IWiaItem2::D eviceCommand メソッド

Windows イメージ取得 (WIA) 2.0 ハードウェア デバイスにコマンドを発行します。

構文

HRESULT DeviceCommand(
  [in]            LONG      lFlags,
  [in]      const GUID      *pCmdGUID,
  [in, out]       IWiaItem2 **ppIWiaItem2
);

パラメーター

lFlags [in]

型: LONG

現在使用されていません。 ゼロに設定してください。

pCmdGUID [in]

型: const GUID*

WIA 2.0 デバイスに送信するコマンドを指定します。 WIA デバイス コマンドを参照してください。

ppIWiaItem2 [in, out]

型: IWiaItem2**

コマンドによって作成された IWiaItem2 項目へのポインターのアドレス (存在する場合) を受け取ります。

戻り値

型: HRESULT

標準の COM エラー コードに加えて、メソッドは次の値を返す場合があります。

リターン コード 説明
E_CMDNOTSUPPORTED
このコマンドは、メソッドが呼び出される IWiaItem2 インターフェイスには実装されていません。 このエラーの数値はまだ定義されていません。

 

注釈

このメソッドの動作は、メソッドが呼び出されるノードのカテゴリによって異なります。

アプリケーションが IWiaItem2::D eviceCommand メソッドを使用してデバイスに WIA_CMD_TAKE_PICTURE コマンドを送信すると、WIA 2.0 ランタイム システムによって、イメージを表す IWiaItem2 オブジェクトが作成されます。 IWiaItem2::D eviceCommand メソッドは、インターフェイスのアドレスを ppIWiaItem2 パラメーターに格納します。

アプリケーションは、ppIWiaItem2 パラメーターを介して受け取るインターフェイス ポインターで IUnknown::Release メソッドを呼び出す必要があります。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
Header
Wia.h
IDL
Wia.idl