メディア サービス プロバイダー (MSP) について

TAPI 3 メディア サービス プロバイダー (MSP) を使用すると、特定のトランスポート メカニズムに対してメディアをアプリケーションでかなり制御できます。 MSP は常にテレフォニー サービス プロバイダー (TSP) とペアになっています。 TSP が呼制御の抽象化レイヤーであるのと同様に、MSP はデバイス固有のコーディングを必要とせずにメディアを制御します。 MSP/TSP 通信の例については、「 TAPI サービス プロバイダーの概要」を参照してください。

MSP を使用すると、TAPI によって定義された特殊なターミナル、ストリーム、およびサブストリーム インターフェイスを使用してメディアを制御できます。 通話 およびメディア コントロールについて の図は、これらのインターフェイスが TAPI 3 アプリケーションにどのように表示されるかを示しています。

さらに、MSP はプライベート プロバイダー固有のインターフェイスを実装する場合があり、TAPI はアプリケーションに公開されている標準オブジェクトに集約されます。 たとえば、Microsoft Windows 2000 と共にインストールされている Microsoft IPConf MSP は、ITParticipant インターフェイスを実装します。ITParticipant インターフェイスは、会議の個々のメンバーに制御を提供します。

次のトピックでは、Microsoft オペレーティング システムと共にインストールされる可能性がある MSP について簡単に説明します。 構成と使用状況の詳細については、ターゲット プラットフォームのリソース キットを参照してください。

追加のサード パーティのメディア サービス プロバイダーは、特定のプロトコルまたは物理デバイス用に記述できます。 Media Service Provider Interface (MSPI) では、MSP が Microsoft テレフォニーのコンポーネントと対話できるようにするために実装する必要があるインターフェイスについて説明します。