Share via


ユーザー インターフェイスを使用する

このセクションでは、主に、インストール パッケージの開発者がインストーラーのデータベースと内部 UI を使用してインストール ユーザー インターフェイス (UI) を作成する方法について説明します。 内部 UI と外部 UI の違いの詳細については、「ユーザー インターフェイスについて」を参照してください。

インストール中にダイアログ ボックス シーケンスまたはビルボードを表示するには、適切なアクション シーケンス テーブルの [アクション] 列にダイアログ ボックスの名前を入力する必要があります。 ダイアログ ボックスの名前は、UI が INSTALLADVERTISE、または ADMIN アクションのどちらで実行されるようにスケジュールされているかに応じて、InstallUISequence または AdminUISequence テーブルに表示される必要があります。

インストーラーはカスタム ダイアログ ボックスとビルボードの作成をサポートしていますが、特定のダイアログ ボックス シーケンスには予約名も多数あります。 インストーラーは特定のアクションの実行時にこれらの名前を使用するため、これらの名前は予約されているダイアログ ボックスの種類でのみ使用する必要があります。 これらの予約名の一覧と、特殊な各ダイアログ ボックス シーケンスの説明は、[ダイアログ ボックス] に記載されています。

UI の各ダイアログ ボックスまたはビルボードのプロパティは、それぞれ Dialog テーブルと BillBoard テーブルで指定されている必要があります。 各ダイアログ ボックスのスタイルは、ダイアログのスタイル ビット フラグを設定して、ダイアログ テーブルでも指定されている必要があります。

ユーザーがインストール プロセスを操作できるようにするには、コントロールとテキストをダイアログ ボックスに追加し、ControlEvents に関連付ける必要があります。 ダイアログ ボックスにコントロールを追加する方法の詳細については、「コントロールとテキストの追加」を参照してください。

Windows インストーラーの内部 UI ハンドラーでは、インストール中にエンドユーザーの対話機能のレベルを制御するために、ダイアログ ボックスを選択的に表示または非表示にすることができます。 これらのレベルのエンドユーザー対話機能は、[完全]、[縮小]、[基本]、および [なし] です。 「ユーザー インターフェイス レベル」を参照してください。 これらの UI レベルの完全な説明。

UI レベルを設定する方法は 2 つあります。 UI レベルは、MsiSetInternalUI を呼び出してプログラムで設定でき、MsiSetInternalUI の最初のパラメーターで UI レベルを指定します。 パッケージ開発者は、コマンド ライン オプション "/q" を使用して UI レベルを設定することもできます。

各 UI レベルの動作は、パッケージ開発者による .msi ファイルの作成によって決まります。 内部 UI の作成者は、パッケージに対してこれらのレベルがどのように動作するかを柔軟に設定することができます。 これらのレベルの可用性は、インストール パッケージの作成によって異なります。 作成者は、ダイアログ テーブルとコントロール テーブルのユーザー インターフェイス内のすべてのダイアログ ボックスとコントロールを指定する必要があります。

  • 通常、完全な UI は、[次へ]>> ボタンを含むシーケンス内の各ダイアログ ボックスなど、ユーザー インターフェイス ウィザードの動作を示します。 この形式の UI は多くのユーザーにとってなじみがあり、作成者が作成する最も一般的な種類の UI です。 インストーラーは、ダイアログ ボックスの論理シーケンスを表示し、各ダイアログ ボックスにあるコントロールを操作するようにユーザーに求めます。
  • 縮小された UI では、通常、ウィザードの動作の表示が抑制されます。
  • 基本的な UI では、通常、進行状況メッセージのみがユーザーに表示されます。
  • UI レベルが [なし] の場合は、サイレント インストールを意味します。

Windows インストーラーでは、ProgressBar コントロールに一意の進行状況バー インジケーターが用意されており、インストールが完了するまでの合計残り時間の推定値がユーザーに表示されます。 進行状況バーの詳細については、「ProgressBar コントロールの作成」を参照してください。

UI 作成者は、すべてのユーザーのアプリケーションまたは製品のアクセシビリティを容易にする必要があります。 アクティブなアクセシビリティと Windows インストーラーの詳細については、「アクセシビリティ」を参照してください。

ユーザー インターフェイスの作成の詳細については、「コントロールとテキストの追加」、「ProgressBar コントロールの作成」、「ディスク プロンプト メッセージの作成」、「条件付きの「お待ちください」メッセージ ボックスの作成」、「ユーザー インターフェイスのプレビュー」を参照してください。 作成者のビルボードの詳細については、「モードレス ダイアログでのビルボードの表示」を参照してください

Windows インストーラー 4.5 以降では、カスタム ユーザー インターフェイスを Windows インストーラー パッケージ内に埋め込むことができます。 埋め込みカスタム UI の例については、「埋め込み UI の使用」を参照してください。