IWiaItem2::GetRootItem メソッド

Windows Image Acquisition (WIA) 2.0 ハードウェア デバイスを表すために使用される項目オブジェクトのツリーのルート項目を取得します。

構文

HRESULT GetRootItem(
  [out] IWiaItem2 **ppIWiaItem2
);

パラメーター

ppIWiaItem2 [out]

型: IWiaItem2**

ルート項目の IWiaItem2 インターフェイスへのポインターのアドレスを受け取ります。

戻り値

型: HRESULT

このメソッドが成功すると、S_OKが返 されます。 それ以外の場合は、 HRESULT エラー コードが返されます。

解説

WIA 2.0 ハードウェア デバイスのオブジェクト ツリーに IWiaItem2 オブジェクトがある場合、アプリケーションは、この関数を呼び出すことによってルート項目へのポインターを取得します。

アプリケーションは、ppIWiaItem2 パラメーターを介して受け取るインターフェイス ポインターで IUnknown::Release メソッドを呼び出す必要があります。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Wia.h
IDL
Wia.idl