Control クラス

定義

ControlTemplate を使用して外観を定義する UI 要素の基本クラスを表します。 ContentControl、UserControlItemsControlおよびいくつかの実用的なコントロールの親クラス。

public ref class Control : FrameworkElement
/// [Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(Microsoft.UI.Xaml.WinUIContract, 65536)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
class Control : FrameworkElement
[Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(typeof(Microsoft.UI.Xaml.WinUIContract), 65536)]
[Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
[Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
public class Control : FrameworkElement
Public Class Control
Inherits FrameworkElement
継承
派生
属性

注釈

Control クラスは、アプリとその UI に追加するコントロールの多くの基本クラスです。 Control クラスでは、動作はほとんど定義しません。UI 用の XAML に実際の Control 要素を追加できますが、通常は 、ButtonListBox など、コントロールから直接または間接的に継承するものを追加します。 使用できるコントロールの一覧については、「 Windows アプリのコントロール」を参照してください。

型 ControlTemplate を使用する Template プロパティは、コントロールの外観を指定します。 コントロールの外観を変更しても機能を保持する場合は、新しい Control ベースのクラスを定義する代わりに、新しい ControlTemplate を作成することを検討する必要があります。 詳細については、「 コントロール テンプレート」を参照してください。

コントロールは UserControl の親です。 UserControl は、視覚的な状態を必要としない軽量コントロールの目的の基底クラスです。 UserControl は技術的に Template プロパティを継承しますが、UserControl にテンプレートを適用することはできません。

コントロールの暗黙的なスタイル

XAML に対して定義されている実用的な各コントロールには、既定のコントロール テンプレートを含む既定のスタイルがあります。 コントロールには暗黙的なスタイルを指定できます。つまり、 FrameworkElement.Style プロパティが明示的に設定されていません。 その暗黙的なスタイルを使用できるようになったら、コントロールの他のほぼすべてのプロパティを、そのスタイルSetter 要素で設定できます。 スタイルは、コントロール ロジックの残りの部分とは別にコントロールを初期化でき、各プロパティのコード ベースの既定値ではない値を設定できます。

暗黙的なスタイルは、XAML のバイナリ表現として内部的に格納される、Windows ランタイムの一部であるキー付きリソースとして存在します。 特定のコントロールのスタイルまたはスタイルの完全なセットのコピーを取得して、スタイルとコントロール テンプレートの定義方法を確認できます。

特定のコントロール型と、既定で使用する暗黙的なスタイルのキー/名前との関連付けは、 DefaultStyleKey プロパティの値によって確立されます。 DefaultStyleKey プロパティは保護されているため、コントロール クラスをサブクラス化するユーザーのみが値を変更できます。 XAML UI でコントロールを宣言するなど、コントロール インスタンスを作成するだけの場合、既定のスタイルはコントロールの型に基づく暗黙的なスタイルです。 詳細については、「 DefaultStyleKey の解説」を参照してください。 DefaultStyleKey 値を変更して別のスタイルを使用する必要はありません。暗黙的なスタイル参照に一致し、XAML リソースとして存在する TargetType と同じ独自の XAML スタイルを定義するだけです。 詳細については、「 コントロール テンプレート」を参照してください。

ビジュアル状態モデル

ビジュアル状態モデルは、コントロールのテンプレートで定義されているプロパティのほんの一部のみを変更する手法です。 コントロールの動作を示す視覚的なフィードバックをユーザーに提供し、可能な追加の UI 操作をヒントにするために、プロパティ値を変更します。 コントロールは、テンプレート内の一部のプロパティに、0 期間または短い期間のストーリーボード付きアニメーションを適用することによって変更されます。 また、状態間の遷移に適用される短い期間のアニメーションを定義することもできます。

ビジュアル状態自体は、コントロール テンプレートの一部として定義されます。 各ビジュアル状態には名前が付いているため、コントロール ロジックは、特定のロジック状態に必要なときに各ビジュアル状態を読み込む GoToState メソッドを呼び出すことができます。 ビジュアル状態はビジュアル状態グループ内で宣言されるため、互いに排他的なビジュアル状態によって、一度にアクティブな状態は 1 つだけになります。 同じグループの別のビジュアル状態が読み込まれるとすぐに、前の状態のアニメーションは適用されなくなりますが、別のグループ内のアニメーションは引き続き実行され、その変更と視覚的な動作が適用される可能性があります。 たとえば、コントロールには、キーボード フォーカス用の視覚的インジケーターとポインターオーバー用の視覚的インジケーターが含まれている場合があります。 これらは、互いに独立して調整でき、同時に発生する可能性がある UI モードであるため、それぞれ異なるビジュアル状態グループで定義されています。

コントロール テンプレートの一部として XAML で定義されているため、UI で使用するすべての XAML コントロールのビジュアル状態の動作を変更できます。 ただし、ロジックは、特定のビジュアル状態グループと名前付きビジュアル状態を検索することを想定しているコントロールに基づいています。 そのため、コントロールの動作のすべての側面をユーザーに表示する正しい名前付きの構造化されたビジュアル状態を提供するように注意する必要があります。 ビジュアルの状態は、 コントロール テンプレートで簡単に紹介されています。

コントロールの既定の表示状態では、ライブラリ アニメーションが使用される場合があります。 これらのアニメーションは UI のコントロールの外観の重要な部分であるため、コントロール テンプレートまたはビジュアルの状態を置き換えるときは、ライブラリ アニメーションを保持する必要があります。 詳しくは、「アニメーションの概要」をご覧ください。

コントロールとフォーカス

Control クラスは、UI のキーボード フォーカス動作に影響を与える API をいくつか定義します。 フォーカス メソッド、 FocusState プロパティ、 IsEnabled プロパティと IsTabStop プロパティです。 キーボード フォーカスを有効にすることは、各フォーカス可能な要素が UI のタブ オーダーの一部になるため、UI がアクセス可能であることを保証する上で重要な部分です。 通常、キーボード フォーカスを受け取るには、対話型の UI 要素のみが有効になります。 たとえば、 TextBox は対話型です。ユーザーはテキストを入力できますが、テキストは読み取り専用であるため 、TextBlock は対話型ではありません。 Control から派生するほとんどのクラスは、正当に対話型であるため、フォーカスを設定でき、タブ オーダーに配置する必要があるのが理にかなっています。

フォーカスを設定できるようにするには、これらのそれぞれが true である必要があります。

  • 可視性表示される
  • IsEnabledtrue です
  • IsTabStoptrue です
  • コントロールは、そのテンプレートが読み込まれた状態でインスタンス化する必要があります (読み込まれた 、アプリのルート ビジュアルに接続されているコントロール) コントロールをフォーカス可能にしない場合は、 IsTabStopfalse に設定できます。 ただし、コントロールにフォーカスを設定したくない理由が UI の対話型ではない場合は、操作の欠如をすべてのユーザーに明らかにするために IsEnabledfalse に設定することをお勧めします。 多くのコントロールには、 IsEnabled =false に対して呼び出される定義済みの表示状態があります (ラベル内の "淡色表示" テキストなど)。

フォーカスの変更は 、GotFocus または LostFocus イベント を発生させることができます 。 "FocusedElement" 値 ( GetFocusedElement メソッドを介して公開) はすぐに更新されますが、 GotFocus または LostFocus の変更通知は非同期的に行われます。 この非同期フォーカス設計は、コントロール ロジックがフォーカスの変更に迅速に対応する場合に、視覚的な状態遷移がちらつくのを防ぐためです。

Focus メソッドを使用すると、キーボード フォーカスをプログラムでコントロールに移動できます。 このメソッドを呼び出すときは慎重に行う必要があります。ユーザーが予期していないときにキーボード フォーカスを移動するのは煩雑な場合があります。 フォーカスの主なシナリオは、UI のページ全体が読み込まれるときに最初のキーボード フォーカス ポイントを設定するか、親コントロール コンテナーが最上位のフォーカスを受け取った後にコントロールの特定の部分にフォーカスを設定することです (コンボボックス内のテキスト ボックスにフォーカスを置くなど)。 詳細については、「 フォーカス」を参照してください。 FocusState は、フォーカスがプログラムとユーザー駆動のどちらであるかを追跡します。これにより、視覚状態に違いがあります。特に、すべてのコントロールに必要なキーボード フォーカスの視覚フォーカス インジケーターです。

イベント イベント ハンドラーのオーバーライド

OnEvent メソッドは、対応する UIElement イベントの事前ワイヤード イベント ハンドラーを表します。 Control から派生する実用的なコントロールは 、Onイベント メソッドをオーバーライドし、これを使用して、その入力イベントのコントロール固有の処理と動作を提供できます。 最も一般的なシナリオは、イベント ハンドラーを使用してイベント データでイベントを 処理 済みとしてマークすることです。 コントロール コードは、コントロール インスタンスでワイヤードされたイベント ハンドラーが呼び出される前に、このイベントを処理する最初のチャンスがあります。 イベント データが [処理済み] とマークされている場合、コントロール インスタンス上のハンドラーのような他のハンドラーは呼び出されません。 また、イベントはバブルになりません。

コントロールに直接実装されているため、 Onイベント メソッドには空の実装があります。 ただし、コントロールの階層内の各先祖が実装を提供している可能性があります。 この実装は内部ネイティブ コードであるため、表示できません。 場合によっては、イベント処理をマークする既存の OnEvent オーバーライドがコントロールに既に存在します。 コントロールに対して最初の Onイベント オーバーライドを指定すると、独自のコントロール クラスからさらに派生したコントロールも、定義した Onイベント オーバーライドを継承します。 使用するすべてのインスタンスにもその動作があります。

Note

アプリ コードでは、コントロールの OnEvent メソッド ロジックによって処理済みとしてマークされている可能性があるイベントを処理できますが、UIElement.AddHandler メソッドには handledEventsToo パラメーターを使用する必要があります。 詳細については、 UIElement.AddHandler または イベントとルーティング イベントの概要に関するページを参照してください。

Control クラスは、それぞれフレームワーク レベルの入力イベントに関連付けられている、保護された複数の仮想メソッドを定義します。 これらのメソッドは、コントロールがそのコントロールとそのすべてのインスタンスによって特定の入力動作を使用するように、入力イベントの事前ワイヤード イベント ハンドラーを提供することを目的としています。 たとえば、UIElement によって定義された PointerPressed イベントがあります。 コントロールは、空の定義を持つ OnPointerPressed メソッドを定義します。 基本 コントロール コンストラクター内では、関連するすべての入力イベントのイベント配線には、最初は何も行わないリスナー/ハンドラーとして OnEvent メソッドが含まれます。 ただし、コントロールの作成者が入力イベントの動作を変更するために必要なのは、 OnEvent メソッドの新しいオーバーライド定義を指定することです (また、コンストラクターがベースを呼び出すようにします)。 別のサブクラスが再度オーバーライドしない限り、その動作はすべてのインスタンスまたはサブクラスに継承されます。 Onイベント イベントは最初に順番に実行されるため、UI 定義 XAML の前にイベント データを調整し、イベントに関して他のリスナーが表示する条件を変更する可能性があります。

特定のコントロール クラスの既存の Onイベント 定義は、 OnEvent メソッドを自分でオーバーライドしていない場合でも、コントロールのコンシューマーとして影響を受ける可能性があります。 これは、既存の Onイベント 定義が、イベントのイベント データで Handled プロパティ値を true に設定するイベントの処理を提供している可能性があるためです。 これにより、インスタンスベースのイベント処理でイベントが表示されるのを防ぎ、ハンドラーが呼び出されるのを防ぎます。 ここで起きているのは、コントロール ロジックと競合する低レベルのイベントであるか、コントロールに置き換えロジックがあるために、特定のイベントがコントロールに重要でないように強制する意図的なコントロール設計があるということです。 この顕著な例は、 ButtonBase クラスです。 ButtonBase クラスには、OnPointerPressedOnKeyDown のネイティブ オーバーライドによって適用される 2 つの動作があります。 これは、さまざまな入力モードを低レベルで組み合わせ、代わりにコントロール固有の Click イベントとして報告するためです。 PointerPressed イベント ハンドラーの場合、Button インスタンスでこれを処理しようとすると、ハンドラーは呼び出されません。 これは、ネイティブ の OnPointerPressedが Handledtrue に設定し、 PointerPressed がインスタンスとアプリ コードに反映できないようにしたためです。 OnKeyDown の場合、ロジックは特定のキー (Ctrl キーと Enter キー) を探していただけなので、インスタンス ハンドラーは、それらのキーも探していない限り呼び出すことができます。

Note

実際には、入力イベントの一部に対する OnEvent メソッドのネイティブ処理を回避する方法があります。 そのためには、 AddHandler メソッドを使用してハンドラーを handledEventsToo と結び付ける必要があります。 詳細については、 AddHandler または イベントとルーティング イベントの概要に関するページを参照してください。

テキスト要素パーツに継承するテキスト プロパティ

コントロールは、テキストのプレゼンテーションに関連するいくつかのプロパティを定義します。 これらのボタンの役割は、次のとおりです。

明らかに、すべてのコントロールが、その中にテキストを表示することを意図しているわけではありません。 たとえば、AppBarSeparatorに FontFamily を設定することは有効ですが、効果はまったくありません。 Control が基本クラス レベルでこれらのプロパティを定義する理由は、コントロール テンプレートが {TemplateBinding} マークアップ拡張機能を 使用して、テンプレート内に存在する 1 つ以上のテキスト要素パーツに最上位レベルのテキスト プロパティを簡単に適用できるようにするためです。 たとえば、 DatePicker のコントロール テンプレートを見ると、ルートがコンテナーであり、そのコンテナー内のより深い部分が、実際にテキスト入力を受け取る複数の ComboBox パーツであることがわかります。 これらのそれぞれでは、DatePicker に設定された最上位レベルの FontWeight を内部のさまざまな部分で使用するなどのFontWeight="{TemplateBinding FontWeight}"ステートメントを使用します。

コントロールのテキスト プロパティは、テキストを表示する ContentPresenter が含まれるコントロールに対しても暗黙的に継承されます。 たとえば、ButtonFontSize を設定した場合、テンプレートまたは ContentPresenter パーツには、最上位レベルの FontSize 値でテンプレートの動作を制御する明示的な {TemplateBinding} マークアップ拡張機能はありません。 ただし、 Control.FontSize 値はテンプレートの定義内のコンテキストに基づいて ContentPresenter.FontSize によって暗黙的に継承されるため、 Button 内のテキストは、設定した Control.FontSize を使用して表示されます。

派生 クラスを制御する

Control は、これらの直ちに派生したコントロール クラスの親クラスです。 これらの一部は実用的なコントロールです。 その他は、特性を共有するさまざまなコントロールの中間基底クラスです。

XAML 添付プロパティ

コントロールは、いくつかの XAML 添付プロパティのホスト サービス クラスです。

添付プロパティへの XAML プロセッサ アクセスをサポートし、同等の 取得 操作と 設定 操作をコードに公開するために、各 XAML アタッチ プロパティには、Get および Set アクセサー メソッドのペアがあります。 コード内の値を取得または設定するもう 1 つの方法は、依存関係プロパティ システムを使用して 、GetValue または SetValue を呼び出し、識別子フィールドを依存関係プロパティ識別子として渡すことです。

添付プロパティ 説明
IsTemplateFocusTarget この要素がフォーカス ビジュアルを持つコントロール テンプレートの一部であるかどうかを示す値を取得または設定します。 このプロパティは 、ControlTemplate でのみ使用されます。 ControlTemplate の外部に設定されている場合は無視されます。 この添付プロパティが ControlTemplate で複数回設定されている場合は、例外がスローされます。
IsTemplateKeyTipTarget この要素が KeyTip が配置されるコントロール テンプレートの一部であるかどうかを示す値を取得または設定します。 このプロパティは 、ControlTemplate でのみ使用されます。 ControlTemplate の外部に設定されている場合は無視されます。 この添付プロパティが ControlTemplate で複数回設定されている場合は、例外がスローされます。

コンストラクター

Control()

Control 派生クラスの基本クラスの初期化動作を提供します。

プロパティ

AccessKey

この要素のアクセス キー (ニーモニック) を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
AccessKeyScopeOwner

ソース要素のビジュアル ツリーにない場合でも、この要素のアクセス キー スコープを提供するソース要素を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
ActualHeight

FrameworkElement のレンダリングされた高さを取得します。 「解説」を参照してください。

(継承元 FrameworkElement)
ActualOffset

レイアウト プロセスの配置パス中に計算された、親を基準としたこの UIElement の位置を取得します。

(継承元 UIElement)
ActualSize

レイアウト プロセスの配置パス中にこの UIElement が計算したサイズを取得します。

(継承元 UIElement)
ActualTheme

要素によって現在使用されている UI テーマを取得します。 これは RequestedTheme とは異なる場合があります。

(継承元 FrameworkElement)
ActualWidth

FrameworkElement のレンダリングされた幅を取得します。 「解説」を参照してください。

(継承元 FrameworkElement)
AllowDrop

この UIElement をドラッグ アンド ドロップ操作の目的でドロップ 先にできるかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
AllowFocusOnInteraction

ユーザーが操作するときに要素が自動的にフォーカスを取得するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
AllowFocusWhenDisabled

無効なコントロールがフォーカスを受け取ることができるかどうかを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Background

コントロールの背景を提供するブラシを取得または設定します。

BackgroundProperty

Background 依存関係プロパティを識別します。

BackgroundSizing

背景がこの要素の境界線に対してどの程度延長されるかを示す値を取得または設定します。

BackgroundSizingProperty

BackgroundSizing 依存関係プロパティを識別します。

BaseUri

XAML の読み込み時に XAML で構築されたオブジェクトの基本 URI を表す Uniform Resource Identifier (URI) を取得します。 このプロパティは、実行時の URI 解決に役立ちます。

(継承元 FrameworkElement)
BorderBrush

コントロールの境界線の塗りつぶしを表すブラシを取得または設定します。

BorderBrushProperty

BorderBrush 依存関係プロパティを識別します。

BorderThickness

コントロールの境界線の太さを取得または設定します。

BorderThicknessProperty

BorderThickness 依存関係プロパティを識別します。

CacheMode

レンダリングされたコンテンツを可能な限り複合ビットマップとしてキャッシュする必要があることを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CanBeScrollAnchor

UIElement をスクロール アンカーの候補にできるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CanDrag

要素をドラッグ アンド ドロップ操作でデータとしてドラッグできるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CenterPoint

要素の中心点 (回転またはスケーリングが発生する点) を取得または設定します。 要素のレンダリング位置に影響します。

(継承元 UIElement)
CharacterSpacing

em の 1/1000 単位の文字間の一様な間隔を取得または設定します。

CharacterSpacingProperty

CharacterSpacing 依存関係プロパティを識別します。

Clip

UIElement の内容のアウトラインを定義するために使用する RectangleGeometry を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CompositeMode

親レイアウトとウィンドウ内の要素の代替コンポジションモードとブレンド モードを宣言するプロパティを取得または設定します。 これは、混合 XAML/Microsoft DirectX UI に関係する要素に関連します。

(継承元 UIElement)
ContextFlyout

この要素に関連付けられているポップアップを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CornerRadius

コントロールの境界線の角の半径を取得または設定します。

CornerRadiusProperty

CornerRadius 依存関係プロパティを識別します。

DataContext

FrameworkElement のデータ コンテキストを取得または設定します。 データ コンテキストの一般的な用途は、{Binding} マークアップ拡張機能を使用し、データ バインディングに参加する場合FrameworkElementです。

(継承元 FrameworkElement)
DefaultStyleKey

コントロールの既定のスタイルを参照するキーを取得または設定します。 カスタム コントロールの作成者は、このプロパティを使用して、コントロールが使用するスタイルの既定値を変更します。

DefaultStyleKeyProperty

DefaultStyleKey 依存関係プロパティを識別します。

DefaultStyleResourceUri

コントロールの既定のスタイルを含むリソース ファイルへのパスを取得または設定します。

DefaultStyleResourceUriProperty

DefaultStyleResourceUri 依存関係プロパティを識別します。

DesiredSize

レイアウト プロセスのメジャー パス中にこの UIElement が 計算したサイズを取得します。

(継承元 UIElement)
Dispatcher

このオブジェクトが関連付けられている CoreDispatcher を取得します。 CoreDispatcher は、コードが UI 以外のスレッドによって開始された場合でも、UI スレッドの DependencyObject にアクセスできる機能を表します。

(継承元 DependencyObject)
DispatcherQueue

このオブジェクトが DispatcherQueue 関連付けられているオブジェクトを取得します。 コードが DispatcherQueue UI 以外のスレッドによって開始された場合でも、UI スレッドでアクセス DependencyObject できる機能を表します。

(継承元 DependencyObject)
ElementSoundMode

サウンドが再生されるかどうかに関するコントロールの設定を指定する値を取得または設定します。

ElementSoundModeProperty

ElementSoundMode 依存関係プロパティを識別します。

ExitDisplayModeOnAccessKeyInvoked

アクセス キーが呼び出されたときにアクセス キーの表示を閉じるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
FlowDirection

レイアウトを制御する任意の親要素内でテキストやその他の UI 要素が流れる方向を取得または設定します。 このプロパティは、どちらかLeftToRightRightToLeftに設定できます。 任意の要素に対してRightToLeft設定FlowDirectionすると、配置が右に設定され、読み取り順序が右から左に、コントロールのレイアウトが右から左に流れるようになります。

(継承元 FrameworkElement)
FocusState

このコントロールにフォーカスがあるかどうかを示す値と、フォーカスが取得されたモードを取得します。

(継承元 UIElement)
FocusVisualMargin

FrameworkElement のフォーカス ビジュアルの外側の余白を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FocusVisualPrimaryBrush

FrameworkElement のビジュアルまたはフォーカス ビジュアルの外側の境界線をHighVisibility描画するために使用するブラシを取得またはReveal設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FocusVisualPrimaryThickness

FrameworkElement のビジュアルまたはフォーカス ビジュアルの外側の境界線のHighVisibility太さを取得またはReveal設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FocusVisualSecondaryBrush

FrameworkElement のビジュアルまたはフォーカス ビジュアルの内側の境界線をHighVisibility描画するために使用するブラシを取得またはReveal設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FocusVisualSecondaryThickness

FrameworkElement のビジュアルまたはフォーカス ビジュアルの内側の境界線のHighVisibility太さを取得またはReveal設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FontFamily

コントロール内にテキストを表示するために使用されるフォントを取得または設定します。

FontFamilyProperty

FontFamily 依存関係プロパティを識別します。

FontSize

このコントロール内のテキストのサイズを取得または設定します。

FontSizeProperty

FontSize 依存関係プロパティを識別します。

FontStretch

画面上でのフォントの縮小率または拡大率を取得または設定します。

FontStretchProperty

FontStretch 依存関係プロパティを識別します。

FontStyle

テキストをレンダリングするスタイルを取得または設定します。

FontStyleProperty

FontStyle 依存関係プロパティを識別します。

FontWeight

指定したフォントの太さを取得または設定します。

FontWeightProperty

FontWeight 依存関係プロパティを識別します。

Foreground

前景色を表すブラシを取得または設定します。

ForegroundProperty

Foreground 依存関係プロパティを識別します。

Height

FrameworkElement の高さの候補を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
HighContrastAdjustment

ハイ コントラスト テーマが有効になっている場合に、フレームワークが要素のビジュアル プロパティを自動的に調整するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
HorizontalAlignment

パネルや項目コントロールなどのレイアウトの親で構成されている場合に FrameworkElement に適用される水平方向の配置特性を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
HorizontalContentAlignment

コントロールのコンテンツの水平方向の配置を取得または設定します。

HorizontalContentAlignmentProperty

HorizontalContentAlignment 依存関係プロパティを識別します。

IsAccessKeyScope

要素が独自のアクセス キー スコープを定義するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsDoubleTapEnabled

DoubleTapped イベントがその要素から発生するかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsEnabled

ユーザーがコントロールと対話できるかどうかを示す値を取得または設定します。

IsEnabledProperty

IsEnabled 依存関係プロパティを識別します。

IsFocusEngaged

コントロールの境界内でフォーカスが制限されているかどうかを示す値を取得または設定します (ゲーム パッド/リモート操作の場合)。

IsFocusEngagedProperty

IsFocusEngaged 依存関係プロパティを識別します。

IsFocusEngagementEnabled

コントロールの境界内でフォーカスを制限できるかどうかを示す値を取得または設定します (ゲーム パッド/リモート操作の場合)。

IsFocusEngagementEnabledProperty

IsFocusEngagementEnabled 依存関係プロパティを識別します。

IsHitTestVisible

この UIElement の包含領域がヒット テストの真の値を返すことができるかどうかを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsHoldingEnabled

Holding イベントがその要素から発生するかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsLoaded

要素が要素ツリーに追加され、操作の準備ができているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
IsRightTapEnabled

RightTapped イベントがその要素から発生するかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsTabStop

コントロールがタブ ナビゲーションに含まれるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsTapEnabled

Tapped イベントがその要素から発生するかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsTemplateFocusTargetProperty

Control.IsTemplateFocusTarget XAML 添付プロパティを識別します。

IsTemplateKeyTipTargetProperty

Control.IsTemplateKeyTipTarget XAML 添付プロパティを識別します。

IsTextScaleFactorEnabled

システム のテキスト サイズ設定を反映するように、自動テキストの拡大が有効かどうかを取得または設定します。

IsTextScaleFactorEnabledProperty

IsTextScaleFactorEnabled 依存関係プロパティを識別します。

KeyboardAcceleratorPlacementMode

コントロール ヒント に、関連付けられているキーボード アクセラレータのキーの組み合わせを表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyboardAcceleratorPlacementTarget

アクセラレータ キーの組み合わせを表示 するコントロールヒント を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyboardAccelerators

キーボードを使用してアクションを呼び出すキーの組み合わせのコレクションを取得します。

アクセラレータは通常、ボタンまたはメニュー項目に割り当てられます。

さまざまなメニュー項目のキーボード アクセラレータを示すメニューの例
さまざまなメニュー項目のキーボード アクセラレータを示すメニューの例

(継承元 UIElement)
KeyTipHorizontalOffset

UIElement に関連してキー ヒントを左または右に配置する距離を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyTipPlacementMode

アクセス キーのキー ヒントが UIElement の境界に対して配置される場所を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyTipTarget

アクセス キー キー ヒントの対象となる要素を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyTipVerticalOffset

UI 要素に関連してキー ヒントを配置する距離を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Language

FrameworkElement に適用されるローカライズ/グローバリゼーション言語情報と、オブジェクト表現と UI の現在の FrameworkElement のすべての子要素に適用される言語情報を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Lights

この要素にアタッチされている XamlLight オブジェクトのコレクションを取得します。

(継承元 UIElement)
ManipulationMode

UIElement の動作とジェスチャとの対話に使用される ManipulationModes 値を取得または設定します。 この値を設定すると、アプリ コードでこの要素からの操作イベントを処理できます。

(継承元 UIElement)
Margin

FrameworkElement の外側の余白を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MaxHeight

FrameworkElement の最大高さ制約を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MaxWidth

FrameworkElement の最大幅制約を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MinHeight

FrameworkElement の最小高さ制約を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MinWidth

FrameworkElement の最小幅制約を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Name

オブジェクトの識別名を取得または設定します。 XAML プロセッサが XAML マークアップからオブジェクト ツリーを作成する場合、ランタイム コードはこの名前で XAML で宣言されたオブジェクトを参照できます。

(継承元 FrameworkElement)
Opacity

オブジェクトの不透明度を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
OpacityTransition

Opacity プロパティへの変更をアニメーション化する ScalarTransition を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Padding

コントロールのパディングを取得または設定します。

PaddingProperty

Padding 依存関係プロパティを識別します。

Parent

オブジェクト ツリー内のこの FrameworkElement の親オブジェクトを取得します。

(継承元 FrameworkElement)
PointerCaptures

ポインター値として表される、キャプチャされたすべてのポインターのセット 取得します。

(継承元 UIElement)
Projection

この要素をレンダリングするときに適用するパースペクティブ プロジェクション (3-D 効果) を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
ProtectedCursor

ポインターがこの要素の上にあるときに表示されるカーソルを取得または設定します。 既定値は null で、カーソルに変更がないことを示します。

(継承元 UIElement)
RasterizationScale

ControlTemplate を使用して外観を定義する UI 要素の基本クラスを表します。 ContentControl、UserControlItemsControlおよびいくつかの実用的なコントロールの親クラス。

(継承元 UIElement)
RenderSize

UIElement の最終的なレンダリング サイズを取得します。 使用は推奨されません。「解説」を参照してください。

(継承元 UIElement)
RenderTransform

UIElement のレンダリング位置に影響する変換情報を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
RenderTransformOrigin

UIElement の境界を基準にして RenderTransform によって宣言された、可能なレンダリング変換の原点を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
RequestedTheme

リソースの決定に UIElement (およびその子要素) によって使用される UI テーマを取得または設定します。 指定した RequestedTheme UI テーマは、アプリ レベルの RequestedTheme をオーバーライドできます。

(継承元 FrameworkElement)
RequiresPointer

Xbox ゲームパッドやリモート コントロールなどのポインター以外の入力デバイスでポインター操作エクスペリエンスをエミュレートするマウス モードを UI 要素がサポートするかどうかを取得または設定します。

RequiresPointerProperty

RequiresPointer 依存関係プロパティを識別します。

Resources

ローカルで定義されたリソース ディクショナリを取得します。 XAML では、XAML 暗黙的なコレクション構文を使用して、プロパティ要素の frameworkElement.Resources 子オブジェクト要素としてリソース項目を確立できます。

(継承元 FrameworkElement)
Rotation

時計回りの回転角度を度単位で取得または設定します。 RotationAxis と CenterPoint を基準にして回転します。 要素のレンダリング位置に影響します。

(継承元 UIElement)
RotationAxis

要素を回転させる軸を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
RotationTransition

Rotation プロパティの変更をアニメーション化する ScalarTransition を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Scale

要素のスケールを取得または設定します。 要素の CenterPoint を基準にして拡大縮小します。 要素のレンダリング位置に影響します。

(継承元 UIElement)
ScaleTransition

Scale プロパティへの変更をアニメーション化する Vector3Transition を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Shadow

要素によってキャストされる影の効果を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Style

レイアウトとレンダリング中にこのオブジェクトに適用されるインスタンス Style を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
TabFocusNavigation

このコントロールのタブと TabIndex の動作方法を変更する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
TabIndex

ユーザーが Tab キーを使用してコントロール内を移動するときに要素がフォーカスを受け取る順序を決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
TabNavigation

このコントロールの Tabbing と TabIndex の動作を変更する値を取得または設定します。

Note

Windows 10 Creators Update (ビルド 10.0.15063) 以降では、UiElement 基本クラスで TabFocusNavigation プロパティを使用して、ControlTemplate を使用しないオブジェクトをタブ シーケンスに含めることができます。

TabNavigationProperty

TabNavigation 依存関係プロパティを識別します。

Tag

このオブジェクトに関するカスタム情報を格納するために使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Template

コントロール テンプレートを取得または設定します。 コントロール テンプレートは、UI でのコントロールの視覚的な外観を定義し、XAML マークアップで定義されます。

TemplateProperty

テンプレートの依存関係プロパティを識別します。

Transform3D

この要素をレンダリングするときに適用する 3-D 変換効果を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
TransformMatrix

要素に適用する変換マトリックスを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Transitions

UIElement に適用される Transition スタイル要素のコレクションを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Translation

要素の x、y、z のレンダリング位置を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
TranslationTransition

Translation プロパティへの変更をアニメーション化する Vector3Transition を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Triggers

FrameworkElement に対して定義されているアニメーションのトリガーのコレクションを取得します。 一般的に使用されません。 「解説」を参照してください。

(継承元 FrameworkElement)
UseLayoutRounding

オブジェクトとそのビジュアル サブツリーのレンダリングで、レンダリングをピクセル全体に合わせる丸め動作を使用するかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
UseSystemFocusVisuals

コントロール テンプレートで定義されているシステムまたはフォーカス ビジュアルによって描画されたフォーカス ビジュアルをコントロールが使用するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
VerticalAlignment

パネルや項目コントロールなどの親オブジェクトで構成されている 場合に FrameworkElement に適用される垂直方向の配置特性を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
VerticalContentAlignment

コントロールのコンテンツの垂直方向の配置を取得または設定します。

VerticalContentAlignmentProperty

VerticalContentAlignment 依存関係プロパティを識別します。

Visibility

UIElement の可視性を取得または設定します。 表示されない UIElement はレンダリングされず、目的のサイズをレイアウトに伝達しません。

(継承元 UIElement)
Width

FrameworkElement の幅を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
XamlRoot

この要素が表示される XamlRoot を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusDown

ユーザーがゲーム パッドまたはリモート コントロールの方向パッド (D パッド) を押したときにフォーカスを取得するオブジェクトを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusDownNavigationStrategy

ダウン ナビゲーションのターゲット要素を決定するために使用する戦略を指定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusKeyboardNavigation

キーボード方向矢印を使用してナビゲーションを有効または無効にする値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusLeft

ユーザーがゲーム パッドまたはリモート コントロールの方向パッド (D パッド) を左に押したときにフォーカスを取得するオブジェクトを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusLeftNavigationStrategy

左側のナビゲーションのターゲット要素を決定するために使用する戦略を指定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusRight

ユーザーがゲーム パッドまたはリモート コントロールの方向パッド (D パッド) を右に押したときにフォーカスを取得するオブジェクトを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusRightNavigationStrategy

右ナビゲーションのターゲット要素を決定するために使用する戦略を指定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusUp

ユーザーがゲーム パッドまたはリモート コントロールの方向パッド (D パッド) を押したときにフォーカスを取得するオブジェクトを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusUpNavigationStrategy

アップ ナビゲーションのターゲット要素を決定するために使用する戦略を指定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)

添付プロパティ

IsTemplateFocusTarget

この要素がフォーカス ビジュアルを持つコントロール テンプレートの一部であるかどうかを示す値を取得または設定します。

IsTemplateKeyTipTarget

この要素が KeyTip が配置されるコントロール テンプレートの一部であるかどうかを示す値を取得または設定します。

メソッド

AddHandler(RoutedEvent, Object, Boolean)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。 handledEventsTootrue として指定すると、イベントが他の場所で処理された場合でも、指定されたハンドラーを呼び出すことができます。

(継承元 UIElement)
ApplyTemplate()

関連するコントロール テンプレートを読み込み、そのパーツを参照できるようにします。

Arrange(Rect)

子オブジェクトを配置し、 UIElement のサイズを決定します。 子要素のカスタム レイアウトを実装する親オブジェクトは、レイアウトオーバーライドの実装からこのメソッドを呼び出して、再帰的なレイアウト更新を形成する必要があります。

(継承元 UIElement)
ArrangeOverride(Size)

レイアウトの "配置" パスの動作を提供します。 クラスは、このメソッドをオーバーライドして、独自の "配置" パス動作を定義できます。

(継承元 FrameworkElement)
CancelDirectManipulations()

現在の UIElement を含む ScrollViewer 親に対する、進行中の直接操作処理 (システム定義のパン/ズーム) を取り消します。

(継承元 UIElement)
CapturePointer(Pointer)

ポインター キャプチャを UIElement に設定します。 キャプチャされると、キャプチャを持つ要素のみがポインター関連のイベントを発生します。

(継承元 UIElement)
ClearValue(DependencyProperty)

依存関係プロパティのローカル値をクリアします。

(継承元 DependencyObject)
FindName(String)

指定した識別子名を持つオブジェクトを取得します。

(継承元 FrameworkElement)
FindSubElementsForTouchTargeting(Point, Rect)

UIElement サブクラスが、タッチ ターゲットの解決に役立つ子要素を公開できるようにします。

(継承元 UIElement)
Focus(FocusState)

この要素にフォーカスを設定することを試みます。

(継承元 UIElement)
GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

アニメーションがアクティブでない場合に適用される依存関係プロパティに対して確立された基本値を返します。

(継承元 DependencyObject)
GetBindingExpression(DependencyProperty)

指定したプロパティのバインドを表す BindingExpression を返します。

(継承元 FrameworkElement)
GetChildrenInTabFocusOrder()

UIElement サブクラスで、Tab フォーカスに参加する子要素を公開できるようにします。

(継承元 UIElement)
GetIsTemplateFocusTarget(FrameworkElement)

ターゲット要素の Control.IsTemplateFocusTarget XAML 添付プロパティの値を取得します。

GetIsTemplateKeyTipTarget(DependencyObject)

ターゲット要素の Control.IsTemplateKeyTipTarget XAML 添付プロパティの値を取得します。

GetTemplateChild(String)

インスタンス化された ControlTemplate ビジュアル ツリー内の名前付き要素を取得します。

GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject から依存関係プロパティの現在の有効な値を返します。

(継承元 DependencyObject)
GetVisualInternal()

要素が解決する Visual 値を取得します。

(継承元 UIElement)
GoToElementStateCore(String, Boolean)

派生クラスで実装する場合、コントロールの起動時にすべての状態の XAML を読み込むのではなく、コード内のコントロール テンプレートのビジュアル ツリーの状態ごとの構築を有効にします。

(継承元 FrameworkElement)
InvalidateArrange()

UIElement の配置状態 (レイアウト) を無効にします。 無効化後、 UIElement のレイアウトが更新され、非同期的に行われます。

(継承元 UIElement)
InvalidateMeasure()

UIElement の測定状態 (レイアウト) を無効にします。

(継承元 UIElement)
InvalidateViewport()

有効なビューポートの計算に使用される UIElementビューポートの状態を無効にします。

(継承元 FrameworkElement)
Measure(Size)

UIElementDesiredSize を更新します。 通常、レイアウトの子のカスタム レイアウトを実装するオブジェクトは、独自の MeasureOverride 実装からこのメソッドを呼び出して、再帰的なレイアウト更新を形成します。

(継承元 UIElement)
MeasureOverride(Size)

レイアウト サイクルの "Measure" パスの動作を提供します。 クラスはこのメソッドをオーバーライドして、独自の "Measure" パス動作を定義できます。

(継承元 FrameworkElement)
OnApplyTemplate()

アプリケーション コードまたは内部プロセス (再構築レイアウト パスなど) が ApplyTemplate を呼び出すたびに呼び出されます。 最も簡単に言うと、これは、UI 要素がアプリに表示される直前にメソッドが呼び出されていることを意味します。 クラスの既定のテンプレート後ロジックに影響を与える場合は、このメソッドをオーバーライドします。

(継承元 FrameworkElement)
OnBringIntoViewRequested(BringIntoViewRequestedEventArgs)

BringIntoViewRequested イベントが発生する前に呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnCharacterReceived(CharacterReceivedRoutedEventArgs)

CharacterReceived イベントが発生する前に呼び出されます。

OnCreateAutomationPeer()

派生クラスで実装された場合、Microsoft UI オートメーション インフラストラクチャのクラス固有の AutomationPeer 実装を返します。

(継承元 UIElement)
OnDisconnectVisualChildren()

クラス固有のコンテンツまたは子プロパティから項目が削除されたときにレイアウトとロジックがどのように動作するかを実装するには、このメソッドをオーバーライドします。

(継承元 UIElement)
OnDoubleTapped(DoubleTappedRoutedEventArgs)

DoubleTapped イベントが発生する前に呼び出されます。

OnDragEnter(DragEventArgs)

DragEnter イベントが発生する前に呼び出されます。

OnDragLeave(DragEventArgs)

DragLeave イベントが発生する前に呼び出されます。

OnDragOver(DragEventArgs)

DragOver イベントが発生する前に呼び出されます。

OnDrop(DragEventArgs)

Drop イベントが発生する前に呼び出されます。

OnGotFocus(RoutedEventArgs)

GotFocus イベントが発生する前に呼び出されます。

OnHolding(HoldingRoutedEventArgs)

Holding イベントが発生する前に呼び出されます。

OnKeyboardAcceleratorInvoked(KeyboardAcceleratorInvokedEventArgs)

アプリで キーボード ショートカット (またはアクセラレータ) が処理されるときに呼び出されます。 キーボード アクセラレータが呼び出されたときにアプリがどのように応答するかを処理するには、このメソッドをオーバーライドします。

(継承元 UIElement)
OnKeyDown(KeyRoutedEventArgs)

KeyDown イベントが発生する前に呼び出されます。

OnKeyUp(KeyRoutedEventArgs)

KeyUp イベントが発生する前に呼び出されます。

OnLostFocus(RoutedEventArgs)

LostFocus イベントが発生する前に呼び出されます。

OnManipulationCompleted(ManipulationCompletedRoutedEventArgs)

ManipulationCompleted イベントが発生する前に呼び出されます。

OnManipulationDelta(ManipulationDeltaRoutedEventArgs)

ManipulationDelta イベントが発生する前に呼び出されます。

OnManipulationInertiaStarting(ManipulationInertiaStartingRoutedEventArgs)

ManipulationInertiaStarting イベントが発生する前に呼び出されます。

OnManipulationStarted(ManipulationStartedRoutedEventArgs)

ManipulationStarted イベントが発生する前に呼び出されます。

OnManipulationStarting(ManipulationStartingRoutedEventArgs)

ManipulationStarting イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPointerCanceled(PointerRoutedEventArgs)

PointerCanceled イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPointerCaptureLost(PointerRoutedEventArgs)

PointerCaptureLost イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPointerEntered(PointerRoutedEventArgs)

PointerEntered イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPointerExited(PointerRoutedEventArgs)

PointerExited イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPointerMoved(PointerRoutedEventArgs)

PointerMoved イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPointerPressed(PointerRoutedEventArgs)

PointerPressed イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPointerReleased(PointerRoutedEventArgs)

PointerReleased イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPointerWheelChanged(PointerRoutedEventArgs)

PointerWheelChanged イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPreviewKeyDown(KeyRoutedEventArgs)

PreviewKeyDown イベントが発生する前に呼び出されます。

OnPreviewKeyUp(KeyRoutedEventArgs)

PreviewKeyUp イベントが発生する前に呼び出されます。

OnProcessKeyboardAccelerators(ProcessKeyboardAcceleratorEventArgs)

アプリで キーボード ショートカット (またはアクセラレータ) が処理される直前に呼び出されます。 アプリケーション コードまたは内部プロセスが ProcessKeyboardAccelerators を呼び出すたびに呼び出されます。 このメソッドをオーバーライドして、既定のアクセラレータ処理に影響を与える。

(継承元 UIElement)
OnRightTapped(RightTappedRoutedEventArgs)

RightTapped イベントが発生する前に呼び出されます。

OnTapped(TappedRoutedEventArgs)

Tapped イベントが発生する前に呼び出されます。

PopulatePropertyInfo(String, AnimationPropertyInfo)

アニメーション化できるプロパティを定義します。

(継承元 UIElement)
PopulatePropertyInfoOverride(String, AnimationPropertyInfo)

派生クラスでオーバーライドされると、アニメーション化できるプロパティを定義します。

(継承元 UIElement)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカル値が設定されている場合は、依存関係プロパティのローカル値を返します。

(継承元 DependencyObject)
RegisterPropertyChangedCallback(DependencyProperty, DependencyPropertyChangedCallback)

この DependencyObject インスタンスで特定の DependencyProperty に対する変更をリッスンするための通知関数を登録します。

(継承元 DependencyObject)
ReleasePointerCapture(Pointer)

この UIElement によって 1 つの特定のポインターをキャプチャするためのポインター キャプチャを解放します。

(継承元 UIElement)
ReleasePointerCaptures()

この要素によって保持されているすべてのポインター キャプチャを解放します。

(継承元 UIElement)
RemoveFocusEngagement()

フォーカス エンゲージメントを持つコントロールのコントロール境界からフォーカスを解放します (ゲーム パッド/リモート操作の場合)。

RemoveHandler(RoutedEvent, Object)

この UIElement から指定されたルーティング イベント ハンドラーを削除します。 通常、問題のハンドラーは AddHandler によって追加されました。

(継承元 UIElement)
SetBinding(DependencyProperty, BindingBase)

指定されたバインディング オブジェクトを使用して、 FrameworkElement にバインドをアタッチします。

(継承元 FrameworkElement)
SetIsTemplateFocusTarget(FrameworkElement, Boolean)

ターゲット要素の Control.IsTemplateFocusTarget XAML 添付プロパティの値を設定します。

SetIsTemplateKeyTipTarget(DependencyObject, Boolean)

ターゲット要素の Control.IsTemplateKeyTipTarget XAML 添付プロパティの値を設定します。

SetValue(DependencyProperty, Object)

DependencyObject の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
StartAnimation(ICompositionAnimationBase)

指定したアニメーションを要素で開始します。

(継承元 UIElement)
StartBringIntoView()

XAML フレームワークに対して、スクロール可能な領域内の要素を表示する要求を開始します。

(継承元 UIElement)
StartBringIntoView(BringIntoViewOptions)

指定したオプションを使用して、XAML フレームワークに対して要素を表示する要求を開始します。

(継承元 UIElement)
StartDragAsync(ExpPointerPoint)

ControlTemplate を使用して外観を定義する UI 要素の基本クラスを表します。 ContentControl、UserControlItemsControlおよびいくつかの実用的なコントロールの親クラス。

(継承元 UIElement)
StartDragAsync(PointerPoint)

ドラッグ アンド ドロップ操作を開始します。

重要

管理者として、ユーザーが管理者特権モードでアプリを実行する場合はサポートされません。

(継承元 UIElement)
StopAnimation(ICompositionAnimationBase)

要素の指定したアニメーションを停止します。

(継承元 UIElement)
TransformToVisual(UIElement)

UIElement から指定したオブジェクトに座標を変換するために使用できる変換オブジェクトを返します。

(継承元 UIElement)
TryInvokeKeyboardAccelerator(ProcessKeyboardAcceleratorEventArgs)

UIElement のビジュアル ツリー全体でショートカットを検索して、 キーボード ショートカット (またはアクセラレータ) を呼び出そうとします。

(継承元 UIElement)
UnregisterPropertyChangedCallback(DependencyProperty, Int64)

RegisterPropertyChangedCallback を呼び出して以前に登録した変更通知を取り消します。

(継承元 DependencyObject)
UpdateLayout()

UIElement の子オブジェクトのすべての位置が、レイアウト用に適切に更新されるようにします。

(継承元 UIElement)

events

AccessKeyDisplayDismissed

アクセス キーが表示されなくなったときに発生します。

(継承元 UIElement)
AccessKeyDisplayRequested

ユーザーがアクセス キーを表示することを要求したときに発生します。

(継承元 UIElement)
AccessKeyInvoked

ユーザーがアクセス キー シーケンスを完了したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ActualThemeChanged

ActualTheme プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
BringIntoViewRequested

この要素またはその子孫のいずれかで StartBringIntoView が呼び出されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
CharacterReceived

1 つの構成済み文字が入力キューによって受信されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
ContextCanceled

コンテキスト入力ジェスチャが操作ジェスチャに続き、コンテキスト ポップアップを開かないように要素に通知するときに発生します。

(継承元 UIElement)
ContextRequested

ユーザーがコンテキスト入力ジェスチャ (右クリックなど) を完了したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DataContextChanged

FrameworkElement.DataContext プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
DoubleTapped

それ以外の場合は、この要素のヒット テスト領域で未処理 の DoubleTap 相互作用が発生したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragEnter

入力システムが、この要素をターゲットとして基になるドラッグ イベントを報告するときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragLeave

入力システムが、この要素を原点として基になるドラッグ イベントを報告するときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragStarting

ドラッグ操作が開始されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
Drop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DropCompleted

この要素をソースとしてドラッグ アンド ドロップ操作が終了したときに発生します。

(継承元 UIElement)
EffectiveViewportChanged

FrameworkElement有効なビューポートが変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
FocusDisengaged

コントロールの境界からフォーカスが離されると発生します (ゲーム パッド/リモート操作の場合)。

FocusEngaged

コントロールの境界内でフォーカスが制限されている場合に発生します (ゲーム パッド/リモート操作の場合)。

GettingFocus

UIElement がフォーカスを受け取る前に発生します。 このイベントは、イベントのバブル中にフォーカスが移動されないように同期的に発生します。

(継承元 UIElement)
GotFocus

UIElement がフォーカスを受け取ったときに発生します。 このイベントは非同期的に発生するため、バブルが完了する前にフォーカスを再び移動できます。

(継承元 UIElement)
Holding

この要素のヒット テスト領域で、それ以外のハンドルされない ホールド 操作が発生したときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsEnabledChanged

IsEnabled プロパティが変更されたときに発生します。

KeyDown

UIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
KeyUp

UIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが離されると発生します。

(継承元 UIElement)
LayoutUpdated

レイアウト関連のプロパティが値を変更したり、レイアウトを更新するその他のアクションが原因で、ビジュアル ツリーのレイアウトが変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
Loaded

FrameworkElement が構築され、オブジェクト ツリーに追加され、操作の準備ができたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
Loading

FrameworkElement の読み込みが開始されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
LosingFocus

UIElement がフォーカスを失う前に発生します。 このイベントは、イベントがバブルしている間にフォーカスが移動されないように同期的に発生します。

(継承元 UIElement)
LostFocus

UIElement がフォーカスを失ったときに発生します。 このイベントは非同期的に発生するため、バブルが完了する前にフォーカスを再び移動できます。

(継承元 UIElement)
ManipulationCompleted

UIElement の操作が完了したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationDelta

操作中に入力デバイスが位置を変更したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationInertiaStarting

操作中に入力デバイスが UIElement オブジェクトとのコンタクトを失ったときと慣性が開始したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationStarted

入力デバイスが UIElement に対する操作を開始すると発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationStarting

操作プロセッサを初めて作成するときに発生します。

(継承元 UIElement)
NoFocusCandidateFound

ユーザーが (タブまたは方向矢印を使用して) フォーカスを移動しようとしたときに、移動方向にフォーカス候補が見つからないため、フォーカスが移動しない場合に発生します。

(継承元 UIElement)
PointerCanceled

連絡先を作成したポインターが異常に連絡先を失ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerCaptureLost

この要素によって以前に保持されていたポインター キャプチャが別の要素または別の場所に移動したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerEntered

ポインターがこの要素のヒット テスト領域に入ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerExited

ポインターがこの要素のヒット テスト領域から離れると発生します。

(継承元 UIElement)
PointerMoved

ポインターがこの要素のヒット テスト領域内に残っている間にポインターが移動したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerPressed

ポインター デバイスがこの要素内で Press アクションを開始したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerReleased

この要素内で、以前に Press アクションを開始したポインター デバイスが解放されたときに発生します。 Press アクションの終了が PointerReleased イベントを発生させる保証はされないことに注意してください。その他のイベントが発生する可能性があります。 詳細については、「解説」を参照してください。

(継承元 UIElement)
PointerWheelChanged

ポインター ホイールの差分値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewKeyDown

UIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewKeyUp

UIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが離されると発生します。

(継承元 UIElement)
ProcessKeyboardAccelerators

キーボード ショートカット (またはアクセラレータ) が押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
RightTapped

ポインターが要素の上にある間に右タップ入力刺激が発生したときに発生します。

(継承元 UIElement)
SizeChanged

ActualHeight または ActualWidth プロパティが FrameworkElement の値を変更したときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
Tapped

この要素のヒット テスト領域で、それ以外のハンドルされない Tap 操作が発生したときに発生します。

(継承元 UIElement)
Unloaded

このオブジェクトがメイン オブジェクト ツリーに接続されなくなったときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)

適用対象

こちらもご覧ください