クイック スタート:SSMS を使用して Azure SQL Database または Azure SQL Managed Instance に接続してクエリを実行する

適用対象: Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance

このクイックスタートでは、SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して Azure SQL Database または Azure SQL Managed Instance に接続し、いくつかのクエリを実行する方法について説明します。

前提条件

このクイックスタートを完了するには、次のアイテムが必要です。

SSMS をインストールせずにいくつかのアドホック クエリを実行するだけの場合は、「クイックスタート:Azure portal のクエリ エディターを使用して Azure SQL Database に対してクエリを実行する」を参照してください。

サーバーの接続情報を取得する

自分のデータベースに接続するために必要な接続情報を取得します。 このクイックスタートを完了するには、完全修飾サーバー名またはホスト名、データベース名、およびログイン情報が必要になります。

  1. Azure portal にサインインします。

  2. クエリを実行するデータベースまたはマネージド インスタンスに移動します。

  3. [概要] ページで、SQL Database 内のデータベースの場合は [サーバー名] の横の完全修飾サーバー名を確認し、SQL マネージド インスタンスまたは VM 上の SQL Server インスタンスの場合は [ホスト] の横の完全修飾サーバー名 (または IP アドレス) を確認します。 サーバー名またはホスト名をコピーするには、名前をポイントして [コピー] アイコンを選択します。

Note

Azure VM 上の SQL Server の接続情報については、「SQL Server に接続する」を参照してください

データベースに接続する

Note

2021 年 12 月、18.6 より前の SSMS のリリースでは、MFA を使用した Azure Active Directory による認証が行われなくなります。

MFA で Azure Active Directory 認証を引き続き利用するには、SSMS 18.6 以降が必要です。

SSMS で、目的のサーバーに接続します。

重要

サーバーは、ポート 1433 でリッスンしています。 企業のファイアウォールの背後からサーバーに接続するには、そのファイアウォールでこのポートが開かれている必要があります。

  1. SSMS を開きます。

  2. [サーバーに接続] ダイアログ ボックスが表示されます。 次の情報を入力します。

    設定 推奨値 説明
    サーバーの種類 データベース エンジン 必須値。
    サーバー名 完全修飾サーバー名 servername.database.windows.net のようなものです。
    認証 SQL Server 認証 このチュートリアルでは、SQL 認証を使用します。
    Login サーバー管理者アカウントのユーザー ID サーバーを作成するために使用するサーバー管理者アカウントのユーザー ID。
    パスワード サーバー管理者アカウントのパスワード サーバーを作成するために使用するサーバー管理者アカウントのパスワード。

    [サーバーに接続]

Note

このチュートリアルでは SQL Server 認証を利用します。

  1. [サーバーに接続] ダイアログ ボックスの [オプション] を選択します。 [データベースへの接続] ドロップダウン メニューで、mySampleDatabase を選択します。 「前提条件」セクションのクイックスタートを完了すると、mySampleDatabase という名前の AdventureWorksLT データベースが作成されます。 AdventureWorks データベースの作業コピーの名前が mySampleDatabase と異なっている場合は、代わりにそれを選択します。

    サーバー上のデータベースに接続

  2. [接続] を選択します。 オブジェクト エクスプローラー ウィンドウが開きます。

  3. データベースのオブジェクトを表示するには、 [データベース] を展開してから、自分のデータベース ノードを展開します。

    mySampleDatabase オブジェクト

クエリ データ

次の SELECT Transact-SQL のコードを実行して、カテゴリごとに上位 20 個の製品を照会します。

  1. オブジェクト エクスプローラーで mySampleDatabase を右クリックし、 [新しいクエリ] を選択します。 データベースに接続された新しいクエリ ウィンドウが開きます。

  2. クエリ ウィンドウに、次の SQL クエリを貼り付けます。

    SELECT pc.Name as CategoryName, p.name as ProductName
    FROM [SalesLT].[ProductCategory] pc
    JOIN [SalesLT].[Product] p
    ON pc.productcategoryid = p.productcategoryid;
    
  3. ツールバーで、 [実行] を選択してクエリを実行し、Product テーブルおよび ProductCategory テーブルからデータを取得します。

    Product と ProductCategory のテーブルからデータを取得するためのクエリ

データの挿入

次の INSERT Transact-SQL のコードを実行して、SalesLT.Product テーブルに新しい製品を作成します。

  1. 前のクエリを次のクエリに置き換えます。

    INSERT INTO [SalesLT].[Product]
            ( [Name]
            , [ProductNumber]
            , [Color]
            , [ProductCategoryID]
            , [StandardCost]
            , [ListPrice]
            , [SellStartDate] )
      VALUES
            ('myNewProduct'
            ,123456789
            ,'NewColor'
            ,1
            ,100
            ,100
            ,GETDATE() );
    
  2. [実行] を選択して、新しい行を Product テーブルに挿入します。 メッセージ ペインに、 (1 行処理されました) と表示されます。

結果を表示する

  1. 前のクエリを次のクエリに置き換えます。

    SELECT * FROM [SalesLT].[Product]
    WHERE Name='myNewProduct'
    
  2. [実行] を選択します。 次の結果が表示されます。

    Product テーブルに対するクエリの結果

データの更新

次の UPDATE Transact-SQL コードを実行して、新しい製品を変更します。

  1. 上記のクエリを、前に作成した新しいレコードを返す次のクエリに置き換えます。

    UPDATE [SalesLT].[Product]
    SET [ListPrice] = 125
    WHERE Name = 'myNewProduct';
    
  2. [実行] を選択して、Product テーブルの指定した行を更新します。 メッセージ ペインに、 (1 行処理されました) と表示されます。

データの削除

次の DELETE Transact-SQL コードを実行して、新しい製品を削除します。

  1. 前のクエリを次のクエリに置き換えます。

    DELETE FROM [SalesLT].[Product]
    WHERE Name = 'myNewProduct';
    
  2. [実行] を選択して、Product テーブルの指定した行を削除します。 メッセージ ペインに、 (1 行処理されました) と表示されます。

次のステップ