SQL ステートメントの実行

VBScript ファイルWiRunSQL.vbsは、Windows インストーラー開発者向けの Windows SDK コンポーネントで提供されています。 このサンプルでは、スクリプトを使用して、Windows インストーラー データベースに対してクエリと更新SQL実行する方法を示します。 詳細については、「SQLとスクリプトを使用したデータベース クエリの構文と例SQL」を参照してください。

サンプル スクリプトは次を示しています。

このサンプルを使用するには、スクリプト ホストのCScript.exeまたはWScript.exe バージョンWindows必要があります。 CScript.exeを使用してこのサンプルを実行するには、コマンド プロンプトで次の構文を使用してコマンドを入力します。 最初の引数が /の場合、ヘルプが表示されます。 または、引数が少なすぎる場合。 出力をファイルにリダイレクトするには、VBS > [ファイルへのパス] でコマンド ラインを終了します。 このサンプルでは、成功した場合は 0、ヘルプが呼び出された場合は 1、スクリプトが失敗した場合は 2 の値を返します。

cscript WiRunSQL.vbs [データベースへのパス][SQL クエリ]

Windows インストーラー データベースへのパスを指定します。 実行するSQL クエリを指定します。 SQL クエリは二重引用符で囲む必要があることに注意してください。 SELECT クエリには、クエリで指定された結果一覧の行が表示されます。 クエリによって選択されたバイナリ データ列は表示されません。

その他のスクリプトの例については、「Windowsインストーラースクリプトの例」を参照してください。 Windows スクリプト ホストを必要としないサンプル ユーティリティについては、「インストーラー開発ツールWindows」を参照してください。

詳細については、「SQLとスクリプトを使用したデータベース クエリの操作と例」を参照してください。 ローカライズの例のサンプルではデータベース列のローカライズ概要情報ストリームの更新にSQLを使用する方法を示します。