GroupBox コントロール

GroupBox コントロールには、ダイアログ ボックスで他のコントロールをグループ化するための四角形 (キャプション テキストあり) が表示されます。

コントロール属性

GroupBox コントロールでは、次の属性を使用できます。 イベントを使用して属性の値を変更するには、 EventMapping テーブル の ControlEvent にコントロールをサブスクライブし、[属性] 列に属性の識別子を一覧表示します。 [イベント] 列に ControlEvent の識別子を入力します。

属性識別子 16 進数ビット 説明
Position   ダイアログ ボックス内のコントロールの位置。 コントロールの左隅の幅、高さ、座標を、Control テーブル または BBControl テーブルの Width、Height、X、Y 列に入力します。 長さと距離には インストーラー ユニット を使用します。
[テキスト] コントロールの左上隅にキャプションを表示します。 テキスト文字列のフォントとフォント スタイルを設定するには、表示される文字の文字列の先頭に {\style} または {&style} を付けます。 ここで、style は TextStyle テーブルの TextStyle 列に一覧表示される識別子です。 どちらも存在しないが、 DefaultUIFont プロパティが有効なテキスト スタイルとして定義されている場合は、そのフォントが使用されます。
[表示] 0x00000000 0x00000001
非表示のコントロール。 表示可能なコントロール。
コントロールを作成時に表示または非表示にするには、 コントロール テーブル または BBControl テーブル の Attributes 列のビット ワードにこのビットを含めます。
ControlCondition テーブルを使用して、コントロールを非表示または表示することもできます。
沈没 0x00000000 0x00000004
既定の表示スタイルを表示します。 沈んだ 3-D の外観でコントロールを表示します。
コントロール テーブルの [属性] 列のビット ワードにこれらのビットを含めます。
RTLRO 0x00000000 0x00000020
コントロール内のテキストは、左から右の読み取り順で表示されます。 コントロール内のテキストは、右から左への読み取り順序で表示されます。
RightAligned 0x00000000 0x00000040
コントロール内のテキストは左に揃えます。 コントロール内のテキストが右側に配置されます。

 

注釈

このコントロールは、 CreateWindowEx 関数を使用して BUTTON クラスから作成できます。 これには、BS_GROUPBOXWS_CHILDおよびWS_GROUPスタイルがあります。

キャプションがない場合でも、コントロールのウィンドウの上部と表示されるフレームの間には常にギャップがあります。