Windows クライアントで削除された機能と機能

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 11

Windows クライアントの各バージョンでは、新しい機能と機能が追加されます。 新しいバージョンでは、多くの場合、新しいオプションが追加されたため、機能も削除される場合があります。 この記事では、Windows クライアントで削除された機能の詳細について説明します。

今後のリリースで削除される可能性のある機能の詳細については、「 Windows クライアントの非推奨の機能」を参照してください。

新しい Windows ビルドへの早期アクセスを取得し、これらの変更を自分でテストするには、 Windows Insider プログラムに参加します。

Windows 11の機能の詳細については、「機能の非推奨と削除」を参照してください。

非推奨削除の違いについては、「Windows クライアント機能のライフサイクル」を参照してください。

削除された機能と機能

Windows クライアント用にインストールされている製品イメージから、次の機能が削除されました。 これらの機能に依存するアプリケーションまたはコードは、その機能が削除されるとそのリリースでは機能しません。また今後のリリースでも機能しません。

次の一覧は変更される可能性があります。影響を受けるすべての機能が含まれるとは限りません。

機能 詳細と軽減策 サポートが削除されました
ストア アップローダー ツール ストア アップローダー ツールのサポートが削除されました。 このツールは Windows SDK にのみ含まれています。 ツールのエンドポイントがサービスから削除され、ファイルは次のリリースで SDK から削除されます。 2022 年 11 月
Internet Explorer 11 Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは廃止され、2022 年 6 月 15 日の時点で特定のバージョンのWindows 10のサポートが終了しています。 Microsoft Edge の Internet Explorer モードで Internet Explorer を必要とする古いレガシ サイトに引き続きアクセスできます。 詳細については、こちらをご覧ください。 Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは、より高速でより安全な Microsoft Edge ブラウザーに徐々にリダイレクトされ、最終的には Windows Update を介して無効になります。 IE を今すぐ無効にします 2022 年 6 月 15 日
XDDM ベースのリモート ディスプレイ ドライバー このリリースでは、Windows 2000 ディスプレイ ドライバー モデル (XDDM) ベースのリモート ディスプレイ ドライバーのサポートが削除されています。 XDDM ベースのリモート ディスプレイ ドライバーを使用する独立したソフトウェア ベンダーは、WDDM ドライバー モデルへの移行を計画する必要があります。 リモート ディスプレイ間接ディスプレイ ドライバーの実装の詳細については、「IddCx バージョン 1.4 以降の更新プログラム」を参照してください。 21H1
Microsoft Edge 2021 年 3 月 9 日以降、従来版の Microsoft Edge はサポートされなくなります。 詳細については、「End of support reminder for Microsoft Edge Legacy (Microsoft Edge 従来版のサポート終了のお知らせ)」を参照してください。 21H1
MBAE サービスのメタデータ MBAE アプリのエクスペリエンスは、MO UWP アプリに置き換えられました。 MBAE サービスのメタデータが削除されます。 20H2
アプリの接続 Miracast を使用したワイヤレス プロジェクション用のアプリの接続は既定でインストールされなくなりましたが、オプション機能として利用できます。 アプリをインストールするには、[設定>] [アプリ>] [オプションの機能] [機能>の追加] の順に選択し、ワイヤレス ディスプレイ アプリをインストールします。 2004
Rinna と日本語アドレスの提案 Microsoft 日本語入力メソッド エディター (IME) の Rinna と日本語アドレスの提案サービスは、2020 年 8 月 13 日に終了しました。 詳細については、「Rinna と日本語アドレスの提案は提供されなくなります」を参照してください。 2004
Cortana 2020 年 5 月の Windows 10 更新プログラムで、Cortana は更新され、強化されています。 このような変化 によって、音楽、自宅との接続、Microsoft 以外のスキルなど、以前使用していた消費者向けのスキルを使用することができなくなります。 2004
Windows To Go Windows 10 で廃止された内容としてWindows To Go でお知らせしました。バージョン 1903 は、このリリースで削除されています。 2004
モバイル プランとメッセージング アプリ 両方のアプリはまだサポートされていますが、別の方法で配布されています。 OEM は、これらのアプリをスマートフォン対応デバイスの Windows 画像に含めることができます。 スマートフォン以外のデバイスでは、このアプリが削除されます。 2004
PNRP API ピア名解決プロトコル (PNRP) クラウド サービスがWindows 10 Version 1809で削除されました。 対応する API を削除して、削除プロセスを完了する予定です。 1909
タスク バー設定のローミング タスク バー設定のローミングはこのリリースで削除されています。 この機能は、Windows 10 Version 1903 で開発されなくなったとして発表されました。 1909
デスクトップ メッセージング アプリで、メッセージの同期が提供されない デスクトップのメッセージング アプリには同期機能があり、これを使用して Windows Mobile から受信した SMS テキスト メッセージを同期し、そのコピーをデスクトップに保存することができます。 同期機能はすべてのデバイスから削除されました。 この変更により、メッセージを受信したデバイスからのメッセージにのみアクセスできます。 1903
ビジネス スキャン (分散スキャン管理 (DSM) とも呼ばれます) このセキュリティで保護されたスキャンとスキャナー管理機能は削除されます。この機能をサポートするデバイスはありません。 1809
unattend.xml の FontSmoothing 設定 FontSmoothing 設定を使用すると、システム全体で使用するフォントアンチエイリアシング戦略を指定できます。 既定で ClearType を使用するように Windows 10 が変更され、この設定は不要になったため、削除しています。 この設定を unattend.xml ファイルに含める場合、無視されます。 1809
ホログラムアプリ ホログラム アプリは Mixed Reality ビューアーで置き換えられました。 3D ワード アートを作成する場合、引き続きペイント 3D でこの操作を行ったり、Mixed Reality ビューアーを使用して、VR または HoloLens でアートを表示したりすることができます。 1809
limpet.exe Azure 接続の TPM にアクセスするために使用される limpet.exe ツールが、オープン ソースとしてリリースされます。 1809
モバイル コンパニオン Windows 10 Version 1809 に更新すると、モバイル コンパニオン アプリは PC から削除されます。 設定アプリの [電話] ページを使用して、携帯電話を PC と同期させることができます。 モバイル コンパニオンのすべての機能が含まれています。 1809
Windows Embedded Standard 7-SP1 (WES7-SP1) および Windows Embedded Standard 8 (WES8) の Windows Embedded Developer Update による将来の更新プログラム WEDU サーバーに新しい更新プログラムを発行することはなくなりました。 代わりに、Microsoft Update カタログから新しい更新プログラムをすべてセキュリティで保護することができます。 カタログから更新プログラムを取得する方法についてはこちらをご覧ください 1809
Groove Music Pass 2017 年に Microsoft Store を通じた Groove ストリーミング音楽サービスと音楽トラックの販売を終了しました。 Groove アプリは、この変更を反映するように更新されています。 引き続き Groove ミュージックを使用して、PC で音楽を再生できます。 Spotify またはその他の音楽サービスを使用して、Windows 10 で音楽をストリーミングしたり、音楽を購入したりすることができます。 1803
People - 候補に Microsoft 以外のアカウントの未保存の連絡先が含まれなくなります メールの送信先または送信元のユーザーの連絡先の詳細を手動で保存します。 1803
コントロール パネルでの言語の制御 設定アプリを使用して、言語の設定を変更します。 1803
ホームグループ HomeGroup は削除されますが、プリンター、ファイル、フォルダーを共有することはできません。

バージョン 1803 Windows 10に更新すると、エクスプローラー、コントロール パネル、またはトラブルシューティング (設定>のセキュリティ>更新&プログラムのトラブルシューティング) に HomeGroup は表示されません。 ホームグループを使って共有したプリンター、ファイル、フォルダーはすべて引き続き共有されます

ホームグループを使用する代わりに、Windows 10 に組み込まれている機能を使用して、プリンター、ファイル、およびフォルダーを共有できるようになりました。
- ネットワーク プリンターを共有する
- エクスプローラーでファイルを共有する
1803
Wi-Fi 設定の [推奨されたオープン ホットスポットに接続する] オプション 以前は 、[ 推奨されるオープン ホットスポットに接続する ] オプションを無効 にし、[Wi-Fi設定] ページから削除しました。 ネットワーク & インターネット設定、タスク バーまたはコントロール パネルから、または Wi-Fi 設定 (モバイル デバイス用) を使用して、無料のワイヤレス ホットスポットに手動で接続できます。 1803
XPS ビューアー XPS ビューアーの取得方法を変更しています。 Windows 10 Version 1709 以前のバージョンでは、アプリはインストール イメージに含まれています。 XPS ビューアーを使用していて、Windows 10 Version 1803 に更新しても、必要な操作はありません。 引き続き XPS ビューアーを使用できます。

ただし、新しいデバイス (またはクリーン インストール) に Windows 10 Version 1803 をインストールする場合は、設定アプリの [アプリと機能] から XPS ビューアーをインストールするか、またはオンデマンド機能によってインストールすることが必要になる場合があります。 Windows 10 Version 1709 の XPS ビューアーがあり、更新前に手動で削除した場合は、手動で再インストールする必要があります。
1803
3D Builder アプリ 既定ではインストールされなくなりました。 代わりに Print 3D とペイント 3D の使用を検討してください。 ただし、3D Builder は、Microsoft Store からダウンロードできます。 1709
Apndatabase.xml 代替データベースについて詳しくは、ハードウェア デベロッパー センターの次の記事をご覧ください。
COSA を更新する MO プロセス
COSA についてよく寄せられる質問
1709
Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) この機能の使用はブロックされます。 代わりに Exploit Protection を使用することを検討してください。 1709
Outlook Express この従来のアプリケーションは、機能が不足しているため削除されます。 1709
リーダー アプリ 機能は Microsoft Edge に統合されます。 1709
リーディング リスト 機能は Microsoft Edge に統合されます。 1709
テーマのスクリーン セーバー機能 この機能はテーマでは無効になり、この表では削除として分類されています。 グループ ポリシー、コントロール パネル、および Sysprep のスクリーン セーバー機能は、引き続き機能します。 ロック画面機能とポリシーが優先的に使用されます。 1709
Syskey.exe この保護されていないセキュリティ機能を削除しています。 代わりに BitLocker を使用することをお勧めします。 詳しくは、サポート技術情報の記事「4025993 Syskey.exe ユーティリティが Windows 10 RS3 および Windows Server 2016 RS3 でサポートされなくなった」をご覧ください。 1709
TCP オフロード エンジン この従来のコードを削除しています。 この機能は、以前に スタック TCP エンジンに移行されました。 詳細については、ネットワーク パフォーマンス機能を非推奨にする理由に関する記事を参照してください。 1709
タイル データ レイヤー タイル ストアに置き換えられます。 1709
Resilient File System (ReFS) (追加: 2017 年 8 月 17 日) 作成機能は、次のエディションでのみで利用可能になります。Windows 10 Enterprise と Windows 10 Pro for Workstations。 作成機能は、その他のすべてのエディションから削除されます。 他のすべてのエディションには、読み取りと書き込みの機能があります。 1709
既定では、Microsoft Edge での Flash 自動実行はオフになっています。 クイック実行 (C2R) オプションを代わりに使用します (ユーザーはこの設定を変更できます)。 1703
対話型サービス検出サービス ソフトウェアを最新の状態に保つ方法のガイダンスについては、「対話型サービス」をご覧ください。 1703
Microsoft ペイント このアプリケーションは、 完全なローカライズ リストにない言語では使用できません。 1703
TLS の NPN サポート この機能は、アプリケーション層プロトコル ネゴシエーション (ALPN) によって置き換えられています。 1703
Windows 情報保護の "AllowUserDecryption" ポリシー Windows 10 バージョン 1703 以降では、AllowUserDecryption はサポートされなくなりました。 1703
Windows Mobile の WSUS 新しい Unified Update Platform (UUP) に更新プログラムを移行しています。 1703