Share via


VolumeCostList コントロール

VolumeCostList コントロールは、さまざまなボリュームの選択に関連するコストに関する情報を提供します。 このコントロールには、現在のインストールに関係するすべてのボリュームに加えて、属性ビットで指定されている種類のすべてのボリュームが表示されます。 必要なディスク領域が一部のドライブで使用可能な容量を超える場合は、表でそのボリュームが強調表示されます。 列のヘッダーをクリックすると、選んだ列に従ってボリュームが並べ替えられます。

コントロールの列の見出しには次の文字列が使われ、これは UIText テーブルで指定する必要があります。

  • VolumeCostAvailable
  • VolumeCostDifference
  • VolumeCostRequired
  • VolumeCostSize
  • VolumeCostVolume

次の 4 つのローカライズされた文字列は、ファイルのサイズの書式設定に使用されます。

  • [サイズ]
  • KB
  • MB
  • GB

作成者は、フォント指定の後に列の幅を追加することで、VolumeCostList コントロールの列幅を設定できます。 列の幅は、一連の正の整数を中かっこで囲んで入力します。 空の中かっこまたは {0} を入力すると、列は非表示になります。 負の値または正の整数に変換できない文字列は、無効な列幅です。 系列で無効な列幅が見つかった場合、残りの列は非表示になります。 最大で 5 つの列の幅を指定できます。

Control テーブルの Text フィールドの内容は、VolumeCostList コントロールでは表示されません。 代わりに、このフィールドでは、コントロールによって表示されるテキストのスタイルと、画面レビュー ユーティリティによって使われるコントロールの説明を指定します。 テキスト文字列のフォントとフォント スタイルを設定するには、表示される文字の文字列の先頭に {\style} または {&style} を付けます。 ここで、style は、TextStyle テーブルの TextStyle 列に記載されている識別子です。 これらのどちらも存在しないが、DefaultUIFont プロパティが有効なテキスト スタイルとして定義されている場合は、そのフォントが使用されます。 この後の情報は、コントロールの説明として画面レビュー ユーティリティによって読み取られます。 「アクセシビリティ」を参照してください。

VolumeCostList コントロールにはプロパティが関連付けられていないため、ユーザーが PathEdit コントロールBrowse ダイアログ ボックスDirectoryList コントロール、または DirectoryCombo コントロールに別のパスを入力しても、インストーラーは VolumeCostControl の内容を更新しないことに注意してください。

コントロールの属性

このコントロールでは次の属性を使用できます。 イベントを使用して属性の値を変更するには、EventMapping テーブルの ControlEvent にコントロールをサブスクライブし、Attribute 列に属性の識別子を記載します。 Event 列に ControlEvent の識別子を入力します。

属性識別子 16 進数ビット 説明
Position
ダイアログ ボックス内のコントロールの位置。
Control テーブルの Width、Height、X、Y の各列に、コントロールの幅、高さ、左隅の座標を入力します。 長さと距離にはインストーラー単位を使用します。
テキスト
スクリーン リーダーにテキストを表示するには、Control テーブルの Text 列にテキストを入力します。 「アクセシビリティ」を参照してください。
VolumeCostList コントロールで列の幅を設定するには、任意のフォント指定に列の幅を追加します。 列の幅は、一連の正の整数を中かっこで囲んで入力します。 空の中かっこまたは {0} を入力すると、列は非表示になります。 負の値または正の整数に変換できない文字列は、無効な列幅です。 系列で無効な列幅が見つかった場合、残りの列は非表示になります。 最大で 5 つの列の幅を指定できます。
[表示]
0x00000000
0x00000001
表示されないコントロール。
表示されるコントロール。
コントロールの作成時にコントロールを表示可能にするか非表示にするかを設定するには、Control テーブルの Attributes 列のビット ワードにこのビットを含めます。
ControlCondition テーブルを使って、コントロールの非表示または表示を設定することもできます。
有効
0x00000000
0x00000002
無効状態のコントロール。
有効状態のコントロール。
作成時にコントロールを有効にするには、Control の Attributes 列のビット ワードにこのビットを含めます。
ControlCondition テーブルを使用して、コントロールを有効または無効にすることもできます。
Sunken
0x00000000
0x00000004
既定の表示スタイルを表示します。
浮き彫りの 3-D の外観を使用してコントロールを表示します。
Control テーブルの Attributes 列のビット ワードにこれらのビットを含めます。
RTLRO
0x00000000
0x00000020
コントロールには、左から右に読むテキストが表示されます。
コントロールには、右から左に読むテキストが表示されます。
RightAligned
0x00000000
0x00000040
コントロール内のテキストは、左揃えになります。
コントロール内のテキストは、右揃えになります。
LeftScroll
0x00000000
0x00000080
スクロール バーは、コントロールの右側に配置されます。
スクロール バーは、コントロールの左側に配置されます。
BiDi
0x000000E0
RTLRORightAlignedLeftScroll の各属性の組み合わせに対してこの値を設定します。
RemovableVolume
0x00010000
コントロールにリムーバブル ドライブの一覧を表示します。
Control テーブルの Attributes 列のビット ワードに含めます。
FixedVolume
0x00020000
コントロールに固定内蔵ハード ドライブの一覧を表示します。
Control テーブルの Attributes 列のビット ワードに含めます。
RemoteVolume
0x00040000
コントロールにリモート ボリュームの一覧を表示します。
Control テーブルの Attributes 列のビット ワードに含めます。
CDROMVolume
0x00080000
コントロールに CD-ROM ボリュームの一覧を表示します。
Control テーブルの Attributes 列のビット ワードに含めます。
RAMDiskVolume
0x00100000
コントロールに RAM ディスクの一覧を表示します。
Control テーブルの Attributes 列のビット ワードに含めます。
FloppyVolume
0x00200000
コントロールにフロッピー ドライブの一覧を表示します。
Control テーブルの Attributes 列のビット ワードに含めます。
ControlShowRollbackCost
0x00000000
0x00400000
PROMPTROLLBACKCOST が P で、この属性が設定されていない場合、VolumeCostList コントロールによって表示されるコストに、ロールバック バックアップ ファイルは含まれません。
PROMPTROLLBACKCOST が P で、この属性が設定されている場合、VolumeCostList コントロールによって表示されるコストに、ロールバック バックアップ ファイルが含まれます。
PROMPTROLLBACKCOST が D または F の場合、このコントロール属性は無視されます。PROMPTROLLBACKCOST が F の場合、ロールバック バックアップ ファイルのコストが含まれます。 PROMPTROLLBACKCOST が D の場合、または DISABLEROLLBACK が 1 の場合、ロールバック バックアップ ファイルのコストは含まれません。

 

解説

このコントロールは、CreateWindowEx 関数を使用して、WC_LISTVIEW クラスから作成できます。 LVS_REPORTWS_VSCROLLWS_HSCROLLLVS_SHAREIMAGELISTSLVS_AUTOARRANGELVS_SINGLESELWS_BORDERWS_CHILDWS_TABSTOPWS_GROUP の各スタイルがあります。