Windows ターミナルでの起動設定

以下に示すプロパティは、プロファイルの設定に関係なく、ターミナル ウィンドウ全体に影響します。 これらは、settings.json ファイルのルートに配置する必要があります。

Default profile

Ctrl + Shift + T キーを押したとき、newTab に割り当てられているキー バインドを押したとき、プロファイルを指定せずに wt new-tab を実行したとき、または [+] アイコンをクリックしたときに開かれる、既定のプロファイルを設定します。

プロパティ名:defaultProfile

必須かどうか: 必須

値: GUID またはプロファイル名を表す文字列

既定値: PowerShell の GUID



既定のターミナル アプリケーション

Windows の既定のターミナル エミュレーターを設定し、すべてのコマンド ライン アプリケーションをその中で実行します。

プロパティ名: これは OS の設定を変更するもので、settings.json ファイル内にプロパティ名は存在しません。

必須かどうか: 必須

受け入れ可能: ドロップダウンに表示される任意のターミナル エミュレーター

既定値: Windows コンソール ホスト

重要

この機能は、Windows 10 Insider Program Dev Channel または Windows 11 を実行している場合にのみ使用できます。



マシンの起動時に起動する

true に設定すると、スタートアップ時に Windows ターミナルを起動できるようになります。 これを false に設定すると、スタートアップ タスクのエントリが無効になります。

注: Windows ターミナル スタートアップ タスクのエントリが組織のポリシーまたはユーザーの操作によって無効にされている場合、この設定は効果がありません。

プロパティ名:startOnUserLogin

必須かどうか: オプション

受け入れ可能:truefalse

既定値:false



新しいターミナル セッションを開始したときの動作

"defaultProfile" に設定すると、Windows ターミナルでは、既定のプロファイルを使用した 1 つのタブを開いて新しいセッションが開始されます。

"persistedWindowLayout" に設定すると、開いているウィンドウを閉じるときにレイアウトを Windows ターミナルに保存し、新しいセッションの開始時に、保存されているウィンドウをすべて復元できます。 Windows ターミナルでは、クラッシュからの復元を支援するために、開いているすべてのウィンドウのレイアウトが自動的に保存され、また quit アクションを使用したときにもレイアウトが保存されます。 さらに、X ボタンをクリックするか、closeWindow コマンドを使用して、開いている最後のウィンドウを閉じると、その最後のウィンドウのレイアウトが保存されます。

注: 現時点では、Windows ターミナルでは次の情報が保存されます。

  • 各ウィンドウの位置、サイズ、名前

  • 各ウィンドウのタブ レイアウト。各ペインのレイアウトとプロファイルが含まれますが、ペインの内容は含まれません。

  • シェルが、保存される現在の作業ディレクトリも報告するように構成されている場合

プロパティ名:firstWindowPreference

必須かどうか: オプション

受け入れ可能:"defaultProfile""persistedWindowLayout"

既定値:"defaultProfile"



起動モード

起動時に、ターミナルを最大化するか、全画面表示にするか、ウィンドウ内に表示するかを定義します。 これを focus に設定することは、default モードでターミナルを起動するのと同じですが、フォーカス モードが有効になっています。 同様に、これを maximizedFocus に設定すると、フォーカス モードが有効になっている最大化されたウィンドウでターミナルが起動します。

プロパティ名:launchMode

必須かどうか: オプション

受け入れ可能:"default""maximized""fullscreen""focus""maximizedFocus"

既定値:"default"



新しいインスタンスの動作

この設定は、新しいターミナル インスタンスを既存のウィンドウにアタッチする方法を制御します。 このプロパティが使用されるのは、--window,-w window コマンド ライン引数が指定されていない場合のみです。 この設定では、次の値を使用できます。

  • useNew: 常に新しいウィンドウを作成します。 これは、バージョン 1.7 より前のターミナルの動作です。
  • useExisting: このデスクトップで直前に使用したウィンドウに新しいタブを作成します。 この仮想デスクトップに既存のウィンドウが存在しない場合は、新しいターミナル ウィンドウを作成します。
  • useAnyExisting: どの仮想デスクトップにウィンドウが存在するかに関係なく、直前に使用したウィンドウに新しいタブを作成します。

プロパティ名:windowingBehavior

必須かどうか: オプション

受け入れ可能:"useNew""useExisting""useAnyExisting"

既定値:"useNew"



起動サイズ

最初の起動時の列数

これは、最初の読み込み時にウィンドウに表示される文字の列の数です。 launchMode"maximized" または "maximizedFocus" に設定されている場合、このプロパティは無視されます。

プロパティ名:initialCols

必須かどうか: オプション

値: 整数

既定値:120

最初の起動時の行数

これは、最初の読み込み時にウィンドウに表示される行の数です。 launchMode"maximized" または "maximizedFocus" に設定されている場合、このプロパティは無視されます。

プロパティ名:initialRows

必須かどうか: オプション

値: 整数

既定値:30



起動時の位置

最初に読み込まれたときの、ウィンドウの左上隅のピクセル位置を設定します。 複数のディスプレイがあるシステムでは、これらの座標はプライマリ ディスプレイの左上が基準になります。 X 座標または Y 座標が指定されていない場合は、その値に対するシステムの既定値が使用されます。 launchMode"maximized" または "maximizedFocus" に設定されている場合、ウィンドウはそれらの座標によって指定されているモニターで最大化されます。

プロパティ名:initialPosition

必須かどうか: オプション

値: 次の形式の文字列として表された座標: ",""#,#""#,"",#"

既定値:","



起動時に中央に配置する

true に設定すると、ターミナル ウィンドウが、開いたディスプレイの中央に自動的に配置されます。 ターミナルは "initialPosition" を使用して、どのディスプレイで開くかを決定します。

これは、次の方法で他の起動設定と連携します。

  • "initialPosition": "x,y""centerOnLaunch": true"launchMode": "default": x,y が存在するモニターの中央。
  • "initialPosition": "x,y""centerOnLaunch": true"launchMode": "maximized": x,y が存在するモニターで最大化 (centerOnLaunch の影響はなし)。
  • "initialPosition": <omitted>"centerOnLaunch": true"launchMode": "default": 既定のモニターの中央に配置。
  • "initialPosition": <omitted>"centerOnLaunch": true"launchMode": "focus": 既定のモニターの中央に配置され、フォーカス モードに入る。
  • "initialPosition": <omitted>"centerOnLaunch": true"launchMode": "maximized": 既定のモニターで最大化 (centerOnLaunch の影響はなし)。

プロパティ名:centerOnLaunch

必須かどうか: オプション

受け入れ可能:truefalse

既定値:false



動的プロファイルを無効にする

無効な動的プロファイル ジェネレーターを設定し、スタートアップ時にそれらのジェネレーターでプロファイルのリストにプロファイルが追加されないようにします。 動的プロファイルの詳細については、動的プロファイルに関するページを参照してください。

プロパティ名:disabledProfileSources

必須かどうか: オプション

受け入れ可能: 配列内の "Windows.Terminal.Wsl""Windows.Terminal.Azure""Windows.Terminal.PowershellCore"

既定値:[]



起動時のアクション

これは、起動時に実行するアクションのリストを設定します。これにより、既定で、カスタムのタブとペインのセットを使用してターミナルを起動できます。 これらのアクションは、コマンドライン引数が指定されていない場合にのみ適用されます。 アクションの一覧は、コマンドライン引数のコマンドと同じ形式の文字列で表されます。 コマンド形式の詳細については、コマンド ラインの引数に関するページを参照してください。

プロパティ名:startupActions

必須かどうか: オプション

受け入れ可能: 実行するコマンドのリストを表す文字列

既定値:""