Direct3D 12 リファレンス

このセクションでは、Direct3D 12 ベースのグラフィックス プログラミングの API について説明します。

このセクションの内容

トピック 説明
インターフェイス階層 この図は、インターフェイスの継承階層を示しています。
D3D12 リファレンスのコード例 Direct3D 12 ドキュメントでのコード例の使用について説明します。
コア リファレンス このセクションでは、バッファー、テクスチャ、ビューの API など、d3d12.h で宣言されている Direct3D 12 API について説明します。
デバッグ レイヤーリファレンス このセクションでは、デバッグ レイヤー用の d3d12sdklayers.h で宣言された Direct3D 12 API について説明します。
シェーダー リファレンス このセクションでは、d3d12shader.h で宣言されている Direct3D 12 API について説明します。これは、プログラム可能なシェーダーの作成と管理に役立ちます。 シェーダーは、HLSL を使用して排他的にプログラムされる実行可能プログラムです。
11on12 リファレンス このセクションでは、d3d11on12.h で宣言されている Direct3D 12 API について説明します。 Direct3D 11on12 API は、コードを D3D11 から D3D12 に段階的に移植するのに役立ちます。
Direct Machine Learning (DirectML) リファレンス このセクションでは、directml.h で宣言された Direct Machine Learning (DirectML) API について説明します。
D3D12 のヘルパー構造と関数 これらのヘルパー構造体とヘルパー関数は、d3dx12.h
Direct3D 12 リターン コード API 関数からのリターン コードを次に示します。
Direct3D 12 レイトレーシング このセクションでは、Direct3D 12 レイトレーシングに関連する API へのリンクを示します。
Windows 7 の Direct3D 12 このセクションでは、Windows 7 でのみ使用するために、で宣言されている d3d12downlevel.hDirect3D 12 API について説明します。 詳細については、「DirectX 12 ゲームを Windows 7 に移植する」を参照してください。