かんばんボードの列を管理する

Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2022 - Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018

かんばんボードは、チームが作業項目を進めるときに定期的に発生する作業や引き継ぎの種類など、チームのワークフローを視覚化するために役立ちます。 かんばんボード上の各列は、そのステージを完了したと見なす前にチームが実行する作業に対応しています。

注意

注意

前提条件

  • チーム設定を構成するには、チーム管理者ロールに追加されるか、プロジェクト管理者セキュリティ グループのメンバーである必要があります。 追加するには、チーム管理者の追加に関する記事または「プロジェクト レベルのアクセス許可を変更する」を参照してください。
  • すべてのバックログとボードの機能を使うには、基本アクセス権以上が割り当てられている必要があります。 利害関係者アクセス権を持つユーザーが実行できるのは、ボードの作業項目を編集することと、作業項目に既存のタグを追加することのみです。 利害関係者は、作業項目を追加したり、カードに表示されるフィールドを更新したりすることはできません。 詳細については、「アクセス レベルについて」を参照してください。
  • チーム設定を構成するには、チーム管理者ロールに追加されるか、プロジェクト管理者セキュリティ グループのメンバーである必要があります。 追加するには、チーム管理者の追加に関する記事または「プロジェクト レベルのアクセス許可を変更する」を参照してください。
  • すべてのバックログとボードの機能を使うには、基本アクセス権以上が割り当てられている必要があります。 利害関係者アクセス権を持つユーザーが実行できるのは、ボードの作業項目を編集することと、作業項目に既存のタグを追加することのみです。 利害関係者は次のタスクを実行できません。 詳細については、「アクセス レベルについて」を参照してください。
    • ボードに作業項目を追加する
    • 作業項目をドラッグ アンド ドロップして状態を更新したり、カードを並べ替えたりする
    • カードに表示されるフィールドを更新する

次のタスクを完了すると、構成を再検討する必要がなくなります。

  • バックログまたはボードに表示するカスタム作業項目の種類を追加します。 詳細については、「作業項目の種類の追加と管理」を参照してください。
  • プロダクトおよびポートフォリオ バックログをカスタマイズします。 カスタマイズすると、選んだ作業項目の種類がバックログとボードに表示されるようになります。 詳細については、バックログとボードのカスタマイズに関する記事を参照してください。
  • ワークフローの状態をカスタマイズします。 各ワークフローの状態はかんばんボードの列として表示されます。 詳しくは、「ワークフローをカスタマイズする」をご覧ください。

次の記事を確認することをお勧めします。

ワークフローの状態をマップする

かんばんボードでは、[作業項目の種類][状態] のカテゴリを使って、同じ方法で処理する作業項目をグループ化します。

  1. チームのワークフローを特定します。 ワークフローの例とその説明をまとめた次の表を参照してください。

    ワークフロー 説明
    Backlog チームで取り組む準備ができていない作業項目の優先順位付きリストを作成します
    分析 十分に理解され、共有されている受け入れ基準と、その項目の開発とテストに必要な全体的な作業を特定します
    開発 その項目の単体テストをコーディングして実行します
    テスト 探索的、自動、統合などのテストを実行します
    完了 項目の準備ができたので運用環境に引き継ぎします
  2. 作業項目の種類と、どのボードに表示されるかを把握してください。

    作業項目の種類のカテゴリ 作業項目が表示される場所
    要件 プロダクト ボード上のみ
    特徴量 機能ポートフォリオ ボード上のみ
    エピック エピック ポートフォリオ ボード上のみ
    Custom カスタム ポートフォリオ ボード上のみ

    ヒント

    ワークフローの各状態をかんばん列にマップすることをお勧めします。マップされていない場合は、かんばんボードに表示されないからです。

  3. 次に示す 4 つのカテゴリのいずれかを使って、作業項目の種類ごとにワークフローの [状態] を指定します。

    状態のカテゴリ 説明
    提案 最初のかんばんボード列は、各作業項目の既定の状態に自動的にマップされます
    進行中 各 WIT と列に対してワークフローの状態を指定する必要があります
    完了 最後のかんばんボード列にのみマップできます
    削除済み ワークフローの状態を指定する必要はありません

Note

かんばんボードにバグや他の作業項目を追加すると、新しいワークフローの状態が作成されることがあり、次のような場合は列と状態のマッピングを調整する必要があります。

列の追加と編集

列のタイトルと選択肢は、プロジェクトの作成に使ったプロセスと、チームがバグを要件やタスクのように扱うことを選んだかどうかに応じて変わります。

列を追加および編集するには、以下の手順を実行します。

  1. かんばんボードを開きます

  2. [チームの設定を構成します] を選んでボードを構成し、全般的なチーム設定を構成します。

    Screenshot that shows open board settings for a team.

  3. [列] を選んでから列タブを選ぶと、変更できるすべての設定が表示されます。 列の初期設定は次の画像のような設定です。

    Screenshot that shows the Settings dialog and selection of an Active column.

  4. ワークフロー ステージに対応するように列のタイトルを変更します。 列の追加、名前の変更、移動を行って、他のステージをサポートすることができます。

    最初の 3 つの列の名前を「バックログ」、「分析」、「開発」に変更します。 次に列を追加し、「テスト」というラベルを付けます。

    列の名前はかんばんボードから直接変更できます。

    Screenshot showing renaming a column directly on a board.

    または、ダイアログを開いて、かんばん列の 1 つ以上の設定を変更することもできます。

    Screenshot that shows the Settings dialog and selections for adding a Test column.

  5. 列の順序を変更するには、列タブを目的の位置までドラッグします。

  6. 列を削除するには、まず、その列に作業項目が含まれていないことを確認します。 含まれている場合は、項目を別の列に移動します。 その後、以下を実行します。

    1. [設定] を開き、[列] を選び、列タブから [アクション] を選びます。
    2. メニューから [削除] を選びます。

    Screenshot that shows the selections for deleting a column in the Settings dialog.

  7. 追加された列、追加されたワークフローの状態、または追加された WIT の状態マッピングを必要に応じて変更します

    通常、[バグの作業] 設定を変更するとき、WIT を [要件] カテゴリに追加するとき、またはワークフローをカスタマイズするときは、状態のマッピングを更新する必要があります。

  8. 変更が完了したら、[保存] を選びます。

  1. かんばんボードを開きます。 チーム管理者でない場合は、チーム管理者として追加するよう依頼します。 かんばんボードをカスタマイズできるのは、チームとプロジェクトの管理者のみです。

  2. [設定] を選び、かんばんボードの共通構成設定ダイアログを開きます。

    Screenshot that shows the Settings icon on the Kanban board.

  3. [列] を選んでから列タブを選ぶと、変更できるすべての設定が表示されます。 列の初期設定は次の例のような内容です。

    Screenshot that shows column settings in the Settings dialog.

  4. ワークフロー ステージに対応するように列のタイトルを変更します。 列の追加、名前の変更、移動を行って、他のステージをサポートすることができます。

    1、2、3 列目の名前を「バックログ」、「分析」、「開発」に変更します。 次に列を追加し、「テスト」というラベルを付けます。

    列の名前はかんばんボードから直接変更できます。

    Screenshot that shows renaming a column directly on a Kanban board.

    または、ダイアログを開いて、かんばん列の 1 つ以上の設定を変更することもできます。

    Screenshot that shows the Settings dialog and selections for adding a Test column.

  5. 列の順序を変更するには、列タブを目的の位置までドラッグします。

  6. 列を削除するには、まず、その列に作業項目が含まれていないことを確認します。 含まれている場合は、項目を別の列に移動します。 次に、列タブの [アクション] を選び、メニューから [削除] を選びます。

    Screenshot that shows the selections for deleting a column in the Settings dialog.

  7. 追加された列、追加されたワークフローの状態、または追加された WIT の状態マッピングを必要に応じて変更します

    通常、[バグの作業] 設定を変更するとき、WIT を [要件] カテゴリに追加するとき、またはワークフローをカスタマイズするときは、状態のマッピングを更新する必要があります。

  8. 変更が完了したら、[保存] を選びます。

状態の更新と項目の引き継ぎ

作業項目をドラッグ アンド ドロップすると、状態が更新されます。 たとえば、ダウンストリーム ステージで作業が始まるときに通知するには、次の列に項目をドラッグします。

Screenshot that shows dragging an item from the Analyze column to the Develop column.

ボード上のある列から他の列に、またはその反対方向に項目を移動できます。 他のメンバーに作業を引き継ぐには、ボードから直接再割り当てを行います。

Screenshot that shows assigning an item from a Kanban board.

引き継ぎを受けるメンバーは、アラートを設定することで、新しく割り当てられた作業のメール通知をすぐに受信できます。

チームの優先順位を変更する

列内で項目を上下にドラッグします。 Screenshot that shows moving an item within a column.

かんばん列の状態を追跡する

クエリ ツールを使って、レビュー、トリアージ、更新、またはグラフ生成のために作業項目のサブセットを一覧表示します。 たとえば、アクティブなユーザー ストーリーをすべて一覧表示するクエリを作成できます (Work Item Type=User StoryState=Active の 2 つの句を指定します)。

WIP の制限分割列完了の定義を指定します。

列の分割

各列は 1 つのステージの作業に対応しているため、各ステージで進行中の項目数をすぐに確認できます。 ただし、作業が列に移動されてから作業が実際に始まるまでに、多くの場合、時間差が生じます。 その遅れに対抗し、進行中の作業の実際の状態を明らかにするために、分割列をオンにすることができます。 分割すると、各列には [実行中] と [完了] という 2 つのサブ列があります。

Screenshot showing Kanban with split columns.

分割列を使うと、ワークフロー プロセス内にプル メカニズムを実装できます。 列の分割を使わない場合、チームは作業を先に進めて、作業のステージが完了したことを通知します。 ただし、それを次のステージに進めることは、必ずしもチーム メンバーがその項目の作業をすぐに開始することを意味するわけではありません。

分割列を使うと、チームは、作業開始を待機してアイドル状態になっている項目数を正確に把握できます。 ワークフロー プロセスの各ステージでアイドル状態になっている項目の量をよりわかりやすく視覚化できます。

[実行中] 列と [完了] 列に項目を移動する

分割列を有効にすると、これまでと同じようにかんばんボード上の項目の状態を更新できます。 ただし、ある項目の作業が完了したら、下流の列ではなく [完了] に移動します。 次のチーム メンバーは、次に優先順位が高い項目に取り組むことができるようになると、その項目を [実行中] に移動して、自分に再割り当てします。

たとえば、チーム メンバーがコーディング タスクを完了すると、その項目を [開発] 列の [完了] に移動します。 テスト担当者は、その項目をテストする準備ができたら、[テスト] 列の [実行中] に取り込みます。

Screenshot showing Kanban board with split column.

ボトルネックの特定

分割列では、[完了] 列でアイドル状態になっている項目数をさらに詳しく把握することができます。 ボトルネックになりそうな項目が山積みになると、チームはすぐに確認できます。

Screenshot of Kanban board, split columns showing stacked items.

山積みになる頻度とその発生場所を確認することで、ボトルネックを解消するようにプロセスを調整できます。 ボトルネックがない、または少ないワークフロー プロセスは、完璧なフローに相当します。 どのキューにも項目がありません

分割する列を選ぶ

列を分割する前に、必ずチームのプロセスの各ステージをかんばん列にマップしておきます。 列を分割するのは、明確な引き継ぎが存在し、項目を次のステージに取り込む操作をチームに任せる場合のみです。

  1. かんばんボードを開き 歯車アイコンを選んでボードを構成し、全般的なチーム設定を構成します。

    Screenshot of Open board settings for a team, vertical navigation.

  2. [列] を選び、分割する列タブを選びます。 チェック ボックスをオンにすると、列は分割されます。

    Note

    列のタイトルと選択肢は、プロジェクトの作成に使ったプロセスと、チームがバグを要件やタスクのように扱うことを選んだかどうかに基づいて異なります。

    Screenshot of Kanban board settings page, Split columns.

  3. 完了したら、[保存] を選択します。

    ヒント

    [ボードの列が完了しました] フィールドを使って、クエリをフィルター処理することやグラフを作成することができます。

  1. かんばんボードを開き 歯車アイコンを選んで、かんばんボードの共通構成設定ダイアログを開きます。

    Screenshot of Kanban board, open common configuration settings.

  2. [列] を選び、分割する列タブを選びます。 チェック ボックスをオンにすると、列は分割されます。

    Note

    列のタイトルと選択肢は、プロジェクトの作成に使ったプロセスと、チームがバグを要件やタスクのように扱うことを選んだかどうかに基づいて異なります。

    Screenshot of Kanban board settings dialog, Split columns.

  3. 変更が完了したら、[保存] を選びます。

    ヒント

    [ボードの列が完了しました] フィールドを使って、クエリをフィルター処理することやグラフを作成することができます。

[実行中] または [完了] の作業項目を一覧表示する

[ボードの列が完了しました] フィールドを使うと、分割列の作業項目のクエリを実行できます。 このフィールドは [実行中] 列の場合は False、[完了] 列の場合は True の値になります。

ボードの列のクエリを実行する例については、割り当てまたはワークフローの変更によるクエリに関する記事をご覧ください。

完成の定義を列に追加します。

チームが作業をあるステージから次のステージに進めるときは、何をもって "完了" とするかについて共通の理解を持つことが極めて重要です。かんばんの各列で、完了の定義の条件を定義できます。 そうすることで、チームは項目を次のステージに進める前に完了する必要のあるタスクを特定できます。 このタスクにより、かんばんの基本的な考え方の 1 つである "プロセスとポリシーを明示する" も実装されます。

チーム メンバーは、情報ツールヒント 情報アイコンを選ぶことで、条件を満たしていることをすぐに再確認できます。

Screenshot showing information tooltip of Definition of Done.

  1. かんばんボードを開きます。

  2. 歯車アイコンを選び、ボードの構成と一般的なチーム設定を行います。

    Screenshot of the settings gear highlighted for selection.

  3. [列] を選び、次に列タブを選んで、その列の完成の定義を構成します。

    Screenshot showing the columns management screen, entering plain text for Definition of Done.

  4. 変更が完了したら、[保存] を選びます。

  1. かんばんボードを開きます。

  2. settings iconを選び、かんばんボードの共通構成設定ダイアログを開きます。

    Screenshot showing the settings gear highlighted for selection.

  3. [列] を選び、次に列タブを選んで、その列の完成の定義を構成します。 チームのかんばんボードで、中間列ごとに完成の定義を指定できます。

    Screenshot of columns management screen, entering plain text for Definition of Done.

  4. 変更が完了したら、[保存] を選びます。

その他のタスクを実行する

かんばんボードをさらに活用できるように、タスクとそれに関連する記事を次の表にまとめました。

[アーティクル] タスク
バックログ、ボード、クエリ、計画の対話的なフィルター処理に関する記事を参照してください。 チーム メンバーまたはスプリントへの割り当て、タグ、親機能に基づいてボードをフィルター処理し、選んだ作業に焦点を当てます。
更新の状態 ドラッグ アンド ドロップ操作でワークフローの状態を更新します。
優先順位を変更する カードを並べ替えて作業項目の優先順位を変更します。
カードのカスタマイズ 値を確認し、キー フィールドに簡単に割り当てます。
ボード列の状態を追跡する ボード列に基づいてクエリとグラフを作成します。
累積フロー ダイアグラムの表示と構成 列の割り当てに基づいて累積フロー ダイアグラムを確認します。