Share via


MsiPatchCertificate テーブル

MsiPatchCertificate テーブルでは、パッチのデジタル署名に使用できる可能性がある署名者証明書を識別します。 MsiPatchCertificate テーブルには、アプリケーションのためにユーザー アカウント制御 (UAC) パッチを有効にする必要がある情報が含まれます。

MsiPatchCertificate テーブルには次の列があります。

Column 種類 キー Nullable
PatchCertificate Identifier Y N
DigitalCertificate_ Identifier N N

 

[列]

PatchCertificate

MsiPatchCertificate テーブルのこの行の一意識別子。

DigitalCertificate

MsiDigitalCertificate テーブルの最初の列の外部キー。 MsiDigitalCertificate テーブルで示されている行には、署名者証明書のバイナリ表現が含まれています。

解説

パッチは常に、パッチ適用時の最新の MsiPatchCertificate テーブルに対して評価されます。 パッチでは、エントリを追加するか削除することで MsiPatchCertificate テーブルを変更できます。 そのため、パッチ適用シーケンスの後の段階で適用される将来のパッチの評価をパッチで変更できます。 テーブルには複数の証明書が存在できます。パッチを適用するには、パッチが少なくとも 1 つの証明書に一致する必要があります。

検証

ICE03
ICE06
ICE32
ICE81

DisableLUAPatching

ユーザー アカウント制御 (UAC) のパッチ適用

MSIDISABLELUAPATCHING

デジタル署名と Windows Installer

Windows Installer 2.0 以前でのサポート対象外