Share via


IIdleTrigger インターフェイス (taskschd.h)

コンピューターがアイドル状態になったときにタスクを開始するトリガーを表します。 アイドル状態の詳細については、「 タスクのアイドル状態」を参照してください。

継承

IIdleTrigger インターフェイスは、ITrigger インターフェイスから継承されます。

注釈

アイドル 状態のトリガーは、トリガーの開始境界の後にコンピューターがアイドル状態になった場合にのみ、タスク アクションをトリガーします。

タスクに対して独自の XML を作成する場合、タスク スケジューラ スキーマの IdleTrigger 要素を使用してアイドル トリガーが指定されます。

アイドル状態のトリガーによってタスクがトリガーされた場合、IIdleSettings インターフェイスの WaitTimeout プロパティは無視されます。

アイドル 状態のトリガーを持つタスクの初期インスタンスがまだ実行されている場合、繰り返しプロパティで複数の繰り返しが定義されている場合でも、タスクは繰 返しなしで 1 回だけ起動されます。 この動作は、タスクが単独で停止した場合には発生しません。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー taskschd.h

こちらもご覧ください

ITrigger

タスク スケジューラ インターフェイス