Share via


アクセシビリティ (Windows インストーラー)

作成者は、Active Accessibility ガイドラインに準拠するように UI を設計するときに、次の一覧のテーブルとフィールドに注意する必要があります。 インストーラー パッケージのユーザー インターフェイスは、すべてのユーザーに対してアプリケーションまたは製品にアクセスしやすくする必要があります。

  • ツールヒント テキストは、コントロール テーブルの [ヘルプ] 列に含まれています。 このテキストは、画像を含むコントロールのスクリーン リーダーによって表示されます。
  • VolumeCostListListViewDirectoryListSelectionTree コントロールの コントロール テーブルのテキスト フィールドは表示されません。 代わりに、画面読み上げソフトでコントロールの説明として読み取ることができます。 画面の視覚情報を使用できないユーザーは、画面読み上げソフトを使用して情報を解釈できます。 画面読み上げソフト (別名、スクリーン リーダー プログラムまたは音声アクセス ユーティリティ) は、画面に表示された情報を取得し、合成された音声や更新可能な点字ディスプレイなどの代替メディアを介して案内します。
  • ダイアログ ボックスのコントロールは、コントロール テーブルの Control_Next フィールドを使用してリンクする必要があります。 Tab キーを使用してすべてのコントロールにアクセスできるように作成する必要があります。
  • コントロールに直接アクセスするには、ショートカット キーを用意する必要があります。
  • ユーザー インターフェイスに表示されるテキストの色は、TextStyle テーブルで設定されます。 選択したテキストの色が背景の色に近すぎる場合、テキストの色の選択は無視されます。
  • テキストのサイズとフォントは、TextStyle テーブルで設定されます。 アジア市場向けのパッケージには、より大きなフォント サイズを使用する必要があります。 たとえば、英語のテキストで読みやすいフォント サイズが 10 ポイントの場合、必ずしも中国語に当てはまるとは限りません。
  • EditPathEditListViewComboBox、または VolumeSelectCombo コントロールの場合、スクリーン リーダーは、ダイアログ ボックスの Control_Next シーケンス内のコントロールの前にあるテキスト コントロールから accName および accKeyboardShortcut を取得します。 スクリーン リーダーは、テキスト コントロールの [テキスト] フィールドから accName を取得し、ショートカットが存在する場合は [テキスト] フィールドのキーボード ショートカットから accKeyboardShortcut を取得します。
  • 静的テキストはフォーカスを取得できないため、スクリーン リーダーとの互換性を確保するには、EditPathEditListViewComboBoxまたは VolumeSelectCombo コントロールを記述するテキスト コントロールをダイアログ ボックスの最初のコントロールにする必要があります。
  • アイコンまたはビットマップイメージを表示する PushButton コントロールの場合、| 区切り記号の左側にある Control テーブル レコードのヘルプ フィールドに accName と accKeyboardShortcut が指定されています。
  • [ハイ コントラスト黒] ではテキストが非表示になる場合があるため、白いビットマップの上にテキスト コントロールを使用しないでください。
  • すべてが白いビットマップ イメージの背景に黒いテキスト コントロールを配置しないでください。 このテキストは、Windows の表示を [ハイ コントラスト黒] に変更したユーザーには表示されません。
  • すべてが黒いビットマップ イメージの背景に白いテキスト コントロールを配置しないでください。 このテキストは、Windows の表示を [ハイ コントラスト白] に変更したユーザーには表示されません。
  • 色付きのビットマップの上に透明なテキスト コントロールを配置しないでください。 ユーザーが表示配色を変更した場合、テキストが表示されなくなるおそれがあります。 たとえば、ユーザーがアクセシビリティのためにハイ コントラスト パラメーターを設定すると、テキストが見えなくなることがあります。
  • ダイアログ ボックスのフォーカスは、グループ内のいずれかのボタンが選択されるまで RadioButtonGroup コントロールにタブ移動しないことにご注意ください。 このボタン グループにフォーカス タブを設定するには、コントロールの既定の設定としてボタンの 1 つを指定します。
  • スクリーン リーダー プログラムに RadioButtonGroup コントロールに関する追加の説明テキストを提供します。 「ラジオ ボタンにテキストを追加する」の記事に記載されている例に従います。
  • ダイアログ、コントロール、フォントの相対サイズは、選択したフォント サイズに応じて変更できます。 詳細については、「インストーラー ユニット」のページをご覧ください。 ユーザー インターフェイスでテキストとコントロールが正しく表示されるようにするには、セットアップ開発者は常に、使用できるすべてのフォント サイズを使用してアプリケーションをテストする必要があります。