かんばん列の完了条件の定義を指定する

Azure DevOps Services |Azure DevOps Server 2022 - Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018

ある段階から次のステージに進むにつれて、チームが作業の状態を更新すると、"完了" の意味に同意するのに役立ちます。 各かんばん列の [完了の定義] 条件を指定して、チームが "完了" の意味に同意できるように支援します。 "完了" とは、項目をダウンストリーム ステージに移動する前に完了する必要がある重要なタスクを特定するのに役立ちます。 また、主要なかんばんの教義の 1 つを実装します。 プロセスとポリシーを明示的にします。

設定すると、チーム メンバーは完了した条件をすばやく再確認できます。

完了の定義

作業を開始したばかりの場合は、 かんばんの基本 を確認して、かんばんを実装する方法の概要を確認してください。

前提条件

  • 構成するかんばんボードが必要です。 チームを追加するときは、そのチームのかんばんボードを追加します。 詳細については、「 チームとアジャイル ツールについて」を参照してください。
  • チーム設定を構成するには、チーム管理者ロールに追加するか、 プロジェクト管理者 セキュリティ グループのメンバーである必要があります。 追加するには、「 チーム管理者の追加 」または 「プロジェクト レベルのアクセス許可の変更」を参照してください。
  • Basic アクセス以上を割り当てられたユーザーは、すべてのバックログ機能とボード機能を実行できます。
  • 関係者アクセス権が割り当てられたユーザーには、バックログ機能とボード機能へのアクセスが制限されています。 利害関係者は、ボード上の作業項目を編集し、既存のタグを作業項目に追加できます。 ボードに作業項目を追加したり、カードに表示されるフィールドを更新したりすることはできません。 詳細については、「 アクセス レベルについて」を参照してください。
  • 構成するかんばんボードが必要です。 チームを追加するときは、そのチームのかんばんボードを追加します。 詳細については、「 チームとアジャイル ツールについて」を参照してください。
  • チーム設定を構成するには、チーム管理者ロールに追加するか、 プロジェクト管理者 セキュリティ グループのメンバーである必要があります。 追加するには、「 チーム管理者の追加 」または 「プロジェクト レベルのアクセス許可の変更」を参照してください。
  • Basic アクセス以上を割り当てられたユーザーは、すべてのバックログ機能とボード機能を実行できます。
  • 関係者アクセス権が割り当てられたユーザーには、バックログ機能とボード機能へのアクセスが制限されています。 利害関係者は、ボード上の作業項目を編集し、既存のタグを作業項目に追加できます。 ボードに作業項目を追加したり、ステータスを更新したり、カードを並べ替えたりするために作業項目をドラッグ アンド ドロップしたり、カードに表示されるフィールドを更新したりすることはできません。 詳細については、「 アクセス レベルについて」を参照してください。

[完了] の定義を列に追加する

  1. かんばんボードを開きます

    チーム管理者でない場合は、 1 人として追加します。 かんばんボードをカスタマイズできるのは、チーム管理者とプロジェクト管理者だけです。

  2. 歯車アイコンを 選択してボードを構成し、一般的なチーム設定を設定します。

    チームのボード設定を開き、ナビゲーションを回避する

  3. [ 列] を選択し、[列] タブを選択して、その列の [完了] の定義を構成します。

    かんばんボード、完了の定義の構成

  4. 変更が完了したら、[ 保存] を選択します。

  1. かんばんボードを開きます。 チーム管理者でない場合は、 1 人として追加します。 かんばんボードをカスタマイズできるのは、チーム管理者とプロジェクト管理者だけです。

  2. [設定] アイコンを選択して、かんばんボードの共通の構成設定ダイアログを開きます。

    かんばんボード、一般的な構成設定を開く

  3. [ 列] を選択し、[列] タブを選択して、その列の [完了] の定義を構成します。 チームのかんばんボードの中間列ごとに[完了の定義]を指定できます。

    かんばんボード、完了の定義の構成

  4. 変更が完了したら、[ 保存] を選択します。

チーム メンバーは、[情報のヒント 情報] アイコンを選択して、条件を満たしていることを迅速に確認できます。