Share via


Azure Kubernetes サービス (AKS) で Azure CNI ネットワークを構成する

この記事では、Azure CNI ネットワークを使用して、AKS クラスター用の仮想ネットワーク サブネットを作成して使用する方法を示します。 ネットワークのオプションと考慮事項について詳しくは、Kubernetes および AKS のネットワークの概念に関する記事をご覧ください。

前提条件

ネットワークを構成する

AKS クラスターの IP アドレス指定の計画に関する詳細については、「クラスターの IP アドレス指定を計画する」を参照してください。

  1. Azure portal にサインインします。

  2. ポータルの上部にある検索ボックスに「Kubernetes サービス」と入力し、検索結果から [Kubernetes サービス] を選択します。

  3. [+ 作成][Kubernetes クラスターを作成する] の順に選択します。

  4. [Kubernetes クラスターを作成する] で、次の情報を入力または選択します。

    設定
    プロジェクトの詳細
    サブスクリプション サブスクリプションを選択します。
    Resource group test-rg を選択します。
    クラスターの詳細
    クラスターのプリセット構成 既定値の [運用基準] のままにします。
    Kubernetes クラスター名 aks-cluster」と入力します。
    リージョン [(米国) 米国東部 2] を選択します。
    可用性ゾーン 既定値の [ゾーン 1、2、3] のままにします。
    AKS 価格レベル 規定値である [標準] のままにします。
    Kubernetes バージョン 既定値の [1.26.6] のままにします。
    自動アップグレード 既定値の [修正プログラムを使用して有効にする (推奨)] のままにします。
    認証と承認 既定値の [Kubernetes RBAC を使用したローカル アカウント] のままにします。
  5. [次へ: ノード プール >][次へ: ネットワーク >] の順に選択します。

  6. [ネットワーク] タブの [コンテナー ネットワーク] で、[Azure CNI] が選択されていることを確認します。

    Screenshot of the networking tab when creating an AKS cluster in the Azure portal.

  7. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。

  8. [作成] を選択します

次のステップ

IP の動的割り当てと拡張サブネットのサポートを備えた Azure CNI ネットワークを構成するには、「AKS での IP の動的割り当てと拡張サブネットのサポートのための Azure CNI ネットワークの構成」を参照してください。