支払い方法を追加、更新、または削除する

このドキュメントは、クレジット カードを使用して Azure オンラインにサインアップされているお客様を対象としています。

Azure portal では、既定の支払い方法から新しいクレジット カードへの変更と、クレジット カードの詳細の更新を行うことができます。 Azure サブスクリプションの支払いに使用する支払い方法を削除することもできます。

  • Microsoft オンライン サービス プログラム (従量課金制) のアカウントの場合、ユーザーはアカウント管理者である必要があります。
  • Microsoft 顧客契約の場合、これらの変更を行うには、適切な MCA アクセス許可を持っている必要があります。

Microsoft Azure でサポートされている支払い方法は、クレジット カード、デビット カード、小切手/電信送金です。 小切手/電信送金による支払いの承認を得る場合は、「Azure サブスクリプションの小切手または電信送金による支払い」を参照してください。

注意

Azure では、バーチャル カードやプリペイド カードはサポートされていません。 クレジット カードを利用でき、デビット カードはほとんどの国または地域で利用できます。

  • 香港とブラジルでサポートされるのはクレジット カードのみとなります。
  • インドでは、Visa と Mastercard によるデビット カードとクレジット カードをサポートしています。

Microsoft 顧客契約では、支払い方法は課金プロファイルに関連付けられています。 Microsoft 顧客契約にアクセスする方法をご覧ください。

新しいサブスクリプションを作成するときに、新しいクレジット カードを指定できます。 これを行っても、他のサブスクリプションが新しいクレジット カードに関連付けられることはありません。 ただし、後で次のいずれかの変更を行った場合は、選択した支払い方法が "すべてのサブスクリプション" で使用されるようになります。

  • [アクティブに設定] オプションを使用して支払い方法をアクティブにする
  • 任意のサブスクリプションに対して [置換] の支払いオプションを使用する
  • 既定の支払い方法を変更する

注意

インドの予約銀行には、インドのクレジット カードのユーザーに影響するクレジット カード情報を格納するための新しい規制 (Tokenisation – カード取引: カードオンファイル Tokenisation (CoFT) サービスの許可) があります。 要約すると、インドのお客様は、クレジット カード情報を Azure に保存して、定期的に課金することはできません。 代わりに、Azure サービスの支払いを行うたびにクレジット カード情報を入力する必要があります。 詳細については、インド準備銀行に関する項目を参照してください。

従量課金制のクレジットカードを管理する

以降のセクションは、Microsoft Online Services Program 課金アカウントを持つお客様に適用されます。 課金アカウントの種類を確認する方法をご覧ください。 課金アカウントの種類が Microsoft Online Services Program である場合、支払い方法は個別の Azure サブスクリプションに関連付けられています。 クレジット カードを追加したあとでエラーが発生する場合は、「Azure へのサインアップ時にクレジット カード拒否される」を参照してください。

新しいクレジット カードを追加してすべてのサブスクリプションのクレジット カードを変更する

Azure サブスクリプションの既定のクレジット カードを、新しいクレジット カードまたは Azure portal で以前に保存したクレジット カードに変更できます。 クレジット カードを変更するには、アカウント管理者である必要があります。

複数のサブスクリプションに同じアクティブな支払い方法が指定されている場合は、これらのうちのいずれかのサブスクリプションの既定の支払い方法を変更すると、それ以外のサブスクリプションのアクティブな支払い方法も更新されます。

次の手順に従って、サブスクリプションの既定のクレジット カードを新しいものに変更できます。

  1. Azure Portal にアカウント管理者としてサインインします。
  2. "コスト管理 + 請求" を検索します。
    検索を示すスクリーンショット。
  3. クレジット カードを追加するサブスクリプションを選択します。
  4. [支払い方法] を選択します。
    [支払い方法の管理] オプションが選択されていることを示すスクリーンショット。
  5. 左上隅にある [+ 追加] を選択して、カードを追加します。 クレジット カードのフォームが右側に表示されます。
  6. クレジット カードの詳細を入力します。
    新しいカードの追加を示すスクリーンショット。
  7. このカードを既定の支払い方法にするには、フォームの上にある [Make this my default payment method](これを既定の支払方法にする) を選択します。 選択したサブスクリプションと同じカードを使用しているすべてのサブスクリプションで、このカードがアクティブな支払い方法になります。
  8. [次へ] を選択します。

サブスクリプションのクレジット カードを前に保存したクレジット カードに置き換えます

また、次の手順に従って、サブスクリプションの既定のクレジット カードをアカウントに保存済みのものに置き換えることもできます。 この手順では、他のすべてのサブスクリプションのクレジット カードを変更します。

  1. Azure Portal にアカウント管理者としてサインインします。
  2. "コスト管理 + 請求" を検索します。
    [コスト管理 + 請求] の検索を示すスクリーンショット。
  3. クレジット カードを追加するサブスクリプションを選択します。
  4. [支払い方法] を選択します。 [支払い方法の管理] オプションを示すスクリーンショット。
  5. [置換] を選択して、現在のクレジット カードを選択したものに変更します。 [置換] オプションを示すスクリーンショット。
  6. [Replace default payment method](既定の支払方法を置き換える) で、既定のクレジット カードを置き換える別のクレジット カードを選択し、 [次へ] を選択します。 [Replace default payment method]\(既定の支払方法を置き換える\) ボックスを示すスクリーンショット。
  7. しばらくすると、支払い方法が変更されたこと示す確認メッセージが表示されます。

クレジット カードの詳細を編集する

クレジット カードを更新しても、番号が元のままである場合は、有効期限など、既存のクレジット カードの詳細情報を更新します。 カードの紛失、盗難、期限切れなどの理由でクレジット カード番号が変更された場合は、支払い方法としてクレジット カードを追加するセクションの手順に従います。 CVV を更新する必要はありません。

  1. Azure Portal にアカウント管理者としてサインインします。
  2. "コスト管理 + 請求" を検索します。 検索のスクリーンショット。
  3. [支払い方法] を選択します。 [支払い方法の管理] を示すスクリーンショット
  4. 編集するクレジット カードを選択します。 クレジット カードのフォームが右側に表示されます。 [支払方法の編集] を示すスクリーンショット。
  5. クレジット カードの詳細を更新します。
  6. [次へ] を選択します。

Microsoft 顧客契約のクレジット カードを管理する

以降のセクションは、Microsoft 顧客契約を締結し、クレジット カードを使用して Azure にオンラインでサインアップしたお客様と、適切な MCA アクセス許可を持つお客様に適用されます。 Microsoft 顧客契約にアクセスできるかどうかを確認する方法をご覧ください

既定のクレジット カードを変更する

Microsoft 顧客契約を結んでいる場合、クレジット カードは課金プロファイルに関連付けられています。 課金プロファイルの支払い方法を変更するには、Azure にサインアップして課金アカウントを作成済みのユーザーであるか、適切な MCA アクセス許可を持っている必要があります。

課金プロファイルの既定の支払い方法を小切手/電信送金に変更する場合は、Azure サブスクリプションの請求書による支払いに関する記事を参照してください。

クレジット カードを変更するには、次の手順に従います。

  1. Azure portal にサインインします。
  2. [コストの管理と請求] で検索します。
  3. 左側のメニューで、 [課金プロファイル] を選択します。
  4. 課金プロファイルを選択します。
  5. 左側のメニューで [支払い方法] を選択します。
    メニューの支払い方法を示すスクリーンショット。
  6. [既定の支払方法] セクションで、 [変更] を選択します。
    [置換] を示すスクリーンショット。
  7. 右側の新しい領域で、ドロップダウンから既存のカードを選択するか、青色の [新しい支払方法を追加] リンクを選択して新しく追加します。

クレジット カードを編集する

Azure portal で、クレジット カードの詳細を編集できます (有効期限の更新など)。

クレジット カードを編集するには、次の手順に従います。

  1. Azure portal にサインインします。
  2. [コストの管理と請求] で検索します。
  3. 左側のメニューで、 [課金プロファイル] を選択します。
  4. 課金プロファイルを選択します。
  5. 左側のメニューで [支払い方法] を選択します。
    メニューの支払い方法を示すスクリーンショット。
  6. [クレジット カード] セクションで、編集するクレジット カードを見つけます。
  7. 行の末尾にある省略記号 (...) を選択します。
    省略記号を示すスクリーンショット。
  8. クレジット カードの詳細を編集するには、コンテキスト メニューから [編集] を選択します。

Azure の課金の支払い方法を削除する

以下の情報は、各種 Azure サブスクリプションから支払い方法 (クレジット カードなど) を削除する手順を説明します。 以下についての支払い方法を削除できます。

  • Microsoft 顧客契約 (MCA)
  • Microsoft Online Services プログラム (MOSP)。従量課金制とも呼ばれます

関連付けられている支払い方法を削除するためには、Azure サブスクリプションの種類に関係なく、それを取り消す必要があります。

Microsoft Partner Agreement や Enterprise Agreement など、他の種類の Azure サブスクリプションの支払い方法を削除することはできません。

MCA の支払い方法を削除する

支払い方法を削除できるのは、Microsoft 顧客契約アカウントを作成したユーザーだけです。

Microsoft 顧客契約の支払い方法を削除するには、次の手順を実行します。

  1. Azure Portal ( https://portal.azure.com/ ) にサインインします。
  2. [コストの管理と請求] に移動します。
  3. 必要に応じて、課金スコープを選択します。
  4. 左側のメニューで、 [課金][課金プロファイル] を選択します。
    Azure portal の課金プロファイルの表示例のスクリーンショット。
  5. 課金プロファイルの一覧から、目的の支払い方法が使用されているものを選択します。
    課金プロファイルの一覧の表示例を示すスクリーンショット。
  6. 左側のメニュー一覧の [設定][支払い方法] を選択します。
  7. 自分の課金プロファイルの支払い方法ページの [クレジット カード] セクションに、支払い方法の表が表示されます。 削除したいクレジット カードを探して省略記号 ( ) を選択し、 [削除] を選択します。
    クレジット カードの削除画面の例を示すスクリーンショット。
  8. [Delete a payment method](支払い方法の削除) ページが表示されます。 その支払い方法が使用中であるかどうかが、Azure によってチェックされます。
    • 支払い方法が使用中でない場合、 [削除] オプションが有効になります。 それを選択すると、クレジット カード情報が削除されます。
    • 支払い方法が使用中である場合は、交換またはデタッチする必要があります。 引き続き以降のセクションをお読みください。 自分のサブスクリプションで使用中の支払い方法をデタッチする方法が説明されています。

MCA の課金プロファイルで使用されている支払い方法をデタッチする

自分の支払い方法が MCA の課金プロファイルで使用されている場合、次の例のようなメッセージが表示されます。

支払い方法が Microsoft 顧客契約で使用されていることを示す画面例のスクリーンショット。

支払い方法をデタッチするには、一連の条件を満たす必要があります。 1 つでも条件を満たしていない場合、その条件を満たす方法についての手順が表示されます。 また、その状況を解決することができる場所へのリンクも表示されます。

すべての条件が満たされると、課金プロファイルから支払い方法をデタッチすることができます。

Note

既定の支払い方法がデタッチされると、その課金プロファイルは "非アクティブ" 状態になります。 この手順で削除した内容は一切回復できなくなります。 課金プロファイルが非アクティブ状態になった後は、新しい Azure サブスクリプションにサインアップして新しいリソースを作成する必要があります。

支払い方法をデタッチするには

  1. [Delete a payment method](支払い方法の削除) 領域で、 [Detach the current payment method](現在の支払い方法をデタッチする) リンクを選択します。
  2. すべての条件が満たされている場合は、 [デタッチ] を選択します。 使用する場合は、次の手順に進みます。
  3. [デタッチ] が利用できない場合、条件の一覧が表示されます。 一覧に表示されているアクションを実行してください。 [Detach the default payment method](既定の支払い方法をデタッチする) 領域に表示されているリンクを選択します。 次に示したのは、実行が必要なアクションについて説明する是正措置の例です。
    MCA の支払い方法をデタッチするために必要な是正措置を示す画面例のスクリーンショット。
  4. 是正措置のリンクを選択すると、アクションを実行するための Azure ページにリダイレクトされます。 必要な是正措置をすべて行ってください。
  5. 必要に応じて、他の是正措置をすべて済ませます。
  6. [コストの管理と請求]>[課金プロファイル]>[支払い方法] に戻ります。 [デタッチ] を選択します。 [Detach the default payment method](既定の支払い方法をデタッチする) ページの一番下にある [デタッチ] を選択します。

Note

  • サブスクリプションの取り消し後、そのサブスクリプションが削除されるまでに最大 90 日かかる場合があります。
  • 支払い方法を削除できるのは、課金プロファイルに対する以前の請求金額がすべて決済された後となります。 現時点で請求期間がアクティブな場合は、その請求期間の終了を待ってから自分の支払い方法を削除する必要があります。 請求期間の終了を待つ間、デタッチに必要なその他の条件がすべて満たされていることを確認してください

従量課金制 (MOSP) の支払い方法を削除する

支払い方法を削除するには、アカウント管理者である必要があります。

支払い方法がサブスクリプションで使用されている場合は、次の手順を実行します。

  1. Azure Portal ( https://portal.azure.com/ ) にサインインします。
  2. [コストの管理と請求] に移動します。
  3. 必要に応じて、課金スコープを選択します。
  4. 左側のメニュー一覧の [課金][支払い方法] を選択します。
  5. [支払い方法] 領域で、支払い方法がオンになっている行の省略記号 [...] を選択してから、 [削除] を選択します。 MOSP の支払い方法をデタッチするために必要な是正措置を示す画面例のスクリーンショット。
  6. すべての条件を満たしている場合、[Delete a payment method](支払い方法の削除) 領域の [削除] を選択します。 [削除] が選択できない場合は、次の手順に進んでください。
  7. 条件の一覧が表示されます。 一覧に表示されているアクションを実行してください。 [Delete a payment method](支払い方法の削除) 領域に表示されているリンクを選択します。
    支払い方法が従量課金制サブスクリプションで使用されていることを示す例のスクリーンショット。
  8. 是正措置のリンクを選択すると、アクションを実行するための Azure ページにリダイレクトされます。 必要な是正措置をすべて行ってください。
  9. 必要に応じて、他の是正措置をすべて済ませます。
  10. [コストの管理と請求]>[課金プロファイル]>[支払い方法] に戻り、支払い方法を削除します。

Note

サブスクリプションの取り消し後、そのサブスクリプションが削除されるまでに最大 90 日かかる場合があります。

トラブルシューティング

Azure では、バーチャル カードやプリペイド カードはサポートされていません。 有効なクレジット カードを追加または更新するときにエラーが発生する場合は、ブラウザーをプライベート モードで開いてみてください。

よく寄せられる質問

次のセクションでは、クレジット カードの情報の変更についてよく寄せられる質問に回答します。

"ログイン セッションの期限が切れています。 ここをクリックして、ログインし直してください。" という表示が消えないのはなぜですか。

既にログアウトして再ログインしている場合にも、このエラー メッセージが続けて表示される場合は、プライベート ブラウズ セッションを使用して再試行してください。

サブスクリプションごとに異なるカードを使用するには、どうしたらいいですか。

前に説明したように、新しいサブスクリプションを作成するときに、新しいクレジット カードを指定できます。 これを行っても、他のサブスクリプションが新しいクレジット カードに関連付けられることはありません。 それぞれに一意のクレジット カードが関連付けられた、複数の新しいサブスクリプションを追加することができます。 ただし、後で次のいずれかの変更を行った場合は、選択した支払い方法が "すべてのサブスクリプション" で使用されるようになります。

  • [アクティブに設定] オプションを使用して支払い方法をアクティブにする
  • 任意のサブスクリプションに対して [置換] の支払いオプションを使用する
  • 既定の支払い方法を変更する

支払いの手順を教えてください。

支払い方法としてクレジット カードを設定している場合、各請求期間の終了後にカードから自動的に支払われます。 何も行う必要はありません。

請求書による支払を行っている場合、請求書の下部に記載されている場所に請求書を送付します。

税 ID を変更する方法を教えてください。

税 ID を追加または更新するには、Azure portal のプロファイルを更新し、[納税記録] を選択します。 この税 ID は、免税の計算に使用され、請求書に表示されます。

アカウントの種類を確認する

  1. Azure portal にサインインします。

  2. [コストの管理と請求] で検索します。

    Azure portal での [コストの管理と請求] の検索を示すスクリーンショット。

  3. 1 つの課金スコープのみにアクセスできる場合は、左側から [プロパティ] を選択します。

    [プロパティ] ページで Microsoft 顧客契約を示すスクリーンショット

    プロパティ ページの [請求先アカウントの種類] によって、アカウントの種類が決まります。 Microsoft Online Services プログラム、マイクロソフト エンタープライズ契約、Microsoft 顧客契約、Microsoft Partner Agreement の場合があります。 課金アカウントの種類の詳細については、「Azure portal での課金アカウントの表示」を参照してください。

  4. アクセスできる課金スコープが複数ある場合は、 [請求先アカウントの種類] 列で種類を確認します。

    請求先アカウントの一覧ページで Microsoft 顧客契約を示すスクリーンショット

お困りの際は、 お問い合わせください。

ご質問がある場合やヘルプが必要な場合は、サポート リクエストを作成してください。

次のステップ

  • Azure の予約について学習し、コストを節約できるかどうか確認してください。