Share via


API の編集

適用対象: すべての API Management レベル

このチュートリアルの手順では、API Management を使用して API を編集する方法を示します。

  • Azure portal で、操作を追加、名前変更、または削除することができます。
  • API の Swagger を編集することができます。

前提条件

API Management インスタンスに移動します。

  1. Azure portal で、[API Management サービス] を検索して選択します。

    [API Management サービス] を選択する

  2. [API Management サービス] ページで、ご自身の API Management インスタンスを選択します。

    API Management インスタンスを選択する

操作を編集する

API Management で API を編集するプロセスが強調表示されているスクリーンショット。

  1. [API] タブをクリックします。
  2. 前にインポートした API の 1 つを選びます。
  3. [デザイン] タブを選択します。
  4. 編集する操作を選びます。
  5. 操作の名前を変更するには、[フロントエンド] ウィンドウの鉛筆を選択します。

Swagger を更新する

次の手順に従って、Azure portal からバックエンド API を更新できます。

  1. [すべての操作] を選択します

  2. [フロントエンド] ウィンドウの鉛筆をクリックします。

    [フロントエンド] 画面の鉛筆アイコンが強調表示されているスクリーンショット。

    API の Swagger が表示されます。

    API の編集

  3. Swagger を更新します。

  4. [保存] をクリックします。

注意事項

API の現在以外のリビジョンを編集している場合、次のプロパティを変更することはできません。

  • 名前
  • 種類
  • 説明
  • サブスクリプションは必須です
  • API バージョン
  • API バージョンの説明
  • パス
  • プロトコル

編集を行ったことで、現在以外のリビジョンの上記のプロパティが変更された場合は、エラー メッセージ Can't change property for non-current revision が表示されます。

次のステップ