通話を受信する

次のコード例は、メディアをレンダリングするための適切なターミナルの検索や作成など、新しい呼び出し通知の処理を示しています。 この例は、アプリケーションがイベント処理のために実装する必要がある switch ステートメントの一部です。 コード自体が ITTAPIEventNotification::Event の実装に含まれているか、 Event メソッドが 、スイッチを含むワーカー スレッドにメッセージを投稿する場合があります。

このコード例を使用する前に、「 TAPI の初期化」、「アドレスの 選択」、「 イベントの登録」の操作を実行する必要があります。

また、「ITBasicCallControlITAddress インターフェイス ポインターの取得後にターミナルを選択する」に示されている操作を実行する必要があります。

Note

この例には、実稼働コードに適したエラー チェックとリリースはありません。

 

// pEvent is an IDispatch pointer for the ITCallNotificationEvent interface of the
// call object created by TAPI, and is passed into the event handler by TAPI. 

case TE_CALLNOTIFICATION:
{
    // Get the ITCallNotification interface.
    ITCallNotificationEvent * pNotify;
    hr = pEvent->QueryInterface( 
            IID_ITCallNotificationEvent, 
            (void **)&pNotify 
            );
    // If ( hr != S_OK ) process the error here. 
    
    // Get the ITCallInfo interface.
    ITCallInfo * pCallInfo;
    hr = pNotify->get_Call( &pCallInfo);
    // If ( hr != S_OK ) process the error here. 

    // Get the ITBasicCallControl interface.
    ITBasicCallControl * pBasicCall;
    hr = pCallInfo->QueryInterface(
            IID_ITBasicCallControl,
            (void**)&pBasicCall
            );
    // If ( hr != S_OK ) process the error here. 

    // Get the ITAddress interface.
    ITAddress * pAddress;
    hr = pCallInfo->get_Address( &pAddress );
    // If ( hr != S_OK ) process the error here. 

    // Create the required terminals for this call.
    {
        // See the Select a Terminal code example.
    }
    // Complete incoming call processing.
    hr = pBasicCall->Answer();
    // If ( hr != S_OK ) process the error here. 
}

イベント

ITTAPIEventNotification

ITTAPI::RegisterCallNotifications

ITCallNotificationEvent

ITCallInfo

ITBasicCallControl

ITTerminalSupport