glPushName 関数

glPushName 関数と glPopName 関数は、名前スタックをプッシュしてポップします。

構文

void WINAPI glPushName(
   GLuint name
);

パラメーター

name

名前スタックにプッシュされる名前。

戻り値

この関数は値を返しません。

エラー コード

glGetError 関数では、次のエラー コードを取得できます。

名前 意味
GL_STACK_OVERFLOW
現在の行列スタックがいっぱいの間に関数が呼び出されました。
GL_INVALID_OPERATION
glBegin の呼び出しと glEnd の対応する呼び出しの間に関数が呼び出されました。

注釈

glPushName 関数を使用すると、名前が名前スタックにプッシュされ、最初は空になります。 glPopName 関数は、スタックの先頭から 1 つの名前をポップします。 名前スタックは、レンダリング コマンドのセットを一意に識別できるように、選択モード中に使用されます。 これは、符号なし整数の順序付けされたセットで構成されます。

レンダリング モードがGL_SELECTされていない間、名前スタックは常に空です。 レンダリング モードがGL_SELECTされていないときに glPushName または glPopName を呼び出す場合は無視されます。

次の関数は 、glPushName と glPopName に関連する情報を取得 します

引数がGL_NAME_STACK_DEPTHされた glGet

引数がGL_MAX_NAME_STACK_DEPTHされた glGet

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Gl.h
ライブラリ
Opengl32.lib
[DLL]
Opengl32.dll

こちらもご覧ください

glBegin

glEnd

glInitNames

glLoadName

glRenderMode

glSelectBuffer