IBackgroundCopyJob インターフェイス (bits.h)

IBackgroundCopyJob インターフェイスを使用して、ジョブにファイルを追加し、ジョブの優先順位レベルを設定し、ジョブの状態を決定し、ジョブを開始および停止します。

ジョブを作成するには、 IBackgroundCopyManager::CreateJob メソッドを 呼び出します。 既存のジョブへの IBackgroundCopyJob インターフェイス ポインターを取得するには、 IBackgroundCopyManager::GetJob メソッドを呼び出します。

継承

IBackgroundCopyJob インターフェイスは、IUnknown インターフェイスから継承します。 IBackgroundCopyJob には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

IBackgroundCopyJob インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
IBackgroundCopyJob::AddFile

ジョブに 1 つのファイルを追加します。
IBackgroundCopyJob::AddFileSet

ジョブに複数のファイルを追加します。
IBackgroundCopyJob::Cancel

転送キューからジョブを削除し、クライアント (ダウンロード) とサーバー (アップロード) から関連する一時ファイルを削除します。
IBackgroundCopyJob::Complete

ジョブを終了し、転送されたファイルをクライアントに保存します。
IBackgroundCopyJob::EnumFiles

ジョブ内のファイルを列挙するために使用する IEnumBackgroundCopyFiles インターフェイス ポインターを取得します。
IBackgroundCopyJob::GetDescription

ジョブの説明を取得します。
IBackgroundCopyJob::GetDisplayName

ジョブの表示名を取得します。 通常、表示名を使用して、ユーザー インターフェイス内のジョブを識別します。
IBackgroundCopyJob::GetError

エラーが発生した後にエラー インターフェイスを取得します。
IBackgroundCopyJob::GetErrorCount

BITS がジョブの転送を試行し、エラーが発生した回数を取得します。
IBackgroundCopyJob::GetId

キュー内のジョブを識別するために使用される識別子を取得します。
IBackgroundCopyJob::GetMinimumRetryDelay

ファイルの転送を試みる前に、一時的なエラー状態が発生した後にサービスが待機する最小時間を取得します。
IBackgroundCopyJob::GetNoProgressTimeout

一時的なエラー状態が発生した後にサービスがファイルの転送を試みる時間を取得します。 進行状況がある場合、タイマーはリセットされます。
IBackgroundCopyJob::GetNotifyFlags

ジョブのイベント通知フラグを取得します。
IBackgroundCopyJob::GetNotifyInterface

IBackgroundCopyCallback インターフェイスの実装へのインターフェイス ポインターを取得します。
IBackgroundCopyJob::GetOwner

ジョブの所有者の ID を取得します。
IBackgroundCopyJob::GetPriority

ジョブの優先度レベルを取得します。 優先順位レベルは、転送キュー内の他のジョブに対してジョブをいつ処理するかを決定します。
IBackgroundCopyJob::GetProgress

転送されたバイト数やファイル数など、ジョブ関連の進行状況情報を取得します。
IBackgroundCopyJob::GetProxySettings

ジョブがファイルの転送に使用するプロキシ情報を取得します。
IBackgroundCopyJob::GetState

ジョブの状態を取得します。
IBackgroundCopyJob::GetTimes

ジョブが作成された時刻や最後に変更された時刻など、ジョブ関連のタイム スタンプを取得します。
IBackgroundCopyJob::GetType

ファイルのダウンロードやアップロードなど、実行される転送の種類を取得します。
IBackgroundCopyJob::Resume

新しいジョブをアクティブ化するか、中断されたジョブを再起動します。
IBackgroundCopyJob::SetDescription

ジョブの説明を提供します。
IBackgroundCopyJob::SetDisplayName

ジョブの表示名を指定します。 通常、表示名を使用して、ユーザー インターフェイス内のジョブを識別します。
IBackgroundCopyJob::SetMinimumRetryDelay

ファイルを転送する前に、一時的なエラー状態が発生した後に BITS が待機する最小時間を設定します。
IBackgroundCopyJob::SetNoProgressTimeout

一時的なエラー条件が発生した後に BITS がファイルの転送を試みる時間を設定します。 進行状況がある場合、タイマーはリセットされます。
IBackgroundCopyJob::SetNotifyFlags

ジョブ転送イベントなど、受信するイベント通知の種類を指定します。
IBackgroundCopyJob::SetNotifyInterface

BITS への IBackgroundCopyCallback インターフェイスの実装を識別します。 IBackgroundCopyCallback インターフェイスを使用して、ジョブ関連イベントの通知を受信します。
IBackgroundCopyJob::SetPriority

ジョブの優先度レベルを指定します。 優先順位レベルは、転送キュー内の他のジョブに対してジョブをいつ処理するかを決定します。
IBackgroundCopyJob::SetProxySettings

ファイルの転送に使用するプロキシを指定します。
IBackgroundCopyJob::Suspend

ジョブを中断します。 新しいジョブ、エラーが発生しているジョブ、およびファイルの転送が完了したジョブは自動的に中断されます。
IBackgroundCopyJob::TakeOwnership

ジョブの所有権を現在のユーザーに変更します。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー bits.h

こちらもご覧ください

IBackgroundCopyFile

IBackgroundCopyJob2

IBackgroundCopyJob3

IBackgroundCopyManager

IEnumBackgroundCopyJobs