ユーザー名の形式

アプリケーションが Credentials Management API を使用して資格情報の入力を求める場合、ユーザーはオペレーティング システムまたはアプリケーションによって検証できる情報を入力する必要があります。 ユーザーは、次のいずれかの形式でドメイン資格情報を指定できます。

ユーザー プリンシパル名

ユーザー プリンシパル名 (UPN) 形式は、 UserName@Example.Microsoft.comインターネット スタイルの名前を指定するために使用されます。 次の表は、UPN の部分をまとめたものです。

パーツ
ユーザー アカウント名。 ログオン名とも呼ばれます。
UserName
区切り記号。 文字リテラル、アット マーク (@)。
@
UPN サフィックス。 ドメイン名とも呼ばれます。
Example.Microsoft.com

 

UPN は、暗黙的または明示的に定義できます。 暗黙的な UPN は形式 UserName@DNSDomainName.comです。 明示的な UPN が定義されていない場合でも、暗黙的な UPN は常にユーザーのアカウントに関連付けられます。 明示的な UPN は Name@Suffix形式で、名前とサフィックスの両方の文字列が管理者によって明示的に定義されます。

ログオン名のDown-Level

下位レベルのログオン名の形式は、ドメインとそのドメイン内のユーザー アカウント ( DOMAIN\UserName など) を指定するために使用されます。 次の表は、下位レベルのログオン名の部分をまとめたものです。

パーツ
NetBIOS ドメイン名。
DOMAIN
区切り記号。 文字リテラル、円記号 (\)。
\
ユーザー アカウント名。 ログオン名とも呼ばれます。
UserName