Windows ターミナルでの動的プロファイル

Windows ターミナルでは、Linux 用 Windows サブシステム (WSL) と PowerShell のシェルがマシンにインストールされている場合、これらに対するプロファイルが自動的に作成されます。 これにより、実行可能ファイルを探す必要なしに、すべてのシェルをターミナルに簡単に含めることができるようになります。 これらのプロファイルは、source プロパティを使用して生成されます。このプロパティでは、適切な実行可能ファイルを見つける場所がターミナルに通知されます。

ターミナルをインストールすると、PowerShell が既定のプロファイルとして設定されます。 既定のプロファイルを変更する方法については、起動に関するページを参照してください。

Windows Terminal dynamic profiles構成: 淡色テーマ

Windows ターミナルをインストールした後で新しいシェルをインストールする

新しいシェルがインストールされるのがターミナルのインストールの前か後かに関係なく、ターミナルでは新しくインストールされたシェルに対する新しいプロファイルが作成されます。

プロファイルを非表示にする

ターミナルのドロップダウン メニューにプロファイルが表示されないようにするには、settings.json ファイルのプロファイル オブジェクトに hidden プロパティを追加して、true に設定します。

"hidden": true

プロファイルが生成されないようにする

動的プロファイルが生成されないようにするには、プロファイル ジェネレーターをグローバル設定の disabledProfileSources 配列に追加します。 この設定の詳細については、グローバル設定に関するページを参照してください。

"disabledProfileSources": ["Windows.Terminal.Wsl", "Windows.Terminal.Azure", "Windows.Terminal.PowershellCore", "Windows.Terminal.SSH"]

サード パーティ プロファイルを追加する

サード パーティのコマンド ライン ツールで、settings.json ファイル内に自動生成されたプロファイルがない場合は、手動で追加することができます。 次に示すのは、いくつかの一般的なサード パーティ ツール用のプロファイルです。

Anaconda

ここでは、Anaconda が %USERPROFILE%\Anaconda3 にインストールされていると仮定します。

{
    "commandline": "cmd.exe /k \"%USERPROFILE%\\Anaconda3\\Scripts\\activate.bat %USERPROFILE%\\Anaconda3\"",
    "icon": "%USERPROFILE%\\Anaconda3\\Menu\\anaconda-navigator.ico",
    "name": "Anaconda3",
    "startingDirectory": "%USERPROFILE%"
}

cmder

ここでは、cmder が %CMDER_ROOT% にインストールされていると仮定します。

{
    "commandline": "cmd.exe /k \"%CMDER_ROOT%\\vendor\\init.bat\"",
    "name": "cmder",
    "icon": "%CMDER_ROOT%\\icons\\cmder.ico",
    "startingDirectory": "%USERPROFILE%"
}

Cygwin

ここでは、Cygwin が C:\Cygwin にインストールされていると仮定します。

{
    "name": "Cygwin",
    "commandline": "C:\\Cygwin\\bin\\bash --login -i",
    "icon": "C:\\Cygwin\\Cygwin.ico",
    "startingDirectory": "C:\\Cygwin\\bin"
}

![注] Cygwin の起動ディレクトリは、パスを機能させるために設定されています。 --login フラグがあるので、Cygwin の起動時に開かれる既定のディレクトリは $HOME になります。

Far Manager

ここでは、Far が c:\Program Files\Far Manager にインストールされていると仮定します。

{
    "name": "Far",
    "commandline": "\"c:\\program files\\far manager\\far.exe\"",
    "startingDirectory": "%USERPROFILE%",
    "useAcrylic": false
},

Git Bash

ここでは、Git Bash が C:\\Program Files\\Git にインストールされていると仮定します。

{
    "name": "Git Bash",
    "commandline": "C:\\Program Files\\Git\\bin\\bash.exe -li",
    "icon": "C:\\Program Files\\Git\\mingw64\\share\\git\\git-for-windows.ico",
    "startingDirectory": "%USERPROFILE%"
}

Git Bash (WOW64)

ここでは、Git Bash が C:\\Program Files (x86)\\Git にインストールされていると仮定します。

{
    "name": "Git Bash",
    "commandline": "%ProgramFiles(x86)%\\Git\\bin\\bash.exe -li",
    "icon": "%ProgramFiles(x86)%\\Git\\mingw32\\share\\git\\git-for-windows.ico",
    "startingDirectory": "%USERPROFILE%"
}

MSYS2

ここでは、MSYS2 が C:\\msys64 にインストールされていると仮定します。

{
    "name": "MSYS2",
    "commandline": "C:\\msys64\\msys2_shell.cmd -defterm -no-start -mingw64",
    "icon": "C:\\msys64\\msys2.ico",
    "startingDirectory": "C:\\msys64\\home\\user"
}

詳細については、MSYS2 のドキュメントの「Terminals」セクションを参照してください。