クイック スタート:Azure Application Gateway による Web トラフィックの転送 - Azure CLI

このクイックスタートでは、Azure CLI を使用してアプリケーション ゲートウェイを作成します。 さらに、それをテストし、正しく動作することを確認します。

アプリケーション ゲートウェイは、アプリケーション Web トラフィックをバックエンド プール内の特定のリソースに転送します。 リスナーをポートに割り当て、ルールを作成し、リソースをバックエンド プールに追加します。 わかりやすくするために、この記事では、パブリック フロントエンド IP アドレス、アプリケーション ゲートウェイで単一サイトをホストするための基本リスナー、基本要求ルーティング規則、およびバックエンド プール内の 2 つの仮想マシンを使用する簡単な設定を使用します。

アプリケーション ゲートウェイ リソース

また、Azure PowerShell または Azure portal を使用してこのクイックスタートを完了することもできます。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に Azure 無料アカウントを作成してください。

前提条件

  • Azure Cloud Shell で Bash 環境を使用します。 詳細については、Azure Cloud Shell の Bash のクイックスタートに関するページを参照してください。 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動する

  • CLI リファレンス コマンドをローカルで実行する場合、Azure CLI をインストールします。 Windows または macOS で実行している場合は、Docker コンテナーで Azure CLI を実行することを検討してください。 詳細については、「Docker コンテナーで Azure CLI を実行する方法」を参照してください。

    • ローカル インストールを使用する場合は、az login コマンドを使用して Azure CLI にサインインします。 認証プロセスを完了するには、ターミナルに表示される手順に従います。 その他のサインイン オプションについては、Azure CLI でのサインインに関するページを参照してください。

    • 初回使用時にインストールを求められたら、Azure CLI 拡張機能をインストールします。 拡張機能の詳細については、Azure CLI で拡張機能を使用する方法に関するページを参照してください。

    • az version を実行し、インストールされているバージョンおよび依存ライブラリを検索します。 最新バージョンにアップグレードするには、az upgrade を実行します。

  • この記事では、Azure CLI のバージョン 2.0.4 以降が必要です。 Azure Cloud Shell を使用している場合は、最新バージョンが既にインストールされています。

リソース グループの作成

Azure で、関連するリソースをリソース グループに割り当てます。 az group create を使用して、リソース グループを作成します。

次の例では、myResourceGroupAG という名前のリソース グループを eastus に作成します。

az group create --name myResourceGroupAG --location eastus

ネットワーク リソースを作成する

お客様が作成するリソースの間で Azure による通信が行われるには、仮想ネットワークが必要です。 アプリケーション ゲートウェイ サブネットには、アプリケーション ゲートウェイのみを含めることができます。 その他のリソースは許可されません。 Application Gateway 用に新しいサブネットを作成するか、既存のサブネットを使用することができます。 この例では 2 つのサブネットを作成します。1 つはアプリケーション ゲートウェイ用で、もう 1 つはバックエンド サーバー用です。 ユース ケースに従って、Application Gateway のフロントエンド IP を [パブリック] または [プライベート] に設定できます。 この例では、パブリック フロントエンド IP アドレスを選択します。

仮想ネットワークとサブネットを作成するには、az network vnet create を使用します。 az network public-ip create を実行して、パブリック IP アドレスを作成します。

az network vnet create \
  --name myVNet \
  --resource-group myResourceGroupAG \
  --location eastus \
  --address-prefix 10.21.0.0/16 \
  --subnet-name myAGSubnet \
  --subnet-prefix 10.21.0.0/24
az network vnet subnet create \
  --name myBackendSubnet \
  --resource-group myResourceGroupAG \
  --vnet-name myVNet   \
  --address-prefix 10.21.1.0/24
az network public-ip create \
  --resource-group myResourceGroupAG \
  --name myAGPublicIPAddress \
  --allocation-method Static \
  --sku Standard

バックエンド サーバーを作成する

バックエンドには、NIC、仮想マシン スケール セット、パブリック IP アドレス、内部 IP アドレス、完全修飾ドメイン名 (FQDN)、および Azure App Service のようなマルチテナント バックエンドを割り当てることができます。 この例では、アプリケーション ゲートウェイのバックエンド サーバーとして使用する 2 つの仮想マシンを作成します。 また、アプリケーション ゲートウェイをテストするために、仮想マシン上に NGINX もインストールします。

2 つの仮想マシンの作成

アプリケーション ゲートウェイが正常に作成されたことを確認するには、仮想マシンに NGINX Web サーバーをインストールします。 cloud-init 構成ファイルを使って、NGINX をインストールし、Linux 仮想マシンで "Hello World" Node.js アプリを実行することができます。 cloud-init の詳細については、「Azure での仮想マシンに対する cloud-init のサポート」を参照してください。

Azure Cloud Shell で、次の構成をコピーして、cloud-init.txt という名前のファイルに貼り付けます。 「editor cloud-init.txt」と入力してファイルを作成します。

#cloud-config
package_upgrade: true
packages:
  - nginx
  - nodejs
  - npm
write_files:
  - owner: www-data:www-data
  - path: /etc/nginx/sites-available/default
    content: |
      server {
        listen 80;
        location / {
          proxy_pass http://localhost:3000;
          proxy_http_version 1.1;
          proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
          proxy_set_header Connection keep-alive;
          proxy_set_header Host $host;
          proxy_cache_bypass $http_upgrade;
        }
      }
  - owner: azureuser:azureuser
  - path: /home/azureuser/myapp/index.js
    content: |
      var express = require('express')
      var app = express()
      var os = require('os');
      app.get('/', function (req, res) {
        res.send('Hello World from host ' + os.hostname() + '!')
      })
      app.listen(3000, function () {
        console.log('Hello world app listening on port 3000!')
      })
runcmd:
  - service nginx restart
  - cd "/home/azureuser/myapp"
  - npm init
  - npm install express -y
  - nodejs index.js

az network nic create を使用して、ネットワーク インターフェイスを作成します。 仮想マシンを作成するには、az vm create を使用します。

for i in `seq 1 2`; do
  az network nic create \
    --resource-group myResourceGroupAG \
    --name myNic$i \
    --vnet-name myVNet \
    --subnet myBackendSubnet
  az vm create \
    --resource-group myResourceGroupAG \
    --name myVM$i \
    --nics myNic$i \
    --image UbuntuLTS \
    --admin-username azureuser \
    --generate-ssh-keys \
    --custom-data cloud-init.txt
done

アプリケーション ゲートウェイの作成

az network application-gateway create を使用して、アプリケーション ゲートウェイを作成します。 Azure CLI を使用してアプリケーション ゲートウェイを作成するときは、容量、SKU、HTTP 設定などの構成情報を指定します。 すると、Azure により、ネットワーク インターフェイスのプライベート IP アドレスが、アプリケーション ゲートウェイのバックエンド プールにサーバーとして追加されます。

address1=$(az network nic show --name myNic1 --resource-group myResourceGroupAG | grep "\"privateIpAddress\":" | grep -oE '[^ ]+$' | tr -d '",')
address2=$(az network nic show --name myNic2 --resource-group myResourceGroupAG | grep "\"privateIpAddress\":" | grep -oE '[^ ]+$' | tr -d '",')
az network application-gateway create \
  --name myAppGateway \
  --location eastus \
  --resource-group myResourceGroupAG \
  --capacity 2 \
  --sku Standard_v2 \
  --public-ip-address myAGPublicIPAddress \
  --vnet-name myVNet \
  --subnet myAGSubnet \
  --servers "$address1" "$address2" \
  --priority 100

Azure によってアプリケーション ゲートウェイが作成されるのに最大 30 分かかる場合があります。 作成後は、 [アプリケーション ゲートウェイ] ページの [設定] セクションで次の設定を確認できます。

  • appGatewayBackendPool: [バックエンド プール] ページにあります。 これは、必要なバックエンド プールを指定します。
  • appGatewayBackendHttpSettings: [HTTP 設定] ページにあります。 これは、アプリケーション ゲートウェイがポート 80 を使用すること、および通信に HTTP プロトコルを使用することを指定します。
  • appGatewayHttpListener: [リスナー] ページにあります。 これは、appGatewayBackendPool に関連付けられている既定のリスナーを指定します。
  • appGatewayFrontendIP: [フロントエンド IP 構成] ページにあります。 これは、myAGPublicIPAddressappGatewayHttpListener に割り当てます。
  • rule1: [ルール] ページにあります。 appGatewayHttpListener に関連付けられている既定のルーティング規則を指定します。

アプリケーション ゲートウェイのテスト

Azure はアプリケーション ゲートウェイを作成するために NGINX Web サーバーを必要としませんが、このクイック スタートでは、Azure によってアプリケーション ゲートウェイが正常に作成されたかどうかを確認するために、NGINX をインストールしました。 新しいアプリケーション ゲートウェイのパブリック IP アドレスを取得するには、az network public-ip show を使用します。

az network public-ip show \
  --resource-group myResourceGroupAG \
  --name myAGPublicIPAddress \
  --query [ipAddress] \
  --output tsv

そのパブリック IP アドレスをコピーし、ブラウザーのアドレス バーに貼り付けます。 ​
アプリケーション ゲートウェイのテスト

ブラウザーを更新すると、2 番目の VM の名前が表示されるはずです。 これは、アプリケーション ゲートウェイが正常に作成され、バックエンドに正常に接続できることを示しています。

リソースをクリーンアップする

アプリケーション ゲートウェイと共に作成したリソースが不要になったら、az group delete コマンドを使用してリソース グループを削除します。 リソース グループを削除すると、アプリケーション ゲートウェイとそのすべての関連リソースも削除されます。

az group delete --name myResourceGroupAG

次のステップ