リモート アクセス サービスについて

リモート アクセス サービス (RAS) は、Windowsを実行しているコンピューター上のクライアント アプリケーションにリモート アクセス機能を提供します。

RAS アプリケーションでは、次のタスクを実行できます。

  • RAS の共通ダイアログ ボックスのいずれかを表示します。 これには、電話帳のエントリ 作成、編集、コピー、またはダイヤルするためのメイン のダイヤルアップ ネットワーク ダイアログ ボックス、ダイヤルアップ ネットワーク モニター プロパティ シート、およびその他のダイアログ ボックスが含まれます。
  • 一般的なダイアログ ボックスまたは低レベルのダイヤル機能を使用して RAS 接続操作を開始および終了します。
  • 共通のダイアログ ボックスまたは低レベルの電話帳機能を使用して、電話帳エントリを作成、編集、またはコピーします。
  • RAS AutoDial マッピング データベースのエントリを操作します。 このデータベースは、ネットワーク アドレスを、そのアドレスへの接続を確立できる電話帳エントリにマップします。
  • RAS 情報 (既存の RAS 接続に関する情報、ローカル コンピューターで構成されている RAS 対応デバイスに関する情報、RAS 接続の開始または終了時の通知など) を取得します。

Windows NT 4.0 では、RAS サーバー管理と、RAS サーバーのセキュリティと接続管理に対するサード パーティの拡張機能もサポートされます。 Windows 95 は RAS サーバーのサポートを提供しません。

このセクションでは、次のトピックについて説明します。