ld_uav_typed (sm5 - asm)

型指定されていないアクセス ビュー (UAV) からの要素のランダム アクセス読み取り。

ld_uav_typed dst0[.mask], srcAddress[.swizzle], srcUAV[.swizzle]
Item 説明
dst0
[in]操作の結果のアドレス。
srcAddress
[in]読み取るアドレスを指定します。
srcUAV
[in]読み取るソース。

注釈

この命令は、srcAddress の符号なし整数アドレスで srcUAV から読み取られた 4 コンポーネント要素を実行し、その形式に基づいてコンポーネントごとに 32 ビットに変換し、シェーダーで dst0 に書き込みます。

srcUAV は、型指定として宣言された UAV (u#) です。 ただし、バインドされたリソースの型は、R32_UINT/SINT/FLOAT である必要があります。

アドレスから取得された 32 ビット符号なし整数コンポーネントの数は、 srcUAV で宣言されたリソースの次元によって決まります。 アドレス指定は ld 命令と同じです。

範囲外のアドレス指定は 、ld 命令と同じです。

この命令の動作は、lddst0[.mask]、srcAddress[.swizzle]、srcUAV[.swizzle] として呼び出された場合の ld 命令と同じです。

型指定として宣言されていない UAV でこの命令を使用することは無効であり、未定義です。 構造化または型指定なしの UAV でこれを実行することは無効です。

この命令は、次のシェーダー ステージに適用されます。

Vertex Hull Domain ジオメトリ ピクセル Compute
X X

UAV は Direct3D 11.1 のすべてのシェーダー ステージで使用できるため、この命令は、Windows 8 以降で使用できる Direct3D 11.1 ランタイムのすべてのシェーダー ステージに適用されます。

Vertex Hull Domain ジオメトリ ピクセル Compute
X X X X X X

最小シェーダー モデル

この命令は、次のシェーダー モデルでサポートされています。

シェーダー モデル サポートされています
シェーダー モデル 5 はい
シェーダー モデル 4.1
シェーダー モデル 4
シェーダー モデル 3 (DirectX HLSL)
シェーダー モデル 2 (DirectX HLSL)
シェーダー モデル 1 (DirectX HLSL)

cs_4_0およびcs_4_1は、UAV、SRV、および TGSM に対するこの命令をサポートします。

シェーダー モデル 5 アセンブリ (DirectX HLSL)