セッション定数

__WSManSessionFlags列挙のセッション定数は、リモート コンピューターに接続する WSMan.CreateSession または IWSMan::CreateSession 呼び出しの認証とその他の情報を指定します。 これらの定数は、 Winrm コマンド ライン ツール スイッチにも密接に関連しています。

セッション定数の使用

WSMan.CreateSession の呼び出しのセッション フラグは、2 つの異なる方法で設定できます。 1 つは短く、より簡単です。 次の例に示すように、使用するフラグの値を見つけて、その値を持つ定数をスクリプトに作成する方法が長くなります。 その後、定数を使用して iFlags パラメーターの値を設定します。

Const SessionFlagUseNegotiate = 131072
Const SessionFlagCredUserNamePassword = 4096
iFlags = SessionFlagUseNegotiate Or SessionFlagCredUserNamePassword

次の例に示すように、フラグに関連付けられている WSMan オブジェクト メソッドを使用することをお勧めします。

iFlags = Wsman.SessionFlagUseNegotiate Or Wsman.SessionFlagCredUserNamePassword

認証定数

認証方法と証明書サーバーの処理方法を指定します。

その他のセッション定数

エンコード、暗号化、およびサービス プリンシパル名のポートを指定します。

WinRM 定数と列挙

WSMan.CreateSession

リモート接続の認証