそのパッケージのダウンロードを開始したときに送信されます。 Windows を最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • HResult この操作前に実行された最後のアクションの結果コード。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.EndGetInstalledContentIds

このイベントは、製品の更新が利用可能かどうかを判断するために、それらの製品のインベントリの送信後に送信されます。 Windows を最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • HResult この操作前に実行された最後のアクションの結果コード。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.EndInstall

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、製品のインストール後に送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AggregatedPackageFullNames ダウンロードしてインストールするすべてのパッケージの名前。
  • AttemptNumber キャンセル前の再試行回数。
  • BundleId この製品に関連付けられたビルドの ID。
  • CategoryId インストールされるパッケージの ID。
  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • ExtendedHResult 拡張 HResult エラー コード。
  • HResult 実行された最後のアクションの結果コード。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • IsInteractive これがインタラクティブ インストールかどうか。
  • IsMandatory これが必須インストールかどうか。
  • IsRemediation 以前のインストールが修復されるかどうか。
  • IsRestore 以前に取得した製品が自動的に復元されるかどうか。
  • IsUpdate これが更新プログラムかどうか。
  • ParentBundleId 親の製品 ID (この製品がバンドルの一部である場合)。
  • PFN インストールされる製品の製品ファミリ名。
  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。
  • SystemAttemptNumber システム試行の合計回数。
  • UserAttemptNumber ユーザー試行の合計回数。
  • WUContentId Windows Update コンテンツ ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.EndScanForUpdates

このイベントは、インストールするパッケージがあるかどうかを判断するために、製品の更新のスキャン後に送信されます。 Windows を最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • HResult 実行された最後のアクションの結果コード。
  • IsApplicability この要求が、インストール対象のパッケージの有無のみをチェックするものかどうか。
  • IsInteractive ユーザーがこれを要求したかどうか。
  • IsOnline 要求でオンライン チェックが行われるかどうか。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.EndSearchUpdatePackages

このイベントは、インストールする更新パッケージの検索後に送信されます。 Windows を最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AggregatedPackageFullNames ダウンロードしてインストールするすべてのパッケージの名前。
  • AttemptNumber キャンセル前の合計再試行回数。
  • BundleId この製品に関連付けられたビルドの ID。
  • CategoryId インストールされるパッケージの ID。
  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • HResult 実行された最後のアクションの結果コード。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • IsInteractive ユーザーがこれを要求したかどうか。
  • IsMandatory これが必須の更新プログラムであるかどうか。
  • IsRemediation 以前のインストールが修復されるかどうか。
  • IsRestore 以前に取得したコンテンツが復元されるかどうか。
  • IsUpdate これが更新プログラムかどうか。
  • ParentBundleId 親の製品 ID (この製品がバンドルの一部である場合)。
  • PFN インストールを要求したパッケージの名前。
  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。
  • SystemAttemptNumber システム試行の合計回数。
  • UserAttemptNumber ユーザー試行の合計回数。
  • WUContentId Windows Update コンテンツ ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.EndStageUserData

このイベントは、製品のインストール後に復元が必要なユーザー データ (ある場合) を復元した後に送信されます。 Windows を最新の状態かつ安全な状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AggregatedPackageFullNames ダウンロードしてインストールするすべてのパッケージの名前。
  • AttemptNumber キャンセル前の合計再試行回数。
  • BundleId この製品に関連付けられたビルドの ID。
  • CategoryId インストールされるパッケージの ID。
  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • HResult 実行された最後のアクションの結果コード。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • IsInteractive ユーザーがこれを要求したかどうか。
  • IsMandatory これが必須の更新プログラムであるかどうか。
  • IsRemediation 以前のインストールが修復されるかどうか。
  • IsRestore 以前に取得したコンテンツが復元されるかどうか。
  • IsUpdate これが更新プログラムかどうか。
  • ParentBundleId 親の製品 ID (この製品がバンドルの一部である場合)。
  • PFN インストールを要求したパッケージの名前。
  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。
  • SystemAttemptNumber システム試行の合計回数。
  • UserAttemptNumber システム試行の合計回数。
  • WUContentId Windows Update コンテンツ ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.EndUpdateMetadataPrepare

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、利用可能なアプリ更新プログラムをスキャンした後に送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • HResult 実行された最後のアクションの結果コード。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.FulfillmentComplete

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、アプリのインストールや更新の終了時に送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CatalogId このアプリの選択元となった製品カタログの名前です。
  • FailedRetry インストールまたは更新の再試行が成功したかどうかを示します。
  • HResult 操作の HResult コード。
  • .PFN インストールまたは更新されるアプリのパッケージ ファミリ名。
  • ProductId 更新またはインストールされるアプリの製品 ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.FulfillmentInitiate

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、アプリのインストールや更新の開始時に送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CatalogId このアプリの選択元となった製品カタログの名前です。
  • FulfillmentPluginId パッケージ タイプの製品をインストールするために必要なプラグインの ID。
  • .PFN インストールまたは更新されるアプリのパッケージ ファミリ名。
  • PluginTelemetryData パッケージ タイプのプラグインに固有の診断情報。
  • ProductId 更新またはインストールされるアプリの製品 ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.InstallOperationRequest

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、製品のインストールまたは更新が開始されたときに送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • BundleId この製品に関連付けられたビルドの ID。
  • CatalogId この製品がプライベート カタログに掲載されている場合のインストールされる製品の Microsoft Store 製品 ID。
  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。
  • SkuId インストールされる ID の特定のエディション。
  • VolumePath インストールのディスク パス。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.PauseInstallation

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、製品のインストールまたは更新が (ユーザーまたはシステムにより) 一時停止されたときに送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AggregatedPackageFullNames ダウンロードしてインストールするすべてのパッケージの名前。
  • AttemptNumber キャンセル前の合計再試行回数。
  • BundleId この製品に関連付けられたビルドの ID。
  • CategoryId インストールされるパッケージの ID。
  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • IsInteractive ユーザーがこれを要求したかどうか。
  • IsMandatory これが必須の更新プログラムであるかどうか。
  • IsRemediation 以前のインストールが修復されるかどうか。
  • IsRestore 以前に取得したコンテンツが復元されるかどうか。
  • IsUpdate これが更新プログラムかどうか。
  • ParentBundleId 親の製品 ID (この製品がバンドルの一部である場合)。
  • PFN 製品の完全な名前。
  • PreviousHResult この操作の前に実行された最後のアクションの結果コード。
  • PreviousInstallState インストールまたは更新が一時停止される前の状態。
  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。
  • RelatedCV この製品で以前に実行されたアクションの相関関係ベクトル。
  • SystemAttemptNumber システム試行の合計回数。
  • UserAttemptNumber ユーザー試行の合計回数。
  • WUContentId Windows Update コンテンツ ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.ResumeInstallation

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、製品のインストールまたは更新が (ユーザーまたはシステムにより) 再開されたときに送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AggregatedPackageFullNames ダウンロードしてインストールするすべてのパッケージの名前。
  • AttemptNumber キャンセル前の再試行回数。
  • BundleId この製品に関連付けられたビルドの ID。
  • CategoryId インストールされるパッケージの ID。
  • ClientAppId この操作を開始したアプリの ID。
  • HResult この操作前に実行された最後のアクションの結果コード。
  • IsBundle これがバンドルであるかどうか。
  • IsInteractive ユーザーがこれを要求したかどうか。
  • IsMandatory これが必須の更新プログラムであるかどうか。
  • IsRemediation 以前のインストールが修復されるかどうか。
  • IsRestore 以前に取得したコンテンツが復元されるかどうか。
  • IsUpdate これが更新プログラムかどうか。
  • IsUserRetry ユーザーが再試行を開始したかどうか。
  • ParentBundleId 親の製品 ID (この製品がバンドルの一部である場合)。
  • PFN インストールを要求したパッケージの名前。
  • PreviousHResult 以前の HResult エラー コード。
  • PreviousInstallState インストールが一時停止される前の状態。
  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。
  • RelatedCV 再開前の元のインストールの相関関係ベクトル。
  • ResumeClientId 再開操作を開始したアプリの ID。
  • SystemAttemptNumber システム試行の合計回数。
  • UserAttemptNumber ユーザー試行の合計回数。
  • WUContentId Windows Update コンテンツ ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.ResumeOperationRequest

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、製品のインストールや更新がユーザーによって再開されたとき、またはインストールの再試行時に送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.SearchForUpdateOperationRequest

このイベントは、Windows を最新かつ安全な状態に保つために、インストールする更新プログラム パッケージを検索したときに送信されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CatalogId インストールされる製品の Microsoft Store カタログ ID。
  • ProductId インストールされる製品の Store 製品 ID。
  • SkuId 更新されるアプリの特定のエディション。

Microsoft.Windows.StoreAgent.Telemetry.UpdateAppOperationRequest

このイベントは、Windows を最新で安全な状態に保つために、アプリの更新が要求されたときに発生します。

次のフィールドを使用できます。

  • PFamN 更新が必要なアプリの名前。

Windows システム キット イベント

Microsoft.Windows.Kits.WSK.WskImageCreate

このイベントは、ユーザーが Windows システム キットを使用して新しい OS "イメージ" を作成するときに単純な製品とサービスの使用状況データを送信します。 このデータには、Windows システム キットのバージョンとイベントの状態が含まれ、"イメージ" の作成エラーを調査するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • Phase イメージ作成のフェーズ。 値は "Start" または "End" です。
  • Result イメージ作成のフェーズの結果。 イメージが正常に作成されたかどうかを示します。 値は整数です。
  • WorkspaceArchitecture 作成されたイメージのアーキテクチャ。
  • WorkspaceOsEdition 作成されたイメージの OSEdition。
  • WskImageEnvironment 作成された環境イメージの種類。"Lab" または "Non-Lab"。
  • WskSessionId ワークスペースの文字列識別子 (GUID)。
  • WskVersion 使用されている Windows システム キットのバージョン。

Microsoft.Windows.Kits.WSK.WskImageCustomization

このイベントは、ユーザーが Windows システム キットを使用して、アプリまたはドライバーで新しい OS イメージのカスタマイズを許可する構成ファイルを作成/変更する場合に、単純な製品とサービスの使用状況データを送信します。 このデータには、Windows システム キットのバージョン、イベントの状態、カスタマイズの種類 (ドライバーまたはアプリケーション)、モード (新規または更新) が含まれ、構成ファイルの作成エラーを調査するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CustomizationMode カスタマイズのモード (新規または更新) を示します。
  • CustomizationType カスタマイズの種類 (ドライバーまたはアプリ) を示します。
  • Mode イメージ構成ファイルに対する更新のモード。 値は "New" または "Update" です。
  • Phase イメージ作成のフェーズ。 値は "Start" または "End" です。
  • Result イメージ作成のフェーズの結果。
  • Type イメージ構成ファイルに対する更新の種類。 値は "Apps" または "Drivers" です。
  • WskSessionId ワークスペースの文字列識別子 (GUID)。
  • WskVersion 使用されている Windows システム キットのバージョン。

Microsoft.Windows.Kits.WSK.WskWorkspaceCreate

このイベントは、ユーザーが Windows システム キットを使用して OS "イメージ" を生成するための新しいワークスペースを作成するときに単純な製品とサービスの使用状況データを送信します。 このデータには、Windows システム キットのバージョンとイベントの状態が含まれ、ワークスペースの作成エラーを調査するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows の正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • アーキテクチャ ワークスペースのターゲットとなる OS アーキテクチャ。 値は "AMD64"、"ARM64"、"x86"、"ARM" のいずれかです。
  • OsEdition ワークスペースのターゲットとなるオペレーティング システム エディション。
  • Phase イメージ作成のフェーズ。 値は "Start" または "End" です。
  • Result ステージの結果。 値は整数です。
  • WorkspaceArchitecture ワークスペースのターゲットとなるオペレーティング システム アーキテクチャ。
  • WorkspaceOsEdition ワークスペースのターゲットとなるオペレーティング システム エディション。
  • WskSessionId ワークスペースの文字列識別子 (GUID)。
  • WskVersion 使用されている Windows システム キットのバージョン。

Windows Update CSP イベント

Microsoft.Windows.UpdateCsp.ExecuteRollBackFeatureFailed

このイベントは、機能のロールバックの失敗に関する基本的な利用統計情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • current 最新のチェックの結果。
  • dismOperationSucceeded Dism アンインストール操作の状態。
  • hResult エラーのエラー コード。
  • oSVersion デバイスのビルド番号。
  • paused デバイスが一時停止しているかどうかを示します。
  • rebootRequestSucceeded 再起動構成サービス プロバイダー (CSP) は成功ステータスを呼び出します。
  • wUfBConnected WUfB 接続チェックの結果。

Microsoft.Windows.UpdateCsp.ExecuteRollBackFeatureNotApplicable

このイベントは、機能のロールバック (ロールバック機能の更新) がデバイスに適用可能かどうかについての、基本的なテレメトリを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • current 最新のチェックの結果。
  • dismOperationSucceeded Dism アンインストール操作の状態。
  • oSVersion デバイスのビルド番号。
  • paused デバイスが一時停止しているかどうかを示します。
  • rebootRequestSucceeded 再起動構成サービス プロバイダー (CSP) は成功ステータスを呼び出します。
  • wUfBConnected WUfB 接続チェックの結果。

Microsoft.Windows.UpdateCsp.ExecuteRollBackFeatureStarted

このイベントは、機能のロールバックが開始されたことを示す基本情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

Microsoft.Windows.UpdateCsp.ExecuteRollBackFeatureSucceeded

このイベントは、機能更新プログラムのロールバックが成功したことに関する、基本的なテレメトリを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

Microsoft.Windows.UpdateCsp.ExecuteRollBackQualityFailed

このイベントは、品質/LCU ビルドのロールバックの失敗に関する基本的な利用統計情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • current 最新のチェックの結果。
  • dismOperationSucceeded Dism アンインストール操作の状態。
  • hResult エラーのエラー コード。
  • oSVersion デバイスのビルド番号。
  • paused デバイスが一時停止しているかどうかを示します。
  • rebootRequestSucceeded 再起動構成サービス プロバイダー (CSP) は成功ステータスを呼び出します。
  • wUfBConnected Windows Update for Business の接続チェックの結果。

Microsoft.Windows.UpdateCsp.ExecuteRollBackQualityNotApplicable

このイベントは、ロールバックしようとしているデバイスに品質更新プログラムのロールバックが適用可能かどうかを通知します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • current 最新のチェックの結果。
  • dismOperationSucceeded Dism アンインストール操作の状態。
  • oSVersion デバイスのビルド番号。
  • paused デバイスが一時停止しているかどうかを示します。
  • rebootRequestSucceeded 再起動構成サービス プロバイダー (CSP) は成功ステータスを呼び出します。
  • wUfBConnected WUfB 接続チェックの結果。

Microsoft.Windows.UpdateCsp.ExecuteRollBackQualitySucceeded

このイベントは、品質/LCU ビルドのロールバックの成功に関する基本的な利用統計情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

Windows Update の配信の最適化イベント

Microsoft.OSG.DU.DeliveryOptClient.DownloadCanceled

このイベントは、配信の最適化によってダウンロードがいつキャンセルされたかを記述します。 ダウンロードに関する問題を理解して解決するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • background ダウンロードがバックグラウンドで行われるかどうか。
  • bytesFromCacheServer キャッシュ ホストから受信したバイト数。
  • bytesFromCDN CDN ソースから受信したバイト数。
  • bytesFromGroupPeers 同じグループ内にあるピアから受信したバイト数。
  • bytesFromIntPeers 同じ LAN または同じグループ内にないピアから受信したバイト数。
  • bytesFromLinkLocalPeers ローカル ピアから受信したバイト数。
  • bytesFromLocalCache ローカル キャッシュ (ディスク上) からコピーされたバイト数。
  • bytesFromPeers 同じ LAN 内にあるピアから受信したバイト数。
  • cdnErrorCodes 前回の FailureCDNCommunication イベント以降に発生した CDN 接続エラーのリスト。
  • cdnErrorCounts cdnErrorCodes 内の各エラーが発生した回数。
  • cdnIp ソース CDN (コンテンツ配信ネットワーク) の IP アドレス。
  • cdnUrl ソース CDN (コンテンツ配信ネットワーク) の URL。
  • dataSourcesTotal セッション全体で蓄積された、ソースの種類別の受信バイト数。
  • errorCode 返されたエラー コード。
  • experimentId テストの実行時に、同じテストの一部であるイベントを関連付けるために使用されます。
  • fileID ダウンロードされるファイルの ID。
  • gCurMemoryStreamBytes メモリ ストリーミングの現在の使用量。
  • gMaxMemoryStreamBytes メモリ ストリーミングの最大使用量。
  • isVpn デバイスが VPN (仮想プライベート ネットワーク) に接続されているかどうかを示します。
  • jobID Windows Update ジョブの識別子。
  • predefinedCallerName API 呼び出し元の名前。
  • reasonCode アクションやイベントが発生した理由。
  • routeToCacheServer キャッシュ サーバーの設定、ソース、値。
  • sessionID ファイル ダウンロード セッションの ID。
  • updateID ダウンロードされる更新プログラムの ID。
  • usedMemoryStream アプリのダウンロードでメモリ ストリーミングを使用している場合は TRUE。

Microsoft.OSG.DU.DeliveryOptClient.DownloadCompleted

このイベントは、配信の最適化によってダウンロードがいつ完了したかを記述します。 ダウンロードに関する問題を理解して解決するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • background ダウンロードがバックグラウンド ダウンロードかどうか。
  • bytesFromCacheServer キャッシュ ホストから受信したバイト数。
  • bytesFromCDN CDN ソースから受信したバイト数。
  • bytesFromGroupPeers 同じドメイン グループ内にあるピアから受信したバイト数。
  • bytesFromIntPeers 同じ LAN または同じドメイン グループ内にないピアから受信したバイト数。
  • bytesFromLinkLocalPeers ローカル ピアから受信したバイト数。
  • bytesFromLocalCache ローカル キャッシュ (ディスク上) からコピーされたバイト数。
  • bytesFromPeers 同じ LAN 内にあるピアから受信したバイト数。
  • bytesRequested ダウンロードを要求された合計バイト数。
  • cacheServerConnectionCount キャッシュ ホストに対して行われた接続数。
  • cdnConnectionCount CDN に対して行われた接続の合計数。
  • cdnErrorCodes 前回の FailureCDNCommunication イベント以降に発生した CDN 接続エラーのリスト。
  • cdnErrorCounts cdnErrorCodes 内の各エラーが発生した回数。
  • cdnIp ソース CDN の IP アドレス。
  • cdnUrl ソースのコンテンツ配信ネットワーク (CDN) の URL。
  • dataSourcesTotal セッション全体で蓄積された、ソースの種類別の受信バイト数。
  • doErrorCode 返された配信の最適化エラー コード。
  • downlinkBps 測定された利用可能な最大ダウンロード帯域幅 (バイト/秒)。
  • downlinkUsageBps ダウンロード速度 (バイト/秒)。
  • downloadMode このファイル ダウンロード セッションに使用されたダウンロード モード。
  • downloadModeReason ダウンロードの理由。
  • downloadModeSrc DownloadMode 設定のソース (KvsProvider = 0、GeoProvider = 1、GeoVerProvider = 2、CpProvider = 3、DiscoveryProvider = 4、RegistryProvider = 5、GroupPolicyProvider = 6、MdmProvider = 7、SettingsProvider = 8、DefaultProvider = 99)。
  • experimentId テストの実行時に、同じテストの一部である他のイベントと関連付けるために使用されます。
  • expiresAt 配信の最適化用キャッシュからコンテンツが期限切れになる時刻。
  • fileID ダウンロードされるファイルの ID。
  • fileSize ダウンロードされるファイルのサイズ。
  • gCurMemoryStreamBytes メモリ ストリーミングの現在の使用量。
  • gMaxMemoryStreamBytes メモリ ストリーミングの最大使用量。
  • groupConnectionCount 同じグループ内にあるピアに対して行われた接続の合計数。
  • internetConnectionCount 同じ LAN または同じグループ内にないピアに対して行われた接続の合計数。
  • isEncrypted ファイルが暗号化され、ダウンロード後に暗号化が解除される場合は TRUE。
  • isThrottled 調整されたイベント レート (イベントは集計データを表します)。
  • isVpn デバイスが仮想プライベート ネットワークに接続されているかどうか。
  • jobID Windows Update ジョブの識別子。
  • lanConnectionCount 同じ LAN 内にあるピアに対して行われた接続の合計数。
  • linkLocalConnectionCount 同じリンク ローカル ネットワーク内にあるピアに対して行われた接続数。
  • numPeers このダウンロードに使用されたピアの合計数。
  • numPeersLocal このダウンロードに使用されたローカル ピアの合計数。
  • predefinedCallerName API 呼び出し元の名前。
  • restrictedUpload アップロードが制限されているかどうか。
  • routeToCacheServer キャッシュ サーバーの設定、ソース、値。
  • sessionID ダウンロード セッションの ID。
  • totalTimeMs ダウンロードの所要時間 (秒)。
  • updateID ダウンロードされる更新プログラムの ID。
  • uplinkBps 測定された利用可能な最大アップロード帯域幅 (バイト/秒)。
  • uplinkUsageBps アップロード速度 (バイト/秒)。
  • usedMemoryStream アプリのダウンロードでメモリ ストリーミングを使用している場合は TRUE。

Microsoft.OSG.DU.DeliveryOptClient.DownloadPaused

このイベントは、配信の最適化によるダウンロードの一時停止を表します。 ダウンロードに関する問題を理解して解決するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • background ダウンロードがバックグラウンド ダウンロードかどうか。
  • cdnUrl ソース CDN (コンテンツ配信ネットワーク) の URL。
  • errorCode 返されたエラー コード。
  • experimentId テストの実行時に、同じテストの一部である他のイベントと関連付けるために使用されます。
  • fileID 一時停止されているファイルの ID。
  • isVpn デバイスが仮想プライベート ネットワークに接続されているかどうか。
  • jobID Windows Update ジョブの識別子。
  • predefinedCallerName API 呼び出し元オブジェクトの名前。
  • reasonCode ダウンロードを一時停止する理由。
  • routeToCacheServer キャッシュ サーバーの設定、ソース、値。
  • sessionID ダウンロード セッションの ID。
  • updateID 一時停止されている更新プログラムの ID。

Microsoft.OSG.DU.DeliveryOptClient.DownloadStarted

このイベントは、新しいダウンロードの開始を示すデータを送信して、配信の最適化を有効にします。 ダウンロードに関する問題を理解して解決するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • background ダウンロードがバックグラウンドで行われるかどうかを示します。
  • bytesRequested ダウンロードを要求されたバイト数。
  • cdnUrl ソースのコンテンツ配信ネットワーク (CDN) の URL。
  • costFlags ネットワーク コストを表すフラグのセット。
  • deviceProfile 用途やフォーム ファクター(デスクトップ、Xbox、VM など) を識別します。
  • diceRoll クライアントがピアリングを使用するかどうかを判断するために使用される乱数。
  • doClientVersion 配信の最適化クライアントのバージョン。
  • doErrorCode 返された配信の最適化エラー コード。
  • downloadMode このファイル ダウンロード セッションに使用されるダウンロード モード (CdnOnly = 0、Lan = 1、Group = 2、Internet = 3、Simple = 99、Bypass = 100)。
  • downloadModeReason ダウンロードの理由。
  • downloadModeSrc DownloadMode 設定のソース (KvsProvider = 0、GeoProvider = 1、GeoVerProvider = 2、CpProvider = 3、DiscoveryProvider = 4、RegistryProvider = 5、GroupPolicyProvider = 6、MdmProvider = 7、SettingsProvider = 8、DefaultProvider = 99)。
  • errorCode 返されたエラー コード。
  • experimentId A/B テスト時に同じテストの一部であるクライアント/サービス呼び出しを関連付けるために使用される ID。
  • fileID ダウンロードされるファイルの ID。
  • filePath ダウンロードされたファイルが書き込まれるパス。
  • fileSize ダウンロードされたファイルの合計ファイル サイズ。
  • fileSizeCaller 呼び出し元によって提供される合計ファイル サイズの値。
  • groupID グループの ID。
  • isEncrypted ダウンロードが暗号化されているかどうかを示します。
  • isVpn デバイスが仮想プライベート ネットワークに接続されているかどうかを示します。
  • jobID Windows Update ジョブの ID。
  • peerID この配信の最適化クライアントの ID。
  • predefinedCallerName API 呼び出し元の名前。
  • routeToCacheServer キャッシュ サーバーの設定、ソース、値。
  • sessionID ファイル ダウンロード セッションの ID。
  • setConfigs 設定された構成とそのソースの JSON 表現。
  • updateID ダウンロードされる更新プログラムの ID。
  • usedMemoryStream ダウンロードでメモリ ストリーミングが使用されたかどうかを示します。

Microsoft.OSG.DU.DeliveryOptClient.FailureCdnCommunication

このイベントは、配信の最適化による CDN からのダウンロードの失敗を表します。 ダウンロードに関する問題を理解して解決するために使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • cdnHeaders CDN により返される HTTP ヘッダー。
  • cdnIp CDN の IP アドレス。
  • cdnUrl CDN の URL。
  • errorCode 返されたエラー コード。
  • errorCount 前回の FailureCdnCommunication イベントの発生以降にこのエラー コードが確認された合計回数。
  • experimentId テストの実行時に、同じテストの一部である他のイベントと関連付けるために使用されます。
  • fileID ダウンロードされるファイルの ID。
  • httpStatusCode CDN により返される HTTP 状態コード。
  • isHeadRequest CDN に送信された HTTP 要求の種類。 例: HEAD、GET
  • peerType ピアの種類 (LAN、グループ、インターネット、CDN、キャッシュ ホストなど)。
  • requestOffset 送信要求で指定されたファイル内のバイト オフセット。
  • requestSize CDN から要求された範囲のサイズ。
  • responseSize CDN から受信した範囲応答のサイズ。
  • sessionID ダウンロード セッションの ID。

Microsoft.OSG.DU.DeliveryOptClient.JobError

このイベントは、Windows Update ジョブ エラーを表します。 このイベントにより、発生回数の多いエラーを調査することができます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • cdnIp ソース CDN (コンテンツ配信ネットワーク) の IP アドレス。
  • doErrorCode 配信の最適化で返されたエラー コード。
  • errorCode 返されたエラー コード。
  • experimentId テストの実行時に、同じテストの一部である他のイベントと関連付けるために使用されます。
  • fileID ダウンロードされるファイルの ID。
  • jobID Windows Update ジョブ ID。

Windows Update イベント

Microsoft.Windows.Update.DeviceUpdateAgent.UpdateAgentAnalysisSummary

このイベントは、新しいデバイス マニフェスト UUP (Unified Update Platform) 更新シナリオをインストールし、再起動した後のシステム上のデバイスやドライバーの状態に関するデータを収集します。このイベントは、ドライバ パッケージのセットを記述しているデバイス マニフェストのインストールに使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • activated デバイス全体のマニフェスト更新プログラムが有効になっていて使用中と見なされるかどうか。
  • analysisErrorCount 分析中にエラーが発生したため分析できなかったドライバー パッケージの数。
  • flightId 各フライトの一意の ID。
  • missingDriverCount デバイス マニフェストによって配信され、システムに存在していないドライバー パッケージの数。
  • missingUpdateCount デバイス マニフェストに含まれており、システムに存在していない更新プログラムの数。
  • objectId 各診断セッションの一意の値。
  • publishedCount デバイス マニフェストによって配信され、発行済みでデバイスで利用できるドライバー パッケージの数。
  • relatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • scenarioId 更新シナリオを示します。
  • sessionId 各更新セッションの一意の値。
  • summary デバイス マニフェストの一部であるドライバー パッケージと、それらのドライバー パッケージに対応するシステム上のすべてのデバイスに関する基本情報を含む概要文字列。
  • summaryAppendError 概要文字列に情報を追加する際にエラーがあったかどうかを示すブール値。
  • truncatedDeviceCount 文字列に十分な空き領域がないため、概要文字列に含まれていないデバイスの数。
  • truncatedDriverCount 文字列に十分な空き領域がないため、概要文字列に含まれていないドライバー パッケージの数。
  • unpublishedCount デバイス マニフェストによって配信されたが、まだ発行されておらず、デバイスで利用できないドライバー パッケージの数。
  • updateId 各更新プログラムの一意の ID。

Microsoft.Windows.Update.DeviceUpdateAgent.UpdateAgentCommit

このイベントは、新しいデバイス マニフェスト UUP (Unified Update Platform) 更新シナリオの最終コミット フェーズに関するデータを収集します。このイベントは、ドライバー パッケージのセットを記述しているデバイス マニフェストのインストールに使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode 現在のセッションの初期化で返されたエラー コード。
  • flightId 各フライトの一意識別子。
  • objectId 各診断セッションの一意の GUID。
  • relatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • result セッションの初期化の結果。
  • scenarioId 更新シナリオを識別します。
  • sessionId 各更新セッションの一意の値。
  • updateId 各更新プログラムの一意識別子。

Microsoft.Windows.Update.DeviceUpdateAgent.UpdateAgentDownloadRequest

このイベントは、新しいデバイス マニフェスト UUP (Unified Update Platform) 更新シナリオのダウンロード要求フェーズに関するデータを収集します。このイベントは、ドライバー パッケージのセットを記述しているデバイス マニフェストのインストールに使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • deletedCorruptFiles UpdateAgent が破損ペイロード ファイルを見つけたかどうかと、ペイロードが削除されたかどうかを示します。
  • errorCode 現在のセッションの初期化で返されたエラー コード。
  • flightId 各フライトの一意識別子。
  • objectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • packageCountOptional 要求されたオプション パッケージの数。
  • packageCountRequired 要求された必須パッケージの数。
  • packageCountTotal 必要なパッケージの合計数。
  • packageCountTotalCanonical 正規パッケージの合計数。
  • packageCountTotalDiff 差分パッケージの合計数。
  • packageCountTotalExpress エクスプレス パッケージの合計数。
  • packageSizeCanonical 正規パッケージのサイズ (バイト単位)。
  • packageSizeDiff 差分パッケージのサイズ (バイト単位)。
  • packageSizeExpress エクスプレス パッケージのサイズ (バイト単位)。
  • rangeRequestState ダウンロード範囲要求の状態を表します。
  • relatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • result 更新プログラムのダウンロード要求フェーズの結果。
  • scenarioId シナリオ ID。 例: MobileUpdate、DesktopLanguagePack、DesktopFeatureOnDemand、または DesktopDriverUpdate。
  • sessionId 各更新エージェント モード試行の一意の値。
  • updateId 各更新プログラムの一意の ID。

Microsoft.Windows.Update.DeviceUpdateAgent.UpdateAgentInitialize

このイベントは、新しいデバイス マニフェスト UUP (Unified Update Platform) 更新シナリオで、更新セッションの初期化に関するデータを送信します。このイベントは、ドライバー パッケージのセットを記述しているデバイス マニフェストのインストールに使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode 現在のセッションの初期化で返されたエラー コード。
  • flightId 各フライトの一意識別子。
  • flightMetadata FlightId とフライティングされるビルドが含まれます。
  • objectId 各更新エージェント モードの一意の値。
  • relatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • result 更新プログラムの初期化フェーズの結果。 0 = succeeded、1 = Failed、2 = Cancelled、3 = Blocked、4 = BlockCancelled。
  • scenarioId シナリオ ID。 例: MobileUpdate、DesktopLanguagePack、DesktopFeatureOnDemand、または DesktopDriverUpdate。
  • sessionData FOD と DUIC を処理するためのエージェントの更新命令が含まれます (他のシナリオでは null)。
  • sessionId 各更新エージェント モード試行の一意の値。
  • updateId 各更新プログラムの一意の ID。

Microsoft.Windows.Update.DeviceUpdateAgent.UpdateAgentInstall

このイベントは、新しいデバイス マニフェスト UUP (Unified Update Platform) 更新シナリオのインストール フェーズに関するデータを収集します。このイベントは、ドライバー パッケージのセットを記述しているデバイス マニフェストのインストールに使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode 現在のインストール フェーズで返されたエラー コード。
  • flightId 各フライト (プレリリース ビルド) の一意の識別子。
  • objectId 各診断セッションの一意識別子。
  • relatedCV 最新のスキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • result 更新プログラムのインストール フェーズの結果。
  • scenarioId シナリオ ID。 例: MobileUpdate、DesktopLanguagePack、DesktopFeatureOnDemand、または DesktopDriverUpdate
  • sessionId 各更新セッションの一意識別子。
  • updateId 各更新プログラムの一意識別子。

Microsoft.Windows.Update.DeviceUpdateAgent.UpdateAgentModeStart

このイベントは、UUP (Unified Update Platform) 更新シナリオでデバイス マニフェスト アセットの更新プロセスが実行されているときに、各モードの開始に関するデータを送信します。このイベントは、ドライバ パッケージのセットを記述しているデバイス マニフェストのインストールに使用されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • flightId 各フライト (プレリリース ビルド) の一意の識別子。
  • mode アクティブな更新エージェント モードを示します。
  • objectId 各診断セッションの一意の値。
  • relatedCV 最新のスキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • scenarioId シナリオ ID。 例: MobileUpdate、DesktopLanguagePack、DesktopFeatureOnDemand、または DesktopDriverUpdate。
  • sessionId 各更新セッションの一意識別子。
  • updateId 各更新プログラムの一意識別子。

Microsoft.Windows.Update.NotificationUx.DialogNotificationToBeDisplayed

このイベントは、通知ダイアログ ボックスがユーザーに表示されることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AcceptAutoModeLimit デバイスが自動的に自動再起動モードに移行する最大日数。
  • AutoToAutoFailedLimit 自動再起動モードが失敗して、RebootFailed ダイアログ ボックスが表示されるまでの最大日数。
  • DaysSinceRebootRequired 再起動が必要になってから経過した日数。
  • DeviceLocalTime イベントを送信するデバイスのローカル時刻。
  • EngagedModeLimit DTE ダイアログ ボックスを切り替える日数。
  • EnterAutoModeLimit デバイスが自動再起動モードになる最大日数。
  • ETag OneSettings バージョン管理の値。
  • IsForcedEnabled このデバイスで強制再起動モードが有効になっているかどうかを示します。
  • IsUltimateForcedEnabled このデバイスで最終的な強制再起動モードが有効になっているかどうかを示します。
  • NotificationUxState どのダイアログ ボックスが表示されるかを示します。
  • NotificationUxStateString どのダイアログ ボックスが表示されるかを示します。
  • RebootUxState 再起動の状態 (Engaged、Auto、Forced、UltimateForced) を示します。
  • RebootUxStateString 再起動の状態 (Engaged、Auto、Forced、UltimateForced) を示します。
  • RebootVersion DTE のバージョン。
  • SkipToAutoModeLimit デバイスが自動モードになる前に、再起動の保留状態にすることができる最小時間。
  • UpdateId インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムの ID。
  • UpdateRevision インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムのリビジョン。
  • UtcTime ダイアログ ボックスの通知が表示される協定世界時の時刻。

Microsoft.Windows.Update.NotificationUx.EnhancedEngagedRebootAcceptAutoDialog

このイベントは、拡張された再起動猶予期間の "自動的に同意" のダイアログ ボックスが表示されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DeviceLocalTime イベントを送信するデバイスのローカル時刻。
  • ETag OneSettings バージョン管理の値。
  • ExitCode ユーザーがダイアログ ボックスを終了した方法を示します。
  • RebootVersion DTE のバージョン。
  • UpdateId インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムの ID。
  • UpdateRevision インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムのリビジョン。
  • UserResponseString ユーザーがこのダイアログ ボックスで選択したオプション。
  • UtcTime ダイアログ ボックスが表示された協定世界時の時刻。

Microsoft.Windows.Update.NotificationUx.EnhancedEngagedRebootFirstReminderDialog

このイベントは、拡張された再起動猶予期間の "最初のリマインダー" のダイアログ ボックスが表示されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DeviceLocalTime イベントを送信するデバイスのローカル時刻。
  • ETag OneSettings バージョン管理の値。
  • ExitCode ユーザーがダイアログ ボックスを終了した方法を示します。
  • RebootVersion DTE のバージョン。
  • UpdateId インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムの ID。
  • UpdateRevision インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムのリビジョン。
  • UserResponseString ユーザーがこのダイアログ ボックスで選択したオプション。
  • UtcTime ダイアログ ボックスが表示された協定世界時の時刻。

Microsoft.Windows.Update.NotificationUx.EnhancedEngagedRebootRebootFailedDialog

このイベントは、拡張された再起動猶予期間の "再起動の失敗" のダイアログ ボックスが表示されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DeviceLocalTime イベントを送信するデバイスのローカル時刻。
  • ETag OneSettings バージョン管理の値。
  • ExitCode ユーザーがダイアログ ボックスを終了した方法を示します。
  • RebootVersion DTE のバージョン。
  • UpdateId インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムの ID。
  • UpdateRevision インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムのリビジョン。
  • UserResponseString ユーザーがこのダイアログ ボックスで選択したオプション。
  • UtcTime ダイアログ ボックスが表示された協定世界時の時刻。

Microsoft.Windows.Update.NotificationUx.EnhancedEngagedRebootRebootImminentDialog

このイベントは、拡張された再起動猶予期間の "間近に迫った再起動" のダイアログ ボックスが表示されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DeviceLocalTime ローカル デバイスにダイアログ ボックスが表示された時刻。
  • ETag OneSettings バージョン管理の値。
  • ExitCode ユーザーがダイアログ ボックスを終了した方法を示します。
  • RebootVersion DTE のバージョン。
  • UpdateId インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムの ID。
  • UpdateRevision インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムのリビジョン。
  • UserResponseString ユーザーがこのダイアログ ボックスで選択したオプション。
  • UtcTime ダイアログ ボックスが表示された協定世界時の時刻。

Microsoft.Windows.Update.NotificationUx.EnhancedEngagedRebootReminderDialog

このイベントは、表示された拡張 Engaged 再起動のリマインダー ダイアログに関連する情報を返します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DeviceLocalTime 再起動のリマインダー ダイアログが表示された時刻 (ローカル デバイス時刻の設定に基づきます)。
  • ETag OneSettings バージョン管理の値。
  • ExitCode ユーザーが再起動のリマインダー ダイアログ ボックスを終了した方法を示します。
  • RebootVersion DTE (Direct-to-Engaged) のバージョン。
  • UpdateId インストールを終了するための再起動を待機している更新プログラムの ID。
  • UpdateRevision インストールを終了するための再起動を待機している更新プログラムのリビジョン。
  • UserResponseString ユーザーが再起動ダイアログ ボックスで選択したオプション。
  • UtcTime 再起動のリマインダー ダイアログが表示された時刻 (UTC)。

Microsoft.Windows.Update.NotificationUx.EnhancedEngagedRebootReminderToast

このイベントは、拡張された再起動猶予期間リマインダーのポップアップ バナーが表示されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • DeviceLocalTime イベントを送信するデバイスのローカル時刻。
  • ETag OneSettings バージョン管理の値。
  • ExitCode ユーザーがどのようにポップアップ バナーを終了したかを示します。
  • RebootVersion 再起動ロジックのバージョン。
  • UpdateId インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムの ID。
  • UpdateRevision インストールを終了するための再起動が保留されている更新プログラムのリビジョン。
  • UserResponseString ユーザーがこのポップアップ バナーで選択したオプション。
  • UtcTime ポップアップ バナーが表示された協定世界時の時刻。

Microsoft.Windows.Update.NotificationUx.RebootScheduled

このイベントは、セキュリティ更新プログラムをインストールするためのデバイス再起動のスケジュールに関する基本的な情報を送信します。 この機能は、セキュリティ、品質、機能更新プログラムのためにシステムまたはユーザーが再起動をスケジュールする時期を示すことにより、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • activeHoursApplicable アクティブ時間ポリシーが、デバイスに存在するかどうかを示します。
  • IsEnhancedEngagedReboot これが拡張 Engaged 再起動であるかどうかを示します。
  • rebootArgument 再起動タスクの引数。 特定の再起動関連のアクションも表します。
  • rebootOutsideOfActiveHours アクティブ時間外に再起動がスケジュールされているかどうかを示します。
  • rebootScheduledByUser 再起動がユーザーによってスケジュールされたかどうかを示します (そうでない場合は、自動的にスケジュールされています)。
  • rebootState 再起動の現在の状態。
  • rebootUsingSmartScheduler スマート スケジューラーによって再起動がスケジュールされているかどうかを示します。
  • revisionNumber この再起動時によってインストールされる更新プログラムのリビジョン番号。
  • scheduledRebootTime 再起動がスケジュールされた時刻。
  • scheduledRebootTimeInUTC 再起動がスケジュールされた時刻 (協定世界時)。
  • updateId この再起動時にインストールされる更新プログラムの ID。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.ActivityError

このイベントは、UpdateOrchestrator 全体の正常性を測定します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • wilActivity この構造体は、製品とサービスの診断に使用される Windows 内部ライブラリ コンテキストを提供します。 「wilActivity」を参照してください。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.ActivityRestrictedByActiveHoursPolicy

このイベントは、更新アクティビティをアクティブ時間外に制限しているポリシーが存在することを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • activeHoursEnd アクティブ時間の期間の終了。
  • activeHoursStart アクティブ時間の期間の開始。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.AttemptImmediateReboot

このイベントは、Windows Update Orchestrator で更新プログラムのインストール直後に再起動するよう設定されている場合に、データを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • isOnAC ACまたはバッテリー電源用の電源。
  • scanTriggerSource トリガーされたスキャンのソース。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.BlockedByActiveHours

このイベントは、更新アクティビティがアクティブ時間の期間内にあるためにブロックされたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • activeHoursEnd アクティブ時間の期間の終了。
  • activeHoursStart アクティブ時間の期間の開始。
  • updatePhase 更新プロセスの現在の状態。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.BlockedByBatteryLevel

このイベントは、バッテリ レベル低いために Windows Update アクティビティがブロックされたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • batteryLevel 現在のバッテリ残量。
  • batteryLevelThreshold 更新アクティビティを停止するバッテリ容量のしきい値。
  • updatePhase 更新プロセスの現在の状態。
  • wuDeviceid デバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.CommitFailed

このイベントは、更新後にデバイスが再起動できなかったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode 返されたエラー コード。
  • wuDeviceid Windows Update デバイス GUID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.DeferRestart

このイベントは、更新プログラムのインストールに必要な再起動が延期されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • displayNeededReason 表示が必要な理由のリスト。
  • eventScenario イベントの目的を示します (スキャン開始、成功、失敗など)。
  • filteredDeferReason フィルターとして適用可能な再起動の延期理由 (ユーザーがアクティブ、バッテリ低下など)。
  • gameModeReason ゲーム モードの状態チェックをスタートする原因となった実行可能ファイルの名前。
  • ignoredReason 意図的に無視された理由のリスト。
  • IgnoreReasonsForRestart 再起動が延期された理由のリスト。
  • revisionNumber 更新プログラムの ID リビジョン番号。
  • systemNeededReason システムが必要とされる理由のリスト。
  • updateId 更新プログラム ID。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.Detection

このイベントは、Windows Update スキャンの起動データを送信して、Windows を安全で最新の状態に保つのに役立ちます。

次のフィールドを使用できます。

  • deferReason デバイスが更新プログラムを確認できなかった理由。
  • detectionBlockingPolicy 検出をブロックしたポリシー。
  • detectionBlockreason 検出が完了しなかった理由。
  • detectionRetryMode スキャンをもう一度試みるかどうかを示します。
  • errorCode 現在のプロセスについて返されたエラー コード。
  • eventScenario エンド ツー エンドの更新セッション ID、つまりこのイベントの送信目的 (ソフトウェア配布機能によるコンテンツのインストール開始とぶつかったためか、それともコンテンツのインストールがキャンセル、成功、失敗したのか) を示します。
  • flightID フライト (Windows Insider のプレリリース ビルド) を表す一意の識別子。デバイスに配信されています (該当する場合)。
  • interactive セッションがユーザーによって開始されたかどうかを示します。
  • networkStatus デバイスがインターネットに接続されているかどうかを示します。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • scanTriggerSource トリガーされたスキャンのソース。
  • updateId 更新プログラムを表す一意の識別子。
  • updateScenarioType 実行中の更新セッションの種類を識別します。
  • wuDeviceid Windows Update で使用された一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.DetectionActivity

このイベントは、検出された更新プログラムに関するデータと、更新の種類 (オプションまたは推奨) を返します。 このデータは、Windows を最新の状態に保つために役立ちます。

次のフィールドを使用できます。

  • applicableUpdateIdList 更新プログラムの識別子の一覧。
  • applicableUpdateList 使用可能な更新プログラムの一覧。
  • durationInSeconds イベントの実行にかかった時間 (秒)。
  • expeditedMode 優先モードがオンになっているかどうかを示します。
  • networkCostPolicy ネットワーク コスト。
  • scanTriggerSource スキャンが対話型とバッググラウンドのいずれであるかを示します。
  • scenario イベントの結果コード。
  • scenarioReason 結果コード (scenario) の理由。
  • seekerUpdateIdList "seeker" 更新プログラムの識別子の一覧。
  • seekerUpdateList "seeker" 更新プログラムの一覧。
  • services 更新中に呼び出されたサービスの一覧。
  • wilActivity アクティビティの結果。 「wilActivity」を参照してください。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.DetectionResult

このイベントは、更新プログラムが検出されたときに実行されます。 これにより、Windows の安全性を確保し、最新の状態に保つことができます。

次のフィールドを使用できます。

  • applicableUpdateIdList 適用可能な更新プログラム ID の一覧。
  • applicableUpdateList 適用可能な更新プログラム名の一覧。
  • seekerUpdateIdList オプションの更新プログラム ID の一覧。
  • seekerUpdateList オプションの更新プログラム名の一覧。
  • wuDeviceid Windows Update デバイスの識別子。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.DisplayNeeded

このイベントでは、表示する必要があったために再起動が延期されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • displayNeededReason 表示を必要とする理由。
  • eventScenario このイベントの送信目的 (ソフトウェア配布機能によるコンテンツのインストール開始とぶつかったためか、それともコンテンツのインストールがキャンセル、成功、失敗したのか) を示します。
  • rebootOutsideOfActiveHours 再起動がアクティブ時間外に発生したかどうかを示します。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • updateId 更新プログラム ID。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • uxRebootstate 必要な再起動が開始された時点のユーザー エクスペリエンスの正確な状態を示します。
  • wuDeviceid 成功したデバイスの数または特定の問題が発生したデバイスの数を特定するために使用される、特定のデバイスの一意識別子。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.Download

このイベントは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために Windows Update ダウンロードの起動データを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • deferReason ダウンロードが完了しない理由。
  • errorCode 16 進値で表されたエラー コード。
  • eventScenario エンド ツー エンド更新セッション ID。
  • flightID デバイスが取得する Windows Insider ビルドの特定の ID。
  • interactive セッションがユーザーによって開始されたかどうかを示します。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • updateId 更新プログラム ID。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.DTUCompletedWhenWuFlightPendingCommit

このイベントは、Windows Update が既に機能更新プログラムのコミット保留フェーズであった場合に、DTU が電子ソフトウェア配布 (ESD) のインストールを完了したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • wuDeviceid Windows Update により使用されるデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.DTUEnabled

このイベントは、受信トレイの DTU 機能が有効になっていたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • wuDeviceid Windows Update により使用されるデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.DTUInitiated

このイベントは、受信トレイの DTU 機能が開始されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • dtuErrorCode DTU Com サーバーの作成からのリターン コード。
  • isDtuApplicable DTU が実行されているコンピューターに適用可能かどうかを特定します。
  • wuDeviceid Windows Update により使用されるデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.EscalationRiskLevels

このイベントは、更新スキャン、ダウンロード、またはインストール中に送信され、デバイスが古くなる可能性があることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • configVersion デバイス上のエスカレーション構成バージョン。
  • downloadElapsedTime デバイスでダウンロードが必要になってからの時間の長さを示します。
  • downloadRiskLevel ダウンロード フェーズのリスク レベル。
  • installElapsedTime デバイスでインストールが必要な状態になってからの時間を示します。
  • installRiskLevel インストール フェーズのリスク レベル。
  • isSediment デバイスがリスクにさらされているかどうかに関する評価。
  • scanElapsedTime デバイスでスキャンが必要な状態になってからの時間を示します。
  • scanRiskLevel スキャン フェーズのリスク レベル。
  • wuDeviceid Windows Update により使用されるデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.FailedToAddTimeTriggerToScanTask

このイベントは、USO がタスクにトリガー時間を追加できなかったことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode Windows Update エラー コード。
  • wuDeviceid Windows Update デバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.FlightInapplicable

このイベントは、更新がデバイスに適用可能かどうかに関するデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • EventPublishedTime イベントが生成された時刻。
  • flightID Windows Insider ビルドの特定の ID。
  • inapplicableReason 更新プログラムを適用できない理由。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • updateId Windows Update の一意の ID。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • UpdateStatus 更新プログラムの最後の状態。
  • UUPFallBackConfigured UUP フォールバックが構成されているかどうかを示します。
  • wuDeviceid 一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.InitiatingReboot

このイベントは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために、電源管理から再起動を要求する Orchestrator に関するデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • EventPublishedTime イベントの時刻。
  • flightID 一意の更新プログラム ID。
  • interactive ユーザー アクションの結果として更新プロセスの再起動開始ステージに入ったかどうかを示します。
  • rebootOutsideOfActiveHours 再起動がアクティブ時間外に発生したかどうかを示します。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • updateId 更新プログラム ID。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • uxRebootstate 必要な再起動が開始された時点のユーザー エクスペリエンスの正確な状態を示します。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.Install

このイベントは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために Windows Update インストールの起動データを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • batteryLevel 現在のバッテリ容量 (mWh または残りパーセント)。
  • deferReason インストールが完了しない理由。
  • errorCode 16 進値で表されたエラー コード。
  • eventScenario エンド ツー エンド更新セッション ID。
  • flightID デバイスが取得する Windows Insider ビルドの ID。
  • flightUpdate 更新プログラムが Windows Insider ビルドであるかどうかを示します。
  • ForcedRebootReminderSet 更新で再起動が強制的に発生するかどうかを示すブール値。
  • IgnoreReasonsForRestart 再起動の延期コマンドの理由が無視されました。
  • installCommitfailedtime 再起動が実行されたがアップグレードの進行に失敗するまでの時間。
  • installRebootinitiatetime 再起動の試行にかかった時間。
  • interactive セッションがユーザーによって開始されたかどうかを示します。
  • minutesToCommit 更新プログラムのインストールにかかった時間。
  • rebootOutsideOfActiveHours アクティブ時間外に再起動がスケジュールされているかどうかを示します。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • updateId 更新プログラム ID。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • uxRebootstate Windows を最新の状態に保つために、適切な更新プロセスとエクスペリエンスを確保する目的で必要な再起動が開始された時点のユーザー エクスペリエンスの正確な状態を示します。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.LowUptimes

デバイスの稼働時間が十分でないために、セキュリティを保つための更新プログラムを確実に処理できないと判断された場合に、このイベントが送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • availableHistoryMinutes ローカル コンピューターのアクティビティ履歴から利用可能な秒数。
  • isLowUptimeMachine コンピューターが稼働時間不足だと判断されたかどうか。
  • lowUptimeMinHours 稼働時間不足とならない最小時間数の現在の設定。
  • lowUptimeQueryDays 稼働時間をチェックする最近の日数に関する現在の設定。
  • uptimeMinutes 測定された稼働時間 (分)。
  • wuDeviceid Windows Update の一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.OneshotUpdateDetection

このイベントは、設定 UI を介して開始されたスキャン、または緊急のバックグラウンド スキャンに関するデータを返し、 Windows を安全で最新の状態に保つのに役立ちます。

次のフィールドを使用できます。

  • externalOneshotupdate 前回タスクによってトリガーされたスキャンが完了した時刻。
  • interactiveOneshotupdate 前回対話型のスキャンが完了した時刻。
  • oldlastscanOneshotupdate 前回スキャンが正常に完了した時刻。
  • wuDeviceid Windows Update のデバイス GUID (グローバル一意 ID)。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.OobeUpdate

このイベントは、Oobe Update のダウンロードの進行中にデータを送信し、Windows を安全で最新の状態に保つのに役立ちます。

次のフィールドを使用できます。

  • flightID フライト ID。
  • revisionNumber リビジョン番号。
  • updateId 更新に関連付けられたID。
  • updateScenarioType USOセッションの種類。
  • wuDeviceid Windows Update に関連付けられているデバイスID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.PostInstall

このイベントは、データ移行が開始される直前に、ライト スタック デバイス (モバイル、IOT、PC以外のもの) に関するデータを送信して、Windows を安全で最新の状態に保ちます。

次のフィールドを使用できます。

  • batteryLevel 現在のバッテリー残量 (メガワット時間 (mWh) またはパーセント)。
  • bundleId 特定のコンテンツ バンドルに関連付けられた一意の識別子。
  • bundleRevisionnumber コンテンツ バンドルのリビジョン番号を示します。
  • errorCode 現在のフェーズで返されたエラー コード。
  • eventScenario 更新操作の状態。
  • flightID フライト (Windows Insider のプレリリース ビルド) を表す一意の識別子。デバイスに配信されています (該当する場合)。
  • sessionType Windows Update セッションの種類 (対話型またはバックグラウンド)。
  • updateScenarioType 実行中の更新セッションの種類を識別します。
  • wuDeviceid Windows Update で使用された一意のデバイス識別子。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.PreShutdownStart

このイベントは、シャットダウン操作とコミット操作の前に生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • wuDeviceid 成功したデバイスの数または特定の問題が発生したデバイスの数を特定するために使用される、特定のデバイスの一意識別子。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.RebootFailed

このイベントは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために、更新に再起動が必要であったかどうかと失敗の理由に関する情報を送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • batteryLevel 現在のバッテリ容量 (mWh または残りパーセント)。
  • deferReason インストールが完了しない理由。
  • EventPublishedTime 再起動の失敗が発生した時刻。
  • flightID 一意の更新プログラム ID。
  • rebootOutsideOfActiveHours アクティブ時間外に再起動がスケジュールされていたかどうかを示します。
  • RebootResults 失敗の理由を示す 16 進コード。 通常、これは特定の USO が生成した 16 進コードになります。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • updateId 更新プログラム ID。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • uxRebootstate Windows を最新の状態に保つために、適切な更新プロセスとエクスペリエンスを確保する目的で必要な再起動が開始された時点のユーザー エクスペリエンスの正確な状態を示します。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.RefreshSettings

このイベントは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために、システムに適用されるアップグレード設定のバージョンに関する基本的なデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode エラー メッセージの 16 進コード。特定のエラーを検索することができます。
  • settingsDownloadTime 設定を取得する前回の試行のタイムスタンプ。
  • settingsETag 設定のバージョンの識別子。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.RestoreRebootTask

このイベントは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために、再起動タスクが突然デバイスからなくなったが、依然として再起動が必要なためタスクが復元されたことを示すデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • RebootTaskMissedTimeUTC 再起動タスクの実行がスケジュールされていたが、実行されなかった時刻。
  • RebootTaskNextTimeUTC 再起動タスクが再スケジュールされた時刻。
  • RebootTaskRestoredTime この再起動タスクが復元された時刻。
  • wuDeviceid 再起動が復元されたデバイスのデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.ScanTriggered

このイベントは、Update Orchestrator がスキャン操作を開始したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode 現在のスキャン操作で返されたエラー コード。
  • eventScenario このイベントを送信する目的を示します。
  • interactive スキャンが対話型であるかどうかを示します。
  • isDTUEnabled クライアント システムで DTU (ダイレクト機能更新プログラムの内部での略称) チャネルが有効になっているかどうかを示します。
  • isScanPastSla スキャンについて SLA を経過したかどうかを示します。
  • isScanPastTriggerSla スキャンのトリガーについて SLA を経過したかどうかを示します。
  • minutesOverScanSla スキャンがスキャンの SLA を超過した分数を示します。
  • minutesOverScanTriggerSla スキャンがスキャン トリガーの SLA を超過した分数を示します。
  • scanTriggerSource スキャンの原因を示します。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.SeekerUpdateAvailable

このイベントは、Windows を安全で最新の状態に保つために、デバイスでオプションの更新が利用できる時期を定義します。

次のフィールドを使用できます。

  • flightID このデバイスの Windows Insider ビルドの一意の識別子。
  • isFeatureUpdate 更新プログラムがファームウェア更新プログラムかどうかを示します。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • updateId 更新プログラムの GUID (グローバル一意識別子)。
  • wuDeviceid Windows Update デバイスの識別子。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.SeekUpdate

このイベントは、ユーザーが "seeker" スキャンを開始したときに発生します。 これにより、Windows を安全で最新の状態に保つことができます。

次のフィールドを使用できます。

  • flightID デバイスの Windows Insider ビルドの ID。
  • isFeatureUpdate Seek のターゲットが機能更新プログラムであることを示します。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • updateId 更新プログラムの識別子。
  • wuDeviceid Windows Update デバイスの識別子。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.StickUpdate

このイベントは、更新サービス オーケストレーター (USO) が、更新プログラムを最新の更新プログラムで置き換えることができないことを示している場合に送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • updateId 特定のコンテンツに関連付けられた識別子。
  • wuDeviceid ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.SystemNeeded

このイベントは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために、デバイスを再起動できない理由に関するデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • eventScenario エンド ツー エンド更新セッション ID。
  • rebootOutsideOfActiveHours アクティブ時間外に再起動がスケジュールされているかどうかを示します。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • systemNeededReason システムの再起動を妨げているアプリやタスクの一覧。
  • updateId 更新プログラム ID。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • uxRebootstate Windows を最新の状態に保つために、適切な更新プロセスとエクスペリエンスを確保する目的で必要な再起動が開始された時点のユーザー エクスペリエンスの正確な状態を示します。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.TerminatedByActiveHours

このイベントは、アクティブ時間の開始のための更新アクティビティが停止されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • activeHoursEnd アクティブ時間の期間の終了。
  • activeHoursStart アクティブ時間の期間の開始。
  • updatePhase 更新プロセスの現在の状態。
  • wuDeviceid デバイスの識別子。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.TerminatedByBatteryLevel

このイベントは、バッテリ レベルが低いために更新アクティビティが停止されたときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • batteryLevel 現在のバッテリ残量。
  • batteryLevelThreshold 更新アクティビティを停止するバッテリ容量のしきい値。
  • updatePhase 更新プロセスの現在の状態。
  • wuDeviceid デバイスの識別子。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.UnstickUpdate

このイベントは、更新サービス オーケストレーター (USO) が、更新プログラムを最新の更新プログラムで置き換えることができることを示している場合に送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • updateId 特定のコンテンツに関連付けられた識別子。
  • wuDeviceid ソフトウェア配布クライアントにより制御される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.UpdatePolicyCacheRefresh

このイベントは、Windows を安全で最新の状態に保つために、デバイスで更新管理ポリシーが有効になっているかどうかに関するデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • configuredPoliciescount デバイスでのポリシーの数。
  • policiesNamevaluesource ポリシー名とポリシーのソース (グループ ポリシー、MDM、フライト)。
  • policyCacherefreshtime ポリシーのキャッシュが更新された時刻。
  • updateInstalluxsetting ユーザーがユーザー エクスペリエンスのオプションを通じてポリシーを設定したかどうかを示します。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.UpdateRebootRequired

このイベントは、Windows を安全で最新の状態に保つために、更新時に再起動が必要かどうかに関するデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • flightID デバイスが取得する Windows Insider ビルドの特定の ID。
  • interactive ユーザー アクションの結果として更新プロセスの再起動開始ステージに入ったかどうかを示します。
  • revisionNumber 更新プログラムのリビジョン番号。
  • updateId 更新プログラム ID。
  • updateScenarioType 更新セッションの種類。
  • uxRebootstate Windows を最新の状態に保つために、適切な更新プロセスとエクスペリエンスを確保する目的で必要な再起動が開始された時点のユーザー エクスペリエンスの正確な状態を示します。
  • wuDeviceid Windows Update により使用される一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.updateSettingsFlushFailed

このイベントは、問題が発生し、完了できなかった更新に関する情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • errorCode 発生したエラー コード。
  • wuDeviceid エラーが発生したデバイスの ID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.UsoSession

このイベントは、USO サービスの開始と終了の状態を表します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • activeSessionid 一意のセッション GUID。
  • eventScenario 更新操作の状態。
  • interactive USO セッションが対話型かどうか。
  • lastErrorcode 最後に発生したエラー。
  • lastErrorstate 最後にエラーが発生したときの更新プログラムの状態。
  • sessionType 更新セッションの種類を示す GUID。
  • updateScenarioType わかりやすい更新セッションの種類。
  • wuDeviceid Windows Update デバイス GUID。

Microsoft.Windows.Update.Orchestrator.UUPFallBack

このイベントは、Windows を安全で最新の状態に保つために、UUP がフォール バックする必要があるときにデータを送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • EventPublishedTime 現在のイベント時間。
  • UUPFallBackCause UUP がフォール バックする理由。
  • UUPFallBackConfigured フォールバック エラー コード。
  • UUPFallBackErrorReason フォールバック エラーの理由。
  • wuDeviceid Windows Update デバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Ux.MusNotification.EnhancedEngagedRebootUxState

このイベントは、Enhanced Direct-to-Engaged (eDTE) の構成に関する情報を送信します。これには、再起動の各フェーズにおけるの eDTE の進捗状況のタイミングの値が含まれています。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • AcceptAutoModeLimit デバイスが自動的に自動再起動モードに移行する最大日数。
  • AutoToAutoFailedLimit 自動再起動モードが失敗して、再起動失敗のダイアログが表示されるまでの最大日数。
  • DeviceLocalTime 再起動モードが変更された日付と時刻 (デバイスの日付/時刻の設定に基づきます)。
  • EngagedModeLimit DTE (Direct-to-Engaged) ダイアログを切り替える日数。
  • EnterAutoModeLimit デバイスが自動再起動モードになることができる最大日数。
  • ETag OneSettings バージョンを表すエンティティ タグ。
  • IsForcedEnabled デバイスの強制再起動モードが有効になっているかどうかを識別します。
  • IsUltimateForcedEnabled デバイスの最終的な強制再起動モードが有効になっているかどうかを識別します。
  • OldestUpdateLocalTime この更新プログラムの再起動の保留が開始された日付と時刻 (デバイスの日付/時刻の設定に基づきます)。
  • RebootUxState 再起動の状態 (Engaged、Auto、Forced、UltimateForced) を示します。
  • RebootVersion DTE (Direct-to-Engaged) のバージョン。
  • SkipToAutoModeLimit 自動再起動モード時に、起動に切り替えるまでの最大日数。
  • UpdateId インストールを終了するための再起動を待機している更新プログラムの ID。
  • UpdateRevision インストールを終了するための再起動を待機している更新プログラムのリビジョン。

Microsoft.Windows.Update.Ux.MusNotification.RebootNoLongerNeeded

このイベントは、セキュリティ更新プログラムが成功に完了したときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • UtcTime 再起動が必要なくなった世界協定時刻。

Microsoft.Windows.Update.Ux.MusNotification.RebootScheduled

このイベントは、セキュリティ関連の更新プログラムを入手し、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために、更新に関連する再起動のスケジュールに関する基本的な情報を送信します。

次のフィールドを使用できます。

  • activeHoursApplicable アクティブ時間がこのデバイスに適用されるかどうかを示します。
  • IsEnhancedEngagedReboot 拡張再起動が有効であるかどうかを示します。
  • rebootArgument 再起動タスクの引数。 特定の再起動関連のアクションも表します。
  • rebootOutsideOfActiveHours アクティブ時間外に再起動がスケジュールされている場合は true。 それ以外の場合は false。
  • rebootScheduledByUser ユーザーが再起動をスケジュールした場合は true。 再起動が自動的にスケジュールされた場合は false。
  • rebootState 再起動の現在の状態。
  • rebootUsingSmartScheduler SmartScheduler によって再起動がスケジュールされていることを示します。
  • revisionNumber OS のリビジョン番号。
  • scheduledRebootTime 再起動がスケジュールされている時刻。
  • scheduledRebootTimeInUTC 再起動がスケジュールされている時刻 (UTC)。
  • updateId スケジュールされている更新プログラムを識別します。
  • wuDeviceid Windows Update で使用された一意のデバイス ID。

Microsoft.Windows.Update.Ux.MusNotification.UxBrokerScheduledTask

このイベントは、MUSE ブローカーがタスクをスケジュールするときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • TaskArgument タスクをスケジュールする時に使用する引数です。
  • TaskName タスクの名前。

Microsoft.Windows.Update.Ux.MusUpdateSettings.RebootScheduled

このイベントは、セキュリティ更新プログラムをインストールするためのデバイス再起動のスケジュールに関する基本的な情報を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • activeHoursApplicable 再起動がアクティブ時間を順守するかどうか。
  • IsEnhancedEngagedReboot 再起動パスが拡張 Engaged である場合は TRUE。 それ以外の場合は FALSE。
  • rebootArgument 再起動のために OS に渡される引数。
  • rebootOutsideOfActiveHours アクティブ時間外に再起動がスケジュールされたかどうか。
  • rebootScheduledByUser ユーザーが再起動をスケジュールしたかどうか。 この値が false の場合、再起動はデバイスによりスケジュールされています。
  • rebootState 再起動の状態。
  • rebootUsingSmartScheduler 再起動をスマート スケジューラーで実行する必要がある場合は TRUE。 それ以外の場合は FALSE。
  • revisionNumber 更新される OS のリビジョン番号。
  • scheduledRebootTime 再起動がスケジュールされた時刻。
  • scheduledRebootTimeInUTC 再起動がスケジュールされた時刻 (協定世界時)。
  • updateId Windows Update デバイス GUID。
  • wuDeviceid Windows Update デバイス GUID。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.ExpediteBlocked

このイベントは、介入が必要な更新がブロックされたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • ExpeditePolicyId 優先要求のポリシー ID。
  • ExpediteUpdatesInProgress 進行中の更新プログラム ID のリスト。
  • GlobalEventCounter このプロバイダーのイベント数をカウントします。
  • PackageVersion ラベルのパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.ExpediteCompleted

このイベントは、更新が完了したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • ExpeditePolicyId 優先要求のポリシー ID。
  • ExpediteUpdatesInProgress 進行中の更新プログラム ID のリスト。
  • GlobalEventCounter このプロバイダーのイベント数をカウントします。
  • PackageVersion ラベルのパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.ExpediteUpdaterAlreadyExpectedUbr

このイベントは、デバイスがすでに必須の UBR 上にあることを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • ExpediteErrorBitMap いずれかのエラー コードのビット マップ値。
  • ExpediteResult 成功または失敗のブール値。
  • ExpediteUpdaterCurrentUbr デバイスの ubr。
  • ExpediteUpdaterExpectedUbr デバイスの予想される ubr。
  • ExpediteUpdaterPolicyRestoreResult ポリシー復元の HRESULT。
  • GlobalEventCounter このプロバイダーのイベント数をカウントします。
  • PackageVersion パッケージ バージョン ラベル。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.ExpediteUpdaterRebootComplete

このイベントは、予想される更新をインストールした後、デバイスが再起動を完了したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • ExpeditePolicyId 優先要求のポリシー ID。
  • ExpediteResult 成功または失敗のブール値。
  • ExpediteUpdaterCurrentUbr デバイスの ubr。
  • ExpediteUpdaterOfferedUpdateId 優先されることが予想される LCU の更新プログラム ID。
  • ExpediteUpdaterPolicyRestoreResult ポリシー復元の HRESULT。
  • GlobalEventCounter このプロバイダーのイベント数をカウントします。
  • PackageVersion パッケージ バージョン ラベル。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.ExpediteUpdaterScanCompleted

このイベントは、優先 USO スキャンの結果を送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • ExpediteErrorBitMap いずれかのエラー コードのビット マップ値。
  • ExpediteResult 成功または失敗のブール値。
  • ExpediteUpdaterCurrentUbr デバイスの UBR。
  • ExpediteUpdaterExpectedUbr デバイスの予想される UBR。
  • ExpediteUpdaterMonitorResult USO 監視の HRESULT。
  • ExpediteUpdaterScanResult 優先 USO スキャンの HRESULT。
  • ExpediteUpdaterUsoResult USO の初期化および再開 API 呼び出しの HRESULT。
  • GlobalEventCounter このプロバイダーのイベント数をカウントします。
  • PackageVersion パッケージ バージョン ラベル。
  • UsoFrequencyKey USO frequency key がデバイス上に見つかったかどうかを示します (true/false)。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.ExpediteUpdaterScanStarted

このイベントは、USO スキャンが開始されたテレメトリを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • ExpediteErrorBitMap いずれかのエラー コードのビット マップ値。
  • ExpediteResult 成功または失敗のブール値。
  • ExpediteUpdaterCurrentUbr デバイスの UBR。
  • ExpediteUpdaterExpectedUbr デバイスの予想される ubr。
  • GlobalEventCounter このプロバイダーのイベント数をカウントします。
  • PackageVersion パッケージ バージョン ラベル。
  • UsoFrequencyKey USO frequency key がデバイス上に見つかったかどうかを示します (true/false)。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.UnifiedInstallerEnd

このイベントは、Unified Installer が完了したことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter 通貨ツール用のデバイス上のテレメトリー イベントのイベント カウンター。
  • PackageVersion 通貨ツールのパッケージ バージョン ラベル。
  • UnifiedInstallerInstallResult Unified Installer の最終的な結果コード。
  • UnifiedInstallerPlatformResult プラットフォームの種類の決定からの結果コード。
  • UnifiedInstallerPlatformType プラットフォームの種類を示す列挙。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.UnifiedInstallerStart

このイベントは、Unified Installer のインストールが開始されたことを示します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter テレメトリのグローバル レベルでイベントをカウントします。
  • PackageVersion 通貨ツールのパッケージ バージョン。
  • UnifiedInstallerDeviceAADJoinedHresult デバイスが Microsoft Entra に参加しているかどうかを確認した後の結果コード。
  • UnifiedInstallerDeviceInDssPolicy デバイスが DSS ポリシーに存在することが検出されたかどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceInDssPolicyHresult デバイスが DSS ポリシーに存在するかどうかを確認するための結果コード。
  • UnifiedInstallerDeviceIsAADJoined デバイスが Microsoft Entra に参加しているかどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceIsAdJoined デバイスが AD に参加しているかどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceIsAdJoinedHresult デバイスが AD に参加しているかどうかを確認するための結果コード。
  • UnifiedInstallerDeviceIsEducationSku デバイスがEducation SKU かどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceIsEducationSkuHresult デバイスが Education SKU かどうかを確認するための結果コード。
  • UnifiedInstallerDeviceIsEnterpriseSku デバイスが Enterprise SKU かどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceIsEnterpriseSkuHresult デバイスが Enterprise SKU かどうかを確認するための結果コード。
  • UnifiedInstallerDeviceIsHomeSku デバイスが Home SKU かどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceIsMdmManaged デバイスが MDM 管理されているかどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceIsMdmManagedHresult デバイスが MDM 管理されているかどうかを確認するための結果コード。
  • UnifiedInstallerDeviceIsProSku デバイスが Pro SKU かどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceIsProSkuHresult デバイスが Pro SKU かどうかを確認するための結果コード。
  • UnifiedInstallerDeviceIsSccmManaged デバイスが構成マネージャーで管理されているかどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceIsSccmManagedHresult デバイスが構成マネージャーで管理されているかどうかを確認するための結果コード。
  • UnifiedInstallerDeviceWufbManaged デバイスが WUfB で管理されているかどうかを示すブール値。
  • UnifiedInstallerDeviceWufbManagedHresult デバイスが WUfB で管理されているかどうかを確認するための結果コード。
  • UnifiedInstallerPlatformResult デバイスのプラットフォームの種類を確認するための結果コード。
  • UnifiedInstallerPlatformType 検出されたプラットフォームの種類を示す列挙。
  • UnifiedInstUnifiefiedInstallerDeviceIsHomeSkuHresultllerDeviceIsHomeSku デバイスが Home SKU かどうかを確認するための結果コード。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.UpdateHealthToolsDeviceInformationUploaded

このイベントは、UpdateHealthTools サービスがデバイス情報をアップロードしたときに受け取ります。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion 修復の現在のパッケージ バージョン。
  • UpdateHealthToolsDeviceUbrChanged UBR が変更された場合は 1、それ以外の場合は 0。
  • UpdateHealthToolsDeviceUri このデバイスのプッシュ通知に使用する URI。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.UpdateHealthToolsPushNotificationCompleted

このイベントは、UpdateHealthTools サービスによってプッシュ通知が完了したときに受け取ります。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion UpdateHealthTools の現在のパッケージ バージョン。
  • UpdateHealthToolsEnterpriseActionResult エンタープライズ アクションによって返される HRESULT。
  • UpdateHealthToolsEnterpriseActionType プッシュによって要求されたアクションのタイプを説明する列挙型。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.UpdateHealthToolsPushNotificationReceived

このイベントは、UpdateHealthTools サービスがプッシュ通知を受信したときに受け取ります。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion UpdateHealthTools の現在のパッケージ バージョン。
  • UpdateHealthToolsDeviceUri このデバイスのプッシュ通知に使用する URI。
  • UpdateHealthToolsEnterpriseActionType プッシュによって要求されたアクションのタイプを説明する列挙型。
  • UpdateHealthToolsPushCurrentChannel 通知の受信に使用するチャネル。
  • UpdateHealthToolsPushCurrentRequestId プッシュの要求 ID。
  • UpdateHealthToolsPushCurrentResults プッシュ要求の結果。
  • UpdateHealthToolsPushCurrentStep プッシュ通知の現在の手順。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.UpdateHealthToolsPushNotificationStatus

このイベントは、プッシュ通知に状態がある場合に受信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion UpdateHealthTools の現在のパッケージ バージョン。
  • UpdateHealthToolsDeviceUri このデバイスのプッシュ通知に使用する URI。
  • UpdateHealthToolsEnterpriseActionType プッシュによって要求されたアクションのタイプを説明する列挙型。
  • UpdateHealthToolsPushCurrentRequestId プッシュの要求 ID。
  • UpdateHealthToolsPushCurrentResults プッシュ要求の結果。
  • UpdateHealthToolsPushCurrentStep プッシュ通知の現在の手順。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.UpdateHealthToolsServiceBlockedByNoDSSJoin

このイベントは、デバイスが Microsoft Entra に参加していないときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter プロバイダーの合計イベントをカウントするグローバル イベント カウンター。
  • PackageVersion 現在のパッケージのバージョン。

Microsoft.Windows.UpdateHealthTools.UpdateHealthToolsServiceStarted

このイベントは、サービスを初めて起動したときに送信されます。 それは、デバイス上でサービスが使用可能であることを示すハートビートです。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CV 相関関係ベクトル。
  • GlobalEventCounter このユーザーによって送信されたイベント順序を示すクライアント側のカウンター。
  • PackageVersion 修復の現在のパッケージ バージョン。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.ICOInteractionCampaignComplete

このイベントは、RUXIM ユーザー操作キャンペーンが完了するたびに生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • InteractionCampaignID 完了した対話キャンペーンを識別する GUID。
  • ResultId 対話キャンペーンの最終結果。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.ICSEvaluateInteractionCampaign

このイベントは、RUXIM Interaction Campaign Scheduler (RUXIMICS.EXE) がインタラクション キャンペーンの処理を終了すると生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ControlId プレゼンテーション中にユーザーが選択したコントロール (存在する場合) を識別する文字列。
  • hrInteractionHandler インタラクション キャンペーンの処理中に RUXIM Interaction Handler によって報告されたエラー (存在する場合)。
  • hrScheduler インタラクション キャンペーンの処理中に RUXIM Interaction Campaign Scheduler 自体で発生したエラー (存在する場合)。
  • InteractionCampaignID 処理されたインタラクション キャンペーンの ID。
  • ResultId 評価/プレゼンテーションの結果。
  • WasCompleted 操作キャンペーンが完了した場合は true。
  • WasPresented Interaction Handler によってユーザーにインタラクション キャンペーンが表示された場合は true。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.ICSExit

このイベントは、RUXIM Interaction Campaign Scheduler (RUXIMICS) が終了すると生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.ICSLaunch

このイベントは、RUXIM Interaction Campaign Scheduler (RUXIMICS.EXE) が起動すると生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CommandLine RUXIMICS の起動に使用されるコマンド ライン。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.ICSOneSettingsSyncExit

このイベントは、RUXIM が OneSettings のチェックを完了して、表示が必要になる可能性のある UX 対話キャンペーンを取得するときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • hrInitialize OneSettings の初期化中に発生したエラー (存在する場合)。
  • hrQuery OneSettings から UX 対話キャンペーン データを取得中に発生したエラー (存在する場合)。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.ICSOneSettingsSyncLaunch

このイベントは、RUXIM が OneSettings でチェックを開始し、表示が必要になる可能性のある UX 対話キャンペーンを取得するときに送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.IHBeginPresentation

このイベントは、RUXIM がユーザーに対話キャンペーンを提示しようとしているときに生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • InteractionCampaignID 提示される対話キャンペーンを識別する GUID。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.IHEndPresentation

このイベントは、対話ハンドラーがユーザーに対話キャンペーンの提示を完了したときに生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • hrPresentation プレゼンテーション中に発生するエラー (存在する場合)。
  • InteractionCampaignID 完了した対話キャンペーンを識別する GUID。
  • ResultId プレゼンテーションによって生成された結果。
  • WasCompleted 操作キャンペーンが完了したとみなされた場合は True。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.IHEvaluateAndPresent

このイベントは、RUXIM Interaction Handler が評価を終了し、場合によっては対話キャンペーンを提示すると生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • hrLocal 評価およびプレゼンテーション中に RUXIM Interaction Handler で発生したエラー (存在する場合)。
  • hrPresentation プレゼンテーション中に RUXIM Interaction Handler によって報告されたエラー (存在する場合)。
  • InteractionCampaignID GUID。RUXIM Interaction Handler によって処理されるユーザーの対話キャンペーン。
  • ResultId 評価とプレゼンテーションによって生成された結果。
  • WasCompleted ユーザー操作キャンペーンが完了した場合は true。
  • WasPresented ユーザー操作キャンペーンがユーザーに表示された場合は true。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.IHExit

このイベントは、RUXIM Interaction Handler (RUXIMIH.EXE) が終了すると生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • InteractionCampaignID RUXIMIH が処理した対話キャンペーンを識別する GUID。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.IHLaunch

このイベントは、RUXIM Interaction Handler (RUXIMIH.EXE) が起動すると生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • CommandLine RUXIMIH の起動に使用されるコマンド ライン。
  • InteractionCampaignID 対話ハンドラーが処理するユーザー操作キャンペーンを識別する GUID。

Microsoft.Windows.WindowsUpdate.RUXIM.SystemEvaluator.Evaluation

このイベントは、RUXIM Evaluator DLL が評価を実行するたびに生成されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保ち、正常な動作を維持するために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • HRESULT 評価中に発生したエラー (存在する場合)。 (個々のチェック中に発生したエラーが評価の全体的な結果に影響しない場合、これらのエラーは NodeEvaluationData で報告されますが、この HRESULT はゼロになります。)
  • Id 評価を識別するために呼び出し元によって渡された ID GUID。
  • NodeEvaluationData 全体的な評価中に発生した個々のチェックの結果を示す構造。
  • 結果 評価によって生成される全体的な結果。

Windows Update 軽減策イベント

Mitigation360Telemetry.MitigationCustom.CleanupSafeOsImages

このイベントは、OS の更新プログラムで使用される CleanupSafeOsImages 軽減策に固有のデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId Windows Update で使用されたクライアント ID。
  • FlightId デバイスが受け取った各 Windows Insider ビルドの ID。
  • InstanceId 更新プログラムの各インスタンスを識別する一意のデバイス ID。
  • MitigationScenario 軽減策が実行された更新シナリオ。
  • MountedImageCount マウント済みイメージの数。
  • MountedImageMatches マウント済みイメージの一致数。
  • MountedImagesFailed 削除できなかったマウント済みイメージの数。
  • MountedImagesRemoved 正常に削除されたマウント済みイメージ数。
  • MountedImagesSkipped 見つからなかったマウント済みイメージの数。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result この操作の HResult。
  • ScenarioId 軽減策のシナリオを示す ID。
  • ScenarioSupported シナリオがサポートされているかどうかを示します。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • UpdateId 各 Windows Update の一意の ID。
  • WuId Windows Update クライアントの一意の ID。

Mitigation360Telemetry.MitigationCustom.FixAppXReparsePoints

このイベントは、OS の更新プログラムで使用される FixAppXReparsePoints 軽減策に固有のデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId WU シナリオでは、これはセットアップに渡される WU クライアント ID です。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • MitigationScenario 軽減策が実行された更新シナリオ。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • ReparsePointsFailed 破損しており、この軽減策では修正されていない再解析ポイントの数。
  • ReparsePointsFixed 破損しており、この軽減策で修正された再解析ポイントの数。
  • ReparsePointsSkipped 破損していないため、アクションが不要な再解析ポイントの数。
  • Result この操作の HResult。
  • ScenarioId 軽減策のシナリオを示す ID。
  • ScenarioSupported シナリオがサポートされているかどうかを示します。
  • SessionId 更新セッションの一意の ID。
  • UpdateId Windows Update の一意の ID。
  • WuId Windows Update クライアントの一意の ID。

Mitigation360Telemetry.MitigationCustom.FixupEditionId

このイベントは、OS の更新プログラムで使用される FixupEditionId 軽減策に固有のデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId WU シナリオでは、これはセットアップに渡される WU クライアント ID です。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • EditionIdUpdated EditionId が変更されたかどうかを特定します。
  • FlightId 各フライトの一意識別子。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • MitigationScenario 軽減策が実行された更新シナリオ。
  • ProductEditionId GetProductInfo に基づいて想定される EditionId 値。
  • ProductType GetProductInfo によって返される値。
  • RegistryEditionId レジストリ内の EditionId 値。
  • RelatedCV 最新の USO スキャンから生成された相関関係ベクトル値。
  • Result この操作の HResult。
  • ScenarioId 軽減策のシナリオを示す ID。
  • ScenarioSupported シナリオがサポートされているかどうかを示します。
  • SessionId 各更新試行の一意の値。
  • UpdateId 各更新プログラムの一意の ID。
  • WuId Windows Update クライアントの一意の ID。

Mitigation360Telemetry.MitigationCustom.FixupWimmountSysPath

このイベントは、OSアップデートに使用される FixupWimmountSysPath 軽減策に固有のデータを送信します。 このイベントで収集されたデータは、Windows を最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId WU シナリオでは、これはセットアップに渡される WU クライアント ID です。 メディア セットアップでは、既定値は Media360 ですが、呼び出し元が一意の値に上書きすることができます。
  • FlightId 各フライトの一意識別子。
  • ImagePathDefault システム レジストリで定義されている wimmount.sys ドライバーへの既定のパスです。
  • ImagePathFixedup wimmount.sys ドライバー パスがこの緩和策によって修正されたかどうかを示すブール値。
  • InstanceId setuphost.exe の各インスタンスを識別する一意の GUID。
  • MitigationScenario 軽減策が試行された更新シナリオ。
  • RelatedCV 相関関係ベクトル値。
  • Result この操作の HResult。
  • ScenarioId Setup360 フローの種類。
  • ScenarioSupported 渡された更新されたシナリオがサポートされていたかどうか。
  • SessionId UpdateAgent の “SessionId” 値。
  • UpdateId 更新プログラムの一意識別子。
  • WuId Windows Update クライアントの一意識別子。

Windows Update 予約マネージャー イベント

Microsoft.Windows.UpdateReserveManager.CommitPendingHardReserveAdjustment

保留中のハード予約調整が更新プログラム予約マネージャーによってコミットされると、このイベントが送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • FinalAdjustment オプションのコンテンツの追加または削除後に生じるハード予約の最終調整。
  • InitialAdjustment オプション コンテンツの追加または削除後に生じるハード予約について、当初予定されていた調整。

Microsoft.Windows.UpdateReserveManager.FunctionReturnedError

いずれかの内部関数からのエラーが更新プログラム予約マネージャーによって返されると、このイベントが送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • FailedExpression エラーとなり返された式。
  • FailedFile エラーとなった関数が含まれているバイナリ ファイル。
  • FailedFunction エラーが発生した関数の名前。
  • FailedLine エラーが発生した行番号。
  • ReturnCode 関数のリターン コード。

Microsoft.Windows.UpdateReserveManager.InitializeUpdateReserveManager

このイベントは、更新プログラム予約マネージャーに関するデータ (初期化済みかどうかを示す情報を含む) を返します。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ClientId 呼び出し元アプリケーションの ID。
  • Flags マネージャーの初期化に使用されるフラグの列挙。
  • FlightId 呼び出し元クライアントが現在操作しているコンテンツのフライト ID。
  • Offline オフライン操作中に予約マネージャーが呼び出されるかどうかを示します。
  • PolicyPassed マシンが予約を使用できるかどうかを示します。
  • ReturnCode 操作のリターン コード。
  • Version 更新プログラム予約マネージャーのバージョン。

Microsoft.Windows.UpdateReserveManager.PrepareTIForReserveInitialization

信頼されたインストーラーで次の起動の予約を初期化できるように、更新プログラム予約マネージャーによって準備が行われると、このイベントが送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • FallbackLogicUsed フォールバック ロジックが初期化に使用されたかどうかを示します。
  • Flags 予約初期化用に信頼されたインストーラーを準備するために関数に渡されるフラグ。

Microsoft.Windows.UpdateReserveManager.RemovePendingHardReserveAdjustment

保留中のハード予約調整が更新プログラム予約マネージャーによって削除されると、このイベントが送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

Microsoft.Windows.UpdateReserveManager.UpdatePendingHardReserveAdjustment

オプション コンテンツのインストール後に、更新プログラム予約マネージャーによってハード予約のサイズを調整する必要が生じると、このイベントが送信されます。 このイベントで収集されたデータは、Windows をセキュリティが確保された最新の状態に保つために使用されます。

次のフィールドを使用できます。

  • ChangeSize オプションのコンテンツの追加または削除に基づく、ハード予約サイズの変更。
  • Disposition ハード予約調整関数のパラメーター。
  • Flags ハード予約調整関数に渡されたフラグ。
  • PendingHardReserveAdjustment ハード予約サイズへの最終的な変更。
  • UpdateType ハード予約サイズへの変更で、サイズが大きくなるか小さくなるかを示します。

Winlogon イベント

Microsoft.Windows.Security.Winlogon.SetupCompleteLogon

このイベントは、セットアップ プロセスの完了を示します。 初回ログオン時に 1 回だけ発生します。

XBOX イベント

Microsoft.Xbox.XamTelemetry.AppActivationError

このイベントは、システムがアプリのライセンス認証エラーを検出したかどうかを示します。

次のフィールドを使用できます。

  • ActivationUri アプリのライセンス認証を試行する際に使用されるライセンス認証 URI (Uniform Resource Identifier)。
  • AppId Xbox LIVE タイトル ID。
  • AppUserModelId ライセンス認証するアプリの AUMID (アプリケーション ユーザー モデル ID)。
  • Result HResult エラー。
  • UserId Xbox LIVE ユーザー ID (XUID)。

Microsoft.Xbox.XamTelemetry.AppActivity

このイベントは、現在のアプリの状態が起動、切り替え、終了、スナップなどによって変更されたときにトリガーされます。

次のフィールドを使用できます。

  • AppActionId アプリケーション アクションの ID。
  • AppCurrentVisibilityState 現在のアプリケーションの表示状態の ID。
  • AppId アプリの Xbox LIVE タイトル ID。
  • AppPackageFullName アプリケーション パッケージのフル ネーム。
  • AppPreviousVisibilityState 以前のアプリケーションの表示状態の ID。
  • AppSessionId アプリケーション セッション ID。
  • AppType アプリケーションの種類 ID (AppType_NotKnown、AppType_Era、AppType_Sra、AppType_Uwa)。
  • BCACode アプリケーションを起動するために使用される、光ディスクのBCA (バースト カッティング エリア) マーク コード。
  • DurationMs 最後のアプリケーションの状態遷移以降の時間 (ミリ秒単位)。
  • IsTrialLicense アプリケーションが試用版ライセンスである場合、このブール値は TRUE。
  • LicenseType アプリを承認するために使用されるライセンスの種類 (0 - 不明、1 - ユーザー、2 - サブスクリプション、3 - オフライン、4 - ディスク)。
  • LicenseXuid ライセンスの種類が 1 (ユーザー) の場合、このフィールドには、登録されたライセンス所有者の XUID (Xbox ユーザー ID) が含まれています。
  • ProductGuid アプリケーションの Xbox 製品の GUID (グローバル一意 ID)。
  • UserId 現在のユーザーの XUID (Xbox ユーザー ID) です。