印刷 (ドキュメントと印刷)

Windowsは、レーザー プリンター、ベクター プロッター、ラスター プリンター、FAX マシンなど、さまざまなデバイスへの印刷を可能にする機能の完全なセットをアプリケーションに提供します。

デスクトップ アプリの印刷

Windowsプログラマは、アプリケーションから印刷するために、いくつかの異なるテクノロジから選択できます。

テクノロジ 説明
ドキュメント パッケージの印刷 API
アプリケーションが印刷ドキュメント パッケージにアクセスして管理できるようにするインターフェイスを提供します。 この API は、Windows 8 以降のバージョンのWindowsで使用できます。
印刷スプーラー API
アプリケーションがプリンターと印刷ジョブを管理できるように、印刷スプーラーへのインターフェイスを提供します。
アプリケーションは 、印刷スプーラー API を使用して、印刷スプーラーによって管理される印刷ジョブを開始、停止、制御、および構成します。印刷 ドキュメント パッケージ API または GDI 印刷 API を使用してコンテンツを印刷するかどうか。
印刷チケット API
印刷チケットを管理および変換するための関数をアプリケーションに提供します。
GDI 印刷 API
デバイスに依存しない印刷インターフェイスをアプリケーションに提供します。
[!注]
Windows Vista 以降のバージョンのWindows用のアプリケーションを作成する開発者は、アプリケーションで XPS ドキュメント API を使用することを検討する必要があります。

GDI Print API は、Windows XP 以前のバージョンのWindowsで実行する必要があるアプリケーションに適しています。

次の図は、さまざまな印刷 API の関連の概要を示しています。

a diagram that shows how a native windows application can use the print apis

このセクションの印刷ドキュメント パッケージ API では、Windows 8 以降のバージョンのデスクトップで使用できる印刷ドキュメント パッケージと印刷プレビュー インターフェイスWindows説明します。

JavaScript と HTML で記述されたWindows Microsoft Store アプリからの印刷の詳細については、「印刷 (JavaScript と HTML を使用したWindows Microsoft Store アプリ)」を参照してください。 C#、Microsoft Visual Basic、または C++ および XAML で記述されたWindows Microsoft Store アプリからの印刷の詳細については、「印刷 (C を使用したアプリのWindows Microsoft Store)」を参照してください。

Note

Windows Microsoft Store アプリでも使用できるデスクトップ アプリ印刷 API の一覧については、Windows Microsoft Store アプリ (印刷とドキュメント) の Win32 と COM を参照してください。

XPS ドキュメント API

双方向プリンター通信 (ハードウェア デベロッパー センター)