イベント (テレフォニー API)

イベントは TAPI 3 の呼び出し処理の重要な部分です。 イベント処理には、4 つのステージが含まれます。

イベントの受信を登録して有効にするには

  1. ITTAPIEventNotification::Event メソッドを実装します。 (TAPI は、イベントが発生したときにこのメソッドを呼び出します)。通常、この実装では、IDispatch インターフェイス ポインターを AddRef した後、アプリケーションのメッセージ ポンプにポストする必要があります。

  2. COM 標準の IConnectionPointContainer インターフェイスと IConnectionPoint インターフェイスを使用して ITTAPIEventNotification 送信インターフェイスを登録し、IConnectionPoint::Advise メソッドに ITTAPIEventNotification::Event へのポインターを渡します。

  3. ITTAPI::p ut_EventFilter メソッドを呼び出して、アプリケーションが処理するイベントを TAPI に通知します。 イベント フィルターは、TAPI_EVENT列挙体の ORed メンバーで構成されます。

    Note

    ITTAPI::p ut_EventFilter メソッドを呼び出して、イベント フィルター マスクを設定し、イベントの受信を有効にする必要があります。 ITTAPI::p ut_EventFilter を呼び出さない場合、アプリケーションはイベントを受信しません。

     

また、アプリケーションが呼び出しを処理するアドレス オブジェクトごとに ITTAPI::RegisterCallNotifications メソッドを呼び出す必要もあります。

すべての イベント インターフェイス の一覧については、「イベント インターフェイス」を参照してください。 登録プロセスを示すコード例については、「 イベントの登録 」を参照し、イベントの 1 つの使用を示すコード例については 「呼び出しを受信 する」を参照してください。