パブリック プロパティ

パブリック プロパティは、 プライベート プロパティと同じ方法でインストール データベースに作成できます。 さらに、パブリック プロパティの値は、コマンド ラインでプロパティを設定するか、変換を適用するか、または作成されたユーザー インターフェイスと対話することによって、ユーザーまたはシステム管理者が変更できます。 パブリック プロパティ名に小文字を含めることはできません。 「プロパティ名の制限」を参照してください

パブリック プロパティは、通常、インストール時にユーザーによって設定されます。 たとえば、パブリック プロパティ INSTALLLEVEL プロパティは、インストールの起動に使用するコマンド ラインで指定することも、作成したユーザー インターフェイスを使用して選択することもできます。

パブリック プロパティの値は、コマンド ラインで、 標準 アクションまたは カスタム アクションを使用するか、変換を適用するか、またはユーザーが作成したユーザー インターフェイスと対話することによってオーバーライドできます。 プロパティ テーブルのパブリック プロパティをクリアするには、テーブルから除外します。 インストール時にユーザー インターフェイスによって設定され、インストールの実行フェーズに渡されるプロパティはパブリックである必要があります。

インストーラーで使用される標準のパブリック プロパティの一覧については、「 プロパティ リファレンス」を参照してください。 作成者は、プロパティの名前と初期値を Property テーブルに入力することで、カスタム パブリック プロパティを定義することもできます。 次のいずれかの条件に該当する場合は、すべてのユーザーがすべてのパブリック プロパティをオーバーライドできます。

  • ユーザーはシステム管理者です。
  • マシンごとの EnableUserControl ポリシーは 1 に設定されています。 システム ポリシーを参照してください。
  • EnableUserControl プロパティは 1 に設定されています。
  • これは、管理者特権で実行されていないアンマネージド インストールです。

上記の条件に該当しない場合、インストーラーは既定で、システム管理者ではないユーザーがオーバーライドできるパブリック プロパティを制限します。 制限付きパブリック プロパティを参照してください。